青春 ヘビー ローテーション。 青春ヘビーローテーション番外編ネタバレ!圭司が語る奈緒との出会い|漫画市民

青春ヘビーローテーション【第8話】ネタバレ!誤解|漫画市民

青春 ヘビー ローテーション

残された奈緒は圭司を好きになって、学校がとってもとっても楽しいだけど・・・ つぐみの奈緒のいいところは真っ直ぐなところという言葉を思い出し、廊下を走って圭司を追いかけます。 圭司は部室にいると教えてもらった奈緒は部室まで走り、好きって言いたい衝動に・・・。 そして部室を開けるなり、高鳴る心臓と一緒に思いっ切り、「すきです!」と叫びます。 青春ヘビーローテーション【第8話】ネタバレ 「すきです!」 一生、圭司に好きって言わないと宣言したけれど、もう無理だと思った奈緒。 だから、圭司に告白したいと思った奈緒は、部室を開けて「すきです!」と勇気を出して叫びました。 「えっ? 小坂さん?」 奈緒の前に立っていた人は、部長の水野先輩でした! 奈緒は驚き、間違えました・・・ごめんなさいと謝って走って逃げて行きました。 水野先輩は呆気にとられた様子ですが、逃げる奈緒を見ながら微笑んでいます。 奈緒は後悔します・・・何故、相手をちゃんと見て告白しなかったのかと。 気持ちがいっぱいいっぱいだったから先輩の声が圭司に聞こえたんだと思いました。 恥ずかしい・・・告白大失敗だ・・・と反省しきりの奈緒でした。 次の日 奈緒が学校に行くと友達が水野先輩に告白したって本当?と尋ねてきました。 隣のクラスの子が見たって噂になっていることを教えてくれました。 もしかして、圭司の耳にも入っているのではと思うと、まともに圭司の顔が見られない奈緒です。 もし、聞いていたら誤解を解きたいけれど・・・誤解を解くには告白のことを圭司自身に話さなければならないと思うと、気が滅入ってしまいます。 バスケをしている圭司に友達が、奈緒が水野先輩に告白した噂があることを伝えます。 その友達はてっきり、圭司と奈緒が付き合うと思っていたのにと言います。 圭司は朝のよそよそしい奈緒を思い出して、なるほどと思いました。 バスケをしている最中でも、不機嫌な圭司でした。 友達はイライラするぐらいなら、さっさと行動に出ろよと忠告します。 何時も女の子から告られるから、自分からは告白したことないのだろうけれどと・・・。 奈緒と水野先輩 圭司はバスケを止めて、体育館の外で一人になって今までの奈緒を思い出しながら考えます。 すると、奈緒と水野先輩が話している姿を目にします。 奈緒は水野先輩に人がいない体育倉庫に来てもらって、昨日のことを謝り、噂になってしまったことも謝ります。 水野先輩は男だし、付き合っている子もいないから大丈夫だよと言ってくれました。 それどころか、水野先輩は、奈緒の方を心配してくれます。 本当に告白するはずだった人に誤解されていないかと水野先輩が尋ねてくれました。 奈緒は朝からその人と余り話すことができないことを水野先輩に告げて、圭司は何を考えているかわからないところがあるから・・・と圭司の名前をつい言ってしまいました。 水野先輩に奈緒が本当に好きな人は圭司だということがわかってしまいました。 奈緒はこれを秘密にしておいて下さいとお願いし、水野先輩も了承してくれます。 一方、圭司は奈緒と水野先輩が歩いて行った方向が気になるので、恐る恐る近づいて行っているところでした。 丁度、水野先輩が奈緒に秘密は守るよと言って微笑んでいるところを見てしまう圭司です。 圭司は見てはいけない物を見てしまった感じがして、奈緒と水野先輩がいる中へ入っていけませんでした。 水野先輩がじゃあ、また部室でと奈緒と別れて、圭司がいる入り口とは別のドアから出て行きました。 奈緒は脱力感でその場にある跳び箱の上に倒れ掛かりました。 水野先輩に圭司が好きだということバレてしまったと・・・。 その時、カタンと音がします。 奈緒はその方向を見ると、圭司の姿が目に飛び込んできました。 奈緒は思わず、胸が高鳴ります。 どうして圭司がここにいるの?と思い、奈緒はドキドキしながら圭司に尋ねます。 もしかして、水野先輩と話していたこと聞こえた?と・・・ すると、圭司の口から興味がないと言う言葉が・・・。 そして、水野先輩と奈緒はお似合いだと、奈緒が思ってもいない言葉が圭司の口から飛び出しました。 奈緒は驚き、このままでは泣いてしまうと、体育倉庫から走って出て行こうとしました。 その時、圭司が奈緒の腕を掴み、奈緒を見ながら、むかつくと言って、キスをするのでした。 誤解したままなのですよね。 奈緒は誤解だと説明できるのか、それとも圭司のキスでちょっとこじれてしまうのか・・・。 次回は6月5日(金)発売です!.

