喉 に つっかえる 感じ。 食道がんの初期症状・進行具合・原因 [癌(がん)] All About

胸のつかえ・つまり。小さなげっぷが頻繁にでる。逆流性食道炎?かもしれない|サニレポ

喉 に つっかえる 感じ

喉に「詰まり感」や「異物感」が有るときに考えられる12の原因!• 詰まり感、つかえ感によく効く薬はあるのか?• まとめ! 人気の関連記事!• スポンサーリンク 喉の詰まり感や異物感は・・・ 食事をする時、唾を飲みこむ時、何だか喉が詰まるような感じがする・・・ 喉に常に異物感、つかえる感じがある・・ そんな時は、もしかしたら 病気のサインかもしれません。 なぜなら、 何かしらの病気で、食道や気道が狭窄(せまくなること)してしまうと、このような違和感・異物感を感じるようになる からです。 そこで、今回は 「喉が詰まる感じ・異物感がする時に考えられる原因と病気12種」 について説明していきましょう。 実は「喉」には、• 分泌腺• 扁桃腺• 甲状腺 など、重要な組織がたくさんあります。 そのため喉で血流障害を起こすと、機能不全をきたし、喉が詰まったかのような違和感を感じることがあります。 口腔 口の中• 咽頭部 喉の一部• 喉頭部 喉の一部 にかけての炎症を引き起こします。 炎症部は感染が治るまでは赤く腫れあがるため、喉が詰まったような違和感や、痛みを覚えるようになります。 アレルゲンが体内に侵入してくると呼吸器に発作が起こり、気管支内に炎症が起こります。 その結果、気管支が狭窄 せばまること してしまうため、• 呼吸困難• 激しい咳• 喀痰喀出 痰がでる などの症状が起こります。 特に「咳喘息」と呼ばれるタイプは、発作時に強い胸痛があり、喉が詰まったような違和感も強くなることがあります。 性ホルモンをコントロールしている甲状腺も• 機能亢進 過剰に働いてしまうこと• 機能不全 機能しなくなること を起こして腫れてしまうため、喉が詰まりを感じることがあります。 むちうち• 頸椎症• 頸椎椎間板ヘルニア 等で頸椎に障害が起こると、そこに強い炎症反応が出るため、痛みや腫れなどから喉が詰まるといった自覚症状があらわれます。 狭心症• その前兆症状として、• 胸のつかえ• 喉が詰まる感じ を覚える場合があります。 また、貧血でも心臓への血流障害で、同様の自覚症状を感じることがあります。 咽頭ポリープ• 甲状腺がん• 扁桃がん なども、喉が詰まる感じがする原因として挙げられます。 腫瘍が大きく広範囲に広がると、喉の内側を狭窄させるため、食べた物や呼気の通りを悪くさせてしまいます。 喉のつまり感、つかえ感に良い薬はあるの? 以上のように、喉に違和感があるときには色々な原因が考えられます。 呼吸がぜぇぜぇする• など、喉のつかえ以外に症状が見られるのであれば、上記に挙げたような病気を疑ってください。 しかし喉の違和感、つかえ以外に症状が見られない場合は、市販薬で対処出来る可能性があります。 武田薬品「ストレージタイプH」がオススメ! タケダ薬品が販売されている「ストレージタイプH」は、喉の違和感や詰まり感を特にターゲットとしているお薬です。 顆粒(粉)のお薬で、成分としては漢方薬(半夏厚朴湯)なのですが、 喉のつかえ感には非常に優れた効果を発揮してくれます。 原因がわからない「喉の違和感」• 緊張・嫌な場面で声が出にくい(しわがれる)• 胸もとで詰まり感やモゴモゴ感がある 等にお困りの方は、是非一度お試し下さい。 記載内容についての注意点 当サイトに掲載した情報に関して、管理人の経験や、調べた知識、収集した情報をもとにできる限り正確なものを提供できるように努めております。 しかし、必ずしも正確な情報でない場合があります。 また、私が独自に集めた情報を分析し統計を取った上での記載もあります。 そのため、偏った情報・意見も含まれている可能性もあります。 それら理由より、当サイト上の情報においては、正確性を期しておりますが、確実性・安全性は保障しかねます。 特に、医療・健康に関する情報は、Webサイトで得られるような一般的な情報だけでは対応できない、または全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。 以上のことを踏まえ、当サイトのご利用は、利用者様の自己責任による判断でお願い致します。 万が一、当サイトに掲載された情報に起因してトラブル等が発生した場合でも、管理人は一切の責任を負わないことをご了承ください。

