ライオンキング 名言 英語。 【turn one's back on】の英語表現・【I'm here to】の復習フレーズ:「ライオンキング」で英会話

ライオンキング

ライオンキング 名言 英語

概要 [ ] 1994年に公開されたの長編アニメーション映画『』のキャラクター、の ティモンとの プンバァが主役のスピンオフ作品。 内容は基本的に一話完結式で、ティモンとプンバァの2人が世界中を旅行し、行く先々で騒動に巻き込まれるというもの。 映画とのつながりははっきりしていないが、時々「ライオン・キング」のキャラクターが登場し、稀にそのキャラクターがメインの番外編も存在する。 を実施。 ティモンの声は黄色、プンバァの声は水色、その他のキャラクターの声は白で表示される。 彼らの合い言葉である「ハクナ・マタタ」とは、「悩まずに生きること」という意味である。 虫が大好物で、世界中の虫を食べ歩いている(ただしは大嫌い)。 魚は大の苦手だが、を虫の卵だと勘違いして賞味した事がある。 元々は大勢のミーアキャットの仲間と暮らしつつ、コロニーで裏門の警備を勤めていた。 しかし、恋心を寄せていた大公の娘・タチアナに仕事を放棄して告白に行った事が、一匹のヘビにコロニーへの侵入を許してしまう。 コロニー内は大混乱となり、おまけにタチアナはヘビに連れ去られてしまい、ティモンは罰としてコロニーを追放されてしまう。 その後、プンバァと出会い、一緒に放浪するようになる。 『ライオン・キング』シリーズに比べ、悪い面がより強調されており、プライドが高いが小心者でせっかちで利益のためなら何でもする性格だが、友情には厚い面も持っている。 プンバァとは「大大大親友」だが、体が小さいのがコンプレックスで彼よりも上に見られたいと思っている。 余計なことを言って事態を悪化させることが多く 、大抵のアイデアも失敗に終わるがプンバァと協力して切り抜けている。 くだらないジョークを言うのが好き。 青いを持ち歩いており、あからさまにスーツケースのサイズより大きいものでものように大概は入る。 中には異常な量の雑多なもの(中にはなどかなり物騒なものも入っている)が詰め込まれているが、一度「南極みやげの氷の塊」しか入っていなかったことがある。 子ミーアキャット協会から成人するように連絡が来たことがあり、未成年の可能性がある。 プンバァのことを酷く罵倒したり見捨たりすることもあるが、最後には仲直りする。 回によっては喧嘩して終わるバッドエンドの回もある。 ティモンと同じく虫が大好物。 元々はイボイノシシの仲間と暮らしていたが、強烈な体臭が原因で追い出されてしまう。 その後、ティモンと出会い、一緒に放浪するようになる。 優しく真面目な性格のいわゆる「バカ正直」で、それ故に言わなくても良いことを言って事態を悪化させることもしばしばあるが、結果的に助かることが多い。 お人好しでかなりの臆病でもあるが、怒ると怖い。 陽気で食いしん坊で、少し間が抜けている(頭のコンセントが抜けているらしい)。 ティモンよりも常識があり、頭も良いが本人はティモンの方が頭が良いと思っている。 一方でティモン同様見栄っ張りで後先考えず行動することもある。 ティモンとは「大大大親友」で、ティモンの事を大切に思っている。 彼の体臭にはティモンも苦労している。 家族には従兄弟のミルドレッド(名前のみ登場)と、アーニーおじさん(夢の中にのみ登場)と、ボリスおじさんがいる。 他の家族の事はあまり分かっていない。 子イボイノシシ協会から成人するように連絡が来たことがあり、未成年の可能性がある。 サブキャラクター [ ] クイント 声 - / 大きな赤い鼻と顎が特徴で筋肉が自慢のの大男。 なぜかティモンとプンバァを敵視しており、2人が訪れた先に現れては悪事を働くが大抵失敗に終わる。 『ティモンは勇敢な闘牛士』では、カルロス(兄)とコンシエロ(弟)という双子の兄弟として登場している。 スピーディ 声 - コーリー・バートン/ 歌が上手い。 非常に珍しい個体らしく、行く先々で狙われてしまう。 一度ティモンとプンバァに捕まり食べられそうになったが、すぐに友人となる。 「スピーディ」の名前はその際にティモンが名付けた。 その正体は、世界中で大人気の「スーパーヒーローX」なのだが、秘密にしている。 彼が登場する話のラストでは、ティモン達と別れた直後に鳥にさらわれ、それを2人が追いかけるというのがお約束となっている。 