タイタン フォール 2 キャンペーン。 キャンペーン

タイタンフォール 2のマルチプレイヤーモード

タイタン フォール 2 キャンペーン

TITANFALL2(タイタンフォール2)とは、、販売によるである。 プムは 、、。 版は長らくでのみの配信だったが、にでも配信開始された。 「」と略されることもあるが、その場合はとの混同に注意したい。 概要 に発売されたの続編。 前作はとのみだったが、今回は新たに版が加わった。 旧世代化した版は止された のでまでのだった・ダが前作に引き続きとの脚本を勤めている。 システム 系でもかなりが手で移動がかなりある作品。 はを操るためのあらゆる装備を接続して使うことのできる「」となって戦う。 はスライグや走り、二段などでどんどん加速してゆくため、からへ、まさにするかのごときで内を飛び回ることができる。 そしては他のと較して集弾が良くも小。 に追い付いかり敵を捉えることができればに乗って飛び回るを倒せる性をしているので素く動き回っていても安心とは言えない。 に乗りこめば含むを一撃で粉砕する圧倒的を振り回すため、では撃破困難だった敵をすることを楽しめるが、戦のように不意打ちのからの攻撃や敵のは常に脅威となる。 としてのとに乗ってのとしてのなく両立したであることは前作っかり継承されている。 キャンペーン ヤー専用だった前作と違い、したが存在。 見習いの・ーとB74 "ビーー" をに熱いが展開される。 高品質により人類随一のIはその繁栄の裏に各からの搾取体制があった。 それに対抗するが寄り集まり、と艦隊を結成。 一時はIの圧倒的な物量に壊滅しかけたものの、数々の奇襲はIが持つの本拠たる系への航路の破壊に成功。 はIによる奪還が始まるまでのわずかな期間ながらを蓄える猶予を獲得したのだった。 前作「TAN 」より そして来るIの奪還部隊の到着。 はIの秘密の破壊を展開する。 それに参加することとなった三等兵・ーは陽動部隊として降下したものの、Iにごと撃墜され、打ちのごとく味方は壊滅させられた。 部隊の壊滅と、恩師の戦死。 しかしてそれは・ーのとしてのの始まりでもあった。 ジャック・クーパー の分身となる。 どんな時でもを欠かさないタフなを持つ。 実は前作の第一話のに参加して生還していることがとあるで発覚する。 ちなみにの最初と最後で素顔を見ることが可。 BT-7274 物量で劣るが独自開発した「質で勝る」である級。 後述するで使用できる通常規格のよりも多くのを必要とするが、様々な規格のを使いこなし、通常のよりも分厚い装甲、そして素いである。 においてものにのみ支給されており、Iのたちからはドとして扱われるである。 の教導だったであるラスモーサから託された。 と連携してを遂行すると学習を搭載しており、3年のラスモーサとの戦いによっていわば自のようなものを有している。 つまりの宝庫。 冗談が通じず、かと思えば彙が豊富で、できると判断したことは頑固に実行しようとするが、それがに思える独特の嬌を持つ。 タイ・ラスティモーサ ーの的存在である渋みの効いた顔とを持つミな。 実は付きで、実戦ではB74を自在に操り巧みな動を見せる。 彼のガントにしたは多いはず。 サラ・ブリッグス ー及びラスモーサの上官に当たるS(級を支給される部隊)の特攻兵団を率いる女傑。 部下の命を第一に考えの気持ちも尊重する良き官であり、前線に赴く際はくされた級に搭乗。 オンラインマルチプレイ 前述のが短めでにできるのに対してこちらはボリューム満点。 多ながあるので、する前にはおさらいしてう。 知識がモノを言うも結構ある。 例えば「賞稼ぎ」とか。 パイロット では使用できなかった「グル()」や「フェーズ(位相)」といったならではの装備でより多な機動・戦術を取ることができる。 にの外連味もあり、でよくあるは論、「対用携行」「火遁」など、大仰なを気前よくぶっ放せるのも気持ちが良い。 タイタン 内に登場する()や他のを倒すごとに画面のが蓄積。 になればを要請できる。 高から着陸する姿はまさに の題名を雄弁に表す玉。 そしては7つのから選択可。 どれも独特のクセのようなわかりやすい欠点を抱えるが、使いこなせれば相性差を覆すったを達成できる性を有している。 には管理要素が少ないトーンあたりがオススメ。 :ある限り両用・攻防一体となる武装を備えた学の中量級。 トーン:と誘導を持つ実弾をそろえた中量級。 ローニン:対装甲と巨大を備えた近格闘軽量級。 :敵をする、ホバなど、搦め手に特化した軽量。 ス:火炎がの汚物重量級。 設置攻撃を重ね置きし、それを踏ませれば最高のを発揮。 リー:一代。 あらゆる動作が重く、分厚い。 重量級というの凝縮。 :学習搭載。 を成長させ、にする育成中量級。 に乗れば性が変わり、戦線の押し引き、敵味方の物量差、同士の攻撃手段のがのの思考が必要となる。 そのため、やが苦手なは同士の交戦を避けて、で戦う時間を長くするよう心がけると活躍できる。 脱出(エピローグ) そして注は負けたは撤退戦が存在すること。 脱出艇でおおせればが入る。 逆に勝った側は脱出艇を落とすことでができるため、脱出艇に集まる毎に交戦密度が高まる緊感は独特。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

