消費税率 8 いつから。 消費税はいつから変わったのか

【図解】軽減税率って何?いつから?対象品目は?わかりやすく解説

消費税率 8 いつから

税率の引き上げは17年ぶり。 高齢化で増え続ける年金や医療などの社会保障費を賄う狙いがある。 国民負担は年間で約8兆円重くなる見通し。 第一生命経済研究所によると、年収500万~550万円の4人世帯の場合、年間の負担額が7万1千円増える。 消費税率の上げを受け、モノやサービスの価格が1日からほぼ一斉に上がる。 コンビニエンスストアは原則、午前0時から新税率を適用。 主な鉄道は始発から、タクシーは1日に営業所を出た車から新料金に替える。 2014年度の税収増は約5兆円の見込み。 うち2. 9兆円をの国庫負担に、1. 3兆円をで賄っていた社会保障費の補填にあてる。 5兆円は子育て支援充実などに使う。 一方で家計への影響が懸念される。 日本経済研究センターによる民間エコノミストの予測集計では、4~6月の実質成長率(前期比年率)はマイナス4. 7~9月にはプラス2. 5兆円の経済対策を実施。 14年度予算でも公共事業の執行を早める。 安倍晋三首相は年末までに経済状況を見極めた上で最終決断する。

次の

消費税8%から10%増税へ!工事の請負等にも経過措置あります

消費税率 8 いつから

消費税とは?消費税の導入目的 消費税とは商品やサービスなどを消費した際に課される税金のことで、 全ての国民が平等に同じ額を支払わなければいけない公平性のある税金です。 消費税が導入された目的としては財源確保が一番の目的でした。 少子高齢化社会が進行していく上で社会保障費が増大するために消費税を導入して財源確保に努めるのが目的です。 年金や医療費などの社会保障費が少子高齢化によって今までの税制だと制度が維持できなくなり、破綻をしてしまう可能性もあったので消費税が導入されました。 消費税の歴史 日本の消費税の歴史は意外と新しく、1988年から1989年にかけて当時の竹下登首相の時に消費税法が成立し、消費税として3パーセントの税金が取られることが決まりました。 以降1994年に4パーセント、1997年に5%と短い期間で消費税率がどんどんと上昇していきました。 その後2014年に8パーセントとなり、2019年10月から10パーセントに消費税が増税される予定となっています。 このように導入されてから30年の間で、消費税率が3パーセントから10パーセントに上昇してしまう予定です。 消費税の計算方法 消費税の計算方法ですが、現在では消費する商品やサービスの価格の8パーセントが消費税として支払わなければなりません。 商品の値段によっては1円以下の端数が出てしまうことがあるのですが、財務省では1円以下の端数に関して切り捨てや切り上げもしくは四捨五入など、どのように処理したら良いかを各事業者ごとに判断を任せています。 事業者によって端数の扱いが異なっており、計算方法によっては1円単位で誤差が生じることもあります。 電卓で計算する方法 消費税を計算する方法は意外と簡単です。 スマホにも電卓アプリがついているので、電卓で計算する方法を覚えるだけで困ることはないはずです。 消費税は食料品の購入や交通費などから誰もが同じ税率の税金を支払うので確実に徴収することができる税金となります。 所得税や法人税と違って、消費活動を行ったときに課税される仕組みなので財源として計算しやすいというのもあります。 消費税のデメリット 消費税のデメリットは家計の支出が増加してしまい、その結果消費活動を控えて景気が悪くなってしまうということです。 支出が増えれば必然的に消費活動を抑えようとして、その結果企業の売り上げも落ち込み景気が減速してしまうことにもつながってしまうのです。 消費税の増税スケジュール 消費税の 増税スケジュールは2019年10月に消費税が、現在の8パーセントから10パーセントに増税される予定となっています。 消費税の軽減税率 消費税が10パーセントに上昇しても、食品や新聞などの特定の商品やサービスが対象となり軽減税率が適用されることになりました。 軽減税率とは 軽減税率とは、低所得者への経済的な配慮として、特定の商品(生活必需品や食料等)については、一般的な消費税率よりも低く設定しようという試みです。 軽減税率が適用されれば消費をしても特定の商品については、消費税率が10パーセントではなく8パーセントが適用されることになるのです。 消費税の増税による私達の負担 消費税が増税されることによって私たちの負担は確実に増え、家計を圧迫してしまう恐れがあります。 食品や新聞などは軽減税率が適用されて消費税が8パーセントのままですが、旅行や外食なども消費税が10パーセントとなってしまうため場合によっては以前に比べて外出が減ってしまうかもしれません。 値段の高いものになればなるほど私たちの負担が増えてしまうので、家電などの比較的値段が高いものを購入する時にはより負担が大きくなってしまいます。 消費税の増税前にやっておきたいこと 住宅や車などの購入を考えている人は、消費税が導入される前に購入をした方が良いでしょう。 それ以外にも値段が高い家電やブランド品、さらには高価な貴金属類の購入を考えている人も2019年10月以前に購入しておいた方が良いです。 こういったことで増税前に、購入したいという需要が高まってしまうことを「駆け込み需要」と呼ばれます。 消費税のまとめ 消費税は日本ではそれほど歴史が古いものではなく、短い期間で段階的に増税が繰り返されてきました。 主に社会保障費の増大により、安定した財源を確保する必要があるために導入されたのです。 国が消費税を増税するのはメリットとデメリットがありますが、私たちの家計の負担は確実に増えるのでそれに備えておかなければなりません。

