透水 性 アスファルト。 レインボーミック雅道

アスファルトについて|沖縄県那覇市のアスファルト製造販売・土木工事・舗装工事の株式会社 第一三興建設のホームページへようこそ

透水 性 アスファルト

水はけの悪いアスファルトは危険? あなたの近所には、雨が降るとすぐに水たまりができてしまうアスファルトはありませんか?この水たまりは、アスファルトの水はけが悪いためにできてしまいます。 アスファルトの水はけが悪いと、水たまりができるだけでなくさまざまな問題があります。 水はねがおきる 車道を走っている車が水たまりの上を通ると水はねがおき、場合によっては歩行者に水がかかるおそれがあります。 運転している人も故意ではありませんし、すべての水たまりに気をつかいながら運転するのは難しいでしょう。 すべりやすくなる アスファルトは車などが滑らないよう、表面が粗い舗装になっています。 しかし水はけが悪いと表面に水の膜が張られてしまい、すべりやすくなってしまいます。 水たまりになっていないところでも水の膜ができていることが多いため、雨の日の運転には十分注意しなければなりません。 冠水 水はけがよくないと、ゲリラ豪雨や長期的な降雨で冠水してしまうことがあります。 土地の傾斜などが原因の場合もありますが、水はけがよければ冠水の度合いも抑えることができます。 冠水すると交通に大きな影響がでるため、都市としての機能が低下してしまいます。 ハイドロプレーニング 自動車運転免許を持っている人は聞いたことがある言葉だと思います。 ハイドロプレーニングとは、車が水たまりの上を通ったときにタイヤと地面の間に水が入り込んでブレーキがきかなくなる現象のことです。 高速道路など速度を出す場所で起きやすく、こういった場所では水はけのよいアスファルトが求められています。 透水性アスファルトとは アスファルトの水はけが悪いとさまざまな危険があることがわかりましたが、水はけがよいアスファルトはないのでしょうか。 それが透水性アスファルトになります。 アスファルトは通常耐久性が求められるため、内部はすきまをできるだけつくらない密着した構造になっています。 しかしこれにより水の逃げ道がなくなり、水はけが悪くなっています。 対して透水性アスファルトは、あえてすきまをつくるような混合物で作られています。 こうすることで透水性アスファルト表面の水は、すきまを通って地面に浸透していくのです。 透水性アスファルトと似た舗装に排水性アスファルトというものもあります。 排水性アスファルトは地下に水を流すのではなく、排水溝に水を誘導する構造になっています。 排水を誘導するためにゴム樹脂を使っているため、透水性アスファルトより走行音が静かになるという特徴があります。 ほかにも石材をかみ合わせた舗装であるインターロッキングブロックにも透水性があります。 インターロッキングブロックは車が頻繁に走る道路には採用されにくいため、どちらかといえば歩行者などにありがたい舗装です。 透水性アスファルトのメリット・デメリット メリット ・水はけがよくなる 一番のメリットは、透水性アスファルトの目的でもある水はけです。 水はけがよくなることで歩行者への水はねや冠水、ハイドロプレーニング現象の発生をおさえることができます。 水はけが原因で事故が発生しやすい高速道路などは積極的に透水性アスファルトを採用しています。 ・走行音の低減 透水性アスファルトは水はけをよくするために、内部にすきまを多く持った構造になっています。 このすきまには、走行音を小さくする効果もあります。 通常のアスファルトはすきまが少なく密着した構造になっているため、アスファルトにぶつかった音をそのまま反射してしまいます。 しかしすきまがある透水性アスファルトだと、ぶつかってきた音をすきまが吸収し音の反射が小さくなるのです。 ・ヒートアイランド現象の緩和 透水性アスファルトのすきまは、ヒートアイランド現象を緩和する効果もあります。 ヒートアイランド現象とは、郊外より都市部の方が高い温度になる現象です。 日中都市部にあるアスファルトなどの道路が、たくわえた熱を夜間に放出することも原因の1つになっています。 透水性アスファルトはすきまが多くあるおかげで、蓄えられる熱量が少なくなっています。 すなわち通常のアスファルトにくらべ、ヒートアイランド現象に寄与する熱を出さないということです。 デメリット ・すきまに砂や泥がつまる すきまがあると、そこに詰まるものがでてきます。 砂や泥が詰まることが多く、数年で透水性アスファルトの機能は低下してしまうのです。 そのため定期的なメンテナンスが必要となります。 最近では高圧洗浄とバキュームの機能を合わせた、透水性アスファルト専用の車両が開発されているそうです。 ・大型の車両にすきまがつぶされる 砂や泥が詰まるだけでなく、すきまが潰されてなくなってしまっても機能は低下します。 大型車両がよく通る道路はすきまが潰されやすく、定期的なメンテナンスが必要になります。 また、大型車両でなくとも走行速度が遅い車両などは一カ所にかかる圧力が長くなるため、すきまが潰れやすくなります。 ・補修に手間がかかる 透水性アスファルトは一部分だけ補修することができず、補修する場合は大部分を施工しなおすことになります。 理由は補修作業により、すきまが潰れてしまうためです。 一部だけ補修するとその周辺の透水性アスファルトが機能しなくなり、結局全体を補修しなければならなくなります。 まとめ 近所でいつも水たまりができているところと、できていないところには透水性の違いがあるかもしれません。 水はけが悪いと冠水やハイドロプレーニング現象など、車を運転する人にとって危険なことばかりです。 歩行者も水をかけられるおそれがあるため、水はけがよいに越したことはありません。 透水性アスファルトは水はけをよくするだけでなく、さまざまなメリットを持つ優れたアスファルトです。 ある日突然道路の水はけがよくなっていたら、透水性アスファルトに替わったのかもしれません。 アスファルト工事を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくはのをご覧ください。

