カンクン ホテル。 【H.I.S.】【HISカンクン支店が安心サポート】カンクン空港 ⇔ ホテル(カンクンエリア) 【往復】送迎カンクン(メキシコ) のオプショナルツアー|海外現地ツアー格安予約

滞在者が語る!カンクンのおすすめ高級ホテル・5つ星ホテル3選【観光に便利なエリア限定】

カンクン ホテル

カリブ海の超有名ビーチ・リゾートとして知られるカンクン。 海の青さから白い砂浜、豪華なホテル、ショッピング、グルメ、レジャー、治安の良さなど、リゾートとしての全ての要素をトップ・レベルで満たしています。 日本からはアメリカのダラス、ヒューストンまたはメキシコ・シティを経由して行きますので、時間がかかるのがちょっと難点ですが、その苦労の何倍もの楽しみがカンクンには待っています。 それでは行ってみましょう。 詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。 ) 当サイト内のおでかけ情報に関して 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。 おでかけの際には公式HPでご確認ください。 また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。 RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。 このまとめ記事の目次.

次の

メキシコ・カンクンのおすすめホテルランキングbest8!大人の旅を演出するとっておきのホテルはここ!

カンクン ホテル

レストラン、バー、カフェ• 大型スーパー• お土産ショップ• コンビニ• ナイトクラブ• パブリック・ビーチ• ムヘーレス島行きのフェリーが出る港 など すべて徒歩圏内!! 目の前にはバス停もあるので、ダウンタウンやショッピングモールにも気軽に行けますし、や、わたしのお気に入りのも歩いて3分以内!! 買い物もこのあたりですべて済む&お店がたくさんあるので、 「カンクンのお土産」を買うのにもとっても便利。 もちろん、 治安もとてもいいので夜出歩いても安心です! 2. コスパが最高+設備も整っている そして、ここはとにかくコスパが最高! 一部屋あたり1万円〜で、とても清潔で設備もしっかり整っています。 部屋の基本設備(無料Wi-Fi、エアコン)はもちろん完備で、さらに、• 屋上のプール• 24時間無料のランドリー• 無料の駐車場• 24時間のATM• ツアーデスク など完備。 フロントは24時間対応で、荷物預かりもしてくれます。 ランドリーが無料なのは地味に嬉しい!ビーチで遊んで濡れた水着も毎日洗えます。 レンタカーを使う予定の人は、無料で駐車場が使えるのもポイントです。 また、部屋にはペットボトルのお水もサービスで置いてあります。 バスルームも清潔。 日本人からの評価も高い ここ、実は 日本人にも人気です。 特に、 アメリカやカナダにいる日本人留学生が、バケーションでカンクンに旅行した時によく使うんだそう。 確かに、予約サイトを見ていると結構日本人のレビューが多いです。 > 4. アクティブ派には理想的なホテル ここは、「 カンクンでは現地ツアーに参加しまくるから、ホテルにあまりいない」というアクティブ派の人に特におすすめ! ツアーに参加する人は日中ほとんどホテルにいないと思うので、(食事代も含まれている)オールインクルーシブ・ホテルに泊まるのはちょっと勿体ない。 ここのホテルなら、 ツアーが夜遅くに終わっても、すぐにふらっとその辺にあるレストランに食べに行けます。 (この辺りのレストランは営業時間が長いのもありがたい。 ) というわけで、 アクティブ派にはぴったりのホテルです!! 5. 綺麗なパブリックビーチが近い あと、 パブリックビーチが近いのは本当に重要なポイント。 本当は、ダウンタウンの方に宿をとった方が安いのですが、 ダウンタウンにはビーチはありません。 なので、ホテルゾーンまでバスで片道15〜20分くらいかけて来ないといけないんです。 ただ、それはさすがに 面倒すぎる。 ガビオタ・アスル・ビーチ(Playa Gaviota Azul) カンクンのホテルゾーンの中でも、トップレベルに綺麗な穴場ビーチ!• ラガルト・ビーチ(Playa Lagarto) 人気の高い、この辺りでは有名なビーチ• カラコル・ビーチ(Playa Caracol) 上の2つには劣るけど、透明度の高いビーチ。 この「 歩いてビーチに遊びに行ける」って実はめちゃくちゃ重要で、 プライベートビーチのないホテルなら、必須の条件です! 「綺麗なパブリックビーチが、近くに3つもある」のはこのエリアくらいなので、 ここまで恵まれた立地の格安ホテルは他にないと思います。 まとめ:カンクンのホテルゾーンにある「オールインクルーシブじゃないホテル」で、最もコスパがいい! カンクンでは最近「オールインクルーシブ」が主流ですが、 オールインクルーシブじゃないホテルの需要もまだまだあります。 (「ツアーに参加しまくるからホテルにいない」、など。 ) ここアロフト・カンクンは、そんな 「オールインクルーシブじゃないホテル」のなかでは、 コスパはピカイチだと思います。

