残暑見舞い 時期。 残暑見舞いはいつからいつまで? 「暑中」「残暑」の期間の違い

2020年の残暑見舞いの時期は?関東や北海道で違う?

残暑見舞い 時期

残暑見舞いにはどのような意味があるの? 残暑見舞いは、一年で最も暑い時期に相手の体調や健康を気遣って送るものです。 残暑見舞いを、「残暑」と「見舞い」に分けてみるとわかりやすいかも知れません。 残暑とは、後の暑さを表す言葉です。 一方の見舞い(見舞う)という言葉は現在、病気や怪我などで病院に入院したり、自宅で養生している人の元を訪れて、回復を願ったり慰めるという意味として使われていますが、元々は見回るという言葉が転じて見舞いという言葉が使用されていました。 つまり、相手が病気云々に関係なく、「元気にやっていますか?」と様子を見るために親せきや友人宅を訪問して回ることを見舞いと言っていたのです。 残暑見舞には、立秋後、そのような見舞いができない遠い場所に住んでいる知り合いに、手紙を送ることで相手の安否を伺ったり、逆に自分の近況を報告するという意味合いがあります。 ちなみに、残暑見舞いとよく似た言葉に暑中見舞いがありますが、この2つの違いは出す時期によるものです。 暑中見舞いはから立秋までに出すもので、残暑見舞いは立秋から処暑の候(毎年9月6日頃)までに出すものとなっています。 残暑見舞いを出す時期は、いつからいつまで? 立秋を過ぎてから、処暑の候 (8月23日~9月6日頃)迄が目安です。 残暑見舞いの基本的な書き方の構成 残暑見舞いの書き方で押さえておきたいポイントは以下の通りです。 残暑見舞いの挨拶となる言葉• 相手の安否を確認• 書き手 自分自身 の近況報告• 相手の体調を気づかう言葉• 日付け 書き方の型は上記5つの順で書いていけば間違いないです。 残暑見舞いの挨拶となる言葉 残暑お見舞い申し上げます。 相手の安否を確認• 炎暑が続き本当の秋が待ち遠しい毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。 暑さはおさまる気配もございませんが、皆様はお元気でいらっしゃいますか。 書き手 自分自身 の近況を報告• わたしども家族一同、元気に過ごしていますのでご休心ください。 ここはある程度自由に書けますので、ご自身の近況や夏の出来事などを書いてみましょう! 4. 相手の体調を気遣う• まだまだ暑さも続きます折、くれぐれもご自愛のほどお願い申し上げます。 暑さもおさまる気配もございませんので、くれぐれもご自愛ください。 横書きでも大丈夫ですが、やはり縦書きの方がフォーマルです。 文字の向きは、裏面の見舞い文を縦書きにしたら、表面の宛名も縦書きにして下さい。 文字の向きは、表面・裏面で統一したほうがいいです。 残暑見舞いについて 暑中・残暑見舞いは、年賀状よりも送る方が少ない分、もらった時の嬉しさは、倍増します! 大切な方やご無沙汰している方へ、日頃中々伝えられない感謝の気持ちや、相手の健康を気遣う気持ちなどを、残暑見舞いのハガキに書いてみてはいかがでしょうか!.