次の

青春ヘビーローテーション番外編ネタバレ(最新話)と漫画感想!榛名と奈緒の出会い

青春 ヘビー ローテーション

残された奈緒は圭司を好きになって、学校がとってもとっても楽しいだけど・・・ つぐみの奈緒のいいところは真っ直ぐなところという言葉を思い出し、廊下を走って圭司を追いかけます。 圭司は部室にいると教えてもらった奈緒は部室まで走り、好きって言いたい衝動に・・・。 そして部室を開けるなり、高鳴る心臓と一緒に思いっ切り、「すきです!」と叫びます。 青春ヘビーローテーション【第8話】ネタバレ 「すきです!」 一生、圭司に好きって言わないと宣言したけれど、もう無理だと思った奈緒。 だから、圭司に告白したいと思った奈緒は、部室を開けて「すきです!」と勇気を出して叫びました。 「えっ? 小坂さん?」 奈緒の前に立っていた人は、部長の水野先輩でした! 奈緒は驚き、間違えました・・・ごめんなさいと謝って走って逃げて行きました。 水野先輩は呆気にとられた様子ですが、逃げる奈緒を見ながら微笑んでいます。 奈緒は後悔します・・・何故、相手をちゃんと見て告白しなかったのかと。 気持ちがいっぱいいっぱいだったから先輩の声が圭司に聞こえたんだと思いました。 恥ずかしい・・・告白大失敗だ・・・と反省しきりの奈緒でした。 次の日 奈緒が学校に行くと友達が水野先輩に告白したって本当?と尋ねてきました。 隣のクラスの子が見たって噂になっていることを教えてくれました。 もしかして、圭司の耳にも入っているのではと思うと、まともに圭司の顔が見られない奈緒です。 もし、聞いていたら誤解を解きたいけれど・・・誤解を解くには告白のことを圭司自身に話さなければならないと思うと、気が滅入ってしまいます。 バスケをしている圭司に友達が、奈緒が水野先輩に告白した噂があることを伝えます。 その友達はてっきり、圭司と奈緒が付き合うと思っていたのにと言います。 圭司は朝のよそよそしい奈緒を思い出して、なるほどと思いました。 バスケをしている最中でも、不機嫌な圭司でした。 友達はイライラするぐらいなら、さっさと行動に出ろよと忠告します。 何時も女の子から告られるから、自分からは告白したことないのだろうけれどと・・・。 奈緒と水野先輩 圭司はバスケを止めて、体育館の外で一人になって今までの奈緒を思い出しながら考えます。 すると、奈緒と水野先輩が話している姿を目にします。 奈緒は水野先輩に人がいない体育倉庫に来てもらって、昨日のことを謝り、噂になってしまったことも謝ります。 水野先輩は男だし、付き合っている子もいないから大丈夫だよと言ってくれました。 それどころか、水野先輩は、奈緒の方を心配してくれます。 本当に告白するはずだった人に誤解されていないかと水野先輩が尋ねてくれました。 奈緒は朝からその人と余り話すことができないことを水野先輩に告げて、圭司は何を考えているかわからないところがあるから・・・と圭司の名前をつい言ってしまいました。 水野先輩に奈緒が本当に好きな人は圭司だということがわかってしまいました。 奈緒はこれを秘密にしておいて下さいとお願いし、水野先輩も了承してくれます。 一方、圭司は奈緒と水野先輩が歩いて行った方向が気になるので、恐る恐る近づいて行っているところでした。 丁度、水野先輩が奈緒に秘密は守るよと言って微笑んでいるところを見てしまう圭司です。 圭司は見てはいけない物を見てしまった感じがして、奈緒と水野先輩がいる中へ入っていけませんでした。 水野先輩がじゃあ、また部室でと奈緒と別れて、圭司がいる入り口とは別のドアから出て行きました。 奈緒は脱力感でその場にある跳び箱の上に倒れ掛かりました。 水野先輩に圭司が好きだということバレてしまったと・・・。 その時、カタンと音がします。 奈緒はその方向を見ると、圭司の姿が目に飛び込んできました。 奈緒は思わず、胸が高鳴ります。 どうして圭司がここにいるの?と思い、奈緒はドキドキしながら圭司に尋ねます。 もしかして、水野先輩と話していたこと聞こえた?と・・・ すると、圭司の口から興味がないと言う言葉が・・・。 そして、水野先輩と奈緒はお似合いだと、奈緒が思ってもいない言葉が圭司の口から飛び出しました。 奈緒は驚き、このままでは泣いてしまうと、体育倉庫から走って出て行こうとしました。 その時、圭司が奈緒の腕を掴み、奈緒を見ながら、むかつくと言って、キスをするのでした。 誤解したままなのですよね。 奈緒は誤解だと説明できるのか、それとも圭司のキスでちょっとこじれてしまうのか・・・。 次回は6月5日(金)発売です!.