次の

アスファルト舗装の単価・価格・値段は1㎡約5000円前後が一目安

透水 性 アスファルト

道路や駐車場の舗装アスファルトが使われている理由 道路や駐車場には、コンクリート舗装よりもアスファルト舗装の方が多く使われているということをご存知でしたか? アスファルトが良く使われるのには理由があります。 まずは、アスファルトの用途と使用されやすい理由についてご紹介します。 様々な用途で使用されているアスファルト 本来アスファルトとは石油を精製してとれた重質油のことで、JIS規格があります。 それに骨材や砂などを混合したものをアスファルト混合物と呼びます。 アスファルト混合物(アスファルト合材)は骨材の粒度によって区分され、「密粒度」「細粒度」「開粒度」などに分かれています。 さまざまな種類があり、それぞれ用途ごとに長所があります。 ・道路舗装材…アスファルトに砂利や砂、フィラーなどを混合したアスファルト・コンクリートで、舗装に用いられます。 水とアスファルトを界面活性剤を使って混合させたものです。 ・乳剤……道路舗装の基層や表層の施工のとき、防水効果や接着促進のために使います。 ・防水材……平屋根の防水工事に使われます。 繊維にアスファルトを浸透させたアスファルトフェルトや、ゴムなどを加えた改質アスファルトがあります。 ・緩衝材……和式の便器を埋め込んだ部分の衝撃緩和などのために使われています。 路や駐車場に多く使われている理由 道路の舗装にアスファルトが多く使われる理由については、いくつかの長所が関係しています。 ・工事費が安い ・騒音が起きにくい ・水をよくはじく ・施工してから固まるまでの時間が早い 経費も安くなり、工事が早く終わるうえ、施工後の状態も良いという特徴があり、とても優れモノなのです。 しかし、そんなアスファルトにも欠点はあり、耐久性はコンクリートにかないません。 アスファルトはコンクリートよりも消耗が激しいため、五年に一度程の頻度でオーバーレイという工法で補修を行わなければなりません。 上層部を削り取り、その分新しいものを上乗せします。 アスファルトはときに街並みを味気ない景観に変えてしまうため、石畳などが残る場所には使われにくい傾向にもあるようです。 最近ではアスファルト混合物を使った大理石や石畳風の舗装材も生まれるなど、もとの材料の機能性や強みを生かす工夫がされています。 道路に使用されているアスファルト舗装の種類 アスファルト塗装というと、黒くてどろどろした工材をたんに地面に敷くだけだと思っていませんか? 実は、アスファルトには塗装の方法にもさまざまな種類があります。 意外に奥が深い、アスファルト道路の塗装の種類について見ていきましょう。 県道や市道で多く使われている密粒度アスファルト舗装 日本国内の県道や市道のほとんどで使われている舗装方法です。 施工が簡単なので工期を短縮することができ、コストカットにつながります。 また、維持管理・補修も簡単といった点でもコストが低く済み、舗装には手軽な工法になります。 駐車場などに広く使われています。 