フレッド 声 - / ティモンの古くからの「大大親友」である金髪で赤鼻のミーアキャット。 様々ないたずらを仕掛けるのが大好きだが、自分が面白ければ友達を痛め付けても構わないと考えるなど悪趣味な性格。 『本当の友達はだれ?』でティモンと久々に再会してからプンバァとも仲良くなるが、「ティモンを恐がらせてやれ」という命令にプンバァが応じなかったため、腹癒せに2人を仲間割れさせようと企む。 しかし、2人のどんでん返しによって、結果的に自らが仕掛けた落とし穴に落とされてしまった。 その後もティモン・プンバァの前に現れては悪戯を仕掛けるが彼らから仕打ちを受けるという役回りとして登場する。 クマさん 声 - / 大柄で凶暴な。 度々ティモンとプンバァの前に現れる非常に恐ろしい存在ではた迷惑な人物。 非常に気が短いが親切な一面も見せる。 を嫌っているらしい。 原住民 声 - 初登場時は「ボラボラ島」という島の原住民だったが、以降南の島が舞台になる時など頻繁に登場する。 ノッポ・デブ・チビの3人組と二頭身で「ンガラ、ンガラ」と言う王様の4人(王様は登場しない時もある)。 プンバァを神として崇めたり、怪物の魔力の源である金の歯を持っていたりする。 実は王様が主催の「ふるさと体験ツアー」に参加したであり、3人組は仕事に失敗するたび王様に杖で殴られ、嫌になって辞めてしまう(衣装を脱ぐとそれまで約四頭身だったのが突然六頭身になる)。 警官 毎回2人1組で登場する。 厳格な警備態勢でならず者を取り締まっており、ティモンとプンバァもしばしば彼らの厄介になっている。 アーウィン 声 - /。 当の本人は悪気こそないが、何かをする為に騒動を引き起こすいわゆるで、周囲の人たちは彼と会う度に散々な目に遭っている。 その為、初めは仲良くし、プンバァも悪気がないから許してやろうとしたがあまりの災難続きに二人は彼を避けるようになった。 「ライオン・キング」のキャラクター [ ] シンバ 声 - / 『ライオンキング』の主人公でティモン、プンバァとは古くからの友達。 本作では成長後の姿のみの登場。 プライドランドの王に即位している。 頼もしく勇敢だが、原作とは違って天然ボケな一面がある。 しかし、ライオンとしての本能は本物で、どんな強敵でも雄叫びで追い払ったことがある。 『地球まるかじりの旅』にはぬいぐるみが登場。 ザズー 声 - / アフリカのジャングルを管理している。 彼が主役となることもあるが、損な目にばかり遭う。 しかし、ラフィキの励ましによって立ち直り、ゴーファーを説得したことがある。 ゴーファー 声 - ジム・カミングス/ 『くまのプーさん』に登場するキャラ。 ザズーのアシスタントをしている。 かなりぐうたらしていて、ザズー曰く「役に立たない駄目アシスタント」。 彼の部屋はいつも散らかっている。 ラフィキ 声 - ロバート・ジローム/ 魔法の杖を所持しているが、魔法が成功する事は少ない。 ザズーと同様主役となるエピソードもあるが、正確には彼以外に実質的主役となるゲストキャラクターを諭す役回りである。 落ち込む相手を励ます一面がある。 『地球まるかじりの旅』にはぬいぐるみが登場。 ティモンとプンバァに「ハクナ・マタタ」を教えたのも彼である。 シェンジ・バンザイ・エド 声 - /(シェンジ)、/(バンザイ)、ジム・カミングス/原語版流用(エド) 「ライオン・キング」でスカーを殺害して以来、ジャングルを徘徊しているトリオ。 メスのハイエナがリーダーのシェンジ、短気な性格をしているのがオスのバンザイ、いつも笑っているのがエド。 常に腹をすかせており獲物を探し回っている。 狩りなどで獲物をめぐって喧嘩したりするトラブルメーカーだが、なんと言っても仲が良い。 ザズーやラフィキと同様、彼らが主役のエピソードもある。 満載トリオのような会話をしていて、シェンジは自分たちより強い相手に対して礼儀正しく、バレエ練習をするなど純粋な女の子っぽい一面があるお色気女王様系のツッコミ担当、バンザイはジャズが好きで歌が上手いが、ドジや振り回される側が多いコメディリーフ、エドはオモチャが大好きな子供っぽく強度のボケ担当。 その他のキャラクター [ ] グライド 声 - /江原正士 ゴーグルと赤いマフラーをしたオスの。 陽気に空を飛んでいた所をティモンに捕えられる。 その後、彼に恋心を寄せていたパイパーと駆け落ちする。 パイパー 声 - / グライドに片思いしていた、大柄で気の強いメスのムササビ。 