次の

今さら聞けない・・・お中元・暑中見舞い・残暑見舞いの違いと贈る時期|GK

残暑見舞い 時期

残暑の時期はいつからいつまで?残暑見舞いを出す時期と書き方は? こんにちは。 カラクリジャパンライターの梅グミです。 近年は9月に入っても暑さが続く傾向がありますね。 まさに「残暑」という言葉がぴったり。 「残暑見舞い」も遅くまで出せそうな勢いです。 本来、残暑はいつからいつまでなのでしょう? 残暑見舞いはいつまで出せるものでしょうか? 夏の暑さが秋に入っても続きそうな昨今、気になる「残暑」について調べてみました。 残暑とは?いつからいつまでの暑さを言うの? 残暑は立秋の日を過ぎても続く暑さを指します。 そして、残暑という言葉を使えるのは秋分までです。 「残暑」を使える時期は、 立秋を過ぎた8月8日あたりから秋分を迎える9月23日ごろまでということになります。 立秋も秋分も年によって日にちが変わってきます。 詳しくはこちらの記事をごらんください。 立秋の前日までに相手に届く場合は「暑中見舞い」とするのがマナーです。 気をつけておきましょう。 暑中見舞いか残暑見舞いかで迷ったときは、夏の甲子園を基準に考えるとわかりやすいです。 「甲子園で高校野球が始まったら残暑見舞い」と覚えておくと、便利です。 お互いの近況をやり取りする、良いタイミングでもありますね。 郵便局の夏のおたよりはがき「かもめ〜る」は8月25日頃までの販売、くじの抽選が9月4日頃になっています。 実際のところ処暑の終わりを待たず、 残暑見舞いは8月末までに出すのが、無難のようです。 まだまだ暑かったとしても、やはり9月は秋ですものね。 残暑見舞いの書き方は?どんな構成と言葉で何を書けばいい? 残暑見舞いの基本的な構成は、次のとおりです。 ・ 挨拶の言葉 「残暑お見舞い申し上げます。 」 ・時候のあいさつ 「立秋が過ぎましたが、厳しい暑さが続いております。 」 ・ 相手を気づかう言葉 「いかがお過ごしでしょうか。 」 ・ 自分の近況報告 「今年の夏休みは、家族で箱根に行きました。 」 ・暑さをねぎらう言葉 「まだまだ暑い日が続きますがご自愛ください」 ・日付 「平成二十八年晩夏」 ふだんのお手紙で頭に使う「拝啓」、結びに使う「敬具」などの言葉は不要です。 近況報告の内容は、できるだけ具体的に、相手に伝わるように書きます。 引っ越しや結婚、出産など、うれしい報告をかねてもいいですね。 日付は正確に書かないのがマナーです。 相手が喪中の場合でも、残暑見舞いは季節のあいさつなので、出しても大丈夫です。 ただし、相手がまだ四十九日を過ぎていない場合は忙しい可能性があるので、遠慮した方がいいかもしれません。 残暑見舞いが送られてきたら返信するというスタンスで良いでしょう。 反対に、自分が喪中で気遣ってくれている方に近況報告したい場合、残暑見舞いを送りましょう。 元気でいることを伝えれば、周囲を安心させることができます。 残暑見舞いのはがきは縦書き?横書き?どちらがマナー? 最近ははがきを書いて送る機会が少なくなりましたね。 季節のあいさつも、メールやオンラインではがきを送ってくれるサービスを利用する人が多いと思います。 もしかしたら、季節のあいさつのはがきが縦書きか、横書きか、わからない人もいるかもしれません。 残暑見舞いのはがきは縦書きか横書きか、特にルールはありません。 しかし、 縦書きが一般的なので、横書きはやめておいたほうがいいでしょう。 残暑きびしい日々にもらう残暑見舞いは、年賀状よりもうれしい? 残暑見舞いは、年に一度の年賀状とはちがい、親しい相手から届くことが多いですよね。 社交辞令ではないやりとりは、もらった相手もうれしいはずです。 たまにはメールではなく、手書きのはがきで心をこめて残暑見舞いを送ってみてはいかがでしょうか?.

