三菱ufj信託銀行 人事異動。 人事、三菱UFJ信託銀行(2) :日本経済新聞

上場ETF(管理会社:三菱UFJ信託銀行)に関する日々の開示事項<1540>E-三菱UFJ信託

三菱ufj信託銀行 人事異動

1977年4月 大蔵省入省• 1997年7月 同 関税局国際調査課長• 1999年4月 東京大学先端科学技術研究センター助教授• 2001年3月 東京大学先端経済工学研究センター教授• 2004年4月 国立大学法人 東京大学先端科学技術研究センター教授• 2014年6月 電源開発株式会社社外取締役• 2015年10月 国立大学法人 東京大学先端科学技術研究センター教授退職 電源開発株式会社社外取締役退任 ラトビア国駐箚特命全権大使• 2016年6月 東京大学名誉教授(現職)• 2019年1月 ラトビア国駐箚特命全権大使 退官• 2019年6月 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ社外取締役(現職) 当社社外取締役(現職)• 1984年4月 ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン・インコーポレイテッド入社• 1986年5月 シェアソン・リーマン・ブラザーズ証券株式会社入社• 1989年7月 マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・日本支社入社• 1999年7月 同社パートナー• 2007年7月 同社ディレクター(シニアパートナー)• 2013年7月 世界銀行グループ 多数国間投資保証機関長官CEO• 2019年10月 同退任• 2020年1月 コロンビア大学国際公共政策大学院 Adjunct Professor and Adjunct Senior Research Scholar(現職)• 2020年3月 AGC株式会社社外取締役(現職)• 2020年6月 当社社外取締役(現職)• 1977年9月 米国カリフォルニア州およびニューヨーク州弁護士登録• 1983年6月 同所パートナー• Inc. マネージング・ディレクター• 2014年6月 MUFGユニオンバンク社外取締役(現職)• 2017年2月 米州MUFGホールディングスコーポレーション社外取締役(現職)• 2017年6月 当社社外取締役(現職)• 2019年1月 TRU(UK)Asia Limited 社外取締役• 1980年4月 日本専売公社入社• 2001年7月 日本たばこ産業株式会社財務企画部長• 2004年6月 同社執行役員財務グループリーダー• 2004年7月 同社執行役員財務責任者• 2005年6月 同社取締役執行役員財務責任者• 2006年6月 同社取締役 JT International S. Executive Vice President and Deputy CEO• 2011年6月 日本たばこ産業株式会社代表取締役副社長• 2014年6月 株式会社リクルートホールディングス社外取締役• 2018年1月 日本たばこ産業株式会社取締役• 2018年3月 アサヒグループホールディングス株式会社社外取締役(現職)• 2018年6月 当社社外取締役(現職)• 2019年6月 第一生命ホールディングス株式会社社外取締役(現職)• 1977年11月 プライスウオーターハウス会計事務所入所• 1983年3月 公認会計士登録• 1991年7月 青山監査法人代表社員 PriceWaterhouseパートナー• 2000年4月 中央青山監査法人代表社員 PricewaterhouseCoopersパートナー• 2006年9月 あらた監査法人代表社員• 2013年6月 あらた監査法人退職 野村不動産ホールディングス株式会社社外監査役 野村不動産株式会社社外監査役• 2015年6月 当社社外取締役(現職) 野村不動産ホールディングス株式会社社外取締役 プルデンシャル・ホールディング・オブ・ジャパン株式会社社外監査役(現職)• 2019年6月 野村不動産株式会社社外取締役(現職)• 1986年4月 株式会社三和銀行入行• 2012年6月 株式会社三菱東京UFJ銀行執行役員 オペレーションサービス企画部長 当社執行役員 事務・システム企画部部付部長• 2014年6月 株式会社三菱東京UFJ銀行執行役員 リテール企画部長 当社執行役員 リテール企画部長• 2016年5月 株式会社三菱東京UFJ銀行常務執行役員 