天気の子 考察 神話。 天気の子・かわいい天野陽菜の正体は何者?能力や目的について考察

【天気の子】陽菜の天気の巫女(晴れ女)の正体は?人柱の意味や空とつながることについても

天気の子 考察 神話

「遠くへ行きたい」お題「」 天気の子、DVDで観なおした。 このタイトルコールの雲が渦巻く絵、空に開いた穴って感じがとても好きだ。 異界、彼岸、隣り合う世界、近くて遠い世界へのゲートって感じがする。 空、という字がそもそも、穴と工の組み合わせでできてるしね。 工、は点と点を結ぶ線、どこかに繋がる道、トンネルみたいな意味だ。 久しぶりに観たけど、 高精細の映像、大量の情報をテーマソングにのせて流しこんでくるメソッドはすごく気持ちいい。 音楽PVみたいな、現代的な感性だ。 順を追って考える前に、言語や論理の左脳の情報処理が追いつく前に、 音楽で右脳を活性化させて、ギリギリ理解できるかできないかくらいのスピードで、 とにかくイメージを脳に流しこんじゃう感じっていうか?集中を要求されるんだよな。 サブリミナルまではいかないけど、それでもオーバフロー感があってイイ。 情報があふれてなにも考えられない、というのは快感なのだ。 これから梅雨っていう、蒸し暑さと雨の時期に見ると没入感もひとしお。 さて、天気の子についてはもう結構書けるだけ書いたって気もするんだけど、 なにか書かないとDVDを買った甲斐がないというものw そういえば、須賀の嫁で萌花の母、明日花が晴れ女だったのでは、という考察があるらしい。 陽菜と同じに日、太陽、晴れをあらわす字の入った名前だし、若くして亡くなったのは陽菜の母と一緒ではあり、どちらも死因の描写は濁されている。 萌花にも小さく日の字があり、雨に体調を左右されるあたり晴れ女の素質がありそうでコワイが。 が、 いやそれはどうなのか。 嫁が晴れ女だったとうすうす察してたうえで、人柱を容認する発言してたら須賀の性格が鬼畜すぎる気もする。 ただ、警察署から逃げた帆高の行き先、代々木の廃ビルをなんで須賀が知ってたのかはそれで説明がつく気もする。 嫁から、鳥居のことを聞いていたんだろうか、とか? いや、まあ、ムーの取材で怪しい噂には詳しいだろうから、天気の巫女と代々木の廃ビルの関連について心当たりがあっただけかもしれない。 陽菜が空に昇っていく夢をみて、夢の場所に見当がついたってことでも辻褄はあう。 それより、ホテルでバスローブから抜けるように消えた陽菜が、その後の場面でいつもの服に靴まで履いてたことの辻褄のほうが謎。 ホテルのドア前に長靴あるしなぁ。 どうなってんだ。 まぁいいけど。 で、代々木の廃ビルの鳥居には、精霊馬、キュウリの馬とナスの牛の瑞々しいやつが毎回お供えされているので、誰かが頻繁に訪れていることを思わせる。 お盆の時期、地獄の釜の蓋も開く時期、亡くなった人の魂を乗せて早く来てほしいから馬、ゆっくり帰ってほしいから牛、という彼岸と此岸を行き来する乗り物が精霊馬だ。 多分、あれが供えられてなかったり、萎びてたりしたら、帆高は彼岸に行けなかったんじゃないか? あれは地味だけど、彼岸へ渡る必須アイテムな気がする。 さす新海。 オカルト方面ぬかりなし。 雑草とかはほったらかしでも、あれだけはちゃんと手入れされているわけだ。 で、陽菜や陽菜の母のほかにもああいう鳥居をくぐった天気の巫女、人柱は複数いるんだろうな。 占いおばば(CVw)もガイアので晴れ女が生まれやすくなってるとか言ってたし、 東京を守る大量の人柱、とかいうムーの見出しもあった。 彼岸の空にいる水の魚たちが、今までの人柱達だったとしたら、関東周辺地域の800年分にしても相当の数だ。 ただ、陽菜の母は晴れ女の代償が衰弱からの病死のようなのに、 陽菜は体が透けて浮き上がり、生身ごと彼岸へしになって、 多くの人が同じ夢を見て、夏に雪が降る観測史上最大の異常気象が一気に晴れわたるという事象の大きさになったのはなんでかっていうと、 まあ、そりゃあんだけ派手に晴れ女ビジネスを展開すればそうなるわな。 