彼とディナーを楽しむ為にティモン達に彼を捕まえさせる。 その交換条件として、ティモンらが狙っていたを捕まえる事になっていたが、グライドと相思相愛になったドサクサに行方をくらましてしまし、二人との約束をすっぽかした。 『地球まるかじりの旅』にはぬいぐるみが登場。 エルトーロ 声 - /玄田哲章 スペイン一勇敢な雄牛としてその名を轟かす。 クイント兄弟が野生の雄牛と間違えて捕獲したプンバァにその座を取って代わられお祓い箱にされるも、肉体改造を経て闘牛場「トロス広場」でに変装したティモンに襲いかかる。 優勢と思われたが、咄嗟にを踊る作戦に出たティモン達にペースを崩されてしまい、形勢を逆転され敗北に終わった。 ボリス 声 - / プンバァのおじで、のロイヤルバレエ団のトップダンサー。 体色は薄緑色。 趣味にのコレクションがあるがティモンにほとんど食べられた。 が傷んできた事で引退を考えていたが、ティモンが床にばらまいたキャビアとスーツケースに入れていたが階段にばらまいた荷物に足を滑らせた勢いで最上階から激しく転落したことが原因で最後の公演前に大怪我を負ってしまい、プンバァを代役に抜擢する。 2人の努力も虚しく公演は失敗に終わるかと思いきや、急遽舞台に現れダンスを披露し拍手喝采を浴びる。 しかし、実はまだ完治していなかった為、無理が祟って体がバラバラに砕け散ってしまった。 名前しか登場しなかったミルドレッドは、彼の子の可能性がある。 モンティ 声 - /三ツ矢雄二 ティモンと風貌の似た色黒のミーアキャット。 ティモンと絶交したプンバァと偶然出会い、新しい「大大親友」になる。 一人称は「僕」。 性格はティモンとは逆で、歩くのが好きで礼儀正しいが虫が大の苦手(彼曰く主食はフルーツや豆製品)。 実はバンプゥの親友で、経緯は不明だが何らかの理由で別行動していたらしい。 バンプゥ 声 - /小林アトム プンバァと風貌の似た紺色のイボイノシシ。 プンバァと絶交したティモンが出会い、新しい「大大親友」になる。 性格はプンバァと異なり素っ気無い所があり、屁の話はしない。 実はモンティの親友でバンプゥは久しぶりの再会を果たし、そのまま、どこかに行った。 一度は喧嘩別れしたティモンとプンバァも彼らの印象が悪かった事もあって無事に仲直りした。 紫でおネエ口調で頭が禿げているのがラルフ、赤くて髪を生やしているのがエディ。 ラルフは頭脳派だが、エディは間抜けでラルフに殴られている。 最後はティモンとプンバァに仕返しで騙され返され、に追い回される羽目になった。 ジュニア 声 - / 卵から生まれたの子供。 プンバァをで母親だと思い、ティモンを「叔父さん」と呼ぶ。 プンバァはわが子のように育てるも、振り回されたティモンから「あの子は俺たちと種類が違うから、俺たちには育てられない。 あの子はあの子の親に育ててもらった方がいい」と言われ、そのショックで家出する。 その後、プンバァと罪悪感を抱いたティモンが探しているとメスのワニと出会い駆け落ちしていたことが判明し、それを見たティモン達は本当の親に返すことにした(ニワトリだが)。 テッド 声 - / ティモンとプンバァをオアシスから追い出し、そこを占領して「クラブ・テッド」を建築した、意地悪な達。 ティモンとプンバァを厄介払いさせるために、ライオンに鈴やスーツを着せたりなど無理難題を押しつけるが、正体がバレて叩きのめされ、二人がライオンに告げ口したことで元凶として彼らも叩きのめされた。 ライオン 声 - / 残酷岩に住む凶暴な。 一見紳士的に見え、サンタクロースを信じている。 テッドに無理難題を押し付けたティモンとプンバァに度々付きまとわれた為に叩きのめすが、全ての犯人がテッドだと知り、彼らを叩きのめした。 ウサギ 声 - / の底なし沼に飲み込まれかけていたピンク色のウサギ。 偶然通りかかったティモン達に助けられ、その恩返しをしようと彼らに付きまとうが、その厚かましい性格をティモン達に鬱陶しがられていた。 その後『ティモンは大スター?』で再登場。 タレント・コンテストにとして出場するべくティモンとプンバァをパートナーとして勧誘する。 かつての恩着せがましい気質から一転、強欲且つ狡猾な性格へ変貌しており、当初パートナーに入れる予定でなかったプンバァを邪魔に感じていたため、彼らに嘘を吹き込み決別させる事で半ば強引にティモンを相方として引き入れる。 コンテスト本番直前にプンバァの報復を受け、登壇を阻止されたばかりか全身の毛皮を剥ぎ取られ主役の座諸共プンバァに乗っ取られてしまった。 