塩酸 混合物。 正しい次亜塩酸水の選び方

塩酸、空気、食塩水は化合物?それとも混合物?

塩酸 混合物

塩酸は混合物か?化合物か?その理由は? 結論から言いますと、塩酸は混合物に分類されます。 それでは、なぜ塩酸は化合物ではなく、混合物なのでしょうか。 混合物と化合物の違いについて簡単に確認しましょう。 混合物は、複数の純物質が混ざったものを指します。 一方で、化合物とは複数の元素から構成される純物質といえます。 このとき、塩酸は「塩化水素(HCl)」を水(H2O)に溶かしたものといえます。 このような理由から塩酸は混合物に分類されるといえるわけです。 なお、塩化水素(HCl)自体や水(H2O)は複数の元素から構成されている純物質であるために、化合物となります。 硫酸や硝酸も混合物 よって、硫酸であっても三酸化硫黄(HSO3)が水と化学反応を起こし、H2SO4と水(H2O)が共存している状態になっているため、混合物に分類することができるわけです。 もちろん、硝酸でも同じであり、二酸化窒素と水の反応から、HNO3と水(H2O)が混合しているようなものとなります。 なお、このときH2SO4自体やHNO3などは化合物(純物質)となることも併せて覚えておきましょう。 このような原理から、塩酸も硫酸も硝酸も化合物ではなく、混合物となるといえます。 なお、 はこちらで解説しています。 併せて理解しておくといいです。

次の

次亜塩素酸水

塩酸 混合物

塩酸は混合物か?化合物か?その理由は? 結論から言いますと、塩酸は混合物に分類されます。 それでは、なぜ塩酸は化合物ではなく、混合物なのでしょうか。 混合物と化合物の違いについて簡単に確認しましょう。 混合物は、複数の純物質が混ざったものを指します。 一方で、化合物とは複数の元素から構成される純物質といえます。 このとき、塩酸は「塩化水素(HCl)」を水(H2O)に溶かしたものといえます。 このような理由から塩酸は混合物に分類されるといえるわけです。 なお、塩化水素(HCl)自体や水(H2O)は複数の元素から構成されている純物質であるために、化合物となります。 硫酸や硝酸も混合物 よって、硫酸であっても三酸化硫黄(HSO3)が水と化学反応を起こし、H2SO4と水(H2O)が共存している状態になっているため、混合物に分類することができるわけです。 もちろん、硝酸でも同じであり、二酸化窒素と水の反応から、HNO3と水(H2O)が混合しているようなものとなります。 なお、このときH2SO4自体やHNO3などは化合物(純物質)となることも併せて覚えておきましょう。 このような原理から、塩酸も硫酸も硝酸も化合物ではなく、混合物となるといえます。 なお、 はこちらで解説しています。 併せて理解しておくといいです。

