仮面ライダーネタバレ。 【ネタバレ注意】仮面ライダーゲイツマジェスティ感想戦

仮面ライダーディケイド(Kamen Rider Decade)のネタバレ解説まとめ

仮面ライダーネタバレ

最近のコメント• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より• に 名無しの仮面ライダー好きさん より カテゴリー• 211• 173• 505• 411• 121• 462• 347• 237• 419• 370• 467• 363• 1,214• 2,019• 1,856• 991• 304• 365• 205• 218• 226• 301• 375• 122• 128• 225• 232• 283• 159• 215• 102• 323• 145.

次の

仮面ライダーゼロワン第37話ネタバレ感想!副社長がかっこよすぎる件!

仮面ライダーネタバレ

仮面ライダーゼロワン第38話あらすじ 仮面ライダーゼロワン第38話「ボクは1000%キミの友だち」のあらすじ紹介です。 そのためにもアークを倒す、と新たな決意を固める或人(高橋文哉)は福添(児嶋一哉)から呼び出される。 垓(桜木那智)の不正データを集め社長解任に追い込もうとしたが、垓がそのデータの消去を始めたという。 「うちの会社を立て直せるのは君だけだ!」 福添の思わぬ呼びかけに、或人は!? 一方、アークは迅の不穏な行動をことごとく見抜き、その力を誇示する。 しかし、唯一衛星ゼアが導き出す結論だけは予想できない。 アークはゼアの乗っ取りを画策するのだが…!? ところが、その証拠を一気に握りつぶしにかかるという暴挙に出る。 福添から応援を頼まれた或人は、垓の元に駆けつけるのだが、垓は一向に態度を改める様子を示さない。 一方、仮面ライダーとなったアークは次の作戦へと舵をきっていた。 アークが現れたのは飛電インテリジェンスの宇宙開発センター。 前回のアークとの戦闘で追ったケガが治りきっていないながらも、邪魔な包帯を取りラボに籠城します。 そして福添副社長たちが集めた、自身の汚職データを消去していきます。 ラボの入り口をロックされ、入ることのできない福添副社長たちは打つ手なし。 困った福添副社長は或人に連絡を入れます。 ですが、その頃には垓が汚職データの消去に成功。 垓を社長の座から引きずり下ろす作戦が台無しになってしまいました。 「これで潔白だ。 私の衣装のように。 」 最近は泥汚れがすごいですけどねw 「今すぐ飛電インテリジェンスに戻ってこい。 うちの会社を立て直せるのは君だけだ。 」 福添副社長の言葉に「え!?俺!!?」と第1話を思わせる反応をする或人。 その頃、デイブレイクタウンのアジトでは、雷が迅の裏切りについて知っていたアークを賞賛している所でした。 「私には、あらゆる結論が予測できている。 」 アークは迅の体から滅に乗り移ります。 「僕が間違ってた。 あなたに歯向かうべきじゃなかった。 」 うつむきながら懺悔する迅ですが、体で隠した右手にはスラッシュライザーが握られています。 迅はアークの虚を突いて、攻撃を仕掛けました! ですがそんな展開はアークも予測済み。 あっさりとオーラで受け止められてしまいます。 「お前が何を思考し、どう行動するか。 その結論は予測できている。 ただ一つの例外を除いて。 」 アークはオーラを解除し、迅を解放します。 「ゼアが導き出す結論だ。 「今こそ、デイブレイクで果たせなかった我々の計画を実行する時だ。 」 アークが本格始動する中、対抗できる唯一の存在であるゼアを保有している垓が、私利私欲を満たすために暴走します。 「ゼア、社長命令だ。 レイドライザーを大量生産しろ!」 ドヤ顔でエンターキーを押す垓ですが、画面には「NO SIGNAL」の文字が。 命令に従わないゼアに腹を立てた垓は、何度も命令コードを打ち込み、実行しようとしますが反応無し。 