在庫不足 英語。 製造業のためのビジネス英文メール例文とサンプル

見積書を送付するときの英語メール例文と書き方

在庫不足 英語

"Out of stock" is the most popular way to explain this situation as it literally means there is no stock of this product in the store. "Running low" can also be used, however, it suggests there may be a few items still left in the store, so it's better to use this if you are just about to run out of stock. When we use these kinds of expressions such as "Out Of Stock", "Currently Unavailable", and "Sold Out", we are talking about something that is no longer available in a store, shop, supermarket, etc. The most common expression you will find in many stores is the expression "Sold Out"in written form, but the other two are also very common as well but more commonly in a verbal form. Usually, store clerks and cashiers will say things such as: "Those shoes are currently out of stock at the moment. " "We will have more pastries soon, but at the moment, they are currently unavailable. " 在庫切れのことを "Out Of Stock", "Currently Unavailable" "Sold Out"と言います。 お店、スーパーなどで買うことのできないものについて話しています。 多くのお店で見かける最も一般的な表現は、 文書では "Sold Out"で、そのほかの二つもとても一般的ですが、口語で使われるのが普通です。 店員やレジの係の人が以下のように言うでしょう。 "Those shoes are currently out of stock at the moment. " この靴は、現在在庫切れです。 "We will have more pastries soon, but at the moment, they are currently unavailable. " パン菓子類はすぐに入りますが、今のところ在庫切れです。 Hi, where can I find this product in your store? 質問:こんにちは。 あなたのお店のどこでこの商品が手に入りますか? A. I'm sorry, but we have run out of this item. This means the product is finished. 返事:申し訳ありませんが、この商品は売り切れです。 (その商品がもうないということです) A. Unfortunately, we are temporarily out of stock. This means the product is finished, but the store will get more in soon. 返事:あいにく、一時的に在庫を切らしています。 (商品はないが、すぐに入荷するという意味です) Out of stock' is the easiest and most direct way to describe that the item the customer wants is no longer available. 'Sold out' means that you had the item but they have all been bought. Therefore there is none left. Example Customer- 'Hi, do you have any of the Eiffel Tower souvenirs left? ' Shop Assistant - ''I am sorry but that item is sold out'' ''I am sorry but that item is out of stock'' Out of stock'(在庫切れ)は、お客さんが欲しいアイテムがないことを伝える最も簡単で、直接的な表現です。 'Sold out' は、その商品あったが、全て売り切れたという意味です。 ですので、その商品が一つも残っていないという意味です。 例: Customer- 'Hi, do you have any of the Eiffel Tower souvenirs left? ' 客-「こんにちは。 エッフェル塔のお土産はまだありますか?」 Shop Assistant - ''I am sorry but that item is sold out'' お店の人-「申し訳ありませんが、売り切れてしまいました。 」 ''I am sorry but that item is out of stock'' 申し訳ありませんが、その商品は在庫切れです。 「在庫が無い」「在庫を切れしている」「在庫切れ」等、のことは英語で「out of stock」と「sold out」で表現できます。

次の

「すみませんが、在庫切れです」て英語でなんていうの?

