プラレールおとずかん。 【トミカ・プラレールおとずかん】子供達が気に入ってるからレビューしてみる

遊びながら言葉をおぼえよう!トミカ・プラレール「おとずかん」12月14日(土)新発売

プラレールおとずかん

2013年12月12日 株式会社タカラトミー 大好きな「のりもの」と音を通じて、言葉や名前を覚えよう! ペンタッチ式絵本型知育玩具 「くるまあそびがいっぱい! トミカおとずかん」 「でんしゃあそびがいっぱい! プラレールおとずかん」 12月14日(土)新発売 ~たくさんの音と言葉、のりもの遊びやクイズで、 1.5歳から6歳頃まで長く遊べて知識が広がる~ 株式会社タカラトミー(代表取締役社長:富山幹太郎/所在地:東京都葛飾区)は、子どもたちが大好きな車や電車をテーマに、たくさんの音で楽しく言葉を覚えられるペンタッチ式の絵本型知育玩具「くるまあそびがいっぱい! トミカおとずかん」「でんしゃあそびがいっぱい! プラレールおとずかん」(希望小売価格:各8,000円/税抜き)を、12月14日(土)より全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ等にて発売いたします。 「くるまあそびがいっぱい! トミカおとずかん」「でんしゃあそびがいっぱい! プラレールおとずかん」は乗り物に関する音や言葉を遊びながら学べるほか、子どもたちが夢中になるクイズや運転遊びなど、乗り物の遊びをギュッと詰め込んだ絵本型の商品です。 小学館幼児誌企画開発室の企画開発協力、幼児誌で知育ドリル連載中のわだことみ先生の監修の元、商品化いたしました。 本体を開くと全37ページで「トミカ」「プラレール」が活躍する「のりもの」の世界が展開されます。 付属のサウンドペンで各ページのイラストや写真をタッチするとサウンドペンから様々な音声が流れます。 「ピーポーピーポー、スーパーアンビュランス」「ガタンゴトン、E6系新幹線」のように、乗り物の音や名前が流れるようになっており、どんな言葉が飛び出すかワクワクする子どもたちの好奇心を刺激しながら、自然と言葉を覚えられるようサポートします。 「トミカ・プラレールタウン」のページでは、街でよく耳にする音や人の会話など、子どもたちに身近な音やあいさつも取り入れました。 「運転遊び」のページでは、運転席にずらりと並ぶボタンや、アクセル、ブレーキなどのイラストをタッチして、臨場感ある運転遊びが楽しめます。 他にも英語や数字が学べるページや、クイズも多数収録しており、子どもの成長に応じて、車や電車に興味を持ち始める1.5歳頃から、言葉遊びを楽しめるようになる6歳頃まで長く遊べる商品です。 さらに、サウンドペンでタッチすると音声が流れるシールを付属しており、絵本以外の場所に貼って音遊びが楽しめます。 例えばシールを「トミカ」のコンビニエンスストアや「プラレール」の踏切などに貼ると、コンビニエンスストアでのやりとりや、踏切の「カンカンカン」という音が鳴るなど、おもちゃと連動して遊びの幅を広げることができます。 絵本型なので場所を選ばずに遊ぶことができるため、いつでもどこでも大好きな「トミカ」「プラレール」の世界を楽しむことができ、お出かけや旅行、帰省などにもおすすめの商品としてご提案いたします。 公式サイト The Japanese edition of 'ZDNet' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'TechRepublic', 'CNET', and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'ZDNet', 'CNET' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc. 当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 Copyright c 2020 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