次の

ホテル カンクン, メキシコ

カンクン ホテル

カンクンのオールインクルーシブ リゾートが快適過ぎた2018年10月の旅行記を書きました。 キューバに行くのが今回の旅行の目的なんですが、その前にせっかくなんで、メキシコのカンクンで2泊しました。 ガチガチに集合時間が決まっているパッケージツアーは苦手、バックパッカーでドミトリーとか空港で野宿とかは卒業。 予算は抑えても最低限の快適さは求めたい、そんな旅行を心掛けています。 当記事は長くなるので、 1. カンクン滞在篇 このページ 3. に分けています。 ご興味がありましたら、他のページもご覧いただければ嬉しいです。 羽田からカンクンまでの道のりにつきましては、をご覧ください。 さて、当記事では、カンクンで宿泊したオールインクルーシブ リゾートについて紹介します。 カリブ海にオンザビーチで、コスパの良い滞在をしたい方の参考になれれば幸いです。 その他、カンクンでの両替、プラヤデルカルメンについても紹介していきたいと思います。 では行ってみましょう。 カンクンのオールインクルーシブ リゾート おすすめ は オレオ・カンクン・プラヤ・オールインクルーシブ・リゾート カンクンには オールインクルーシブ と呼ばれるリゾートホテルがたくさんあります。 オールインクルーシブ とは、極論、 宿泊代金を払えばあとは全部タダというものです。 つまり、滞在中の食事、ドリンク、アクティビティなどがすべて宿泊料金に含まれるというスタイルです。 バーでビールを飲みまくろうが、リゾート内のレストランで食べまくろうが、宿泊代金以外にお金は一切掛かりません。 お金に関する一切の不安や心配から開放された、ゴージャスな滞在が実現します、しかも、 お手頃価格で。 ロビーバーのアルコール、滞在中もちろんタダで飲み放題。 朝食だろうがランチだろうがディナーだろうが、リゾート内のすべてのレストランが、いつでもどこでも頼みたい放題、食べ放題。 朝からシャンパンでリゾート満喫。 夜のバーも飲み放題。 今回宿泊したのは、空港から車で15分ほどの場所にあるオレオ・カンクン・プラヤ・オールインクルーシブ・リゾートです。 もちろんリゾートエリアの中にあります。 カンクンは7の字型の細長い部分にリゾートホテルが点在していて、このエリアは治安も良く、カリビアンリゾートが満喫できます。 昨夜、カンクン空港には午前0時過ぎに到着したので、予約しておいたプライベートシャトルでホテルまで来ました。 タクシーでも同額くらいなので、深夜便での到着にはシャトルサービスはおすすめだと思います。 水回りも清潔で、スタッフもフレンドリーながらプロ意識に富んでいました。 全面ガラス張りのレセプションからは、カリブ海を一望できました。 そして、このリゾートには、まさかの 日本食レストランも入っていました。 早速、2日目のディナーを予約しました。 料理は7コースで、野菜の天ぷら、寿司の盛り合わせなど、日本人が食べても大変満足のクオリティと量でした。 日本酒までありました。 カンクンで日本酒をいただけるとは思っていなかったので、嬉しすぎて飲みすぎました。 これだけ食べて飲んで泊まって、 気になるお値段は、、、 1人1泊12,600円でした。 チェックアウトのときの会計でドキドキハラハラすることはありません。 コレ以上でもコレ以下でもない明朗会計のオールインクルーシブ。 最高にコスパの良いゴージャスな滞在でした。 円からよりもUSドルから両替するほうがレートは有利でした。 しかし、実際は カンクン滞在中はメキシコ・ペソは一切必要なく、すべてUSドルで過ごすことができました。 カンクンにある土産物屋やレストランやタクシーも、メキシコ・ペソ表記とUSドル表記両方ありました。 リゾートでのチップもUSドルが喜ばれました。 カンクンにいる限り、余程小さなスーパーや、路線バスに乗らない限り、メキシコ・ペソは必要なさそうなので、本当に少額のメキシコ・ペソを持っていれば充分だと思います。 