次の

消費税8%に 17年ぶり税率上げ、国民負担年間8兆円増 (写真=共同) :日本経済新聞

消費税率 8 いつから

軽減税率のポイント 軽減税率を理解するうえで大切なポイントは以下の通りです。 主に飲食料品に関する制度• 飲食用のテーブルや椅子を利用するかどうか それぞれのポイントを解説していきましょう。 主に飲食料品に関する制度 軽減税率は主に飲食料品の消費税に関する制度です。 低所得者対策を目的とした制度ですが、飲食物以外に適用されることはありません。 しかし一部例外で、新聞も含まれています。 ただし対象となるのは週2回以上発行されるもので、定期購読されているものだけです。 コンビニで販売されている新聞等は軽減税率の対象外となるので注意しましょう。 飲食用のテーブルや椅子を利用するかどうか 飲料食品に関する制度とはいえど、すべての飲料食品に軽減税率が適用されるわけではありません。 とりわけ、外食は例外となります。 外食であるかどうかを判断するうえで大切なのが飲食用のテーブルや椅子を利用するかどうかということです。 以上が、軽減税率に関するポイントです。 深く突っ込めば、複雑なものも出てきますが基本的にはこの2点を抑えておけば問題はありません。 コンビニや駅で販売されているようなバラ売りの新聞は対象外なので注意しましょう。 また上記の条件さえ満たしさえすれば、スポーツ新聞や業界誌も軽減税率の対象となります。 やはり重要なのは「定期購読」「週2回以上発行」の2点です。 なお、電子版の新聞は条件を満たしても軽減税率の対象となりません。 外食であろうとなかろうと、ビールやワインは軽減税率の対象にはなりませんので注意しましょう。 しかし、ノンアルコールビールは酒類ではありません。 ノンアルコールのドリンクは飲食料品に分類されるので、軽減税率の対象となります。 テイクアウトの場合は飲食用のテーブルや椅子を利用しないことから、外食にならないという判断になります。 つまり、店内利用かテイクアウトかによって支払い金額は異なるというのが基本的な考え方です。 しかし、企業によっては店内利用と持ち帰りの金額を統一しているところもあります。 企業によって対応が異なってしまったが故に、より複雑さが増しました。 出前の場合は。 単に飲食料品を指定した場所まで届けるだけだからです。 そばの出前や宅配ピザは軽減税率が適用されるので、安心して利用しましょう。 指定した場所でスタッフによる調理や加熱という作業があるかが焦点となります。 調理や加熱がある場合は、サービスの提供となり軽減税率が適用されません。 また配膳や、取り分け用の食器の入念な準備があると、ケータリングと見なされてしまうので注意が必要です。 しかし有料老人ホームの場合は施設による届出が提出されている必要があります。 なおいずれも、軽減税率が適用される上限金額が定められています。 上限金額は1食640円以下で、1日の累計が1,920円以下です。 身近な医薬部外品では、薬用のど飴の「ヴィックス」や「トローチ」などが挙げられるでしょう。 飲食料品ではないからです。 これはどっち? 基本的なルールを理解した上でも、これってどっち?というものは多いです。 例えば以下のような例があげられます。 おもちゃ付きお菓子• やっぱりテイクアウト• フードコート• 水道水とミネラルウォーター• みりん• 映画館の売店• 栄養ドリンクと清涼飲料水• コンビニのイートイン• サプリメント• インターネット通販 それぞれのパターンについて解説していきましょう。 