そこにラボ内に設置していた緊急時の隠し通路から或人、イズ、福添副社長が登場。 「当然だろ。 ゼアにも心があるんだから。 」 さらにイズが「ラボを開けてください。 」とラボ内の多次元プリンターに命令すると、開かなかったラボの扉があっさりとを開錠。 これで山下専務とシエスタも合流できました。 「証拠隠滅なんて、見苦しい真似はよせよ。 」 「黙れ!私なら君の1000%利益を上げられる。 レイドライザーが正式販売されれば。 」 ですが福添副社長の対応により、一般予約は全てキャンセル。 販売ページを確認する垓のはらわたは煮えくり返ります。 絶対に許さない。 」 垓はラボ内でサウザーに変身! 容赦なく福添副社長に刃を振り下ろしました。 或人がギリギリで助けだし、サウザーを止めようとします。 「変身による暴行は重大なパワハラ行為です。 」 イズがサウザーに忠告しながら、福添副社長を安全な場所へと片手で投げ飛ばしましたw 「邪魔だ!」と蹴り飛ばされた拍子に、唯阿から返してもらったアイちゃんが懐から転がり落ちます。 この場を治めるために、或人はゼロワンメタルクラスタホッパーへと変身! ラボ内での戦闘は、例のごとくゼロワンの勝利。 ゼロワンがサウザーのドライバーを攻撃して、吹っ飛ばしました。 変身を強制的に解除させられた垓はその場に倒れます。 今回は服がボロボロじゃなかったですねw その頃、頭に包帯を巻いた唯阿が入院していた病院を後にしていました。 すると病院の入り口で、お見舞い用で用意したバルキリーカラーの小さな花束を持った諌と出会います。 「まだ退院していい身体じゃないだろ。 」 「寝てる場合じゃない。 早くアークを何とかしないと。 」 アークを復活させたことに対して、唯阿は負い目を感じ続けているようです。 「アークは俺が倒してやる。 」 「簡単に言うな。 」 「やってやるよ。 それが俺の、仮面ライダーとしての使命だ。 Sの通信を傍受できるライズフォンを諌に渡しました。 「あなたのパワハラ動画は今、ZAIAに送信しました。 」 シエスタが淡々と業務をこなしました。 「こんなはずじゃなかった。 」 或人たちに囲まれてうなだれる垓がつぶやきました。 「社員こそが会社だ。 部下の心が離れたら、社長はもうお終いなんだよ!」 福添副社長がズバッと言い放ちました。 「この会社はZAIAとは違うんだよ。 人と人工知能が心を通わせて笑顔になる。 そういう夢を持った人間が、あの椅子には座るべきなんだ。 」 アイちゃんを拾い、机に置いた或人は社長の椅子を見つめます。 「人工知能を嫌うあなたに、ここの社長は務まりません。 」 ヒューマギアであるイズが断言しました。 「私は人工知能なんて、、、」 垓は子供のころを思い出していました。 「1000%では足りないというのか、、、」 垓は突然走り出し、社長椅子にしがみつきます。 「やっと手に入れた椅子なんだ!渡さない!」 「あんたにはZAIAがあんだろ。 なんでその椅子にそこまでこだわるんだよ。 」 或人の言葉に垓は答えません。 「本当は飛電インテリジェンスが好きなんじゃないか?なーんて。 」 或人の冗談めいた発言を、そんな馬鹿なと言いたげに福添副社長達が笑います。 「出ていけ!!!」 垓が怒鳴ります。 「お前にだけは、この椅子は渡さない。 」 「別に戻るつもりはないよ。 」 或人の発言に「我が社を見捨てる気か!?」と驚く福添副社長。 「いや、そんなつもりもないけど、俺にも守らなきゃならない会社ができたから。 」 「そんな零細企業のために、この椅子を捨てるのか?」 あり得ないと言いたげな垓。 「小さくても、俺が0から立ち上げた、俺の会社だ。 あんただって分かるだろ。 会社のために自分がどうするのが一番なのか。 」 垓はうつむき何も言いません。 その時、シエスタに滅亡迅雷. net出現の報告が! しかも場所は飛電インテリジェンスの宇宙開発センター。 或人とイズは現場に向かいます。 