リテール部門副部門長並びに国際部門長補佐(海外リテール事業担当) 当社執行役員 リテール事業担当並びに国際事業本部長補佐(海外リテール事業)担当• 2017年5月 株式会社三菱東京UFJ銀行常務執行役員 CDO(経営情報統括部担当) 当社常務執行役員 グループCDO• 2019年4月 当社執行役常務 グループCAO兼監査部長• 2020年6月 当社取締役(現職)• 1974年4月 株式会社三菱銀行入行• 2001年6月 株式会社東京三菱銀行執行役員 営業第一本部営業第二部長• 2004年5月 同行執行役員 総合企画室長• 2004年7月 当社執行役員 経営政策部部付部長• 2005年5月 株式会社東京三菱銀行常務執行役員 総合企画室長• 2005年6月 当社取締役• 2006年1月 株式会社三菱東京UFJ銀行常務取締役 総務部・企画部・広報部の担当• 2008年10月 同行専務取締役• 2009年6月 当社常務執行役員 アライアンス戦略室担当• 2010年6月 当社取締役• 2010年10月 当社取締役副社長• 2012年4月 株式会社三菱UFJ銀行頭取 当社取締役• 2013年4月 当社取締役社長• 2015年6月 当社取締役 代表執行役社長 グループCEO• 2016年4月 株式会社三菱東京UFJ銀行取締役会長• 2019年4月 当社取締役 執行役会長(現職)• 1979年4月 株式会社三菱銀行入行• 2005年6月 株式会社東京三菱銀行執行役員 総合企画室長 当社執行役員 経営政策部部付部長• 2005年6月 株式会社東京三菱銀行執行役員 総合企画室長 当社執行役員 経営政策部部付部長• 2007年11月 株式会社東京三菱銀行執行役員 システム統合推進部長兼企画部部長• 2009年5月 株式会社三菱東京UFJ銀行常務執行役員 公共法人部・金融法人部担当• 2011年6月 株式会社三菱東京UFJ銀行常務取締役 コーポレートサービス長• 2013年5月 同行専務執行役員 国際部門副部門長• 2014年1月 株式会社三菱東京UFJ銀行専務執行役員 国際部門副部門長 当社常務執行役員 国際企画部(主にアユタヤプロジェクト)担当• 2015年10月 米州MUFGホールディングスコーポレーション会長 MUFGユニオンバンク会長• 2016年5月 株式会社三菱東京UFJ銀行副頭取執行役員 国際部門共同部門長(主に米州本部の担当)兼米州本部長 当社執行役専務 国際事業本部長並びに米州担当• 2016年6月 株式会社三菱東京UFJ銀行取締役副頭取• 2017年6月 株式会社三菱東京UFJ銀行(現・株式会社三菱UFJ銀行)取締役頭取執行役員(現職) 当社取締役 代表執行役副会長• 2019年4月 当社取締役 代表執行役社長• 2020年4月 当社取締役 代表執行役副会長(現職)• 1981年4月 株式会社三菱銀行入行• 2007年6月 株式会社三菱東京UFJ銀行執行役員 人事部長• 2009年5月 同行執行役員 企画部長 当社執行役員 経営企画部部付部長• 2011年5月 株式会社三菱東京UFJ銀行常務執行役員 営業第一本部長 当社常務執行役員 法人事業本部副本部長• 2012年6月 株式会社三菱東京UFJ銀行常務取締役 総務部・広報部・企画部の担当 当社取締役• 2014年6月 当社常務執行役員 企画担当• 2015年5月 株式会社三菱東京UFJ銀行 専務取締役• 2015年6月 当社執行役専務 グループCHRO• 2016年5月 株式会社三菱東京UFJ銀行取締役副頭取 法人部門長 当社執行役専務 法人事業本部長• 2018年4月 三菱UFJ証券ホールディングス株式会社取締役社長兼最高経営責任者(現職) 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社取締役社長兼最高経営責任者(現職) 当社代表執行役副会長• 2018年6月 当社取締役 代表執行役副会長(現職)• 1985年4月 三菱信託銀行株式会社入社• 2011年6月 三菱UFJ信託銀行株式会社執行役員 証券投資部長• 2013年6月 同社常務執行役員 経営企画部長 当社執行役員 経営企画部部付部長• 2015年6月 三菱UFJ信託銀行株式会社常務取締役 当社常務執行役員 グループDeputy CSO兼グループDeputy CFO• 2016年6月 三菱UFJ信託銀行株式会社取締役専務執行役員 市場国際部門長 当社常務執行役員 国際事業本部副本部長• 2018年7月 