刈 払機 講習。 刈払機取扱作業者教育のWEB講座|CECC

刈払機取扱作業者教育のWEB講座|CECC

刈 払機 講習

刈払機は外観の構造により• Uハンドル肩掛け式• ツーグリップ肩掛け式• 背負い式 の3種類に分類することができます。 一般的には、Uハンドル肩掛け式がよく使われていますので、この構造を簡単に説明します。 Uハンドル肩掛け式刈払機は、エンジン、メインパイプ、刈刃から構成されており、操作するときはメインパイプに固定されたUハンドルを握り、左右に動かして草刈作業を行います。 また、ハンドルにはスロットルレバーが取り付けられており、これを調整することでエンジン回転を上げたり下げたりすることができます。 刈刃は非常に高速で回転するため、刈払機による作業中の事故が多く発生しています。 安全のため、右から左へ振るように草を刈り、右へ戻すときには刈らないようにします。 これは、高速回転している刃の右側が固い草や木に接触したとき、回転力により発生するキックバック事故を避けるためです。 刈払機の安全装置としては、飛散防護カバー、緊急離脱装置、停止スイッチなどがあります。 しかし、飛散防護カバーを外したままで刈払作業を行なう作業者が多く、事故を招く原因となっています。 これは、刈った雑草がパイプとカバーの間に挟まり、取り除く手間が増えることを嫌がるためですが、ちょっとした手間を惜しんで災害を招いては何ための防護カバーでしょうか。 防護カバーを正しく装着して草刈作業をするように習慣付けましょう。 また草刈作業の際には、飛来物から目を守るため保護めがねを使用しなければなりません。 更には排気ガスを吸わないようマスクを使用し、耳栓を使用することが重要です。 しかし暑い夏の作業では、保護めがねやマスクを使用しないで作業しているケースがありますが、安全に作業を進めるためにも、保護具を正しく装着するようにしましょう。 刈払機の操作資格 労働安全衛生法では、刈払機を操作する際の資格として「事業者が労働者に刈払機を使用させる際には、刈払機取扱い作業者の安全衛生教育を受講させること」と規定されています。 キャタピラー教習所では、刈払機の作業方法とメンテナンスを正しく理解していただくお手伝いとして、刈払機取扱い作業者安全衛生教育定期的に実施しています。 講習名 受講時間 日数 刈払機取扱い作業者安全衛生教育 6時間 1日 011-795-7022 017-737-3722 0223-29-3911 048-572-1177 04-7133-2126 相模教習センター 神奈川県 054-641-7010 0532-65-5151 0567-66-0151 025-232-7611 076-258-2302 072-641-1121 0725-56-6373 073-455-3377 0794-67-2211 086-272-0001 0829-34-3011 知っていますか?シリーズ:タイトル 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22.

次の

刈払機のメンテナンス方法

刈 払機 講習

地域・講習・人数に合わせてすぐに予約可能 講習概要 刈払機は山林だけでなく道路、河川、田畑、公園、工場敷地などの幅広い場所で使用されていますが、取扱い方法を間違えたり、点検や整備不足などから事故を引き起こし、最悪の場合は死亡災害に至ったケースもあります。 こうしたことから、各種作業における刈払機の使用にあたって作業者の安全を確保するため、事業者に『チェーンソーによる伐木造材作業等の特別教育』に準じた教育を実施するよう、厚生労働省より通達文書が出されています。 「」 これは事業者が刈払機の取扱作業者に対して、安全衛生に関する知識を習得させるように、安全衛生教育の実施を求めているものです。 当協会では、この通達に基づく安全衛生教育を実施しています。 対象者(業務) 業務として刈払機を使用する作業に従事する者 教育の内容 <学科> 刈払機に関する知識 1. 0時間 刈払機を使用する作業に関する知識 1. 0時間 刈払機の点検及び整備に関する知識 0. 5時間 振動障害及びその予防に関する知識 2. 0時間 関係法令 0. 5時間 (学科計 5時間) <実技> 刈払機の作業等 1時間 (学科実技合計 6時間) 受講料金 教材費・消費税込 9,500円 よくあるご質問 当講習に関する「よくある質問」をまとめましたので、も合わせてご確認ください。 講習スケジュール.

次の

刈払機取扱作業者安全衛生教育

刈 払機 講習

刈払機(草刈機)の正しい使用方法、点検・整備の必要性等の安全知識や、正しい取り扱い方法を学びます。 刈払機(草刈機)は除草作業において広く使用されておりますが、取扱の不慣れ、姿勢の悪さによる転倒、刈刃の跳ね返りなどにより刈刃に接触する重篤な災害が毎年多数発生しております。 刈払機による災害発生状況をみると、被災者が安全作業に必要な基本知識や正しい使用方法を理解していないことが大きな要因となっております。 また、長時間の使用は振動障害の発生につながる恐れもありま。 当協会では刈払機を安全に取り扱うための知識や操作方法等について、厚生労働省通達(基発第66号、平成12年2月16日付)に則した講習会を実施いたします。 【振込先】 福岡銀行 井尻支店 普通 209671 一般社団法人 福岡経営者労働福祉協会• (申込書原本は事前にご郵送下さい。 FAXでの予約も可能です。 FAX:092-555-5870)• 一般社団法人 福岡経営者労働福祉協会 〒815-0032 福岡市南区塩原4-13-10 TEL:092-555-5822 FAX:092-555-5870 刈払機(草刈機)取扱作業者安全衛生教育 カリキュラム(予定) 日付 講習科目 時間 1日講習(学科・実技) 開校式 08:50~09:00 刈払機に関する知識 09:00~10:00 6 刈払機を使用する作業に関する知識 09:30~11:05 刈払機の点検及び整備に関する知識 11:05~11:35 振動障害及びその予防に関する知識 11:35~12:05 昼食 振動障害及びその予防に関する知識 12:50~14:25 関係法令 14:25~14:55 実技:刈払機の作業等 15:00~16:00 閉校式(修了証交付).

次の