プラヤデルカルメン でおすすめは ショッピング と レストラン カンクン2日目、リゾートのプールのビーチベッドで寝そべりながら、 いくら飲んでもタダのビールをひたすら飲みまくっていたら、突然のスコール。 しばらく止みそうもないので、午後から、プラヤデルカルメンに行くことにしました。 プラヤデルカルメンは、カンクンから南に65km、車で1時間の場所にある カリビアン雰囲気満載の港街です。 ダイビングで有名なコスメル島行きのフェリーもここから出ています。 カンクンのダウンタウンからバスで行けばUS5ドルくらいで行けますが、時間がなかったので、ホテルからタクシーで行きました。 タクシーは歩行者天国になっている5thアヴェニュー(Ave. Norte)で降りると便利です。 ここにはタクシー乗り場もあります。 プラヤデルカルメンで食べたメキシコ料理レストランPez Vela、安くて美味しかったです。 コロナビール4本とタコス2セットとチキン頼んでUS20ドルくらいでした。 プラヤデルカルメンでもUSドルだけで大丈夫です。 最悪、両替所やATMもいっぱいありました。 夕方5時ころまで3時間ほど街をブラブラして、ちょうどいいくらいでした。 かわいいTシャツをお土産にして、再びリゾートへ戻りました。 タクシーの運転手がプラヤデルカルメンはどんどん街が大きくなって、リゾートホテルもバンバン建っていると言っていました。 次回はプラヤデルカルメンに一泊するのも有りかなと思います。 さあ、明日はいよいよ今回の旅行のハイライトのひとつ、キューバへ行きます。 51 片道 所要1時間10分 カンクン国際空港第2ターミナル プライオリティ・パス 使えた リゾートでチェックアウトをして、 追加チャージなしを確認しました。 2泊して、あれだけ飲んで食って遊んで一人一泊12,600円、破格すぎます。 キューバのハバナまでのフライトは、メキシコのLCCインタージェット航空です。 噂によると、メキシコの割にはちゃんとしているらしい。 実は、期待していなかった分、この インタージェット航空がすごく良かったので、以下に特筆したいと思います。 何が良かったのかと言うと、• 足元が超広い• LCCなのにアルコールを含めドリンクが無料• では、早速、足元の広さをご覧ください。 と言っておいて足元の写真じゃないのですが、、、 マニアックな話ですが、この機材はA320 エアバス320型機 で、JET STAR JAPANなどで使っている機材と同じものです。 LCCですから 全席エコノミーなのですが、なんと、 26列目までしかないんです。 通常、 JET STAR JAPANだと 30列目までありますし、 エアアジア・タイとかスペインのVUELING航空とかだと 31列目までありますから、如何にインタージェットの足元が広いかお解りいただけると思います! 下の写真の赤マルの部分にご注目ください。 何となく、すごく余裕があるのがお解りいただけますでしょうか。 メキシコのLCCである インタージェット航空かなりオススメです。 カンクン空港ターミナル2のラウンジ ちなみに、インタージェット航空はカンクン空港第2ターミナルからの発着でした。 プライオリティパスで入れるラウンジは、Mera Business LoungeとThe Lounge by Global Lounge Networkの2つがありました。 両ラウンジは2階にあって、隣どうしになっていました。 個人的には The Lounge by Global Lounge Networkのほうが良かったです。 ペットボトルの水もあって、ドリンクも豊富でした。 シンプルな造りですが、寛ぐには充分な機能です。 シャワーは有りませんでした。 第2ターミナルにはフードコートなども充実していましたが、 値段はどれも空港価格でした。 プライオリティ・パスで入れるラウンジが有難かったです。 さあ、それではいよいよ次は、異国中の異国、キューバです!

次の