在庫不足 英語

A ベストアンサー アメリカに35年ほど住んでいる者です。 惜しいですね. Please wait for a little while longer. と言う言い方をして、もう少しお待ちください、という表現をします. まって、という表現のほかに、時間を下さい、という言い方で、Please give us a little more time. と言う表現もします. また、必要です、という言い方を使って同じフィーリングを出す事も出来ます. Unfortunately we need a little more time. 和訳すると、必要です、ですが、中のフィーリングは、ですから、もう少しお待ちください、ということになります. 相手は待っているわけですから、ただ単に辛抱強く待っていてください、といわれただけでは、やはり満足しませんね. ですから、We will make sure to get back to you as soon as possible. とか、硬い言い方をしたければ、Please be assured we will revert you the soonest. と言う言い方もありますが、何らかの形で、必ず結果を持ってきます、と一言でも言う事で、ビジネスの姿勢と言うものが違って感じ取られます. これでいかがでしょうか。 分からない点がありましたら、また、補足質問してください。 アメリカに35年ほど住んでいる者です。 惜しいですね. Please wait for a little while longer. と言う言い方をして、もう少しお待ちください、という表現をします. まって、という表現のほかに、時間を下さい、という言い方で、Please give us a little more time. と言う表現もします. また、必要です、という言い方を使って同じフィーリングを出す事も出来ます. Unfortunately we need a little more time. 和訳すると、必要です、ですが、中のフィーリングは、ですから、もう少しお待ちください、と... A ベストアンサー アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。 この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。 どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う必要なまったくないと感じます。 つまり、文化的な表現だなと感じると言うことなのですね。 >ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか? 改めて考えると不自然と感じない事もないですが、普通の場合この表現を使ったメールなどを日本から英語をメールを受け取ると、そのまま受け取っています。 しかし自分でアメリカでは使おうとは思いません。 I would appreciate it if you would kindly などの表現を私な必要に応じて使います。 ビジネスで使う英語はビジネスで使う表現が元になっているわけですね。 日本でも同じですね。 ビジネスで頑張っている・頑張ってきた人のビジネスを思わせる表現をうまく使っていますね。 一・二年で習得できるようなものではないですし、英語にはまったく問題がないアメリカ人ですらセミナーを受けるくらいですし、表現方法と言うか,適切な英語表現力を高めるための努力を毎日しているのです。 英語の先生がビジネス経験なしで、ビジネス感覚なしで、表現できるものではないのですね。 ビジネスで使われている英語表現は実際に使われている表現をどれだけ見てきて、どれだけ使うかと言うことになるわけですが、日本でのビジネス英語の表現に慣れてくると「日本での英語のビジネス表現」をこちらでも普通に使われていると言う錯覚が作られていると言うことなのではないでしょうか。 Podcastでもこの点ではいろいろ見つけることが出来ると思います。 そして、英語圏からのメールなどでどのような表現を使っているのかを良く見てください。 日本の英語ビジネス表現に慣れている人からであれば結構「日本ではこの英語表現がうけている」と思って使っている人も出てくるとは思いますが、そうでないビジネスマンがどのような表現をして「頼む」のかを身につけてくださいね。 参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてください。 アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。 この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。 どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う... A ベストアンサー アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。 I will CC you his e-mail. といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about. と言う漢字で使われているわけですね。 これを踏まえると、Please CC your e-mails to Taro-san next timeと言う表現が出来るわけです。 次回だけでなく次回からと言うフィーリングであればfrom next timeと言う表現に変えればいいですね。 これで、~さんにも送ってください、と言う表現になりますが、「今度(次回と言う意味ですが)メールを送るときに同時に~さんにも贈ってください」と言う意味合いと、更に、CCにTaro-sanのメルアドを「入れる」ことで(これをCCと言うわけです)、「同時にコピーをTaro-sanに送ったということを私が分かるようにしてください」と言う意味合いも含まれていることも知っておいてください。 受け取ったメールにCCとしてTaro-sanのメルアドが無ければコピーを送ったとわからないと困る、とか、送ったとわかれば仕事もしやすい、と言うような理由でCCしてください、と言うお願いをするわけですから。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。 I will CC you his e-mail. といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about. と言う漢字で使われているわけですね。 これを踏まえると、Please CC your... A ベストアンサー アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 これは、丁寧さを出したいと言うフィーリングを出した表現とは言えなく畏まった、硬いビジネス文書によく使われる表現で、一般的・日常的会話表現をするビジネスメールとは違うんだよ、と言うフィーリングを出しています。 日本語のようにビジネス敬語を「親しい中に礼儀あり」を貫いて使っているのと違いこちらではほとんど日常会話的表現を使う傾向にありますがこの表現をして「まだ、日常的会話表現を使えるような間柄とは私は感じていません」とか「まだ私はこう言う表現をビジネス的表現として心得ています」とか「私は公私分けて表現する人間ですのでよろしく」と言うフィーリングを出しているわけです。 Please be noted, Please be informed, Please be assured, Please be remindedと言うような表現がほかの例としてよく使われます。 I informは単に「私が~と言うことを報告します」「私が~と言うことをお知らせします」という表現となり、ビジネス文書としてはあまり使いません。 I would like you to know thatとかIt is my pleasure to inform you that,とかI would like to take this opportunity to inform youと言う表現であれば「丁寧さ」を出したビジネス表現と言うことになります。 Should you have any questionsも倒置と言う畏まった表現としての例がありますね。 普通であれば、If you have any questions, と言う表現で済ましてしまいます。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 これは、丁寧さを出したいと言うフィーリングを出した表現とは言えなく畏まった、硬いビジネス文書によく使われる表現で、一般的・日常的会話表現をするビジネスメールとは違うんだよ、と言うフィーリングを出しています。 日本語のようにビジネス敬語を「親しい中に礼儀あり」を貫いて使っているのと違いこちらではほとんど日常会話的表現を使う傾向にありますがこの表現をして「まだ、日常的会話表現を使えるような間柄とは私は感じて...