宇宙開発センターを襲撃するアーク(迅)と雷。 雷が宇宙開発センターのロケットを見た瞬間、宇宙野郎雷電の時の記憶がよみがえりました。 「なんだこのメモリーは?」 動揺を隠せない雷はアークを残し、立ち去ります。 やっぱり滅亡迅雷. 「椅子に座っているだけの社長なんて、1%の価値もないな。 」 「垓さん、大丈夫?」 部屋に1人だと思っていた垓は「誰だ?」と驚きます。 「私、アイちゃん。 私が友達になってあげるよ。 」 なんか受けから目線ですねw 「友達など必要ない。 馴れ馴れしく話しかけるな。 」 「なんでそんな悲しい事を言うの?」 「甘えず、頼らず、己自身の力だけでやり遂げる。 それが父の教えだった。 おいおいおい! 加藤厚成さんとかウルトラマン好き歓喜のキャスティングじゃないですか! 「垓、100点に満足するな。 1000点を目指す男になれ。 」 小学生でも分かる無理難題に対して愚痴る垓。 その愚痴の相手は、飛電インテリジェンスがヒューマギアより前に開発していた犬型AI。 さうざーは垓の声や表情から、感情を以下のように読み解きます。 不安 お父さんに認められたい 1000点取れる頭脳が欲しい 心配 友達がもっと欲しい 誰にも見下されたくない 割と子どもの時から苦労していたんですね。 さうざーは軽快な音とアクションで垓を笑顔にしてくれる良い友達でした。 ある日、垓がテストで99点を取った時、父親が答案用紙を握り潰します。 「こんな点数を出して恥ずかしくないのか?」 さうざーを抱きかかえて、謝る垓。 ていうかランドセルまで白いんですけどwww 「こんなものに、うつつを抜かしてるからだ。 」 これをきっかけに垓は変わってしまいます。 「もう誰の助けもいらない。 僕だけの力で1000点取ってみせる。 」 垓は泣きながら、さうざーを箱にしまって、その後二度と開けることはありませんでした。 「私よりも先に人工知能の友達がいたんだね。 」 過去を知ったアイちゃんが嬉しそうに言います。 「勘違いするな!」とアイちゃんを一喝。 「さうざーは、友達じゃぁない。 」 垓はさみしさとも愛情とも取れる顔で言いました。 「素直になりなよ。 本当は自分が心を許せる友達が傍にいて欲しかったんでしょ?」 アイちゃんの言葉に「あり得ない」と鼻で笑う垓。 「それが、さうざーだったんじゃないの?」 「うるさい!!!人工知能に何が分かる。 」 すると突然、ゼアからの命令を受信した多次元プリンターが動き出します。 構築されたのは犬型のAI。 フォルムも丸くなり、より犬っぽいデザインになっていました。 いや値段めっちゃ高いなwww 気になる方は上のリンクからご確認ください。 垓は恐る恐る、犬型AIを起動。 昔と変わりなく寄り添ってくる姿に、さうざーの面影を覚えます。 垓はさうざーを抱きかかえました。 今の垓の表情をスキャンし、感情を読み解くさうざー。 こんな私なのに、、、そばに居てくれて、、、ありがとな。 」 垓の目からは涙が溢れていました。 「ごめんな。 」 垓は再び、人工知能と心を通わすことができました。 場面が切り替わり、宇宙開発センター。 アークゼロが研究員たちを襲っている所へ、或人がライズホッパーに乗り颯爽登場。 攻撃を受けながらもゼロワンは止まることなく、ウィリーで体当たり! その頃、諌と唯阿もA. Sの通信を傍受し、宇宙開発センターへ到着。 「アークに近づいてはいけません。 あいつは人間の思考を破壊できる危険な存在です。 」 遅れて到着したA. S隊員が唯阿に忠告します。 「なおさら早く対処しなければ。 」 唯阿は諌と共に現場に向かおうとします。 「刃隊長を犠牲にはできません!」 隊員の言葉に立ち止まる唯阿。 「私はもう隊長じゃない。 」と唯阿は振り返ることなく言いました。 「俺達にとって、あなたは隊長なんです!ZAIAの指揮下になって、俺達なんのために戦ってるのか、もう分からなくなって。 