おもちゃ付きお菓子 おもちゃ付きお菓子に関してポイントは2つです。 1万円以下• 例えば、プロ野球チップスはポテトチップスよりもカード部分の方が高いため軽減税率の対象外です。 やっぱりテイクアウト、やっぱり店内で 店内用に購入したものをお持ち帰りしたい場合も多いでしょう。 その場合は、軽減税率の対象となりません。 軽減税率の適用になるかどうかの判断は、飲食料品の提供の時点で行われるからです。 すなわち、持ち帰りで購入したものを店内で食べる場合も軽減税率は適用されたままとなります。 屋台 屋台での購入が軽減税率の対象となるかどうかは、食事用のテーブルや椅子やカウンターが用意されているかどうかです。 用意されている場合は外食と見なされるので、軽減税率の対象外となります。 なおテーマパークの食べ歩き等は近くにベンチがあっても軽減税率は適用されます。 ショップがベンチを管理しているかどうかがポイントです。 テーマパークのスーベニア、ポップコーンバケット等 テーマパークで販売されているポップコーンバケットのような商品は、おもちゃ付きお菓子のような考え方で良いでしょう。 ディズニーランドで販売されているようなポップコーンバケットはポップコーン本体よりも高いことがほとんどです。 フードコート フードコートでの食事は外食という判断になるので、軽減税率の対象となりません。 その判断基準は食事用のテーブルや椅子を利用するかということです。 フードコートでは椅子やテーブルを使って食事をとるので、外食になります。 しかしフードコートの商品を持ち帰りできる場所もあるでしょう。 そのような場合はファストフードと同じ対応になるか、判断がわかれるところです。 水道水とミネラルウォーター ミネラルウォーターは、飲食料品の取り扱いとなるので軽減税率が適用されます。 一方、水道水に関しては、適用されません。 水道水は、飲用だけでなく風呂や洗濯等の生活用水としても使用されるからです。 水道水をペットボトルに入れて「食品」として販売すれば軽減税率は適用されますが、基本的には対象外となっています。 みりんとみりん風調味料 みりん等の料理酒は飲食料品に該当しないので、軽減税率の適用外です。 料理酒や調味料に関しては、アルコール度数が焦点となります。 映画館の売店 映画館の売店でポップコーンを食べる方も多いでしょう。 そのような売店の食品は軽減税率の対象となります。 たしかに映画を観る際、椅子に座って飲食しますが飲食のための椅子ではありません。 店頭で販売されている飲料食品を持ち込んでいるだけなので、軽減税率が適用されます。 しかし売店のそばにテーブルや椅子を用意し、飲食スペースとして提供している場合はファストフードのテイクアウトと同じ対応が必要です。 栄養ドリンクと清涼飲料水 栄養ドリンクの定義が難しいのですが、指定医薬部外品として販売されている商品は軽減税率が適用されません。 例えば、リポビタンDやユンケルは指定医薬部外品に分類されます。 一方で、オロナミンCやレッドブルは医薬部外品ではなく清涼飲料水です。 したがって飲料食品に該当するので、軽減税率が適用されます。 コンビニのイートイン コンビニのイートインは飲食のためのテーブルや椅子を使用するため軽減税率が適用されます。 しかし持ち帰り前提のコンビニで、全員にイートインの利用を確認するのは現実的ではありません。 したがって、主要コンビニではイートインを利用するかどうかは自己申告制となっています。 なお、一部商品だけイートインを利用するといった場合でも1回のお会計で税率を分けてもらうことが可能です。 