次の

REACHにおける塩酸:混合物でない

塩酸 混合物

メタノール、エタノール、プロパノールまでは混和(水和)、 ブタノール以降は溶解(水溶) です。 さらに、アルコールと水を混ぜると、元の体積の合計よりも小さくなりますよね。 これを「混合物」と呼べるかどうか自信なしです・・・。 反応熱について。 反応熱というのは、安定でない状態から安定な状態に移ることによって、その安定度の差が「余り」として熱になります。 水と混和もしくは溶解している状態のほうが安定なので、混ぜると熱が発生します。 ほかのことに例えますと、 高いところから物体を落下させ、物体が地面に衝突すると熱が発生します。 (木材に釘を打ち付けるとき、釘の頭をトンカチで叩きますが、叩かれた釘は熱くなります。 それと同じようなことです。 熱以外に、一部、音や破壊のエネルギーにもなったりしますが。 ) これは、高校の物理で習う「位置エネルギー」が熱エネルギーに変換されたことを意味します。 高いところにあるということは不安定、地面にあることは安定です。 安定度の差が熱になったということです。 以上、とりとめもなく書き、失礼しました。 アルコールをコップいっぱいに詰めた小豆、水を同じく米粒だと思ってください。 最初に両方とも、同じ大きさのコップいっぱい、スリキリに測りとったとします。 これを一度大きなボールにいれ、小豆と米粒をよく混ぜます。 もう一度最初のコップに戻しましょう。 一杯目はスリキリ一杯。 2杯目は? 少し少なくなりますよね。 混ぜ合わせることで体積が減ったわけですが、「なぜ体積が減るか?」はもう想像つきますよね。 普遍的には「体積が減ったほうが安定だから、減った。 」です。 もうひとつ。 物質はすべからく、不安定な状態から安定な状態に変化するときに、エネルギーを放出します。 ということで、「体積が減ることで安定な状態になり、その分が熱エネルギーとして放出された」 が答えですかね。 190mLの混合液からアルコールだけを取り出せば、100mLあるはずです。 比例式から、100mlの溶液からなら約52. 6mLアルコールは取り出せるはずです。 もちろん、水について考えると、190mLから100mLの水が取り出せるので、50mLからなら52. 6mL取り出せます。 そして、いずれも残りは52. 6mLの水ないしアルコールが残るはず。 なんら矛盾はありません。 このようなことはたくさんあって、水に固体の食塩を溶かしても同様な現象が起きますね。 液体に限らず固体--合金--等でもしばしば見受けられる現象で、体積が増えたり減ったりします。 Q エタノール,もしくはメタノールと水をある体積ずつ混合すると,混合した液体の体積は,元の2つの液体(エタノール,もしくはメタノールと水)の体積の合計よりも減ると聞きました。 そこで,精度の悪い容器を使ってエタノールと水を混合してみたのですが,そんなに減ったようには見えませんでした。 そこで質問です。 1.実際にどのぐらい体積が減るのでしょうか?例えば,エタノールと水が100mlずつであれば,合計した液体の体積はいくらぐらいになるでしょうか? 2.何か実験をする上でのコツがあるのでしょうか? 3.エタノールと水以外に,混合すると体積が減るような液体の組み合わせをご存知でしたら,教えてください。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 1. 産総研のHPに水とエタノールの混合物の密度データがあります。 リンクを張ったので参考にしてください。 2.既に回答がありますが、なるべく溶液の量を多くして繰り返しおこない平均値を出すのが良いと思います。 基本的に混ざり合う液体同士ならその混合比によって密度は変わります。 面白い例としては、テトラクロロエタンとシクロペンタンの混合液は、テトラクロロエタンの割合が少ないと堆積が減りますが、多いと増えます。 理由は、大学初年度の物理化学の授業ででてくると思います。 nmij. html A ベストアンサー 学生実験で行いました。 以下のURLのようにピクノメーターを使用しました。 さて、hajime40さんの回答で十分だとは思いますが念のため。 水は極性分子なので、水素結合によりその体積を最小にしようというように分子同士が引き合っています。 逆に熱運動により離れようとしています。 水に溶けるとは「水和する」ことです。 物質のイオンや極性の部分が水の極性分子との静電気的な力で引き合い、水分子内に入り込む状態です。 メタノールは水よりも大きな分子ですが、CH3-OHのメチル基(CH3-)部位は極性がありません。 ヒドロキシル基(OH- 部分に極性があり、ここが親水基となります。 酸素原子は電気陰性度が高く電子を吸引するので部分的にマイナスとなっています。 水素部分は逆にプラスとなっています。 アルコールのヒドロキシル基の部分に水素結合で水分子が集まっている状態です。 疎水基のメチル基の部分はアルコールの疎水基のみと分子間力で集合します。 かなり、まばらな状態にあるアルコール分子(疎水基の影響で)の中に水分子が入り込む状態がおわかりでしょうか。 sci. utsunomiya-u. html 学生実験で行いました。 以下のURLのようにピクノメーターを使用しました。 さて、hajime40さんの回答で十分だとは思いますが念のため。 水は極性分子なので、水素結合によりその体積を最小にしようというように分子同士が引き合っています。 逆に熱運動により離れようとしています。 水に溶けるとは「水和する」ことです。 物質のイオンや極性の部分が水の極性分子との静電気的な力で引き合い... A ベストアンサー 医薬品の消毒用イソプロパノールのラベルには、70%の場合「火気厳禁 アルコール類 水溶性 危険等級II」の表示があります(規則第四十四条による表示)。 一方50%の場合この表示はありません。 city. nagoya. htm このページの確認試験フローと合わせて考えてみると、アルコール類の例外規定ではねられたものは別の類の規定を考えることなく、危険物非該当としていいようです(やたらわかりにくい法律ですね)。 正確には消防署に問い合わせるべきと思いますが、参考まで。 消防法 十三 アルコール類とは、一分子を構成する炭素の原子の数が一個から三個までの飽和一価アルコール(変性アルコールを含む。 )をいい、組成等を勘案して総務省令で定めるものを除く。 危険物の規制に関する規則 第一条の三 4 法別表備考第十三号の組成等を勘案して総務省令で定めるものは、次のものとする。 一 一分子を構成する炭素の原子の数が一個から三個までの飽和一価アルコールの含有量が六十パーセント未満の水溶液 医薬品の消毒用イソプロパノールのラベルには、70%の場合「火気厳禁 アルコール類 水溶性 危険等級II」の表示があります(規則第四十四条による表示)。 一方50%の場合この表示はありません。 city. nagoya. htm このページの確認試験フローと合わせて考えてみると、アルコール類の例外規定ではねられたものは別の類の規定を考えることなく、危険物非該当としていいようです(やたらわかりにくい法律ですね)。 正確には消防署に問い合わせるべきと思います... A ベストアンサー お答えするには2つのことを説明しなければなりません。 一つは濃度により屈折率が変わることと、もう一つはなぜ屈折率が変わるとモヤモヤとするのかです。 まず一つめです。 屈折率というのは、光という波が進むときに、水の分子と相互作用して生じています。 だから何もない、つまり真空中の屈折率は1になります。 で、この相互作用は、「その分子の種類」と「分子の濃度」によりことなります。 ここに砂糖が加わると砂糖の分子とも相互作用してしまいます。 つまり新たに砂糖分子との相互作用が加わる訳なので、全体として屈折率は変わってしまいます。 さて、水の中に砂糖を溶かした場合には、溶かした瞬間は場所により砂糖の濃度は異なります。 これは場所により屈折率が異なることを意味します。 では場所により屈折率が異なると何がおきるのでしょうか。 光は屈折率が異なる部分にくると、その進路を曲げられます。 つまり、連続的に色んな屈折率になっている砂糖を溶かした直後の水の中を通る光は場所毎に色んな方向に曲げられることになります。 たとえば、ガラスでもあまり均一ではないガラスの場合には向こう側の像はゆがんで見えます。 それと同じ事です。 それが生じているのがモヤモヤの正体です。 時間的にモヤモヤと動くのは砂糖の濃度が時間的に変化しているからそう見えます。 お答えするには2つのことを説明しなければなりません。 一つは濃度により屈折率が変わることと、もう一つはなぜ屈折率が変わるとモヤモヤとするのかです。 まず一つめです。 屈折率というのは、光という波が進むときに、水の分子と相互作用して生じています。 だから何もない、つまり真空中の屈折率は1になります。 で、この相互作用は、「その分子の種類」と「分子の濃度」によりことなります。 ここに砂糖が加わると砂糖の分子とも相互作用してしまいます。 つまり新たに砂糖分子との相互作用が加わる訳...

次の