次の

今さら聞けない・・・お中元・暑中見舞い・残暑見舞いの違いと贈る時期|GK

残暑見舞い 時期

暑中見舞いと残暑見舞いの時期! 2020年はいつからいつまで?• 暑中見舞いと残暑見舞い。 どんな違いがあるの?• 両方出しても良い? 出した方が良いものなの?• 暑中見舞いをもらったけど時期がギリギリ! どうすれば? について、調べたことをまとめてみました。 暑中見舞いから、ひとつずつ見ていきますね。 一つの区切りはだいたい15日くらい。 7月7日頃~7月22日頃。 (2020年は7月7日~7月21日まで) だんだん暑くなり、これから夏の本番を迎えるという頃。 7月23日頃~8月7日頃。 (2020年は7月22日~8月6日) 本格的な夏が始まる時期。 暑い夏を乗り切るため栄養をつける習慣・(夏の)土用の丑の日は、この大暑~立秋(8月7日頃)の間にある。 2020年の土用の丑の日は7月21日(火・一の丑)、8月2日(日・二の丑)。 あっっっっつい夏を乗り切る食べ物といえば、多く名前があがるのがうなぎ! 毎年、土用の丑の日が近づくとスーパーでもうなぎ屋さんでも、大体的に宣伝していますよね。 でもなぜ土用の丑の日というとうなぎなのか、ご存知ですか? っ … 暑中というのは、二十四節気における 小暑と大暑の間という意味。 つまり暑中見舞いは、その名前の通り、 暑中に送るお見舞状 なんです。 ですので、 梅雨が明けた7月7日から8月6日まで が、2020年の暑中見舞いの時期ということになります。 ちなみに、梅雨明けの時期は地域によってずいぶん違います。 沖縄などの南端では6月下旬には梅雨が明けていますが、東北地方などは、遅い時は7月末まで梅雨が続きます。 (ごく稀にですが、立秋を過ぎても梅雨明けしない年も!) ここで言う「梅雨が明けた小暑から~」というのは、 お相手の方が住む地域の梅雨明けのことです。 ちなみに、 梅雨が明けないまま立秋(8月7日)を迎えてしまった場合は、暑中見舞いを出してはいけないとされています。 立秋を過ぎると暦の上では秋になりますので、 残暑見舞い に切り替えましょう。 8月7日頃。 (2020年は8月7日) 暑さのピークを迎え、徐々に秋に向かっていく。 8月23日頃。 (2020年は8月23日) 暑さの終わりが見え、秋の気配を感じられる時期。 スポンサーリンク それぞれのお見舞いにはどんな違いがある? 暑中見舞いと残暑見舞い、どんな違いがあるのかというと、「 時期 」と「 季節の言葉」 に違いがあります。 そうなんです、暑中見舞いと残暑見舞いの違いは 出す時期。 暑中見舞いは「夏」、残暑見舞いは(暦の上では)「秋」のお見舞い状 なんですね。 夏と秋では挨拶の言葉も変わってきます。 現実的には、立秋を過ぎた 8月は暑さが厳しいことが多いので、ややこしいところですが。 両方出しても良い? 出した方が良いものなの? この答えは、ズバリ どちらか片方だけで良い です。 暑中見舞い、残暑見舞い、共に、• 季節の挨拶• 相手方の健康をたずねる言葉• 自分の近況を知らせる言葉• 相手方の無事を祈る言葉• 結びの挨拶 基本的には、このような流れで構成されています。 7月の梅雨明け(地域によって違います)に暑中見舞いを送って、8月末のギリギリに残暑お見舞いを送ったとしても、その間、だいたい1カ月。 その1ヶ月ほどの間に、 お知らせしなければならないほど近況に変化が起こるというのは、考えにくいですよね。 それに、同じような内容のお見舞状が2枚届いても、お相手の方も困ってしまいますよね。 この様な理由から、一般的には、 暑中見舞いと残暑見舞いはどちらか片方で良い とされています。 暑中見舞いをもらったけど、時期がギリギリだった! 出していない方から先に暑中見舞いを頂いた時は、速やかにお返事を出しますよね。 その時、ちょっと困ってしまうのが、 8月6日ギリギリにこちらに届いた時。 基本的に暑中見舞いは、 立秋の前日である8月7日までに届くように送るもの。 ギリギリに届いてからその日に出したとしても、お相手に届くのは、立秋を過ぎてしまいますよね。 お相手に届くのが8月7日を過ぎてしまうのが確実な場合は、 残暑お見舞いに切り替えて 送って下さい。 暑中お見舞いを頂いたことに対する、御礼の一言も添えて下さいね。 などの一文を入れると、御礼の気持ちが、よりお相手に伝わりますよね。 スポンサーリンク.

次の