当社常務執行役員 市場事業本部副本部長並びにグループDeputy COO-I• 2019年4月 三菱UFJ信託銀行株式会社 取締役副社長執行役員 当社執行役専務 グループCHRO兼グループDeputy CDTO• 2020年4月 三菱UFJ信託銀行株式会社 取締役社長(現職) 当社代表執行役副会長• 2020年6月 当社取締役 代表執行役副会長(現職)• 1986年4月 株式会社三菱銀行入行• 2010年6月 株式会社三菱東京UFJ銀行執行役員 融資企画部長 当社執行役員 投融資企画部長• 2012年5月 株式会社三菱東京UFJ銀行執行役員 市場企画部長 当社執行役員 経営企画部部長• 2014年5月 株式会社三菱東京UFJ銀行常務執行役員 米州本部副本部長 当社常務執行役員 米州副担当• 2015年3月 株式会社三菱東京UFJ銀行常務執行役員 米州本部副本部長兼ニューヨーク支店長• 2016年5月 同行常務執行役員 CDO(経営情報室の担当) 当社常務執行役員 グループCDO並びに事務・システム企画部副担当• 2017年5月 株式会社三菱東京UFJ銀行 常務執行役員 CIO(システム本部の担当)兼CDTO(デジタル企画部の担当) 当社執行役常務 グループCIO兼グループCDTO• 2017年6月 株式会社三菱東京UFJ銀行 取締役常務執行役員• 2018年5月 株式会社三菱UFJ銀行 取締役専務執行役員 当社執行役専務• 2018年12月 Global Open Network株式会社代表取締役最高経営責任者• 2019年4月 株式会社三菱UFJ銀行 取締役副頭取執行役員 CDTO(デジタル企画部担当) 当社代表執行役副社長 グループCOO兼グループCDTO• 2019年6月 当社取締役 代表執行役副社長 グループCOO兼グループCDTO• 2020年4月 株式会社三菱UFJ銀行 取締役(現職) 当社取締役 代表執行役社長(現職) Global Open Network株式会社取締役会長(現職).

次の

人事、三菱UFJ銀行 :日本経済新聞

三菱ufj信託銀行 人事異動

普通銀行の業務範囲は基本的に「銀行の3大業務」にとどまりますが、信託銀行はそれにとどまらず幅広い業務に携わることができます。 「信託業務」とは、委託者が受託者に対してお金や土地、建物などの財産を移転させ、受託者が委託者の意に沿うようにその財産を運用することを指します。 信託銀行はここでいう受託者として、委託者である お客様の財産を運用することになります。 「併営業務」とは、 不動産関連業務、証券代行業務、遺言関連業務などを指します。 一通りの信託に関する用語は理解できるでしょう。 また、このように信託銀行は普通銀行よりも携われる事業の幅が広いため、通常の融資、社債発行、株式発行といった普通銀行が行える範囲内の通常の資金調達方法に加え、不動産の証券化といった信託銀行ならではの資金調達方法をお客様は享受できることになります。 一方、信託銀行で働く社員からすると、一つの会社内でも様々な領域の仕事に携われますし、また 提案の幅が広がる分お客様への提案方法が広がり様々なサービスを考案することができるということになります。 このような点が普通銀行と信託銀行が異なる点でしょう。 では、その違いを踏まえ、以下では信託銀行の業務内容について詳しく触れていきます。 ここでは三井住友信託銀行の新卒採用ページを参考にみていきましょう。 1 受託事業 受託事業は、企業年金制度の導入や設計の提案をしたり、国内外の機関投資家など法人のお客様を対象に資産運用・コンサルティングさらには企業が保有する有価証券の保管・決済を行います。 三井住友信託銀行においては、お客さまの資産を託され、それを運用する事業を指しており、その受託事業の中核を担っているのが、年金関連業務です。 公的年金とは別に、各企業では企業年金制度を持っている場合も多く、それが安心感や組織への帰属意識を高めるなど、従業員のモチベーションにも深く結びついています。 資産運用においても、近年は国内外の国債、社債、株式に加え、新興国株式、ヘッジファンド、不動産ファンド、プライベート・エクイティファンドなど、運用商品の組み合わせも多様化、高度化しています。 引用: 2 リテール事業 リテール事業は個人のお客様に向けて投資信託・個人ローンなどに関する資産運用の相談、コンサルティングや不動産・相続に関する相談・コンサルティングを行います。 