」 「それでも俺達はA. Sだって言い聞かせてこれたのは、あなたがいたからです!」 2人の隊員の言葉を黙って聞く唯阿。 「見つかったんじゃないのか?お前の居場所。 」 諌は嬉しそうに言いました。 メタルクラスタホッパーへとフォームチェンジし、アークゼロとの戦いは激化。 ですがアークゼロの強さはすさまじく、防戦一方です。 アタッシュショットガンを使った0距離攻撃を受け、倒れるゼロワン。 アークゼロはそのまま踏みつけにし、2発アタッシュショットガンを0距離発射。 とどめにオーラで宙に浮かせて、オーラを纏った右足で蹴り飛ばします! これにより変身解除してしまった或人は絶体絶命。 「お前が望む結論は予測できている。 迅を取り戻したいという心が透けて見えるぞ。 」 倒れて身動きが取れない或人に、アークゼロは特大のオーラ玉を放ちました! オーラ玉が或人に直撃する瞬間、見覚えのある槍状の武器がオーラ玉を受け止めます!!! なんと、今まで敵として或人を苦しめてきた?サウザーが助けに来たのです! サウザーはオーラ玉を上空へと打ち返しました。 君のことも、ヒューマギアのことも。 青臭い夢ばかり掲げる経営が許せなかった。 その理由はほかでもない。 」 目の前の光景を信じられないと言った様子の或人に、サウザーは言います。 「私が飛電インテリジェンスを愛していたからだ!!!」 さうざーが嬉しそうに鳴きます。 予想していなかった言葉に「嘘だろ」と或人は声を漏らします。 雷に起きつつある変化• 今後の垓について これらのポイントについて考察していきます。 雷に起きつつある変化 アークを飛電インテリジェンスが管理している宇宙開発センターに送り届けた後、様子がおかしかった雷。 宇宙野郎雷電として、昴とともに活動していた記憶が脳裏に浮かんでいました。 滅亡迅雷. netのメンバーの中で、このような変化が起きているのは現状、雷だけです。 ではなぜ雷にだけ起きているのでしょうか? 考えられる理由は「雷だけが自身の本当の役割を経験していたから」です。 雷は衛星ゼアの管理を行うために作られたヒューマギアでした。 アークによって滅亡迅雷. netのメンバーとなった後も、無自覚なスパイとして自身の役割をこなしています。 これらの経験が作用して、アークの支配から抜け出すことに繋がっているのかもしれません。 次回予告画像でも、或人と対面して協力的な印象をみせています。 だから滅亡迅雷. netでありながら或人を他の人間とは違うと認めたのかもしれませんね。 今後の垓について 衛星ゼアの計らいで、AIの友達「さうざー」を手に入れた垓。 37話のラストでは或人に共闘の提案をする衝撃の心変わりを見せていました。 次回予告画像では、唯阿に土下座をして謝るシーンもあり、マジで心を入れ替えている様子です。 どっかの神とは違って垓は普通の人間なんだなって安心しました。 ですが少し気になるのが、次回予告の画像で映る垓が常にさうざーを抱きかかえている事です。 もしかすると、さうざー溺愛キャラみたいな感じになるんじゃないかってワクワクしていますw これまでの仮面ライダー作品の流れからして、垓がネタキャラになるのは必至。 垓がどんなキャラになっていくのか楽しみですね。 次回放送の注目ポイント 最近、良い所が皆無だった垓のターニングポイントとなる回でしたね。 次回放送では、その垓と共にアークをどう攻略するのか注目したいところです。 また、滅亡迅雷. net側でも雷に何かしらの変化が起きている様子。

次の

ライダー俳優・黒田勇樹が書く、仮面ライダー新作映画ネタバレ騒動【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】

仮面ライダーネタバレ

