磁気 ブレスレット 効果。 磁気治療で血流改善

磁気ブレスレットやネックレスなどの健康アイテムは肩こりに効果あるのか?

磁気 ブレスレット 効果

肩こりでお悩みの患者さんの話を聞いていると 「磁気ブレスレットやネックレスなど、健康アイテムやグッズは肩こりに効果あるんですか?」 といった質問をよくいただきます。 世の中には肩こりの改善を宣伝にしている商品が大量に存在しておりますので、こういった商品の効果について興味のある人も非常に多いと思います。 そこでこのページでは、磁気ブレスレットやネックレスなどの健康アイテムやグッズは肩こりに効果はあるのか?について説明しています。 ちなみに私は医療系の国家資格である柔道整復師という資格を持っている人間です あくまで私の個人的な意見ではありますが医療系の国家資格を持っている人間の端くれとして、出来るだけ丁寧で分かりやすい説明を心がけていますので、こういった事に興味のある人は是非参考にして下さいね。 スポンサーリンク 磁石による肩こりの改善効果は科学的に根拠は薄い こういったブレスレットやネックレスなど、肩こり用の健康アイテムの売り文句として良く聞く話の中に、磁石を使って血行を促進するという話があると思います。 素朴な疑問ではありますが、こういった磁気の力は体に良い効果はあるのか?という疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。 残念ながら少なくとも現時点においては、こういった磁気の力が体に良い結果を出すという科学的根拠は薄いとしか言いようがありません。 論文によっては磁力の効果があるという話もあるようですが、論文というのは世界中であらゆる人が色んな事を主張している物ですので、中には胡散臭い物も多数あります。 いくつか私も読んだ事はありますが、残念ながら現時点ではきっちりと効果を立証できるような科学的な根拠はないと判断した方が良い状態のようです。 そもそも、「磁力」が体に対して何かしらの反応を与えるのであれば、MRIなど検査にかなりの磁力を使う機器によって、何らかの健康被害などの報告が上がると思うのですが、今の所そういった話も聞いた事がありません。 以上の事から現時点での常識の中では、こういった磁石を利用した健康アイテムが体に何らかの影響を与える可能性は限りなく低いと考えています。 スポンサーリンク プラシーボ効果が発生する可能性は高い ただし、全くこういった商品が肩こりに対して効果がないと断定する事は出来ません。 実際に磁気ネックレスやブレスレットをつける事によって、肩こりの症状が改善したという話は患者さんからも聞く事があります。 磁石による改善の根拠は無いわけですから、何故こういった健康アイテムに効果があるのか疑問に思っている人もおられると思います。 おそらくですが、こういった磁気ネックレスやブレスレットの効果はプラシーボ効果によるものだと私は考えています。 プラシーボ効果とは簡単に説明すれば「思い込み」の効果ですね。 特に効果が期待できない治療法や薬であったとしても、「効果がある」と思い込む事によって何らかの反応が発生する事です。 