凪センパイが「みんなお前のせいじゃんか!姉ちゃんを返せよ!」と仰るとおり、 帆高のプロデュースのせいですともww より多くの人々の想いを汲みあげ、彼岸と此岸を繋げれば繋げるほど、天と人をつなぐ細い糸は太くなり、効果も反動や代償もまた大きくなるというだけだ。 まぁ、あちらの存在に近づくとか、彼岸の存在に親しむこと自体はそんなに悲惨なことでもないけど。 他作品ならそれを目指すキャラもいるようなことで。 代償、代償かー。 やっぱり一人娘の体調と、知り合い程度の女の子の命を天秤にかけたら、 愛娘をとるっていう心情もあるのかもしれない。 たとえそれが愛妻を死においやったシステムでも、容認し、維持することに同意する、か…。 あまり須賀を嫌いになりたくないのだがw 「人柱ひとりで元のとおりに戻るってんなら歓迎だ。 てか皆そうだろ。 」 「誰かが何かの犠牲になってそれで回るのが社会ってもんだ。 損な役割を背負っちまう人間は必ずいるんだよ、普段は見えてないだけでさ」(小説版) そうだな。 それが、この世界の大人たちの態度だ。 過労死が出ようが自殺が出ようが、はなくならない。 途上国の安い労働力、非、格差を使って利潤を追求し、現場の福利厚生など知りもしない。 この社会でただ生活しているだけで、弱者を踏みつけにしていることに、同意しているに等しい。 誰も彼も、自分もだ。 陽菜の青い石の首飾りは、母の腕にあったものと同じもの、形見だ。 彼岸の空で、帆高の指輪は落ちたのに首の石は落ちなかったこと、 彼岸から帰ってきた鳥居で、首飾りが割れていること、 あの石は、晴れ女であることを示すアイテムで、陽菜の母も晴れ女だったとして、 じゃあ、帆高の「晴れ女と引き換えにこの空は晴れたんだ、皆なにも知らないで、こんなのってないよ」とか「皆なにも知らないで、知らないふりして!」 っていう、皆の利益の代償を引き受けてるのに知らん顔されて、自分の大事な人が失われる痛みの言葉は、 母を失った陽菜が、叫びたかった気持ちでもあるよな。 母の死後、陽菜は弟と二人で生活する、働いて炊事もして、母の役を果たそうとする。 「私たち誰にも迷惑かけてません!」「私たち、 ばらばらにされちゃう。 」 児相にも警察にも頼ろうとしない。 大人に助けを求めない。 大人をまったく信じていない。 児相がくるなら夜逃げも辞さない、断固拒否の姿勢だ。 なんだってそんなに頑なに、大人に心を開かないのかとも思ってたけど、 それは多分、皆の利益の犠牲になって死ぬ母を、誰も助けてはくれなかったのを見たからだ。 皆の利益には、陽菜と凪、子どもたちの利益も含まれている。 子どもの衣食住を整えて、学校に行かせて、習い事をさせるために、 母親がひとりでどれだけ頑張らなくてはいけなかったのか、陽菜は見ただろう。 母の代わりに弟を養おうという、中学生には荷の重い決意をしたのは、 自分が暮らしていくために母を犠牲にしてしまったという、自責と贖罪の気持ちもあってのことかもしれない。 そして、凪と支えあって一年暮らして、 晴れ女ビジネスで、尽くした人に笑顔になってもらう嬉しい気持ちを知った。 陽菜は、母親業と晴れ女、母のしたことをして、 帆高は、母を失った陽菜の気持ちをしている。 母の気持ちを身を以て知った陽菜と、 陽菜の気持ちを身を以て知った帆高だったから、 「自分のために願って」 は彼岸から人柱を連れ戻す、力ある言葉になったのかもなあ。 心が、認識の深さが、言葉に力を与えるんだ。 帆高の答えは、きっと陽菜が母親に言ってあげたかった答えでもある。 「ただ、もう一度あの人に会いたいんだ」これもそうか。 陽菜の願いでもある。 彼岸の空で、陽菜は水の魚になった母と会えたのかもしれない。 迎え火をまたいで、帆高が来るまであの場所で母に守ってもらっていたのかもしれない。 帆高が彼岸から人柱を連れ帰ると、雲と竜、800年分溜め込んでた雨が3年かけて降ってくるので、晴れ女システムは一度ご破算になったと思われる。 