サプリメント サプリメントは薬ではありません。 いわゆる健康食品なので、軽減税率が適用されます。 栄養ドリンクと同様に、医薬部外品かどうかが焦点となります。 インターネット通販 インターネット通販も、飲料食品であれば軽減税率が適用されます。 しかし送料に関しては適用外です。 ただし商品のなかに送料が組み込まれている場合は、どちらも軽減税率が適用されます。 配送料を別途請求しているお店で食料品を購入する場合は注意が必要です。 各社の対応 軽減税率に対する、割れてしまった各社の対応をご紹介していきます。 統一派• 別々派 それぞれの派閥ごとに確認していきましょう。 統一派• マクドナルド 一部値上げ• バーガーキング 一部値上げ・一部値下げ• ケンタッキーフライドチキン 据え置き• 松屋 一部値上げ• すき家 据え置き• てんや 一部値上げ• なおテイクアウトの割合が大きい企業は、据え置きしてもダメージが少ないです。 別々派• モスバーガー 据え置き• サブウェイ 一部値上げ• 吉野家 据え置き• スターバックス 据え置き• タリーズコーヒー 据え置き• ドトールコーヒー 据え置き• ミスタードーナツ 据え置き 統一ではないのに値上げしている企業は仕方ない面もありますが、望ましい対応とは言えません。 多くの企業が据え置き対応するなか、サブウェイだけが一部商品を値上げしています。 いずれしても企業によって、対応が変わるので消費者からしたら混乱してしまうでしょう。 軽減税率のメリットとデメリット 軽減税率のメリットとデメリットについて見てきましょう。 軽減税率のメリット• 特に外食が少ない世帯では、恩恵を最大限に受け取ることができるでしょう。 軽減税率のデメリット• 複雑すぎる• 日用品が適用外という謎• 事業主は負担が増える 軽減税率はとにかく複雑すぎます。 にも関わらず日用品が適用外なので、意味がわかりません。 なぜ日用品が適用外なのか、公明党から以下のような回答がありました。 生理用品やトイレットぺーパーは生活必需品です。 その上で、当初は、トイレットペーパーなどの日用品等の生活必需品も対象となりうるとして議論の遡上にありました。 しかし、特定の物品を認めると、その代替品や類似品 例えばティッシュペーパーやウォシュレット等 の扱いに歪みが生じる上、消費者にとって線引きが分かりにくくなります。 一方、 歪みを解消しようとすれば対象が際限なく広がり、社会保障財源の確保という当初の目的を果たせなくなることから飲食料品分野に絞ったところです。 なお、公明党が提案した「プレミアム付き商品券」は、こうした軽減税率の対象とならない生活必需品に係る負担増分も支援が必要な家庭があるとの考えから生まれた制度です。 低所得者 住民税非課税者 や育児にお金のかかる子育て世帯 学齢3歳未満の子を持つ世帯 を対象に、最大5千円分のプレミアムを上乗せした商品券を購入できるようにします。 <参照:> 消費者にとって線引きが難しくなるから日用品は適用外になったということでした。 しかし、すでに消費者からしたら複雑になっています。 線引きが難しくなるというのが理由であるなら、最初から導入してはいけない制度だったでしょう。 また事業主は特に負担が増えます。 オペレーションの変更、顧客に対する説明、軽減税率に対応した機器の導入など負担は様々です。 という制度もありますが、決してプラスになることはありません。 軽減税率はメリットも多少なりともありますが、デメリットの方が多い制度と言えるでしょう。

次の