次の

喉の違和感が教えてくれる体を蝕む7つの病気

喉 に つっかえる 感じ

飲み込みにくいなどの症状が起きるのは、加齢が原因でもありますが、様々な病気が原因となっている場合もあります。 飲み込みにくいという症状は、治療や食べる訓練で改善が可能です。 私達の体では、食べ物が口に入ると脳に食べ物が来るということが伝わります。 すると脳から口や喉の筋肉を動かせという指令が出てきます。 そのために噛んで飲み込むという動作が行えます。 物を飲み込んだ瞬間に息の出入り口が塞がれて食べ物が食道の方へと入っていきます。 食道では筋肉が伸びたり縮んだりする蠕動運動(ぜんどううんどう)が行われて食べ物は胃へと運ばれて行きます。 しかし喉や脳、食道、胃などのどこかに異常があると、年を取って働きが悪くなると上手く食べ物が飲み込めなかったり、胸につかえるという症状が起こってきます。 食べ物を飲み込んだり胃に送り込んだりという一連の動作を嚥下(えんげ)とも言います。 さらに炎症が起こると痛みが起こり、炎症を繰り返すと食道が狭くなることがあり、食べ物が胃に運ばれずにどんどん詰まってしまい、飲み込みにくいと感じることがあります。 胃食道逆流症の場合、胸焼け、ゲップ、胸の痛みなどがあり、時には咳などを伴うこともあります。 飲み込む時に胸の奥の痛みを伴うこともあります。 年を取ると免疫力が低下したり、抗癌剤治療によって免疫力が低下したりしてカンジダ性食道炎を発症します。 あるいは胃酸を抑え過ぎても軽度のカンジダ性食道炎が起きることがあります。 胃食道逆流症の場合は、主に胃酸を抑える薬を使って治療をします。 食道癌の場合は、薬、手術、放射線治療などを行います。 食事の際の姿勢は、顎をやや引き気味にして飲み込むと飲み込みやすくなります。 食べ物の大きさは1cm以下ぐらいに小さくしてから調理したり、噛んだりして飲み込みます。 とろみ剤などを加えると飲み込みやすくなります。

次の

つばを飲み込む時に喉がつかえる感じがするのは?