預金、運用商品から、ローン、不動産、相続と、まさに資産運用・管理の全般に至るまで多岐にわたります。 多種多様なお客さまのニーズや不安に対して、専門知識を活かしてコンサルティングすることが、業務の柱となります。 三井住友信託銀行の個人トータルソリューション事業においては、お客さまからご相談いただいている、顕在化した課題のみを解決することだけでは不十分です。 お客さまのご相談内容から、潜在的な課題を見つけ、その課題に対しての解決策を提案することまで求められています。 引用: 3 不動産事業 不動産事業は、オフィスやマンションなどの不動産の価格交渉、引き渡しにおける仲介業務や不動産の証券化などの業務を行います。 お客さまとなるのは事業法人である大企業をはじめ、中小企業、金融法人、外資系企業など実に広範囲。 引用: 6 証券代行事業 証券代行事業は、株式発行会社の委託を受けて、株式名簿の管理・株主総会に関する事務・配当金支払いに関する事務を行うほか、会社法や株主総会対策等に関する法務コンサルティングの提供などを行います。 近年、企業経営においてより需要度が増している企業不動産の戦略的活用。 私たち不動産戦略営業部は、そのパートナーとして法人のお客さまの不動産の利活用に関する提案やコンサルテーションを行っています。 信託銀行の強みは売買や賃貸だけでなく、金融機関ならではの財務的観点を組み合わせることで、複合的かつ中長期的にお客さまのビジネスに貢献できること。 そのため担当者に求められる知識も多岐に亘ります。 不動産関連の税制、法律、財務や経営戦略まで多角的な視点からお客さまの不動産戦略を検証し、サポートしていきます。 多角的な視点から検証すると言っても、その道のりは平たんではありません。 結論にたどり着くまでにはチーム内でとことん議論します。 それは、アイデアのキャッチボールというよりも、各メンバーの持っている経験や知識、情報のぶつけ合いに近い感覚。 あらゆる可能性を徹底的に分析して初めて見えてくる課題もあります。 それぞれの強みを出し切った時、「これが当社の最適解だ」という提案が捻り出せるのです。 それほどまでに複雑で難解な問いだからこそ、常に「私たちは不動産を介してお客さまのビジネスに貢献するコンサルタントである」という自負を持つようにしています。 信託銀行の競合は一つではありません。 それぞれの業務において、異なる専門性を持った企業がライバルとなり得ます。 言い換えれば、それだけ信託銀行にはさまざまなプロフェッショナルが集っているということ。 不動産戦略を提案する上でも、この多様な専門性は強力な武器となります。 また、MUFGまで視野を広げれば、さらにたくさんの専門性を持った人々と協業し、大きな仕事を成し遂げていくことができるのです。 一人ひとりの強みをつないでお客さまとの関係を強固にしていく。 それは中長期的な視点で見れば自分が作った関係性を後輩たちに継承していくということでもあります。 自分の担当した案件でしっかりと貢献することで、お客さまとの強固な関係を次の世代に引き継いでいきたいと思っています。 引用: 今回紹介した社員によれば、 取引先の企業の課題をくまなく探し、その課題に対し信託銀行が持つ様々なソリューションを組み合わせて最適な解決策を提示することが信託銀行での働き方のようです。 こういったことを踏まえると、信託銀行で働くうえでは顧客のニーズを的確に把握し解決策を提示することに加え、信託銀行の 幅広い商品を組み合わせて解決策を考案するために自社内の各部署と連携し、目標や目標達成のための必要事項を共有することが必要になってきます。 また、顧客の課題やニーズに対する解決策を提示する前提として、自らが 自社の商品や財務・経理に関する知識を相当に深く身につけることも求められるでしょう。 以上のことを踏まえると「1. 個人として努力し、成果をあげることができる」「2. 関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことができる」「3. リーダーシップを発揮し、周囲の人と目標を共有し達成することができる」資質が信託銀行で働くうえで求められると言えるでしょう。 各社の社風について 以下では、各社の社風について触れていきたいと思います。 三菱UFJ信託銀行:お客様に対して徹底的に誠実に向き合う会社 運用は終わりも正解もない仕事ですが、私には「お客さまに付加価値を提供する」という確固たる目的があります。 