はいどーも皆さんマッドハットです!マジェスティが公開されましたので早速見に行ってまいりました!、やっていきたいと思いますよ! 【!!!!!!!閲覧注意!!!!!!!】ここから先は映画の内容に関して大変重代且つ大量に「ネタバレ」を含んだ感想を投稿しております。 【!!!!!!ネタバレ注意!!!!!!】 ここから先を閲覧する場合はネタバレがあることをよく理解した上で、「それでも構わない」「もう見た」「むしろ内容をほぼ全部知りたいくらいだ」と言う方以外はブラウザバックをお願い致します。 【!!!!!!!DANGER!!!!!!!】 閲覧するかを決める権利はこれを読んでいる読者に委ねられています。 この先を閲覧する場合は全て自己判断と自己責任であることをご理解いただきますよう宜しく御願い致します。 食らいたくないネタバレを食らったからと言ってマッドハットに誹謗中傷するのは絶対にお辞めください。 義務はありません、これを読んでいるあなたに与えられるものは閲覧する権利と引き返す権利です。 さて、これだけ五月蝿く予防線を引いた上でここまで来たあなたは覚悟がありますね。 では改めまして、と参りましょう! の歴史がリセットされ、ごく普通の高校生に改変されたソウゴたち。 他の達の記憶もほぼリセットされ、表向き我々が一年間追っていた「」の歴史は完全に無かったことに。 オーマジオウの歴史を知る人間は黒ウォズとディケイド組の二人ぐらい。 がであった歴史も、がであった歴史も無かったことになっていました。 まあ、ここでチャンチャンと終わってしまったら今回のVシトの意味がありませんね。 勿論自体は大きく動くことに相成ります。 冒頭いきなりの周りに大爆発が。 オーマジオウとなったジオウにが立ちはだかり、「救世主としてお前を倒す!」そう言い放ってマジェスティに… と言う夢だったのさ。 改変されたの歴史はごく普通の体育会系な高校生男子。 柔道部の大将になるほどの実力の持ち主ですから相当強いと見えます。 ソウゴととは幼馴染であり、ソウゴは親友と豪語する程仲が良い様です。 の夢は柔道選手としてオリンピックで優勝すること。 ソウゴはまあ、相変わらず王様になる夢を持っています。 がそれを一笑に付しているのも高校生らしき光景。 はかなりの優等生、推薦で大学に行って医者になるとのことですからすげえ。 何気に、のことが好きなようですが鈍感なさんは気づく素振りもございません。 因みにに好意を抱いているのはなんとオーラ。 かなり下僕のようにこき使ってはいますが、ウールとオーラの関係は険悪ではない模様。 ウールくんだけ下級生なのがイイ。 さて、そんな普通の高校生明光院にとっては突然の出来事が勃発。 現れたのは白ウォズ。 ソウゴの前にあの日現れた黒ウォズのように、に予言めいた言葉を残します。 …いや、全く信用してませんでしたけどね。 白ウォズが半ば無理矢理握らせたブランクウォッチを放り投げちゃったし。 いやあそりゃまあ…ソウゴみたいに王様になることを夢にしてたりはしませんからね。 不振なやつから貰ったものをそのまま持っておく人はそれはそれでおかしな人ですよ。 さて、その後。 都大会に出場したは相手の帝國高校選手「牙崎」、通称「最低最悪の魔王」との勝負。 ところが…こっ酷く足を負傷してしまい、選手生命を絶たれてしまう事態に陥りました。 主治医から「リハビリをしても選手として再起するのは難しい」と苦い顔をされてしまいました。 あのシーンはソウゴももも見ていて本当にしんどかった…。 その後、車椅子で病院の中庭を散歩するの元に、いきなりカッシーンが現れます!これは大ピンチ…と思ったその時! 「そいつは俺の患者だ。 」のセリフと共に、バースバスターと牛乳缶を手にした主治医の伊達先生がァァァァァ!!セルメダルを宙に弾き上げ、バースドライバーに装填!カパッと「変身!」いやぁ…素晴らしき変身。 !「俺はお前の主治医だ!そして、。 」あの迷いのないセリフが素敵でした。 カッシーンを引き付けている間に白ウォズがにまたもあの日と同じように「使い方はご存知のはず。 