次の

【トミカ・プラレールおとずかん】子供達が気に入ってるからレビューしてみる

プラレールおとずかん

クリスマスにおとずかん 誕生日におとずかん を息子にプレゼントした。 2013年末に発売されたそうで、当初は決して安くはなかったおもちゃ。 今は近所のおもちゃ屋さんだと半額ぐらい? しかし息子のみならず娘まで気に入って遊んでるのでレビューしてみようと思う。 写真も撮ったので載せますが、何分子供達が遊び倒してるので、決して綺麗ではないことをご了承ください。 まずはデザイン。 大きいおもちゃ屋さんとかだとサンプルみたいに置いてあって遊べるようになっているかと思います。 持ち運べるバッグみたいなデザイン。 子供って何故かこういうの好きですよね。 何なのあれ。 例に漏れず・おとずかんもバッグ風。 どこ行くのでも一緒です。 はもちろん電車、はもちろん車が上についてますね。 え?どっから音出るの?って? このペンから出ます。 画期的だよね。 皆さんも子供の頃に経験したことがあるんじゃないでしょうか? 「音が出るおもちゃを押し過ぎてそこだけ凹んで音が出なくなった」ってなことを。 これは安心。 だってペンから出るんだもん。 音が出る箇所が凹むとペンが壊れるを比べると、断然ペンが壊れる確率の方が低いと思います。 ペンを壊す子は対象年齢じゃないと思う。 主な遊び方も上記の通りです。 中身は本当色んなページがあります。 こちらはおとずかん。 息子が狂喜乱舞した新幹線と電車のページです。 おとずかんは普通の車や緊急車両なんかのページもありますが、こういった工事現場のページもあります。 あと子供達が喜ぶのはこれじゃないですか? 運転してみよう!ページ。 男の子は特に好きですよね。 息子も毎日車掌さんになりきっています。 もちろんお勉強ページもあります。 ひらがなのお勉強やは・どちらにもあります。 英語もありますよ。 どちらにもABCのうたがあるんですけどね。 うちの子二人で同時に押そう!って訳のわからないゲームをしています。 若干うるさいの。 微妙にずれたABCのうた。 おとずかんの方は音で遊ぼうというページでピアノ付き。 もっと詳しく知りたい場合は公式サイトへどうぞ。 トミカ・プラレールおとずかん|トミカ|タカラトミー で、ですね。 このおもちゃ、で低評価レビューを見つけました。 何なのかなー?と思ったので、理由を考えてみた結果 対象年齢を低く設定しすぎている という結論にいたりました。 ・おとずかん。 どちらも対象年齢1. 5歳です。 5歳でこういったおもちゃを大事にして遊べるでしょうか? 無理だよ。 何で若干ボロくなってるのにわざわざ写真撮ったかというと、ページの質感とか見て欲しかったんですよ。 決して丈夫な紙じゃないでしょ? うちは3歳のクリスマス・4歳の誕生日にプレゼントしたのに、1ページ破けて、ほとんどのページが折れ曲がってるのよ。 5歳は無理。 だって紙だから。 うちの子雑だよなって方は3歳まで待って。 何なら4歳まで待っても良いぐらい。 ちなみに上の子5歳ですが、楽しそうに遊んでます。 3~4歳以降でも十分楽しめるので、破けるのが嫌な方はそのぐらいでOKかと。 あと音の小ささがよくレビューに書かれています。 最大音量でも小さいと。 みんなの家どんだけうるさいの?うち目の前結構大きい道路だけど聞こえるよ。 って思ったんだけど、対象年齢で合点がいった。 2歳前後だとワーキャー言って聞こえないんだね。 兄弟いると余計。 押したら音が鳴るからなんて言ったか聞きたいと耳を澄ますことの出来ない年齢だと、音は小さいかもしれません。 そういう年齢に対応したのおとずかんの方は音がもう少し大きいようなので。 結論 「対象年齢3歳にあげては如何でしょうか?さん」 ritaros.

次の

トイスタジアム

プラレールおとずかん

2013年12月12日 株式会社タカラトミー 大好きな「のりもの」と音を通じて、言葉や名前を覚えよう! ペンタッチ式絵本型知育玩具 「くるまあそびがいっぱい! トミカおとずかん」 「でんしゃあそびがいっぱい! プラレールおとずかん」 12月14日(土)新発売 ~たくさんの音と言葉、のりもの遊びやクイズで、 1.5歳から6歳頃まで長く遊べて知識が広がる~ 株式会社タカラトミー(代表取締役社長:富山幹太郎/所在地:東京都葛飾区)は、子どもたちが大好きな車や電車をテーマに、たくさんの音で楽しく言葉を覚えられるペンタッチ式の絵本型知育玩具「くるまあそびがいっぱい! トミカおとずかん」「でんしゃあそびがいっぱい! プラレールおとずかん」(希望小売価格:各8,000円/税抜き)を、12月14日(土)より全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ等にて発売いたします。 「くるまあそびがいっぱい! トミカおとずかん」「でんしゃあそびがいっぱい! プラレールおとずかん」は乗り物に関する音や言葉を遊びながら学べるほか、子どもたちが夢中になるクイズや運転遊びなど、乗り物の遊びをギュッと詰め込んだ絵本型の商品です。 小学館幼児誌企画開発室の企画開発協力、幼児誌で知育ドリル連載中のわだことみ先生の監修の元、商品化いたしました。 本体を開くと全37ページで「トミカ」「プラレール」が活躍する「のりもの」の世界が展開されます。 付属のサウンドペンで各ページのイラストや写真をタッチするとサウンドペンから様々な音声が流れます。 「ピーポーピーポー、スーパーアンビュランス」「ガタンゴトン、E6系新幹線」のように、乗り物の音や名前が流れるようになっており、どんな言葉が飛び出すかワクワクする子どもたちの好奇心を刺激しながら、自然と言葉を覚えられるようサポートします。 「トミカ・プラレールタウン」のページでは、街でよく耳にする音や人の会話など、子どもたちに身近な音やあいさつも取り入れました。 「運転遊び」のページでは、運転席にずらりと並ぶボタンや、アクセル、ブレーキなどのイラストをタッチして、臨場感ある運転遊びが楽しめます。 他にも英語や数字が学べるページや、クイズも多数収録しており、子どもの成長に応じて、車や電車に興味を持ち始める1.5歳頃から、言葉遊びを楽しめるようになる6歳頃まで長く遊べる商品です。 さらに、サウンドペンでタッチすると音声が流れるシールを付属しており、絵本以外の場所に貼って音遊びが楽しめます。 例えばシールを「トミカ」のコンビニエンスストアや「プラレール」の踏切などに貼ると、コンビニエンスストアでのやりとりや、踏切の「カンカンカン」という音が鳴るなど、おもちゃと連動して遊びの幅を広げることができます。 絵本型なので場所を選ばずに遊ぶことができるため、いつでもどこでも大好きな「トミカ」「プラレール」の世界を楽しむことができ、お出かけや旅行、帰省などにもおすすめの商品としてご提案いたします。 公式サイト The Japanese edition of 'ZDNet' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'TechRepublic', 'CNET', and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'ZDNet', 'CNET' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc. 当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 Copyright c 2020 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

次の