チーター達 を狩ろうとしていたのコンビ。 シェンジとバンザイとエドに狩りを阻害され、厄介払いしようとしたが、失敗ばかりで、存在を冗談で示唆したを競いながら追いかけた。 途中で見かけたティモンとプンバァを餌にしようとしたが、「ブタ」とプンバァに対して呼び捨てした為、激怒した彼に襲われてティモンとプンバァにひどい目にあわされる羽目になった。 サイモン サーカス団の見習い団員。 まだ未熟で落ち込むことがあるが、いつも父親に励まされている。 ハイエナトリオに食べられかけるが、手品で足止めしてなんとか父親の元に帰れた。 サイモンのパパ サーカス団の団員でサイモンの父親。 寝てばかりのぶっきらぼうだが、失敗ばかりの息子のサイモンを最愛して「いつかリングのスポットライトを浴びる日が来る」と慰める。 アリクイ ティモンが捕まえた「世界一美味しい」と言われる虫『グルメタス・ヨダレダス』を横取りした青色の。 ティモンとプンバァを口説き2人に虫捕り競争をさせるが、実際は自身が独り占めするための口実であり、彼らが苦労して捕まえた大量の虫を食べ尽くしてしまう。 その結果、怒り狂ったティモンらにで轢き潰され、食べた虫を全て吐き出させられた。 飲み込んだ虫の総数を即時に数える特技を持つ。 のダン 鳥籠の牢屋に拘禁されていた犯罪者。 嘘が上手くティモンを幾度となく騙しては脱獄させており、ハゲワシ警官らの怒りを買う。 大公 声 - /緒方賢一 ミーアキャットのコロニーを統括する大公。 裏門警備に当たっていたティモンの職務放棄により娘をヘビに攫われてしまい、コロニー追放を言い渡す。 タチアナ 大公の娘。 コロニーに侵入した一匹の大蛇に誘拐されてしまうが、その後ティモンとプンバァの活躍により救出される。 アーニー プンバァのおじ。 虫を捕まえられず苦悩していたプンバァの夢の中に雲の姿で現れ、彼に助言を与える。 吹き替え版ではを使う。 日本での放送 [ ]• 日本で初めてで『』枠内で放送された。 4月から1996年9月まで7時35分 - 8時05分、1996年10月から3月まで7時30分 - 8時00分。 12月から7月までは「」で放送。 10月から「」で放送。 1話から46話を放送。 7月からは知育番組ゾーン「」で1話から46話を放送し、同年10月からは47話以降を放送。 2011年11月からは「ディズニージュニア」で47話以降を放送。 10月からは1話以降を放送。 2012年から、でも放送。 「Disney Time」で再放送されていた。 「雷が直撃し記憶喪失になってしまったプンバァに、ティモンが2人のこれまでの旅の思い出を語っている」という設定になっている (この設定は、VHS・DVD『ティモンとプンバァ 地球まるかじりの旅』でも使われている)。 ただし、エンディングはカット、オープニングは短縮という形で放送。 2015年10月からは「ディズニージュニア」で1話から46話を放送し、翌年1月からは同話のリマスター版を放送し、同年10月3日からは47話以降を放送 74話は12月9日放送。 2016年5月2日から再び「ディズニー・チャンネル」で1話から46話までリマスター版を放送し、同年12月7日から12月23日までは47話から59話を放送 74話は12月16日放送。 2017年2月16日から5月10日までは再び「ディズニー・チャンネル」で47話から85話を放送。 2017年9月から「ディズニージュニア」で1話から放送。 主題歌 [ ] ハクナ・マタタ(テレビ版) 歌 - ティモン(三ツ矢雄二)、プンバァ(小林アトム) (畠中洋) 映画版とは歌詞が一部異なる。 エピソード [ ] この節のが望まれています。 シーズン1 1995 [ ]• モンティとバンプゥ? Kenya Be My Friend? ルイジアナでハクナマタタ Okay Bayou? ティモンは大スター? Africa-Dabra! ティモンの昔話 Once Upon A Timon• イボイノシシを救え Home Is Where the Hog Is• 相撲はチームワークが大事!? Nest Best Thing• プンバァ ヒーローに変身!? おカラいのはお好き? Hot Enough for Ya? Serengeti Western• Hakuna Matata U. 戦場にかけるムシ!? 恋するクマさん Stay Away From My Honey!