次の

青春ヘビーローテーション【最新話9話】ネタバレ!奈緒が倒れた!助けるのは水野?榛名?!|ゆりべえ NurseMaMa

青春 ヘビー ローテーション

漫画「青春ヘビーローテーション 君に恋する月曜日」8話(2巻収録予定)ネタバレ(Sho-Comi 12号 水瀬藍) 奈緒は榛名が好きすぎてもう耐えられません。 自分から告白はしないと宣言していたことも、気にならなくなるくらいでした。 扉の向こうにいるであろう榛名に告白する奈緒。 しかし、姿を現したのは水野先輩でした。 奈緒は頭が真っ白になってその場に固まってしまいます。 間違えましたと叫びながら、奈緒は猛ダッシュで逃げていきます。 水野も驚いたと言って、間違いであることを理解します。 くすっと笑う水野。 奈緒は気持ちがいっぱいになっていて声が榛名だと勘違いしていたのでした。 真っ赤になって激しく後悔します。 同じクラスの子から噂になっていると。 必死で違うのだと答え、事情がありそうだというカレン。 奈緒は隣の席に榛名がやってくると、榛名にも噂が伝わっているのではないかと心配します。 榛名の挨拶にも気まずい思いをしてそっけない返事になってしまう奈緒。 誤解を解きたくても、その流れで榛名に自分の気持ちをさらっと話すのは無理だと思うのでした。 榛名は陰りのある表情で朝のおかしな様子に納得すると、気持ちを吹っ切るかのように強引にパスをもらってロングシュートを決めるのでした。 バスケ部の練習試合のヘルプに誘われるも、イラだちながら断る榛名。 イライラするなら自分から行けばいいのにと思われるものの、今まで女子から来られていて自分から行った経験はないのだろうとも思われるのでした。 すこし遠くで奈緒が体育の道具を運んでいました。 水野がやってきて手伝おうかと声をかけますが、奈緒は大丈夫だと断ります。 榛名は目を背けますが、奈緒がやっぱり手伝ってほしいと水野に話すと、再び榛名は気になりだすのでした。 体育倉庫に着いた奈緒は水野に告白で迷惑をかけたことを謝ります。 水野は自分には彼女候補もいないから大丈夫だと爽やかな笑顔で答えますが、榛名は内心いると思っていました。 つぐみが怒っていたことを思い出す奈緒。 水野は奈緒の心配もします。 意中の人に誤解されていないかと。 奈緒は分からないと説明しながら、榛名の名前をうっかり出してしまい、水野にバレてしまいます。 秘密にしてもらおうと話していると、榛名が倉庫の入り口に差し掛かり、親しげに話す二人を見て一瞬呆然としてしまいますが、すぐに隠れることに。 水野がいなくなると、バレた恥ずかしさから跳び箱に倒れ込む奈緒。 入り口で物音がしたため、水野が戻ってきたのかと思い、奈緒は顔を上げます。 そこにいたのは榛名でした。 奈緒はドキッとして驚きます。 先輩との会話を聞いてたのか確かめると聞いてない、興味ないしと答える榛名。 榛名は二人がお似合いだと、皮肉を込めたように奈緒に伝えます。 奈緒は泣きそうな顔になり、榛名の前で泣くわけにはいかないからと、その場から走り去ろうとします。 榛名がその奈緒の手を掴んで引き止め、振り向いた奈緒の顔を見ると、涙がこぼれていました。 榛名は胸が痛んだように顔が歪み、奈緒を壁ドンすると、ムカつくとこぼします。 ドキンとして聞き返す奈緒。 榛名はキスをし、奈緒の手を握ります。 倉庫の入り口の影でキスをしている二人。 壁の向こうでは、なにも知らない生徒が通り過ぎていました。 \U-NEXTは登録5分・解約も2分程度で完了します/ 感想 突然のキスにキュンキュンでした。 榛名の嫉妬もかわいくてたまりません。 榛名は告白が間違いだったことはまだ知りません。 水野に告白したものと思っているため、それでもキスをしたということは、水野から奪うくらいの気持ちでキスをしたのかも。 今まで自分から行ったことがなかった榛名ですが、奈緒に積極的に動きそうな予感です。 青春ヘビーローテーション最新8話を無料で読む方法 「絵がついた漫画を無料で読みたい!」 「でもウイルスのリスクなく読みたい!」 という方のために、無料で安全に読む方法を紹介します。 お試し期間中にポイントがもらえる動画配信サービス(VOD)サイトを利用する方法です。 おすすめはU-NEXTです。

次の