イオン モール 茨木。 楽天モバイル:楽天モバイル イオンモール茨木店

【2021年春】茨木市の東芝工場跡地にイオンタウンが進出決定!

イオン モール 茨木

ご来店前にご確認ください お申し込みの際、ご契約者のご本人確認をさせていただいております。 ページで有効な書類をご確認いただき、ご持参ください。 受付時間につきまして お申し込みの受け付けは19:00までとなっております、予めご了承ください。 窓口やシステムの混雑により、営業時間内であっても受付を終了させて頂く場合がございます。 予めご了承ください。 一部端末のお取扱いについて 一部の端末につきましては、販売ショップが限定されています。 詳細は「」ページをご確認ください。 SIMサイズ変更について 楽天モバイルショップでの、SIMサイズ変更・交換・再発行受付についてはページをご確認ください。 お申し込み前の確認事項 ご希望のお支払い方法に合わせて、 1 2 のいずれか、もしくは両方をご準備ください。 端末/アクセサリー費用は、口座振替ではお支払いいただけません。 1 ご契約者 本人名義の クレジットカード/デビットカード 「」「」「スルガ銀行デビットカード」がご利用いただけます。 2 ご契約者 本人名義の キャッシュカードおよび金融機関指定の口座確認に必要な項目• 事務手数料、月額基本料のお支払いに、ご契約者 本人名義の銀行口座からの引き落とし()をご利用いただけます。 をご検討ください。 「ゆうちょ銀行(Web受付方式)」をご利用ください。

次の

大阪府

イオン モール 茨木

この項目では、茨木市松ヶ本町にある イオンモール茨木(旧:マイカル茨木)について説明しています。 茨木市中津町にある イオンスタイル新茨木(旧:ジャスコ新茨木店)については「」をご覧ください。 概要 [ ] 当ショッピングセンターの敷地は(現・)の工場跡地で、前半までは大規模郊外百貨店「」の出店が計画されていた。 しかし、の経営不振が続き、計画が断念された経緯がある。 その後、と日本たばこ産業によってショッピングセンターが建設され、2001年1月1日に マイカル茨木として開業。 マイカルは1990年代から各地で数多くの大型SCを開業させてきたことが一因となり、資金調達の難航から同年9月に経営破綻したため、従前のマイカルが開発した最後の大型SCとなった。 土地や建物・湧出するは日本たばこ産業の所有となっている。 2011年3月1日に、それまで営業を行っていたマイカルとイオンリテールが合併したのを機に、核店舗の一つである茨木を茨木店に名称変更。 ショッピングセンター名も「 イオン茨木ショッピングセンター」に変更した。 2011年(平成23年)から進められたイオンの大型ショッピングセンターの名称の「イオンモール」への統一 に伴い、2015年4月29日の全館リニューアルを機に「 イオン茨木ショッピングセンター」から「 イオンモール茨木」に名称が変更されたがそれに先駆けにソフトオープンがなされた際に公式ホームページは同名称となっている。 なお、リニューアルに際し茨木が閉店となった。 SC北側の松ケ本町バスターミナルには、などの誘導のために、市から委託されたが交通整理にあたっているが、このターミナルには、もう一つの核店舗である茨木の商品搬送車両の出入り口も設置されており、同店に出入りする搬送車両についても、茨木市と契約した警備員が交通整理にあたっている。 なおこのバスターミナルは都市計画道路茨木松ヶ本線用地を一時的に転用したものであり、今後の茨木松ヶ本線整備計画によっては廃止ないし移転となる。 沿革 [ ]• (13年) - マイカル茨木開業。 (平成20年)• - 茨木サティ食品フロアリニューアルオープン。 - 茨木ビブレ食品フロア営業終了。 7月 - 1階エムズウォークにイオン銀行開業。 - リニューアルオープン。 (平成21年) - 閉店。 (平成23年) - 茨木サティを「 イオン茨木店」、SC名を「 イオン茨木ショッピングセンター」に、それぞれ名称変更。 - 茨木を 茨木に名称変更• - 管理・運営がイオンモール株式会社に移行。 - 茨木ビブレの営業を終了。 - ソフトオープン。 - 全館リニューアルオープン。 イオン茨木店を「 イオンスタイル茨木」、SC名を「 イオンモール茨木」に、それぞれ名称変更。 主なテナント [ ] マイカル茨木時代の店舗外観 核店舗であるイオンスタイル茨木の他のイオンシネマ(旧ワーナー・マイカル・シネマズ)茨木などにより構成されている。 (産業道路)をはさんだ別館には、天然温泉施設を併設した茨木がある。 出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「」を、営業時間およびを設置する金融機関の詳細は公式サイト「」を参照。 は3階に設置されている。 交通 [ ]• ()から南に約500。 歩行者専用道が整備されている。 徒歩で約7分。 からも約500mの距離にある。 徒歩で約7分。 方面や方面へとつながると産業道路に面している。 JRの線路を跨いだ至近地に位置する大阪いばらきキャンパスへの地下道が整備されている。 付記 [ ]• 1974年に開店し、1990年に閉店したニチイ茨木店は当ショッピングセンターとは直接無関係であり、側に店舗が存在した。 市内には旧店舗の「」が存在するが、当ショッピングセンターの「イオンスタイル茨木」の開業より前の1986年7月に開業した。 この「新」は旧ジャスコ茨木店(1986年7月閉店)に対して付与されたもので、店舗ブランド統一の際に店舗名重複を防ぐために「新」が残されている。 脚注 [ ] []• 2012年10月31日. 2012年12月11日閲覧。 ポートフォリオ情報. フロンティア不動産投資法人. 2013年4月21日閲覧。 日本経済新聞社. 2013年10月24日• [ ]• - 2階と3階に入居 近隣のショッピングセンター [ ]• - 阪急電鉄茨木市駅近くに所在するイオンリテール運営のショッピングセンター。 - をはさんだ守口市に所在するイオンモール運営の大型ショッピングセンター。 - 近くに所在する運営のショッピングセンター。 外部リンク [ ]•