TitanFall2のキャンペーンだけは絶対に遊ぶべきだと思う理由

タイタン フォール 2 キャンペーン

先日セールで購入したタイタンフォール2、キャンペーンをクリアしました。 結構ロボットアニメしてる? 本来はマルチプレイを楽しむゲームだと思うのですが、それであってもキャンペーンの方も結構力が入っているというか、面白くプレイできました。 全9ステージ構成で、1〜7まではひとつひとつのステージが結構長めに作られていて、物語終盤の8、9は一気にバーッと進んで終わる、って感じでした。 最初は主人公とBTというタイタンで探索をしたり敵基地に潜入したりといった構成ですが、終盤はNPCらも含めてタイタンに搭乗してのバトルが展開されていくところが盛り上がって面白かったですねぇ!ここら辺はいかにもロボットものって感じで熱いですよ。 あと1ステージぐらいは、タイタンVSタイタンで最初から最後まで構成されたステージがあっても良かったかも、と思います。 話の筋としては主人公とBTが初めは緊急的にタッグを組むことになるも、戦いを経てお互いがお互いを認めて真の相棒になっていくという、良い意味で男臭いというか、泥臭ささもあるシナリオですね。 しかも終盤、BTが一度敵に破壊されるもその残骸から主人公はコアを抜き取って命からがら逃亡、新しく投入された新型タイタンにコアを移植してBTが復活という、サンライズロボットアニメにありがちな主役機交代劇まであってなんか感動しちゃいましたよw例えるならシャイニングガンダムからゴッドガンダム的な?意図したものなのか偶然なのか知りませんが、そういうお約束のような展開も盛り込まれていて、シナリオそのものはよかったと思います。 ラストもちょっと切なさ残る後味がありますし。 シナリオの続きが気になる!といううまい構成ではあるものの、僕にとってはこのゲーム、難易度は高めだったなと。 難易度はノーマルでやっていたんですが、それでもかなり苦戦しました。 もう何度ゲームオーバーになったことか…。 敵と戦ってやられたというのもそれなりに多かったですが、それよりはアクションシーンでゲームオーバーになった回数の方が多かったかも。 このゲーム特有の壁走りのアクションで切り抜ける場面が結構多く、失敗すると一発ゲームオーバーというところがかなり多いんですよね。 そういうところは失敗しても直前から復帰できるようになっているので何度も挑戦しやすいのですが、それでも僕はかなり苦労しましたw ボス戦に関してはラスボスよりはその一歩手前の空を飛ぶタイタンに乗って出てくるボスの方がかなり苦労しましたね…ここ最近遊んだゲームでは一番難しかったという印象です。 ゲーム自体はクリアまで苦労しましたが、内容そのものは面白く、600円という価格で買ったことを考えるとむしろちょっと申し訳ないぐらいですね。 しかもこれだけド派手なバトルが展開されるゲームでありながら4Kを保ったまま60fpsのヌルヌル感が落ちることがないってところは本当にすごいです。 やはり30fpsと60fpsって結構違いがあるなぁと実感できたのも大きかったですね。 Xbox One Xのパワーを活かすとここまでできる!といういいお手本でもあると思います。 ところで上の画像を見るに、タイタンの大きさはオーラバトラーぐらい?なんでしょうかね。 アーマードトルーパーよりはちょっと大きいのかな?その中間ぐらいかも。 デザインもかっこいいですよね。 この路線を活かしつつ、オープンワールドRPGができたら個人的には最高なんですけどねぇ…難しいかなぁ。 セールのうちに買っちゃいましょう、お勧めです。 リンク:.