次の

短いから覚えやすい!使ってみたいディズニー英語名言集【座右の銘】

ライオンキング 名言 英語

『ライオンキング』あらすじ 出典: 出典: 命溢れるサバンナの大地である、 プライドランド をおさめる ライオンの王のムファサ は、誕生し次期王になるであろうシンバに、先祖や命が巡り巡って自然の調和を保っていることを語り継がせる。 しかしある日、 ムファサの弟のスカーは兄が王になることをよく思っておらず、ハイエナ達と協力してムファサを殺害 してしまい、 シンバも王国から追放してしまう。 途方にくれ力尽きたシンバは、ジャングルである愉快な仲間と出会い、新たな人生を過ごすが…。 『ライオンキング』名言10選! 以下からは、本編で登場する名言を10個選んでご紹介いたします!ディズニー映画には、新作や作品の続編が作られる際にも必ず「 一貫したメッセージ性 」があると言われています。 そして この作品のメッセージとは「変えられない過去や運命と、どう向き合うか」 です。 シンバの悲しい過去と、それを乗り越える助けになったセリフを一挙ご紹介します。 これを読めば、きっとあなたも勇気が出るはず! \映画取扱数NO. その後、シンバに伝えた言葉がこのセリフです。 自分も大人ライオンのように立派に遣って退けられると思いたかったシンバに、 勇敢でいることと後先考えない事は別で、分別をつける必要性を諭します。 ただ叱っているのではなく、 シンバの溢れる好奇心と勇敢を誇示したいという気持ちを汲んだ上で、教えを施す姿は、まさに理想の父親です。 生きるべき世界で役目を果たせ」(ラフィキ) 大人になったシンバに、ラフィキがこう言います。 自分の過去の過ち(正確には仕組まれた事ですが)をずっと後悔していたシンバですが、その想いに蓋をして忘れようとしているかのように毎日ティモン・フンバと楽しく暮らしていました。 心にしまいずっと忘れようとしていた「王」という役目を、長老のラフィキはどうにかして思い起こさせます。 この言葉を聞いてシンバは、 自分とその使命を、夜空を見ながら思い出します。 「元気を出して欲しい、気にすんなよ!」という気軽な考え方も、長い人生を送る上で大切なことですよね。 このセリフは、子供のシンバが自分のせいで父親がなくなったことで深いショックを受けていました。 ティモンとフンバはこの事情を全く知らず励ましたのですが、 何も知らない2人の言葉だからこそ、シンバの心にストレートに届いたのですね。 思いつめすぎて、自分を押しつぶしそうになった時には 「ハクナマタタ」を思い出して、美味しい食べ物や楽しいダンスで気分転換すれば、ハッピーになれること間違いありません! \映画取扱数NO. スカーは卑怯者で最後には仲間のハイエナにも裏切られますが、 賢い彼には言語化できない不思議な魅力とカリスマ性が あります。 みなさんの中にも、このキャラクターが好きな人も多いのでは無いのでしょうか? 大勢のハイエナの前で演説した時に発したこのセリフは、 絶対的な自信と野心 がにじんで見えてなんともカッコいいですね。 王はそのことをよく理解しなければならない。 小さなものから大きなものまで、あらゆる動物に敬意を払うのだ。 」(ムファサ) 出典: ムファサがシンバに、 命の大切さと自然の偉大さを伝えるシーン です。 いくら王といっても、横暴になんでも好きなように振る舞えるのではなく、たとえ 自分の餌になりうる動物にさえ、敬意を払わなくてはならないと伝えます。 私たちの私生活に当てはめてみたらどうでしょう? 指導者的な立場になればなるほど、自分の部下や同僚に、敬意を払いそれぞれを理解しなければ、指導者としてはふさわしいとは言えません。 その点では、 自然界でも人間界でもあるべき姿は変わらないのですね。 でもお前は、そこから逃げ出すことができる。 学ぶことも。 」(ラフィキ) 出典: ラフィキが大人になったシンバと再会し、プライドロックに戻ることを戸惑うシンバにかけた言葉です。 過去の トラウマを、「学び」に変え乗り越えることができるんだと訴えています。 これ私達の生活にも応用できる事ですね。 何か過去の失敗を抱え、新しい進化を恐れるのではなく、考え方を変え少しの勇気を出せば、大きな成長に変えることができます。 もし何かに躊躇することがあれば、この言葉を思い出して見てください。 」(ムファサ) シンバが子供の頃、ハイエナの住処にナラを連れていったことを叱った後のムファサのセリフです。 「父さんは怖いことなんて無いんでしょ?」とシンバに聞かれ、ムファサはこう答えました。 大切な息子を失うかもしれない場面では、いくら勇敢で偉大な王でも怖いものです。 しかし、 大切な人に自分の弱さもさらけ出せる人こそが、真の強い者の証明 なのかもしれませんね。 俺だってそうするから。 」(ムファサ) 出典: ムファサは夜空を見上げながらこう言いました。 自分もいつか死ぬという、絶対的に逃れられない運命をただ受け入れるのではなく、 ムファサは 「先達に恥じないような立派な王」 になるべく日々悩んでいたのかもしれません。 いつか自分がシンバを側で見守ることができなくなった時にでも、「祖先がお前にきっと勇気をくれる、お前は1人じゃ無い。 」と伝えることで勇気を持って欲しい と願った切実な父親の姿に、なんともグッときます。 きっと、 かつて自分も悩んだり孤独を感じたりした経験があってこそ 、言えた言葉なのかもしれませんね。 」(ラフィキ) 出典: 名言集の、最後に相応しいのはこちらです。 このセリフは劇中何度か使われます。 何か新しい展開が始まる 期待感、高揚感はもちろん、 不安や未来への若干の恐怖をも含んだこのセリフを聞くと、変わりゆく未来への各々の覚悟 が伝わりますね。 きっとこの儀式はシンバの子供にも、そしてまたその子供にも伝わるでしょう。 その度にまた新しい世代が始まり、命は巡り巡り回っていくのです。 まとめ 作中で印象深かった名言を、考察と心情分析を含めてご紹介してみました。 巡る命の1部として頂点に君臨するライオンの確固たる覚悟や、悩んだ時の「内なる声」となりうる場面など、たくさんあったかと思います。 本編をもし見直す機会があれば、これらのセリフにぜひ耳を傾けてみてくださいね! \映画取扱数NO. 1のU-NEXT31日間無料でお試し!/.