「思い込み」の力というのは案外馬鹿に出来ません。 人間の痛みは脳で作られる一種の感覚ですので、みなさんが思っている以上に精神的な影響が関わります。 (性格によって痛みの強さが変わる傾向もあるほどです) また、心理カウンセラーのお仕事をされている人に聞いた事があるのですが、心理学的に見ても、痛みが発生した時などに「自分は治った」と暗示をかける事によって、実際に症状が改善する事もある事は学問的にも証明されているようです。 昔から「信じる者は救われる」と言われていますが、これはあながち間違っていません。 私は無宗教の人間ですが、何かの宗教を信じて痛みや病気が治ったというのも、こういったプラシーボ効果を考えれば十分あり得る話だとも思います。 磁気ブレスレットやネックレスに関しては、「有名なスポーツ選手が使っている」などの宣伝文句を使っている事も多いと思います。 最初から効果を疑って使うよりも、「あの人も効果があるっていってたし期待できるかも!」と思って使うのでは全然効果は変わってくる訳ですね。 私は痛みを治療によって改善するお仕事をしていますが、過去に一度治した事のある患者さんと、初めて診る患者さんとでは治療の効果が全然違う傾向があります。 一度でも治した患者さんの場合はやはり治療の効果は高く、初めての患者さんの場合は少し治療効果が落ちる傾向があります。 こういった事も、治療を受ける患者さん側に「私を信用しているのか?疑っているのか?」などの精神状態が大きく関わっているんだと思います。 (疑って来られても、しっかり理にかなった治療を行えば症状は改善しますけどね) このように、「思い込み」の力というのは実際の症状の改善に大きく関わっているんですね。 まとめ ここで簡単にまとめさせていただきますね。 健康アイテムやグッズの効能として良く聞く話である「磁石」の効果に関しては、残念ながら現時点で効果が期待できる科学的根拠は存在しないと思います。 ただし、こういったブレスレットやネックレスであったとしても、プラシーボ効果によって肩こりが改善する話は決して珍しい話ではありません。 そのため、効果を期待して購入する事には何の反対意見も持っていないです。 しかし、効果がある人と無い人とでは、やはり効果を感じない人の方が多い印象を持っていますし、効果があっても驚くほどの効果を感じている人は稀だと思います。 インターネット上ではこういったブレスレットやネックレスに関して、商品を売るために良い事しか書いていないページも多数存在していますので、もし購入をするのであればあまり高価じゃない物を購入する事をオススメします。 高価な商品を購入して全く肩こりが改善しなければショックを受けますから。 以上で「磁気ブレスレットやネックレスなどの健康アイテムは肩こりに効果あるのか?」のページの説明を終了させていただきますが、下記に肩こりに関連するページのリンクも載せていますので、興味のある人はそちらも是非参考にして下さいね。 おすすめ記事 スポンサーリンク 肩こりの症状に関連するページ.