高速道路や国道で多く使われている排水性アスファルト舗装 上部に透水性のアスファルト、下部に非透水性のアスファルトを敷き、その2つの層の間を雨水が通って排水されるという仕組みです。 水のせいでタイヤと地面との摩擦が起きづらくなりハンドルやブレーキが利かなくなるハイドロプレーニング現象の防止にもなります。 走行安全性が上がるうえ、車内のロードノイズを軽減させることもできます。 山道や事故の多い場所で使われている高密度ギャップアスファルト舗装 事故の多い交差点や山道などに使われる工法です。 加熱アスファルト混合物という、ギャップ粒度を配合した特殊なアスファルトを使っています。 ギャップ粒度とは様々な大きさの材料を混合してスベリの抵抗を高めるもので、それにゴムや樹脂を加え、さらに滑りづらくなっています。 ブレーキをかけた時の停止距離が短くなるのが特徴です。 歩道や駐車場などで使用されているアスファルト舗装の種類 歩道や駐車場などに使われているアスファルト舗装は、車道に使われているものと少し違います。 普段何気なく歩いている道の下にも、生活や環境の問題に対応した画期的な手法で引かれたアスファルトがあるのです。 どのような工夫がされているのか見ていきましょう。 水分が地中へ還元される透水性舗装 透水性アスファルト舗装は、排水性舗装と似て非なる工法です。 コンクリートは密度の高い材料ほど耐久性が高く高質とされていますが、この透水性舗装ではあえて粗い材料を使いアスファルトに隙間を生むことによって雨水をしみこませ、地面の下へ浸透させることができます。 比較的安価に施工でき、雨水を地面の下に逃がすことができるので側溝などの氾濫防止や水たまりの防止などに効果的です。 一方、勾配がある場所では、アスファルト下に浸透される雨水が土壌を洗い流すことによって、強度不足になる可能性もあります。 水分の蒸発で気温上昇を抑える保水性舗装 補水性舗装では、水分を吸収する材質をアスファルト内部に重鎮します。 雨が降るとアスファルトの中に浸みこんだ水分が材質に吸収されます。 雨が止んで気温が上がると、吸収された水分が蒸発する仕組みです。 打ち水などと同じ気化熱によって路面温度の上昇を防ぐことができるというのが大きな特徴です。 郊外よりも都市部の気温が異常に高くなるヒートアイランド現象は、アスファルトやコンクリートが熱を溜め込むことで引き起こされると言われますが、この方法で緩和できる可能性があるとも考えられています。 道路、駐車場、公園まで幅広い用途があります。 バリエーション豊かなたカラーアスファルト舗装 顔料や着色した石などを混ぜ合わせた舗装をカラーアスファルト舗装といいます。 本来無機質な色合いのアスファルトを着色することによって、景観がよくなるだけでなく、高速道路などで路線の区別のためにも活躍しています。 トンネル内でよく使われる白色の他、赤・黄・緑などさまざまな色合いがあります。 また、薄層舗装というものを普通の塗装の上にかけることによって着色をする方法もあります。 こちらもカラーバリエーションが豊富で、ソフトな歩行感や耐衝撃性、すべりにくいといった特徴もあります。 まとめ 道路を作るうえでアスファルトがなぜ主要な材料になっているのか理解していただけましたか?.

