風花雪月 没ルート。 【ファイアーエムブレム風花雪月】外伝の発生条件とクエスト報酬一覧【FE風花雪月】

『FE風花雪月』サイドストーリー“煤闇の章”はクリアまで8~10時間のボリュームと判明│SWITCH速報

風花雪月 没ルート

9月に入りましたが相変わらずのんびりプレイを進め、先日 青獅子の学級をクリアしました。 今回は教団ルートと金鹿ルートのネタバレも若干含めているので注意。 クリアタイムは約43時間 ファーガス 海賊団神聖王国出身者の所属する学級。 本ルートはシビアなシナリオである事は前情報で聞いてはいましたが、キャターのプロフィールを調べただけで既に本編の辛さが予想されましたね。 何せこの学級、全員が深刻な家庭事情を抱えています。 その大半は今回のシナリオのキーとなる「ダスカーの悲劇」が絡んでいる。 発売前に話題になっていたディミトリの「闇落ち」も、元を辿ればこのダスカーの件が原因。 この青獅子ルートは本作の中でも特に「命の重み」を感じた作品でした。 FEシリーズ自体そういった毛色の強い作品ですが、今回は特に。 「正義のため」と言えば聞こえはいいが、誰かの大切な人の命を奪う事に変わりはないと、ディミトリは苦悩します。 彼も奪われた側の人間ですから相手の苦しみも分かるのでしょう。 それともう一つ、本ルートではエーデルガルトとの関係性も欠かせませんね。 義理の姉であり、幼い頃の初恋の相手だったことは初めて知りました。 模擬戦でクロードに言われていた事は実は図星だったみたいです笑 しかし、一年目の終盤から彼の地獄のコンボの始まります。 憎き仇 だと思っていたの はあのエーデルガルト、さらには彼女の始めた戦争がきっかけで起きた政変によりディミトリは処断される事に。 ドゥドゥーのお陰で命拾いはしたものの、大切な従者を失う事に。 で皆に再会するまで彼を襲ったのは「孤独」だった。 これが彼の人格を変えてしまった原因だと思うんですよね。 誰に対しても疑心暗鬼になり、死者の無念を晴らすと言う思いに縋り、生き延びるために惨殺を繰り返す内に人を斬る事へのためらいを忘れてしまった。 ようやく仲間達と再会できた時には、彼らの言葉が届かなくなっていたのが何より悲しかったです。 聖戦のオイフェやフィンも、もし一人だけ生き残っていたら同じように復讐鬼に身を落としていたのかも知れなかったかなと、この時ふと思いました。 彼らも「死者の無念」に囚われていましたからね。 話が逸れましたがその後、彼による惨殺行為によって報いを受けたのは、ディミトリ自身ではなく、彼を庇ったロドリグでした。 親代わりでもあった家臣の死。 でも彼の最後の言葉が、ディミトリの立ち直るきっかけになった。 「自分の信念の為に生きろ」と。 そしてこの言葉を改めて説いた主人公とディミトリのやりとりも良かった。 ようやく自分の生きる意味を見出したディミトリ。 そしてこの後ようやく立ち直れた!本当に良かった! 訓練にも出ず飯にも誘えなくて心配したんだぞ!笑 そしてエーデルガルトとの決着も良かった。 戦いを挑む前の問答。 CMで使われていたセリフがここで聞けたとは 一度は道を踏み外しかけた彼が言うと本当に説得力があります。 結局交渉は決裂し、帝国と戦う事に。 互いの信念は強く、どちらも折れることはなかった。 しかし、彼に贈られた短剣はエーデルガルトにとっても支えになっていた事が分かり、この時だけはお互い嬉しそうだった。 そしていよいよ最終決戦で衝撃の姿に。 他のルートではこのような姿にはならなかったのですが、王都奪還やらクロードの救出やらで2ヵ月の猶予を与えてしまったのが原因でしたね。 しかしそんな彼女を見ても「それが君の望んだ未来なら哀れみはしない」と言い切るディミトリがまたかっこよかった。 ラストのムービーも、互いに最後まで相手を尊重しながらも、信念を貫き通したシーンが切ないながらも好きです。 冒頭でも申し上げましたが命の重みをズッシリと感じた名シナリオ。 一度は道を踏み外すも、多くの仲間達の力で立ち直ることができた。 エーデルガルトとの決着も、憎み合いではなく信念のぶつかり合いだったところも〇 そのため本シナリオは完璧・・・と言いたかったのですが、一つだけ大きな不満点が。 プレイした方なら同じことを感じたかもしれませんが、グロンダーズで三つ巴戦になった経緯についてです。 同盟軍に遣わした使者が全滅し、連携が難しくなった・・・と言うあたりまでは良かったのですが、あろうことかクロード君、 敵味方分かんないからまとめて潰すとか言い出す始末。 いやだったらせめておとなしくしてくれよと。 しかもディミトリとの戦闘会話 (お前が冷静になれよ・・・) 自分から攻撃しておきながら何だこれは。 金鹿での策士っぷりはどこへ行った。 しかもその後の展開で同盟と連合する訳ですから、この戦いでの金鹿キャラ達は完全に無駄死にになってしまいました。 金鹿ルートの時も思いましたが、 無理に三つ巴にしたいが為に整合性が崩壊してしまった感が否めません。 普通に共闘して帝国と戦うか、最初は混戦でも主人公でクロードに話しかければ緑軍になるとか、色々手はあったはず。 マップ前後のイベントは本当に良かっただけに非常にもったいない。 ここだけが唯一にして最大の不満点でした。 これさえ良ければ完璧だった。 他は疑問点が一つだけ。 今回光の杭が落ちなかったのと、闇に蠢く者達との闘いがなかったのは、アランデル公を倒した事が関係しているのでしょうか?彼の死を「不幸中の幸い」とヒューベルトも言ってましたし。 この辺は帝国ルートで分かるのかな。 と、不満も残りましたが、それでも素晴らしいシナリオでした。 やっぱりこういったシリアス路線大好きなんですよね。 難易度的にも他2つより高めで楽しかったです。 余談ですが、実はグロンダーズのあと当初は分岐が予定されており、その没ルートがネットで話題になりました。 単身帝都に乗り込もうとしたディミトリが、諫めようとしたロドリグを逆上して殺してしまい、そのせいで激怒したフェリクスと対立すると言った内容みたいです。 英語版ですがボイスも収録されていましたのでプランとして存在したのは間違いないでしょう。 まあ、ルート増やしてどれも疎かになるよりは、一つ一つに力を入れるべきだと思うのでこれは没にして正解でしたね。 やってみたい気持ちもある事にはありましたが。 さて話は逸れましたが、残るは 黒鷲の学級・帝国ルートのみ。 残された謎が全て明らかになるかどうかは不安でもありますが、今までずっと帝国と戦う側なので、帝国からの視点で見るシナリオが楽しみです。 hktyFE.