次の

【肩こりに効果的】磁気ネックレスおすすめ人気ランキングTOP10

磁気 ブレスレット 効果

肩こりでお悩みの患者さんの話を聞いていると 「磁気ブレスレットやネックレスなど、健康アイテムやグッズは肩こりに効果あるんですか?」 といった質問をよくいただきます。 世の中には肩こりの改善を宣伝にしている商品が大量に存在しておりますので、こういった商品の効果について興味のある人も非常に多いと思います。 そこでこのページでは、磁気ブレスレットやネックレスなどの健康アイテムやグッズは肩こりに効果はあるのか?について説明しています。 ちなみに私は医療系の国家資格である柔道整復師という資格を持っている人間です あくまで私の個人的な意見ではありますが医療系の国家資格を持っている人間の端くれとして、出来るだけ丁寧で分かりやすい説明を心がけていますので、こういった事に興味のある人は是非参考にして下さいね。 スポンサーリンク 磁石による肩こりの改善効果は科学的に根拠は薄い こういったブレスレットやネックレスなど、肩こり用の健康アイテムの売り文句として良く聞く話の中に、磁石を使って血行を促進するという話があると思います。 素朴な疑問ではありますが、こういった磁気の力は体に良い効果はあるのか?という疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。 残念ながら少なくとも現時点においては、こういった磁気の力が体に良い結果を出すという科学的根拠は薄いとしか言いようがありません。 論文によっては磁力の効果があるという話もあるようですが、論文というのは世界中であらゆる人が色んな事を主張している物ですので、中には胡散臭い物も多数あります。 いくつか私も読んだ事はありますが、残念ながら現時点ではきっちりと効果を立証できるような科学的な根拠はないと判断した方が良い状態のようです。 そもそも、「磁力」が体に対して何かしらの反応を与えるのであれば、MRIなど検査にかなりの磁力を使う機器によって、何らかの健康被害などの報告が上がると思うのですが、今の所そういった話も聞いた事がありません。 以上の事から現時点での常識の中では、こういった磁石を利用した健康アイテムが体に何らかの影響を与える可能性は限りなく低いと考えています。 スポンサーリンク プラシーボ効果が発生する可能性は高い ただし、全くこういった商品が肩こりに対して効果がないと断定する事は出来ません。 実際に磁気ネックレスやブレスレットをつける事によって、肩こりの症状が改善したという話は患者さんからも聞く事があります。 磁石による改善の根拠は無いわけですから、何故こういった健康アイテムに効果があるのか疑問に思っている人もおられると思います。 おそらくですが、こういった磁気ネックレスやブレスレットの効果はプラシーボ効果によるものだと私は考えています。 プラシーボ効果とは簡単に説明すれば「思い込み」の効果ですね。 特に効果が期待できない治療法や薬であったとしても、「効果がある」と思い込む事によって何らかの反応が発生する事です。 「思い込み」の力というのは案外馬鹿に出来ません。 人間の痛みは脳で作られる一種の感覚ですので、みなさんが思っている以上に精神的な影響が関わります。 (性格によって痛みの強さが変わる傾向もあるほどです) また、心理カウンセラーのお仕事をされている人に聞いた事があるのですが、心理学的に見ても、痛みが発生した時などに「自分は治った」と暗示をかける事によって、実際に症状が改善する事もある事は学問的にも証明されているようです。 昔から「信じる者は救われる」と言われていますが、これはあながち間違っていません。 私は無宗教の人間ですが、何かの宗教を信じて痛みや病気が治ったというのも、こういったプラシーボ効果を考えれば十分あり得る話だとも思います。 磁気ブレスレットやネックレスに関しては、「有名なスポーツ選手が使っている」などの宣伝文句を使っている事も多いと思います。 最初から効果を疑って使うよりも、「あの人も効果があるっていってたし期待できるかも!」と思って使うのでは全然効果は変わってくる訳ですね。 私は痛みを治療によって改善するお仕事をしていますが、過去に一度治した事のある患者さんと、初めて診る患者さんとでは治療の効果が全然違う傾向があります。 一度でも治した患者さんの場合はやはり治療の効果は高く、初めての患者さんの場合は少し治療効果が落ちる傾向があります。 こういった事も、治療を受ける患者さん側に「私を信用しているのか?疑っているのか?」などの精神状態が大きく関わっているんだと思います。 (疑って来られても、しっかり理にかなった治療を行えば症状は改善しますけどね) このように、「思い込み」の力というのは実際の症状の改善に大きく関わっているんですね。 まとめ ここで簡単にまとめさせていただきますね。 健康アイテムやグッズの効能として良く聞く話である「磁石」の効果に関しては、残念ながら現時点で効果が期待できる科学的根拠は存在しないと思います。 ただし、こういったブレスレットやネックレスであったとしても、プラシーボ効果によって肩こりが改善する話は決して珍しい話ではありません。 そのため、効果を期待して購入する事には何の反対意見も持っていないです。 しかし、効果がある人と無い人とでは、やはり効果を感じない人の方が多い印象を持っていますし、効果があっても驚くほどの効果を感じている人は稀だと思います。 インターネット上ではこういったブレスレットやネックレスに関して、商品を売るために良い事しか書いていないページも多数存在していますので、もし購入をするのであればあまり高価じゃない物を購入する事をオススメします。 高価な商品を購入して全く肩こりが改善しなければショックを受けますから。 以上で「磁気ブレスレットやネックレスなどの健康アイテムは肩こりに効果あるのか?」のページの説明を終了させていただきますが、下記に肩こりに関連するページのリンクも載せていますので、興味のある人はそちらも是非参考にして下さいね。 おすすめ記事 スポンサーリンク 肩こりの症状に関連するページ.