陽菜以外の天気の巫女たちも、空と繋がる力を失ったのだろうか? それとも、また誰かが代償を払って利益を得る旧体制を繰り返すのだろうか? もう、誰の犠牲にもならなくていいことに、 誰のせいにもしなくていいことに、気がつけるかどうかだ。 自分より弱い誰かにツケを押しつけて楽をして、 辛いこと苦しいことは自分より強い何かのせいにする、 他責の世界でうわべだけの繁栄を繰り返すより、 雨の降り続く世界でも、疫病のはびこる世界でもいい、 自分のために願って、自分の心で決めた、 その結果の世界を引き受けて、生きていたいんだ。 ・・・・、 さて、解釈も五本目となると、やや強引な感じが否めなくもなくもなかったな・・・。 今後DVD周回して気がついたことがあったら、余程でないかぎりこの記事に追記で済まそうと思う。 今までの記事のなかでは、手錠の意味がムスビで座標だと解釈できた2本目と、 日本神話の照応を読み解けた4本目が書いていて面白かった。 はい早速追記。 最近こちらのブログ がんべあの「ブレない」キャター&ストーリーの作り方、で キャターには表の顔と裏の顔があるっていうテーマをずっとやってるんだけど、 それで帆高の性格に合点がいった。 助けてもらったお礼に食事をふるまったり、 未成年に酒をすすめる大人をたしなめ、ジュースに取り換えたり、 訪問先に手土産を用意したり、 バイクに乗るときは非常時でも必ずヘルメットを着用したり、 誰に言われなくてもルールを守る、律儀な性格の、無害そうな少年の見た目通りの表の顔と、 衝動的に家出して、 衝動的に拾った銃をカバンに突っ込んで、 衝動的にその銃をぶっぱなし、 衝動的に警察から脱走してチャリをパクろうとする、 で危険な性格の、裏の顔の帆高がいるんだ。 その二面性があるから、 会いたいあまりに800年モノのシステムをぶっ壊して、想い人をあの世から奪還するのに、 そこから一変して3年も全然まったく陽菜と連絡とってない、なんてことになるんだ。 保護観察期間だからと律儀に自粛して、ルールを破ったこと、世界を変えたことを律儀に反省してたんだろうね。 3年も! …、その性格、ヒくわ〜。 殉教者とテロリストが同居してる危わ~。 ないわ~。 分析でいうと、1完璧主義者と6堅実家の裏表・・・か?? そこはまったく自信ないけど、がんべあさんありがとうございました。 追記 がんべあさんによると、 4芸術家と9調停者の裏表っぽいとのこと。 律儀なイイ子のペルソナ帆高と、のシャドー帆高がいて、 状況によってどちらかが対処してるんだっていう。 まあ、ちょっと心理学上の本来の意味と違うけどなw 更に追記、 廃ビル屋上の鳥居、雑草は手入れされてないのに、 毎回キュウリの馬とナスの牛の精霊馬がみずみずしくお供えされてて、 それはなんでかっていうと、精霊馬は彼岸へ渡る乗り物だから、アレがないと帆高は空の上に行けないんだ、と書き足してて思いついた。 「あの煙に乗って、あの人は向こう岸から帰ってくるんだよ」立花富美おばあちゃんのセリフと迎え火の煙もそうか。 煙も地上と空、彼岸と此岸を繋ぐ通路になり得るのか。 なるほど。 廃ビルで帆高が空に向けて一発、銃を撃った。 銃を撃てば、硝煙が上がる。 その煙を辿って、帆高は彼岸へ行けたわけでもあるな。 鳥居をくぐった次の瞬間、空の上にワープしてるのは突飛な場面転換のようで、 鳥居が出入りする扉で、煙が道で、精霊馬に乗っていける。 さりげない舞台装置、伏線があるんだなぁ。 煙が地上から上空への通路なら、 雲間から差す光、光の水溜りのようだと言われたエンジェルラダーは、上空から地上への通路だなー。 陽菜が冒頭で彼岸の空へジャンプするときも、扉、通路、乗り物の条件が揃っている。 ムーを堂々と出してくるあたり、新海監督は相当オカルトに自信あるよな。 爽やかで切ない青春恋愛映画に、どうオカルトネタを潜ませてくるのか今後とも楽しみ。 いっそオカルト全振りの映画も見てみたいが、 はイマイチだったから、スパイス程度が新海監督の適量なんだろうな。 philia0.