次の

茨木の上映スケジュール:イオンシネマ

イオン モール 茨木

この項目では、茨木市松ヶ本町にある イオンモール茨木(旧:マイカル茨木)について説明しています。 茨木市中津町にある イオンスタイル新茨木(旧:ジャスコ新茨木店)については「」をご覧ください。 概要 [ ] 当ショッピングセンターの敷地は(現・)の工場跡地で、前半までは大規模郊外百貨店「」の出店が計画されていた。 しかし、の経営不振が続き、計画が断念された経緯がある。 その後、と日本たばこ産業によってショッピングセンターが建設され、2001年1月1日に マイカル茨木として開業。 マイカルは1990年代から各地で数多くの大型SCを開業させてきたことが一因となり、資金調達の難航から同年9月に経営破綻したため、従前のマイカルが開発した最後の大型SCとなった。 土地や建物・湧出するは日本たばこ産業の所有となっている。 2011年3月1日に、それまで営業を行っていたマイカルとイオンリテールが合併したのを機に、核店舗の一つである茨木を茨木店に名称変更。 ショッピングセンター名も「 イオン茨木ショッピングセンター」に変更した。 2011年(平成23年)から進められたイオンの大型ショッピングセンターの名称の「イオンモール」への統一 に伴い、2015年4月29日の全館リニューアルを機に「 イオン茨木ショッピングセンター」から「 イオンモール茨木」に名称が変更されたがそれに先駆けにソフトオープンがなされた際に公式ホームページは同名称となっている。 なお、リニューアルに際し茨木が閉店となった。 SC北側の松ケ本町バスターミナルには、などの誘導のために、市から委託されたが交通整理にあたっているが、このターミナルには、もう一つの核店舗である茨木の商品搬送車両の出入り口も設置されており、同店に出入りする搬送車両についても、茨木市と契約した警備員が交通整理にあたっている。 なおこのバスターミナルは都市計画道路茨木松ヶ本線用地を一時的に転用したものであり、今後の茨木松ヶ本線整備計画によっては廃止ないし移転となる。 沿革 [ ]• (13年) - マイカル茨木開業。 (平成20年)• - 茨木サティ食品フロアリニューアルオープン。 - 茨木ビブレ食品フロア営業終了。 7月 - 1階エムズウォークにイオン銀行開業。 - リニューアルオープン。 (平成21年) - 閉店。 (平成23年) - 茨木サティを「 イオン茨木店」、SC名を「 イオン茨木ショッピングセンター」に、それぞれ名称変更。 - 茨木を 茨木に名称変更• - 管理・運営がイオンモール株式会社に移行。 - 茨木ビブレの営業を終了。 - ソフトオープン。 - 全館リニューアルオープン。 イオン茨木店を「 イオンスタイル茨木」、SC名を「 イオンモール茨木」に、それぞれ名称変更。 主なテナント [ ] マイカル茨木時代の店舗外観 核店舗であるイオンスタイル茨木の他のイオンシネマ(旧ワーナー・マイカル・シネマズ)茨木などにより構成されている。 (産業道路)をはさんだ別館には、天然温泉施設を併設した茨木がある。 出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「」を、営業時間およびを設置する金融機関の詳細は公式サイト「」を参照。 は3階に設置されている。 交通 [ ]• ()から南に約500。 歩行者専用道が整備されている。 徒歩で約7分。 からも約500mの距離にある。 徒歩で約7分。 方面や方面へとつながると産業道路に面している。 JRの線路を跨いだ至近地に位置する大阪いばらきキャンパスへの地下道が整備されている。 付記 [ ]• 1974年に開店し、1990年に閉店したニチイ茨木店は当ショッピングセンターとは直接無関係であり、側に店舗が存在した。 市内には旧店舗の「」が存在するが、当ショッピングセンターの「イオンスタイル茨木」の開業より前の1986年7月に開業した。 この「新」は旧ジャスコ茨木店(1986年7月閉店)に対して付与されたもので、店舗ブランド統一の際に店舗名重複を防ぐために「新」が残されている。 脚注 [ ] []• 2012年10月31日. 2012年12月11日閲覧。 ポートフォリオ情報. フロンティア不動産投資法人. 2013年4月21日閲覧。 日本経済新聞社. 2013年10月24日• [ ]• - 2階と3階に入居 近隣のショッピングセンター [ ]• - 阪急電鉄茨木市駅近くに所在するイオンリテール運営のショッピングセンター。 - をはさんだ守口市に所在するイオンモール運営の大型ショッピングセンター。 - 近くに所在する運営のショッピングセンター。 外部リンク [ ]•

次の