」ジクウドライバーを手に取ったの脳裏に一瞬、かつての記憶が蘇りますが…は気の迷いだとばかりにジクウドライバーとブランクライドウォッチを茂みに投げ込んでしまいます。 カッシーンの第一攻撃はバースが退けましたが、は浮かない顔。 夢を失ったばかりで、どうすればいいのかも分からない。 そんな気持ちがあの表情をうんだのでしょう。 伊達さんのセリフが良かった。 「いつどうなるか分からないから人生は面白い。 」額に入れたい名ゼリフ。 高校に復帰した達を待っていたのは、今回のVシトで早々から提示されていた我らがストーカー怪盗、海東大樹。 高校生の制服を着てるのが逆にシュールでしたね。 全然変わってない!と言ってもやはり高校生と見間違えられるほど変化が無い訳では無いですし。 のライドウォッチをスリ取ろうとしますが、前述の通りにライドウォッチの持ち合わせ等ございません。 胡散臭そうな態度でに「何かあったら相談したまえ」といつもの不遜なセリフ。 如何にも海東大樹その人って感じでしたね〜。 果てさて、この後少しだけ駆け足。 スウォルツ先生に進路指導室に呼び出しをくらったはそこで推薦取り消しを言い渡されます。 進路を考えなければならなくなったにスウォルツが提示した選択肢の一つ、「警察官」。 と、盗み聞きしていたオーラが反応! 父親の知り合いの伝手を辿り、良い警察官に話を聞けることに!勿論この警察官がどなたかはご存知のはず。 赤い一張羅に厳しく硬い表情、「俺に質問をするな」とバッサリ行く決めゼリフが今回もきっちり飛び出す、どこまでもブレない不死身の男!照井竜警視その人です。 の迷いを見てか、元々問うつもりだったのか。 照井警視の言葉は重みを感じますね。 「何になりたいかではなく、自分に何ができるかだ」シビれるぜ、ハードボイルド。 喫を飛び出してから、追いついたソウゴとに辛辣な評価を浴びせられ、は柱に寄りかかります。 と、の背後からカッシーンの第二撃!ソウゴがを庇いますが、カッシーンに制されてしまいます。 あのカッシーンは、記憶を改ざんされていると思われますが歴史的にはオーマジオウの歴史から来ているとみて間違いなさそうですね。 さて、ここでカッシーンとの戦闘にカイザが乱入!カイザの戦闘シーンも本当に「あ〜 コイツ間違いなく雅人だ。 」と納得出来る。 流れるような攻撃、手さばき。 いい動きです。 カイザとカッシーンが戦っている最中、またも現れた白ウォズがの目の前にライドウォッチを出現させますが、それをさらっと奪い取る我らがストーカー怪盗。 目の付け所がシャープですね。 カッシーンが一旦体制を立て直すののとばっちりにソウゴを抱えて撤退。 カイザと海東もモノクロのカーテンを出現させて居なくなってしまいました。 はソウゴを探しに歩きだします。 そうだ、。 柔道をやり始めたのはチャンピオンになるためじゃない。 誰かを守るために強くなりたかったからだ!決意を固めたの前に照井警視が。 流石は警察の捜査網。 と言うよりはタレコミだったようですが。 廃工場の中で痛めつけられているソウゴを助けに入り、照井警視が変ッ…身!「アクセル!」今回バイクモードにはなりませんでしたけど、赤くきらめく素晴らしい戦いぶり。 迷いを振り切り、照井警視からの言葉を、前を向くしかないと言うの言葉を、ソウゴの言葉を思い出し、ついに覚醒!、再誕の瞬間である! カッシーンを下し、アクセルマキシマムドライブとともに必殺のタイムバーストを叩き込みます。 全ては終わったかに思えましたが…。 正直こいつのことを忘れていた!アナザーディエンドオオオオオオ!!海東大樹が終始変身しなかったのもこいつに奪われたからだ!アナザーディエンドに白ウォズが変身。 のパワーを奪い、救世主として君臨するのを目的にしてをに戻そうとしていたのだッ…! エネルギーを取られる前には海東によって助け出され、過去の記憶を見せられます。 全てを思い出し、リバイブウォッチをも取り戻した。 最後の、決戦です! とソウゴの元にやってきたのは、海東、そして…黒ウォズ!