次の

在庫不足による納期遅れの通知:英文レター.com

在庫不足 英語

棚卸しは英語は、stocktakeやstocktakingと表現されます。 棚卸とは、一言でいえば自社の倉庫や工場に在庫品がどれだけあるかを確認する作業です。 これには大きく二つの目的があり、ひとつは日々の業務で必要な在庫数を正確に把握すること、二つめは会計上、決算などの前に実際の在庫数と帳簿上の在庫数の差異がないか確認を行うものです。 生産活動、生産管理、販売管理においては「在庫」がきちんと管理できているかどうかは死活問題です。 在庫が1万個あると思っていたのに、客先からいざ受注したら在庫がなかったとなると、事業運営自体が困難になります。 在庫数の管理については帳簿の上で理論上の値を計算して使うことがほとんどですが、それでも期末などには棚卸をしっかり行う必要があります。 製造業であれば業種を問わず、棚卸しは必須の業務となりますが、これは日本に限った話ではありません。 海外の企業であっても当然棚卸しは実施しており、その手法についても日本と大きく異なることは稀で、基本的なことは同じと考えて差し支えありません。 このため、棚卸し経験者同士であれば、正確な英語表現がわからなくともある程度は通じ合えてしまうこともあります。 ここでは棚卸しの説明や実地棚卸しを計画したり実施したりする場合に役立ちそうな英語表現をまとめてみました。 まず、棚卸し実施の際に重要となる概念に「カット・オフ」 cutoff time があります。 会社によってはこうした表現を使わないことはありますが、この考え方抜きに棚卸しを実施している会社はないといえます。 これは棚卸しの対象外の範囲を決めることを意味します。 というのも、日々の事業活動、生産活動で材料や仕掛品、完成品はつねに出たり入ったりしており、棚卸しとはこれらをある時点で切り取るようにしてカウントすることになります。 どこからどこまでのものを棚卸しの除外品とするか決めておかねば、棚卸しの現場は大混乱し、結局数字があわなくなります。 棚卸しの当日はオペレーションを一時的に止めていっせいに行うことが多いですが、すべてを完全停止させることができないこともあり、その場合は動いているものをどのように扱うかをあらかじめ線引きしておかねばなりません。 inventory report stocktaking sheet stocktaking card 棚卸しの流れ 多少の違いはありますが、棚卸作業は以下のように進みます。 現物にタグ(棚卸票, count tags)をつけ、入数・個数等を記入する• 倉庫内の地図を作り、どこに何があるかわかるようにする• 在庫一覧表である棚卸明細票(inventory list)を持ち、二人一組でタグのついている箇所をまわり、棚卸明細票と、タグの内容が一致したらそれぞれにチェックしていく。 棚卸明細表を集計する 棚卸しに必要なもの 極論すれば、ペン、棚卸票(タグ)、棚卸明細票(在庫表)があれば実施は可能です。 棚卸しに必要なものを英語で説明する 日本語 英語 内容 棚卸票 count tags, stocktaking card これは現物にはるもので、日付、品名、数量、伝票番号が最低でも必要です。 現物貼付用と集計用の2枚がセットになっているものが一般的ですが、タグ自体は1枚で、明細票を対置させて使うこともあります。 伝票番号は重複のない番号を付けていきます。 コントロールシート control sheet 上記の棚卸票を配布した部門名、配布した伝票番号、それに回収チェックの欄を設けます。 棚卸明細実施図 warehouse map for stocktaking これは棚卸を実施する在庫場所の地図です。 場所ごとに担当者を決めます。 棚卸明細票 inventory list 棚卸直前の在庫データの明細票です。 これと実棚数との差異を調べます。 この明細票をペアで組んだ二人組みの片方が持ち、現物に貼られている棚卸票との違いを調べていきます。 調べたものはチェックしておきます。 品物を示す製番などと個数が分かれば事足りますが、棚卸しの目的によっては、以下のような内容を備えた棚卸明細票もあります。 