付加価値を提供するためには多岐に亘る知識が必要で、株式市場の動きや仕組み、運用に用いるモデル、ファイナンスや統計学等の理論の理解も求められます。 私は当社の大学院派遣制度を利用して修士課程を修了しましたが、日々運用の現場で働いているからこそ「この理論をどうお客さまのために活かせるか」という視点で学んできました。 身につけた知識を活かし、今後もお客さまに付加価値を提供する力を身につけていきたいと思っています。 引用: 三菱UFJ信託銀行は 非常にお客様志向が強い社風のようです。 上に紹介した社員によれば、何がお客様にとってベストなのかを模索する点で目標が皆で共有されており、その目標を達成するために活発な議論が交わされるようです。 議論が盛んにおこなわれる分それだけアグレッシブで強い思いを持った社員も多い印象を受けます。 三井住友信託銀行:女性が働きやすく、一人ひとりがキャリアビジョンを持つ会社 「現在、育児と仕事を両立されていますよね。 本音のところで、実際にはどんな日々なのですか。 」 「もちろん大変なことはたくさんありますよ。 子どもは急に熱も出すし、予定通りにいかないことも多いですから。 私は、店頭営業の責任者と兼任して「投資コンサルティング責任者」という仕事もしています。 重要なポジションを担いながらも、ひとりの人間としてのワークライフバランスを大切にしていくこと。 それも、私の目標のひとつです。 当社にはたくさんの制度が整っていますし、周囲の社員の理解も進んでいるので心配はいらないと思います。 現在担当している支店の業務は営業時間が決まっているし出張も少ないので、子育て中の身としては助かる部分は多いです。 ただ、子どもがもう少し大きくなったら、別の事業にチャレンジしたい気持ちもあります。 幅広さがこの会社の魅力ですからね、これから関心が出てくる業務だってあるかもしれません。 」 引用: 法務、税務など専門的な知識や経験が問われる場面が少なくありません。 証券代行に異動して日の浅い私にとって、そこが難しく感じるところですが、半面、知識を吸収するほどに、これまではっきりとは見えていなかった世界が見えてくる面白さがあります。 今後さらに知識と経験を重ね、証券代行のエキスパートになるとともに、将来的にはキャリアの幅を広げ、プライベートバンキング業務など人のライフイベントにより深く広く関われる仕事に挑戦できればと考えています。 引用: ここでは、女性社員の対談と09年入社の社員の方の声を基に、三井住友信託銀行の社風をあげていきたいと思います。 女性社員の対談では、女性にとって大きな関心事である「育児」と「仕事」の両立について書かれています。 社員の約半数が女性という事もあり、女性の働きやすさには力を入れているようです。 対談の中にも出て来るように、仕事と育児の両立支援制度が多くあり、信託銀行で初の女性支店長の誕生といった歴史からも、それが伺えると思います。 面接では志望動機や学生時代頑張ったことなどの基本事項が聞かれます。 信託銀行は業務内容の幅が広い分特殊な業界であり、 しっかりと業界研究をしないと志望動機が組めないためOB訪問や説明会への参加を重ね信託銀行の業務内容について深く理解しておく必要がありそうです。 面接では「入ってから具体的にやってみたいことは何か」と聞かれることも十分想定されるため、業界・企業研究は重要だといえます。 参考: 最後に いかがだったでしょうか? 信託銀行は事業内容の幅が広い分何をしているか分かりにくい部分があると思いますが、その分 携われる事業の幅が広いことが魅力でもあると思います。 事業内容をしっかり把握していることが信託銀行では特に重要だと思うので、 説明会やOB訪問などを積極的に利用して情報を収集することが大切でしょう。 社風としては、三菱UFJ信託銀行ではお客様志向が強く、だからこそ活発な議論が重ねられているようです。 一方、三井住友信託銀行では、仕事に対して緊張感を持ちつつも、明るく風通しの良い雰囲気のようです。 そういった点もぜひ参考にしてみてください。 ちなみにunistyleではメガバンクを研究した記事も作成しているので、ぜひこちらもご覧ください。

次の

募集概要

三菱ufj信託銀行 人事異動