次の

レインボーミック雅道

透水 性 アスファルト

道路や駐車場の舗装アスファルトが使われている理由 道路や駐車場には、コンクリート舗装よりもアスファルト舗装の方が多く使われているということをご存知でしたか? アスファルトが良く使われるのには理由があります。 まずは、アスファルトの用途と使用されやすい理由についてご紹介します。 様々な用途で使用されているアスファルト 本来アスファルトとは石油を精製してとれた重質油のことで、JIS規格があります。 それに骨材や砂などを混合したものをアスファルト混合物と呼びます。 アスファルト混合物(アスファルト合材)は骨材の粒度によって区分され、「密粒度」「細粒度」「開粒度」などに分かれています。 さまざまな種類があり、それぞれ用途ごとに長所があります。 ・道路舗装材…アスファルトに砂利や砂、フィラーなどを混合したアスファルト・コンクリートで、舗装に用いられます。 水とアスファルトを界面活性剤を使って混合させたものです。 ・乳剤……道路舗装の基層や表層の施工のとき、防水効果や接着促進のために使います。 ・防水材……平屋根の防水工事に使われます。 繊維にアスファルトを浸透させたアスファルトフェルトや、ゴムなどを加えた改質アスファルトがあります。 ・緩衝材……和式の便器を埋め込んだ部分の衝撃緩和などのために使われています。 路や駐車場に多く使われている理由 道路の舗装にアスファルトが多く使われる理由については、いくつかの長所が関係しています。 ・工事費が安い ・騒音が起きにくい ・水をよくはじく ・施工してから固まるまでの時間が早い 経費も安くなり、工事が早く終わるうえ、施工後の状態も良いという特徴があり、とても優れモノなのです。 しかし、そんなアスファルトにも欠点はあり、耐久性はコンクリートにかないません。 アスファルトはコンクリートよりも消耗が激しいため、五年に一度程の頻度でオーバーレイという工法で補修を行わなければなりません。 上層部を削り取り、その分新しいものを上乗せします。 アスファルトはときに街並みを味気ない景観に変えてしまうため、石畳などが残る場所には使われにくい傾向にもあるようです。 最近ではアスファルト混合物を使った大理石や石畳風の舗装材も生まれるなど、もとの材料の機能性や強みを生かす工夫がされています。 道路に使用されているアスファルト舗装の種類 アスファルト塗装というと、黒くてどろどろした工材をたんに地面に敷くだけだと思っていませんか? 実は、アスファルトには塗装の方法にもさまざまな種類があります。 意外に奥が深い、アスファルト道路の塗装の種類について見ていきましょう。 県道や市道で多く使われている密粒度アスファルト舗装 日本国内の県道や市道のほとんどで使われている舗装方法です。 施工が簡単なので工期を短縮することができ、コストカットにつながります。 また、維持管理・補修も簡単といった点でもコストが低く済み、舗装には手軽な工法になります。 駐車場などに広く使われています。 高速道路や国道で多く使われている排水性アスファルト舗装 上部に透水性のアスファルト、下部に非透水性のアスファルトを敷き、その2つの層の間を雨水が通って排水されるという仕組みです。 水のせいでタイヤと地面との摩擦が起きづらくなりハンドルやブレーキが利かなくなるハイドロプレーニング現象の防止にもなります。 走行安全性が上がるうえ、車内のロードノイズを軽減させることもできます。 山道や事故の多い場所で使われている高密度ギャップアスファルト舗装 事故の多い交差点や山道などに使われる工法です。 加熱アスファルト混合物という、ギャップ粒度を配合した特殊なアスファルトを使っています。 ギャップ粒度とは様々な大きさの材料を混合してスベリの抵抗を高めるもので、それにゴムや樹脂を加え、さらに滑りづらくなっています。 ブレーキをかけた時の停止距離が短くなるのが特徴です。 歩道や駐車場などで使用されているアスファルト舗装の種類 歩道や駐車場などに使われているアスファルト舗装は、車道に使われているものと少し違います。 普段何気なく歩いている道の下にも、生活や環境の問題に対応した画期的な手法で引かれたアスファルトがあるのです。 どのような工夫がされているのか見ていきましょう。 水分が地中へ還元される透水性舗装 透水性アスファルト舗装は、排水性舗装と似て非なる工法です。 コンクリートは密度の高い材料ほど耐久性が高く高質とされていますが、この透水性舗装ではあえて粗い材料を使いアスファルトに隙間を生むことによって雨水をしみこませ、地面の下へ浸透させることができます。 比較的安価に施工でき、雨水を地面の下に逃がすことができるので側溝などの氾濫防止や水たまりの防止などに効果的です。 一方、勾配がある場所では、アスファルト下に浸透される雨水が土壌を洗い流すことによって、強度不足になる可能性もあります。 水分の蒸発で気温上昇を抑える保水性舗装 補水性舗装では、水分を吸収する材質をアスファルト内部に重鎮します。 雨が降るとアスファルトの中に浸みこんだ水分が材質に吸収されます。 雨が止んで気温が上がると、吸収された水分が蒸発する仕組みです。 打ち水などと同じ気化熱によって路面温度の上昇を防ぐことができるというのが大きな特徴です。 郊外よりも都市部の気温が異常に高くなるヒートアイランド現象は、アスファルトやコンクリートが熱を溜め込むことで引き起こされると言われますが、この方法で緩和できる可能性があるとも考えられています。 道路、駐車場、公園まで幅広い用途があります。 バリエーション豊かなたカラーアスファルト舗装 顔料や着色した石などを混ぜ合わせた舗装をカラーアスファルト舗装といいます。 本来無機質な色合いのアスファルトを着色することによって、景観がよくなるだけでなく、高速道路などで路線の区別のためにも活躍しています。 トンネル内でよく使われる白色の他、赤・黄・緑などさまざまな色合いがあります。 また、薄層舗装というものを普通の塗装の上にかけることによって着色をする方法もあります。 こちらもカラーバリエーションが豊富で、ソフトな歩行感や耐衝撃性、すべりにくいといった特徴もあります。 まとめ 道路を作るうえでアスファルトがなぜ主要な材料になっているのか理解していただけましたか?.

次の