次の

ゲルマニウムブレスレットのおすすめ人気ランキング14選【レディース・メンズも!】

磁気 ブレスレット 効果

筋肉痛と肩こり 最近はデスクワークが多いヒカル先生ですが、けっこうデスクワークって身体にダメージが残るんですよね。 今や何でもパソコンで作業する時代になって字を書く機会は大幅に減ったのですが、その分パソコンの画面をジッと見つめる機会が多く、40代のヒカル先生の目はショボショボしている最中です。 デスクワークが多い皆さん、座りっぱなしは身体によくありませんので30分に1回、最低でも1時間に1回は立ち上がって軽いストレッチをやった方がよいですよ。 そうしないと 身体全体の血行が悪くなって筋肉に疲労がたまってしまい、筋肉痛になってしまいますからね。 ・・・あれっ?「運動をしていなくても筋肉痛?」 という声が聞こえてきました。 確かに、筋肉痛って普段運動をしていない人が急に運動をして、筋肉を無理に使った後に起こります。 筋肉痛の痛みは、運動をしたときに「乳酸」という痛みを発する物質が体内に溜まって引き起こすのですが、「肩こり」だって筋肉痛と同じ現象なのですよ。 あれっ?今度は 「なんだ、肩こりか」という声が聞こえてしまいました。 皆さん、肩こりをバカにしてはいけません。 確かに「こり」という語呂のひびきが可愛らしいこともあり、何かと軽くみられがちです。 ですが、コリコリした筋肉が発する痛みは、ひどい頭痛やめまい、時には吐き気をもよおすことさえあるのです。 ちなみに接骨院・整骨院を受診する方の悩みで、腰痛と並んで多いのが肩こりです。 特に女性は肩こりに悩んでいる傾向があり、男性は100人あたり6名に対し女性はその2倍の100人あたり12名が肩こりとのデータがあります。 この理由としては 筋肉の量が男性よりも少ない、冷え症のために血行が悪いことが考えられます。 肩こりのメカニズム スポーツ選手の身体はとても美しいですよね。 特に男性のアスリートの上半身は逆三角形であり、ヒカル先生も思わずみとれてしまうほどです。 この逆三角形の身体ですが、それを形とっているのが肩周りの筋肉です。 肩の筋肉は 表層に僧帽筋(そうぼうきん)や三角筋、 深層部に肩甲挙筋(けんこうきょきん)や棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)などの大きな筋肉があります。 なぜ大きな筋肉が肩周りにあるかというと、それは重い頭と両腕を支える支柱となる部位であるからです。 つまり、 肩周りの筋肉はつねに頭と腕を支えていることになりますので、とくに運動をしていなくとも大きな負担が掛かり続けています。 ですから男性に比べ筋力が弱い女性は肩こりになりやすいのですが、この仕組みについてもう少し詳しく説明しましょう。 筋肉に疲労がたまると、 「乳酸」という痛みを発する物質が発生することを先ほど説明しましたが、筋肉の緊張が続くと次第に筋肉は硬くなっていきます。 そうすると血液の循環が悪くなってしまい、乳酸や老廃物が排出されにくくなります。 これが肩こりのメカニズムです。 つまり、 肩こりを解消するためには、まずは血行を良くし、コリ固まった状態の筋肉をほぐしていく必要があるのです。 磁気の効果 やっと前準備が整ったところで、今回のタイトルにもある議題に取り掛かりますよ。 そう、 「なぜ肩こりには磁気が効果的なのか」です。 磁気を使った肩こり解消法といえば、誰しも思い浮かべる製品がありますよね。 はい、〇ップ〇レキバンです。 他にも磁気ネックレス・ブレスレットなどもありますよね。 ちなみに先日の平昌オリンピックでは、ある日本代表選手の首元にあった磁気ネックレスをヒカル先生は見逃しませんでした。 これはある有名スポーツメーカーから販売されている磁気ネックレスですが、アクセサリーとしてもかっこよく、女性用にも合うようにかわいいおしゃれなデザインでした。 ではここでヒカル先生のワンポイントアドバイスです。 〇ップ〇レキバンや磁気ネックレスは永久磁石と言う固形の磁石を加工して使われますが、磁石の種類にはいくつかあって、一般的に使われる磁石は フェライト磁石と ネオジム磁石の2種類です。 フェライト磁石とは広く普及している一般的な磁石であり100均ショップでもよく売られている磁石です。 磁力自体は弱いので治療用には適しません。 一方の ネオジム磁石は、世の中にある磁石で最も強力な磁石です。 