略称 MUFG、三菱UFJ 本社所在地 〒100-8330 二丁目7番1号 設立 (13年) (株式会社三菱東京フィナンシャル・グループ) 事業内容 傘下子会社およびグループの経営管理、ならびにそれに付帯する業務 代表者 (取締役代表執行役社長グループCEO) 資本金 2兆1,415億1,300万円 発行済株式総数 136億6. 777万520株 売上高 連結:6兆6,974億200万円 (2019年3月期) 営業利益 連結:1兆785億8,200万円 (2019年3月期) 純利益 連結:8,726億8,900万円 (2019年3月期) 純資産 連結:17兆2,616億7,700万円 単独:8兆4,099億7,600万円 (2019年3月期) 総資産 連結:311兆1,389億300万円 単独:17兆3,927億4,600万円 (2019年3月期) 従業員数 連結:119,390人 単独:2,394人 決算期 毎年3月31日 主要株主 (信託口):6. 臨時従業員を含まない。 臨時従業員を含まない。 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc. 、略称: MUFG)は、日本のであり、の構成銘柄の一つである。 また、子会社ので構成する企業集団も「三菱UFJフィナンシャル・グループ」(略称「MUFG」)と称する。 上場銘柄としての略称は、「三菱UFJ」を使用している。 現在、三菱UFJフィナンシャル・グループは、、、、など主要中核5社を中心とした「総合金融グループ」であり、金融事業をしている。 概要 [ ] に株式会社(現:株式会社三菱UFJ銀行)、三菱信託銀行株式会社(現:三菱UFJ信託銀行株式会社)及び日本信託銀行株式会社(2001年に三菱信託銀行株式会社にされ消滅)がし、株式会社として設立。 10月1日に株式会社(登記上は株式会社ユーエフジェイホールディングス)を吸収合併し、現在の商号に変更した。 は「MUFGレッド」。 グループスローガンは「Quality for You」(確かなクオリティを、明日へ。 世界へ。 )である。 傘下の三菱UFJ銀行は、などを取引先に擁する。 前身の旧、旧、旧はそれぞれ、圏、圏の三大都市圏を地盤としている。 旧の流れを汲み、国際業務でも優位性をもつ。 また国外にの地銀を子会社としているほか、を傘下に置いているのも特徴的である。 2015年3月期決算では、国内銀行グループにおいて初のが1兆円を超えた。 また同6月25日付でに移行した。 発足の経緯 [ ] 三菱東京フィナンシャル・グループ(以下「MTFG」)とUFJホールディングス(以下「UFJHD」)が合併及びグループ経営統合に至った背景は、UFJ側、特にの不良債権が膨らみ、健全な経営姿勢が困難になったことが挙げられる。 そこでUFJHDは、傘下の株式会社を一旦2004年6月に株式会社(以下「住信」)に売却する方針を発表したが、2004年7月にUFJHDは一転し、MTFGとの経営統合方針を明らかにした。 これにより、住信はにMTFGとUFJHDの統合を禁止する仮処分の申請を行った。 、東京地方裁判所は住信の申請を認めたものの(UFJHDが申し立てた異議も却下)、、はUFJHDの抗告を認め住信の申請を退けた。 これにより翌12日、経営統合に関する基本合意を発表した。 住信は8月11日にを行ったがは東京高裁の決定は妥当としてこの申請を退ける決定がなされた。 住信はUFJHDへの請求に切り替えて控訴したが、に東京高等裁判所の提案による住信に対して25億円の和解金を支払う事でが成立した。 2005年に正式に2005年10月1日付での合併が決定し、グループの名称を「三菱UFJフィナンシャル・グループ」とすること、合併に際しUFJHD1株に対しMTFG0. 62株を割り当てることが発表された。 グループ企業も、一部を除いて旧MTFG側を吸収合併存続会社とし持株会社と同一期日に合併する方針が採られたが、普通銀行の東京三菱銀行とUFJ銀行については合併に伴う大規模なシステム障害を懸念するの勧告を受けて、ネット証券のとの合併についてはカブドットコム証券が株式を上場したばかりで対処が遅れた為、共に2006年に変更された。 リースとカード・信販はそれぞれに合併し 、であるの改編も進められた。 主なグループ企業 [ ]• 三菱UFJ銀行• (の銀行で当行の完全子会社。 当行の現地支店を統合し、当行の在タイ法人としても機能している。 (の準大手銀行。 現在は、)• ()(の中堅銀行)• ()(の大手銀行)• (の準大手行。 当行の現地支店を統合し、連結子会社化)• (ネット専業銀行)• (三菱UFJ銀行適用関連会社。 愛知県の旧東海系第二地銀。 ・一部) その他にも、グループではないものの三菱UFJ銀行が筆頭株主となっている(なっていた)銀行がある。 