次の

【プレイ中】タイタンフォール2

タイタン フォール 2 キャンペーン

先日セールで購入したタイタンフォール2、キャンペーンをクリアしました。 結構ロボットアニメしてる? 本来はマルチプレイを楽しむゲームだと思うのですが、それであってもキャンペーンの方も結構力が入っているというか、面白くプレイできました。 全9ステージ構成で、1〜7まではひとつひとつのステージが結構長めに作られていて、物語終盤の8、9は一気にバーッと進んで終わる、って感じでした。 最初は主人公とBTというタイタンで探索をしたり敵基地に潜入したりといった構成ですが、終盤はNPCらも含めてタイタンに搭乗してのバトルが展開されていくところが盛り上がって面白かったですねぇ!ここら辺はいかにもロボットものって感じで熱いですよ。 あと1ステージぐらいは、タイタンVSタイタンで最初から最後まで構成されたステージがあっても良かったかも、と思います。 話の筋としては主人公とBTが初めは緊急的にタッグを組むことになるも、戦いを経てお互いがお互いを認めて真の相棒になっていくという、良い意味で男臭いというか、泥臭ささもあるシナリオですね。 しかも終盤、BTが一度敵に破壊されるもその残骸から主人公はコアを抜き取って命からがら逃亡、新しく投入された新型タイタンにコアを移植してBTが復活という、サンライズロボットアニメにありがちな主役機交代劇まであってなんか感動しちゃいましたよw例えるならシャイニングガンダムからゴッドガンダム的な?意図したものなのか偶然なのか知りませんが、そういうお約束のような展開も盛り込まれていて、シナリオそのものはよかったと思います。 ラストもちょっと切なさ残る後味がありますし。 シナリオの続きが気になる!といううまい構成ではあるものの、僕にとってはこのゲーム、難易度は高めだったなと。 難易度はノーマルでやっていたんですが、それでもかなり苦戦しました。 もう何度ゲームオーバーになったことか…。 敵と戦ってやられたというのもそれなりに多かったですが、それよりはアクションシーンでゲームオーバーになった回数の方が多かったかも。 このゲーム特有の壁走りのアクションで切り抜ける場面が結構多く、失敗すると一発ゲームオーバーというところがかなり多いんですよね。 そういうところは失敗しても直前から復帰できるようになっているので何度も挑戦しやすいのですが、それでも僕はかなり苦労しましたw ボス戦に関してはラスボスよりはその一歩手前の空を飛ぶタイタンに乗って出てくるボスの方がかなり苦労しましたね…ここ最近遊んだゲームでは一番難しかったという印象です。 ゲーム自体はクリアまで苦労しましたが、内容そのものは面白く、600円という価格で買ったことを考えるとむしろちょっと申し訳ないぐらいですね。 しかもこれだけド派手なバトルが展開されるゲームでありながら4Kを保ったまま60fpsのヌルヌル感が落ちることがないってところは本当にすごいです。 やはり30fpsと60fpsって結構違いがあるなぁと実感できたのも大きかったですね。 Xbox One Xのパワーを活かすとここまでできる!といういいお手本でもあると思います。 ところで上の画像を見るに、タイタンの大きさはオーラバトラーぐらい?なんでしょうかね。 アーマードトルーパーよりはちょっと大きいのかな?その中間ぐらいかも。 デザインもかっこいいですよね。 この路線を活かしつつ、オープンワールドRPGができたら個人的には最高なんですけどねぇ…難しいかなぁ。 セールのうちに買っちゃいましょう、お勧めです。 リンク:.

次の