次の

天気の子考察 陽菜とチョーカーとお母さん|山田ゆとり|note

天気の子 考察 神話

それがひなに与えられた能力ですが・・・ 天気を晴れにするには、代償が必要だったのです。 天気を晴れにする代償として、最終的には空の一部になってしまいます。 天気を晴れにし続けた結果、ひなは空に連れて行かれました。 廃ビルの屋上には鳥居があり、ここは天へと続く唯一の場所。 屋上へとたどりついた帆高は、鳥居へと飛び込みます。 その先は暗い空(?)のような空間へと繋がっていて、回りには白い竜が飛び回っていました。 そして、空に浮かぶ小さな島の上にひなを見つけます。 帆高はひなの元へと駆け寄り、ひなと一緒に空間から脱出しました。 その後。 日本では3年間にわたり雨が降り続けました。 あまりに降水量が多すぎて、東京は一部が水に沈むほど。 地元の高校を卒業した帆高は、ひなに会うため東京へと向かいます。 そこで2人はようやく再会を果たし、ひなは帆高に抱きつくのでした。 神様に捧げたものが、簡単に戻ってくるワケないよね。 なぜ2人とも助かったんだろう? あくまで私の考察ですが、ひなが助かった理由は対価を差し出したからでしょう。 『天気の子』のラストシーンでは、日本で3年間にわたり雨が降り続けています。 そして、東京の一部は浸水。 恐らく、これが対価だと思います。 もしくは、人柱がいなくなったせいで神様が怒ったという見方もできますが・・・どちらにしろ、 3年後の浸水した東京は代償を支払った結果だったのでしょう。 願いを叶えるには、対価が必要。 つまり等価交換です。