救世主として未来を切り開くため、その道を邪魔する白ウォズを倒すと宣言するの顔はもう、迷い戸惑っていた数日前の顔とは打って変わって凛々しく強い。 情熱と夢を取り戻したは、もう誰にも負けねええええ!!! 海東がかつてのジオウの世界で手に入れた素晴らしいお宝、白ウォズの未来パッド。 そこに書き込んだことは全て事実になる。 海東大樹の書いた事実は「四人のライダーが集結する」 書き込んだことによってとソウゴの手元にもライドウォッチとジクウドライバーが。 この歴史では初変身ですから、慣れない手つきで「あれ、どうなってんだ?」みたいな顔してぎこちなく変身するや「初めてなのにノリノリだな!」ってツッコミたくなるようなソウゴのテンション高めの変身 まあ、彼の場合は最高最善のグランドジオウに初っ端から変身することになってましたからね。 テンションも爆上がりだよなあ。 アナザーディエンドの送り込んだカッシーンをリバイブ、ウォズギンガファイナリー、グランドジオウ、の四人で各個撃破。 グランドジオウの召喚した「キングソード」「デンカメンソード」「ブラスターフォーム」「オーズ」「ダブルファングジョーカー」の連続コンボは熱かった!後でパンフ読んで気づきましたが、カイザ、アクセル、バースだから、ダブル、オーズと。 ここら辺こだわりが垣間見えていいシーンです。 カッシーンはこれを持って全滅。 は波に乗って「後はおまえだけだ」とアナザーディエンドにかかります。 が、アナザーディエンドの猛攻。 強烈な攻撃をくらい、変身解除に追い込まれます。 助け起こそうとするとソウゴを声圧で制し、闘志を振りかざして立ち上がる。 カッコイイシーンが目白押しでもうどれだけ惚れさせれば気が済むんだよってぐらい。 さあそして、マジェスティの登場と相成るわけです。 いよっ!待ってましたァ!その登場方法とは… 海東大樹がG3、ナイト、カイザ、、、、、イクサ、ディエンド、アクセル、バース、メテオ、ビースト、バロン、マッハ、スペクター、ブレイブ、クローズのカードをに投げると、全てが一箇所に融合しライドウォッチに。 …え!?海東さん変身できないとか言ってなかった!?やっぱ嘘ついてただけじゃないか、士の真似でもしたのか!?やっぱストーカーだな! まあマジェスティの美しさに比べれば瑣末な問題と言うやつですよ。 、変身! の再びの変身に焦ったアナザーディエンドがまず差し向けたのはアーク、・、恐竜グリード。 これも、ダブル、オーズの印象的な敵キャラですね。 これをゼロガッシャーやウイングランサーを使ったほぼ数発の攻撃で下し、アナザーディエンドとの戦闘。 ただもうほぼそのまま必殺キック!G3とかとか、ライダーキックしてなくないか?ってライダーもきっちりと共にライダーキック!アナザーディエンドは爆発する! アナザーディエンドに奪われたディエンドの力は海東大樹がその手で回収。 その後白ウォズ自身も黒ウォズに吸収され一体に。 ウォズは相変わらず凄まじい。 あ、海東大樹は去り際にに1発殴られて帰っていきました。 は卒業後の進路を決定。 …いやあ、まさかこう来るかって感じでしたが。 進路、救世主になる。 おじさんも流石に驚きを隠せずにいましたよ。 救世主と王様、マジかよ。 はこのまま医者になるのか?それとも…。 未来への希望を胸に、青空の下、公園の草むらをバックに三人がライドウォッチを掲げてエンディングッ! いやあ〜〜〜〜〜……………面んも白かったああああああああああぁぁぁ!!! エンドロールの後、ウール、オーラ、スウォルツの三人で進路指導室で不気味な雰囲気で笑ってたのはちょっとマジかってなりましたけどね。 まだまだ平成を終わらせる気がねえぞはよお!! ながなが書き綴ってしまいましたがほぼ全部話せたと思います。 皆さん各所の感想も聞きたいですね〜。 それではこんな所で終了としたいと思います!お疲れ様でした!ありがとうございました!よ、ジオウよ、永遠なれ! MadhatZERO.

次の