あまりにも強い磁力のため取り扱いに注意が必要なこともありますが、ハイブリッドカーや精密機械、医療機器等、幅広い用途に使われています。 治療用の磁気製品を選ぶうえでのポイントはなんといっても磁気の強さです。 磁気製品の歴史は古く多くのメーカーから多くの製品が開発、販売されていますが、 安価な製品と高い製品では使用している磁石の種類と数が違います。 ですので、安い製品は安価なフェライト磁石を使用していたりネオジム磁石でも使っている磁石の数が少ないというような理由があるのですよ。 では、ここでヒカル先生、皆さんに聞きたいことがあります。 この際ですから、ヒカル先生に気を遣わずにハッキリと正直に言ってください。 磁気って本当に効くのかな~? と思っていませんか? ・・・・・・・・・ ありがとうございます。 皆さんの心の声が聞こえました。 やっぱりこのサイトの読者の皆さんは、磁気の効果を実感されている方が多いですよね。 ヒカル先生はここまで読み進めていただいた皆さんの気持ちをスクロールで感じました。 そうなんです。 磁気を使った治療器は管理医療機器として「医薬品医療機器等法」という法律でしっかりと管理されていて、 「血行の改善とコリをほぐす」という効果が国から認められているのです。 この磁気の効果は、多数の大学や企業の研究機関で臨床データを取りながら検証されているのですが、諸説があります。 その中でもアセチルコリン分解抑制・一酸化窒素増加説を指示するエビデンスが集まってきています。 これは「磁気により血管を拡張させる物質が増加して血行が改善し、老廃物が洗い流されこりが良くなる」という説なのですが、 1,磁気をかけると、コリンエステラーゼの働きが弱まり、分解されるアセチルコリンの血管に作用する量が増えます。 2,アセチルコリンはその量に比例して、血管拡張物質である一酸化窒素を増加させます。 3,血管の内皮で増加した一酸化窒素は、血管の筋肉である血管平滑筋に作用し、血管を弛緩・拡張させ、血液の流れを良くします。 と、このような学説になるのですが、化学物質の名前ばっかりでチンプンカンプンの話になってしまいましたね。 ごめんなさい。 でも、ヒカル先生がはっきり自信を持って言える事は、長年の積み上げられた多数の臨床データから「磁気は血行を改善しコリをほぐす」ことは間違いないって事です。 まとめ いかがでしたか。 今回は肩こりと磁気の効果についてお送りしました。 磁気は目に見えないこともあり、その効果を疑問視する声もありますが、〇ップ〇レキバンは販売から40年以上もの歴史があります。 国からもちゃんと効果効能を認められていますので、まずはご自身で使ってみてその効果を確かめてみると良いですね。 でも、ヒカル先生がよく相談を受ける内容に、 「〇ップ〇レキバンや磁気ネックレスで痛みは軽くなるけど、やっぱり痛みが残る」ということがあります。 では今回のコラムの最後に、この理由を説明しますね。 それは、いくら強力な 永久磁石のネオジム磁石でも、磁場の届く範囲には限界があるからです。 肩には表層面の筋肉の下に深層面の筋肉がありますが、きつい痛みの肩こりは表層面の筋肉だけではなく深層面の筋肉もこっています。 ネオジム磁石の磁力は表層面の筋肉をほぐすことは出来るのですが、さすがに深層面の筋肉までは磁力が届きません。 これは簡易的なマッサージでも同様であり、深層部にある筋肉をほぐすことはとても大変なのです。 無理やり力いっぱいにマッサージをしてしまうと、筋肉や神経などの組織を痛めてしまうこともあります。 ですから、大元の痛みが深層部の筋肉によるコリである方には、ネオジム磁石の治療では物足りないと感じてしまうのです。 このような方の場合は、ヒカル先生もお世話になっている電気磁気治療器を使いましょう。 電気磁気治療器が発する磁気は、「交流磁気」と呼ぶのですが、永久磁石に比べ磁場が届く範囲が段違いです。 なにしろ、腰に電気磁気治療器を当てて磁気を当ててみると、反対側のお腹側にも磁気が貫通して届いてしまいます。 お腹に磁石を当ててみると、腰から届いた磁気を感じて、磁石がブルブル震えるほどです。 あっ!もちろん磁気が貫通と言っても、身体に刃物が入るわけではありませんから、痛みはもちろん不快な感覚もありませんのでご安心くださいね。 ヒカル先生はお陰で肩こりは全くないのですが、筋肉痛になりそうなときに電気磁気治療器を30分当てておくと筋肉痛も最小限に抑えられます。 でも、ヒカル先生の話を鵜呑みにするよりも、ご自身で効果を確かめてみた方が話は早いですよね。

次の