次の

ライオン・キングのティモンとプンバァ

ライオンキング 名言 英語

アハディ(ムファサの父)の次男で、ムファサの弟にあたるオスライオンになります。 主人公のシンバの叔父になります。 黒く長い鬣と痩躯、左目の傷が特徴的ですね。 いかにも悪そうな雰囲気を醸し出しています。 一人称は「俺」で、王位継承はムファサに継いで第二位であったが、王子であるシンバの誕生によって第三位になってしまいます。 その事を不快に感じ、ムファサとシンバを殺害しようと企む事で、ストーリーが展開していきます。 そんな、「スカー」の名前の由来ですが、 「スカー」は英語表記にすると、「scar」になり意味は「傷」から由来しています。 目の傷を意味していると言うのは、表の理由であり、深い意味は 「心に傷を負ってしまった」という意味もあります。 もともと、悪いライオンではなく、王位の争いや、自分への劣等感などから、心に傷を負っている意味もあります。 そう考えると、かわいそうな存在ですよね。 先ほども「スカー」の意味でも述べたように、傷を負った存在であるから名乗っている、または呼ばれていると考えると、辛いですね。 実は、本名の「タカ」にも意味があります。 「タカ」はスワヒリ語で「欲望」を意味しています。 王位や権力、周りからの支持を得たいという「欲望」が体現したキャラクターが「スカー」であり「タカ」という存在であることがわかります。 ディズニー作品のヴィランズ(悪役・敵)は人間で例える所の「黒い部分」をキャラクターが担っていることが多いので、スカーも同様になりますね。 まとめ 今回はライオンキング・スカーの名前の由来や本名「タカ」の意味について紹介しました。 ライオンキングでは、設定上あまり説明されていない意外と多い作品です。 また、スカーの場合、本名があることを知らない人もいると思うので、隠された設定や世界観を理解しておく事でより作品を楽しむことができます。

次の