連番、コード、製品名、単価、数量、金額、償却金額 連番、品番、製番、台帳数量、棚卸数、過不足数、備考 棚卸実施マニュアル stocktaking manual 上記の帳票を使っていかに棚卸をするかを決めます。 例えば預り品の扱い、不良品の処理、棚卸票の貼付方法と回収方法などを決めます。 ハンドスキャナー Hand held scanners バーコードリーダーを使って在庫管理を行っている場合は、あわせて使うことがあります。 在庫や棚卸、会計に関する英語 在庫と一口に言ってもさまざまな切り口で見た「在庫」があります。 会計上のものから日々の管理上のものについても見方を変えれば在庫の意味も変わってきます。 棚卸だけでなく、日々の在庫管理の上でもよく使う英単語かもしれません。 在庫、資産、棚卸にかかわる英語 日本語 英語 棚卸資産 単にinventory、もしくはinventory assets 期末棚卸 end of year stocktake 期首(商品)棚卸高 Beginning Inventory 期末(商品)棚卸高 Ending Inventory 期末 Ending of Year 棚卸表(棚卸票) Inventory List, Stock List 棚卸品 stock inventory 棚卸資産として計上された商品 merchandise reported as inventory 棚卸方法 stocktaking method 実地棚卸 physical stocktaking 実在庫明細表 physical inventory listing 適正在庫 proper stock 緩衝在庫 buffer stock 在庫期間 stock period 在庫年齢、在庫年数 stock age 在庫積み増し stock building 在庫管理 stock control 在庫変動 stock fluctuation 在庫予測 stock forecast 在庫不足 stock shortage 在庫棚 stock shelf 製品有効期限、保存可能期間 shelf life 引当在庫 allocated stock 在庫回転率、棚卸資産回転率 stock turnover rate カットオフ cutoff time 在庫管理台帳 inventory book 在庫残高 balance of stock 在庫数 quantity of stock, quantity of inventory 実在庫 actual inventory, physical inventory 理論在庫、帳簿在庫、机上在庫 book inventory 理論在庫数 theoretical stock number 在庫保管コスト inventory cost 平均在庫 average stock 予備在庫 backup stock 均衡在庫 balanced stock 期末在庫 final inventory, stock on hand, year-end stock 固定資産 fixed asset, fixed property 滞留在庫 retained stock, slow moving inventory 陳腐化在庫 obsolete stock 死蔵 dead storage 安全在庫 safety stock 基準在庫 basic stock 在庫水準 stock level 流通在庫 distribution stock 不良在庫 bad inventory, bad stock, dead stock 不良在庫品 condemned inventory 少額資産 low-value assets 耐用年数 estimated life 固定資産管理 asset accounting 取得(資産の) acquisition 振替(資産の) allocation 簿価 book value 償却 depreciation 無形資産 intangible asset 経過耐用年数 previous usage 残存簿価 remaining book value 定期棚卸 periodic stocktaking 会計監査 accounting audit, auditing, financial audit.

次の