次の

【ファイアーエムブレム風花雪月】外伝の発生条件とクエスト報酬一覧【FE風花雪月】

風花雪月 没ルート

ここの選択肢で、離脱するキャラとストーリーが変化するため、慎重に行動しよう。 また、話しかけないと強制的に教団ルートとなる。 行動を消費してから話しかけるのがおすすめ 選択肢を選んだ後は、 強制で週が進行する。 あらかじめやっておきたいことを済ませた上でエーデルガルトに話しかけよう。 強制的に教団ルートとなってしまうため、帝国ルートへ進む場合はエーデルガルトの支援値をこまめに確認しておくこと。 課題出撃後に選択肢発生 エーデルガルトとの会話で「付き合う」を選択していると、2月課題出撃後の選択肢が増える。 選択しだいで、 帝国ルートと教団ルートにそれぞれ分岐する仕様だ。 これで全てとは限りません。 持ち物と職も消える キャラが離脱する際、所持しているアイテムや職も消えてしまう。 踊り子なども例外ではないため、注意すること。 ファイアーエムブレム風花雪月のその他攻略記事 FE風花雪月の初心者向け記事.

次の

【ファイアーエムブレム風花雪月】ルート分岐はある?条件と分岐先を解説!【FE風花雪月】

風花雪月 没ルート

ここの選択肢で、離脱するキャラとストーリーが変化するため、慎重に行動しよう。 また、話しかけないと強制的に教団ルートとなる。 行動を消費してから話しかけるのがおすすめ 選択肢を選んだ後は、 強制で週が進行する。 あらかじめやっておきたいことを済ませた上でエーデルガルトに話しかけよう。 強制的に教団ルートとなってしまうため、帝国ルートへ進む場合はエーデルガルトの支援値をこまめに確認しておくこと。 課題出撃後に選択肢発生 エーデルガルトとの会話で「付き合う」を選択していると、2月課題出撃後の選択肢が増える。 選択しだいで、 帝国ルートと教団ルートにそれぞれ分岐する仕様だ。 これで全てとは限りません。 持ち物と職も消える キャラが離脱する際、所持しているアイテムや職も消えてしまう。 踊り子なども例外ではないため、注意すること。 ファイアーエムブレム風花雪月のその他攻略記事 FE風花雪月の初心者向け記事.

次の