三菱UFJ信託銀行• (カンボジアのマイクロファイナンス)• 三菱UFJ証券ホールディングス(MUSHD。 初代三菱UFJ証券を化したもの)• (MUMSS。 リテールをメインとする、MUSHDとの合弁会社。 初代三菱UFJ証券(現・三菱UFJ証券HD)の受け皿だった、2代目三菱UFJ証券より改称)• (MSMS。 ホールセール専業証券である、MUFGとモルガン・スタンレーの合弁会社)• (業務主体の証券会社。 auカブコム証券(ネット専業証券。 MUSHDの子会社であり、BTMUも第2位株主。 かつてはBTMUが4割超を保有する筆頭株主、MUSHDが1割程度を保有する第2位株主であったが2015年4月に資本異動が行われた。 東証一部)• (ニューヨーク証券取引所に上場する米国金融大手。 2011年7月以降、持分法適用会社となっている。 (三菱UFJフィナンシャル・グループの適用関連会社、東証・名証各一部)• 三菱アセット・ブレインズ• 三菱UFJトラスト投資工学研究所• 持分法適用関連会社)• エム・ユー・ビジネス・エンジニアリング• 資産管理• 資産運用• MU投資顧問• ベンチャーキャピタル• 三菱UFJキャピタル• ウェルスマネジメント• 三菱UFJウェルスマネジメント証券• 三菱UFJ個人財務アドバイザーズ• 三菱UFJファクター• 証券代行• 日本シェアホルダーサービス• 銀行業務代行• 三菱UFJフィナンシャルパートナーズ• 外貨両替• (持分法適用関連会社、東証一部)• 三菱UFJニコス• (持分法適用関連会社、東証一部・)• (旧東京銀行系のため、に加盟)• 三菱UFJ信託奨学財団• 公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団• 公益財団法人三菱UFJ信託芸術文化財団• 公益財団法人三菱UFJ国際財団• 公益財団法人三菱経済研究所• 公益財団法人三菱財団• 公益財団法人 親密銀行 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年4月)• 製造業 、、、、、、、、、、、、、、• 商業 、、、、、、、• 運輸 、、、、、• 情報・通信 、、• に30億ドル、で60億ドルで出資をすることで一旦合意をしていたが、にモルガン・スタンレーの株価が急落し、当初の合意通りではMUFG側に多額の損失が生じる可能性があったため、再検討の結果全額優先株となった。 また三菱UFJ証券とモルガン・スタンレー証券(日本法人)の統合 、モルガン・スタンレーへの取締役の派遣 など、徐々に具体的な協業体制の構築が始まりつつある。 脚注 [ ] [] 注 [ ]• ただし、旧系の、は2015年2月現在でも統合されずに存続している。 出典 [ ]• - 三菱UFJフィナンシャル・グループ 2020年2月閲覧• - 三菱UFJフィナンシャル・グループ 2020年2月閲覧• - 三菱UFJフィナンシャル・グループ• 朝日新聞. 2015年4月28日. の2015年7月26日時点におけるアーカイブ。 共同通信. 2015年5月15日. の2015年5月18日時点におけるアーカイブ。 2015年6月26日閲覧。 日本経済新聞. 2015年6月25日. 2015年6月26日閲覧。 日本経済新聞. 2012年9月27日. 2015年6月26日閲覧。 , カブドットコム証券プレスリリース(), 2016年1月6日閲覧• ( 2019年2月2日確認)• (ウォール・ストリート・ジャーナル 2019年1月6日08:49配信) 配信日に確認• 20頁~21頁( 2018年6月公表)2019年2月1日確認• , 三菱UFJフィナンシャル・グループ プレスリリース(), 閲覧• (2009年5月11日)• (2009年5月13日)• (2009年6月3日)• (2009年3月26日)• (2009年3月11日) 関連項目 [ ]• (旧東京三菱銀行系列)• (旧UFJ銀行系列)• (三菱UFJフィナンシャル・グループ提供の番組)• 2015年現在、1部に所属。 - 三和銀行時代から現在に至るまで毎月1日、題字隣の広告欄に出稿している。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 100. 万科企業• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の