次の

『千と千尋の神隠し』の「勝手に食べてはいけない」にはこんな意味があった―中国メディア|レコードチャイナ

天気の子 考察 神話

20日、中国メディア・新京報は、『千と千尋の神隠し』に見られる神話的な要素について、中国のある神話研究者が解説した文章を掲載した。 中国メディア・新京報は20日、「『千と千尋の神隠し』の勝手に食べてはいけない、振り返ってはいけない、これらの禁忌をあなたは理解していますか?」と題する記事を掲載。 中国のある神話研究者が解説した文章を掲載した。 21日から、宮崎駿監督のアニメ映画作品『千と千尋の神隠し』が、中国大陸の映画館でも上映される。 これを受けて文章は、「日本での公開から18年を経てついに中国で公開されるこの名作は、ただの映画ではない。 神話をこよなく愛する人からすれば、神話研究の宝庫なのだ」と説明。 「世にも奇妙な日本の妖怪たちが登場するというだけでなく、同作品は東洋や西洋の古典的な神話における『禁忌』というモチーフにまで言及している」と指摘し、同作の中に登場する2つの「禁忌」について紹介した。 1つ目の禁忌として挙げられたのは、「異世界の食べ物を勝手に食べてはいけないこと」。 文章は、物語の序盤で、主人公・千尋の両親が異世界の食べ物を食べたために豚に変身してしまうシーンを挙げ、「こういった飲食にまつわる禁忌は世界各地の神話の中に広く存在している」とした。 文章が例として挙げたある古代ギリシャ神話の物語では、冥界に連れ去られた女神・ペルセポネが父である大神・ゼウスによって地上へ送り返されようとするが、冥界のザクロを食べさせられてしまったために、「冥界の食べ物を食べた者は冥界に属する」という冥界の掟に従って1年のうち3分の1を冥界で過ごさなくてはならなくなる。 また、中国唐代の怪奇小説集『広異記』に収められた「浚儀王氏」では、義母の葬式で酒を飲み過ぎた男が誤って棺桶の中に入り込み、たどり着いた冥界で死者らのごちそうに手を伸ばすが、すぐさま「人間は幽霊の食べ物を食べてはならない」と遮られ、そのおかげで無事に墓から救い出される。 さらに、文章は日本の歴史書である『古事記』と『日本書紀』にも言及し、黄泉の国へ去ったイザナミが、追ってきたイザナギに対し「私はすでに黄泉の国の食べ物を口にしたので、黄泉の国の神からの同意がなくては元に戻れない」と訴える一節があると伝えた。 文章は続いて、2つ目の禁忌を「振り向くこと、そしてのぞき見ること」とした。 『千と千尋の神隠し』の終盤には、人間界に戻る千尋に対してハクが『トンネルを抜けるまで絶対に振り向いてはいけない』と言い聞かせるシーンがある。 この「振り向いてはいけない」という禁忌に関連するギリシャ神話や日本、中国の神話や伝説を紹介した。 ギリシャ神話のある物語では、吟遊詩人のオルペウスが、毒蛇にかまれて死んだ妻を復活させる約束を冥王との間で取り付けるものの、冥界から抜け出す直前で「後ろを振り向かないこと」という条件を破ってしまい失敗してしまう。 また、旧約聖書の「創世記」にも、神から自分の住む街の破滅をあらかじめ伝えられていたロトという人物の妻が、「逃げる時に街の方向を振り向かないように」という警告に逆らったせいで塩の柱に変えられてしまうという一節があるという。 さらに、日本神話では、黄泉の国まで自分を追ってきたイザナギに対し、イザナミは「黄泉の国の神と相談をする間、私の姿を決してのぞかないで」と頼むが、イザナギは言い付けを破って様子をのぞき、身体中にウジがたかるおぞましい姿になったイザナミを目にする。 イザナギは一目散に逃げ帰り、この世と黄泉の国の境界を大きな岩で塞いでしまう。 ほかにも、中国の「狗頭王」という神話で、皇帝の王室に暮らすある女性は、敵の将軍の首を取った犬に嫁ぐことになっていたが、「本を盗み読みしてはいけない」という決まりを破ってしまったため、犬は完全に人間の姿になることができず首から上だけが犬のまま残ってしまう。 文章はこれらの神話を受けて、「禁忌は常に潜在的な危険性とセットになっている。 物語の主人公は一旦禁忌を破ると、災難や懲罰を招いてしまったり、成功するはずのところで大失敗してしまったりする。 最悪の場合は生命を落とすこともある」と指摘。 「禁忌にまつわる神話は実際のところ、警告と戒めという役割を発揮しているのだ」と述べた。

次の