喉 に つっかえる 感じ

もっと見る 喉の違和感は、ちょっとしたことでも気になりますよね。 喉のつかえたような感じが数日続く、うがいをしても治らない…というときは、裏に大きな病気が潜んでいることもあります。 喉のつかえが起きる原因や、それをもたらす病気について解説します。 喉のつかえにかかわる病気とその他の原因 喉のつかえは、『食べ物が食道をうまく通過しない感じ」がしたり、『食べ物をうまく飲み込めなかったりする感覚』があることをいいます。 一時的なものであれば、特に問題ありません。 しかし、 慢性的に起こる場合は、何らかの病気や精神的な原因がある可能性が高くなります。 これらの症状をまとめて『嚥下困難(えんげこんなん)』とよび、物理的な原因だけでなく、精神的な原因でも起こることがあります。 逆流性食道炎 逆流性食道炎とは? 逆流性食道炎は、胃に入った食べ物が逆流し、食道やのどに炎症を起こす病気です。 私たちが食べたものは口から食道を通り、胃の中に入ります。 胃の入り口は横隔膜の力で閉まっており、胃に入った食べ物や胃酸が食道を逆戻りするのを防いでいます。 しかし、脂肪分の多い食事や消化の悪い食事で胃に負担をかけると、胃の入り口がゆるんでしまいます。 そこから胃酸や飲食物が食道に逆流し、炎症を起こすことで、喉のつかえを感じることがあります。 逆流性食道炎にかかりやすい人 次のような人は、逆流性食道炎にかかりやすい傾向にあります。 加齢によって横隔膜の力が落ちている ストレスによる胃酸過多 便秘、肥満によって胃が圧迫を受けている ストレスや肥満など、生活習慣の見直しで改善できることもあります。 健康な生活を心がけましょう。 ウイルス・細菌感染 ウイルスや細菌によって、喉の粘膜や扁桃腺が炎症を起こし、喉につかえを感じることもあります。 口の奥や、鼻からのどにかけて腫れ、喉の奥が赤くなります。 高熱や気持ち悪さ、倦怠感なども、喉のつかえと同時に感じることが多いです。 食道がん・咽頭・喉頭がんなどの腫瘍 食道に悪性腫瘍ができ、進行して大きくなると、食道の通り道が狭くなって喉がつかえやすくなります。 液体や柔らかいものは問題なく食べられても、硬いお肉やご飯を一気に食べるなど、ある程度の大きさのものを飲み込むと、つかえを強く感じます。 気管支喘息(ぜんそく) 気管支喘息でも、喉のつかえを感じることがあります。 気管支が炎症を起こして気道の内側が狭くなったり、粘りのある痰がでたりすることで、つかえを感じます。 それとともに、喉のイガイガやむず痒さを感じることもあります。 甲状腺に原因があることも また、喉ぼとけのすぐ下の、甲状腺に異常があることも考えられます。 喉のつかえに加えて、 首筋にしこりのようなものがあったら、甲状腺が原因の可能性もあります。 病院で診療を受けましょう。 精神的原因 喜怒哀楽を激しく感じた時に起きる「球感覚」 不安や怒りなど喜怒哀楽を激しく感じたときに、食道の筋肉や感受性の異常から、喉に不快感が生じることがあります。 これを「 球感覚」といいます。 食べ物が実際につかえることはほとんどありませんが、喉のあたりになんとなく違和感を覚えます。 精神的な理由が大きい「咽喉頭異常感症」 病気など物理的要因がなくとも、喉に違和感がある状態を咽喉頭異常感症と呼びます。 自律神経失調症やうつ病など精神的な要素が強く、喉のつかえ以外にも、喉が締め付けられる感じや、異物感を感じることもあります。 喉のつかえがあったら病院へ行くべき? 1. 他の病気が原因の場合 逆流性食道炎などその他の病気が原因であれば、症状の広がりを防ぐためにも早めに病院へ行き、治療を受ける必要があります。 精神的な原因の場合 精神的な要因の場合も、喉のつかえによって、ストレスや不眠、食欲の低下などが起きることがあります。 続くようであれば病院でしっかりと診てもらいましょう。 継続的に違和感があれば病院へ 原因がどこにあるかを正確に自己判断することは難しいため、継続的に違和感があれば、 早めに内科や耳鼻咽喉科を受診しましょう。 喉のつかえの治療や予防方法 1. 治療方法 病気など物理的に原因があれば、その治療が第一です。 内科や耳鼻咽喉科などの医療機関で相談しましょう。 例えば、ウイルスや細菌に感染していたら抗菌薬を投与し、うがいの習慣づけや食生活の改善などを行います。 心因的な場合は、カウンセリングを受けるとともに、ストレス解消やリラックスを心がけましょう。 予防方法 喉は汚れた空気やウイルスを体内に入れないための、フィルターの役割も果たしています。 喉がダメージを受けないように、普段から次のことを心がけ、予防につとめましょう。 まとめ 喉はデリケートな器官です。 病気などの物理的な要因だけでなく、精神的な要因でもダメージを受けてしまいます。 普段から、 ストレスをためない生活を心がけることも大切ですね。 解説したように、喉に違和感を覚える病気はたくさんあります。 少しでも「いつもと違う」と感じたら、早めに内科や耳鼻咽喉科などで診療を受けましょう。

次の