ボーナス 税金 高い。 ボーナスにかかる税金と手取りの計算方法【2020年】 [税金] All About

ボーナスが多い会社と月給が多い会社、どっちがお得?

ボーナス 税金 高い

税金は年収で計算しますので関係ありません。 現在は健康保険や厚生年金も総報酬制が取られておりますので、 一般的な場合は大きく違いません。 ただし、健康保険や厚生年金の算定のもとになる報酬額には上限がありますので、 条件によっては差が生まれることになります。 月額の上限は、 厚生年金:620000円 健康保険:1210000円 賞与の上限は、 厚生年金:1500000円 1回あたり、正確には月あたり 健康保険:5400000円 年間 でこれを超えてもそれ以上、上がることはありません。 今回の場合Aさんの賞与が上限を超えるために、 150万円で計算されることになってしまいますので、 Aさんの方が手取りが多くなります。 どちらが手取りが多くなるかは、年収、ボーナスの割合によって決まりますので、 今回とは逆の場合もあります。 書かれた条件で必ず支給され、その他の支給[時間外、通勤費用]などが無いのであれば、 1 控除される社会保険料は次のようになります。 2 所得税は年の合計額で確定するが、年間の社会保険料控除後金額が24,618円多い程度であれば、税率は同じと考えられるので、Aさんの方が手取り合計は多いと言うことになる。 Q カテゴリ違いでしたらすみません。 今日、名前ばかりのボーナスをもらいました。 今日は給料日ではないし、封筒にも「賞与」とかいてあるので金額は月給ほどなのですが、ボーナスかなにかのようです。 ところが、月給とそっくりの明細が入っていて、基本給とされた額から「健保」「厚保及び基本掛金等」「雇保」「社保等計」「所得税」がいつもの給料と同じだけ、引かれています。 そこでうかがいたいのですが、ボーナスからもそれらのものって引かれるのですか? このあと、25日にはいつものように月給がもらえるはずです。 (恐ろしくケチな会社なのでないのでは?と不安ですが)恐らく、その月給にもおなじ明細がはいっていて、「健保」「厚保及び基本掛金等」「雇保」「社保等計」「所得税」が差し引かれると思います。 ですが、「所得税」とかはわかるのですが、健康保険や雇用保険などは今月はいつもの2倍支払うわけですよね。 それって払い過ぎじゃないですいか? ボーナスってこんなにいろいろ引かれるものなのですか? 実は私は、経理担当の鬼のお局様にとても嫌われていて卑劣な嫌がらせ等を受けています。 給料関係などはすべてお局様が仕切っていて、こんな簡単なことを教えてもらうことさえ、もちろんできません。 それどころか、お局様はものすごくお金に汚い(数百円のものをだまって盗むような)人なのでだまされているのではないかと不安なので、どうか経理関係に詳しい方、よろしくお願いします。 カテゴリ違いでしたらすみません。 今日、名前ばかりのボーナスをもらいました。 今日は給料日ではないし、封筒にも「賞与」とかいてあるので金額は月給ほどなのですが、ボーナスかなにかのようです。 ところが、月給とそっくりの明細が入っていて、基本給とされた額から「健保」「厚保及び基本掛金等」「雇保」「社保等計」「所得税」がいつもの給料と同じだけ、引かれています。 そこでうかがいたいのですが、ボーナスからもそれらのものって引かれるのですか? このあと、25日にはいつものように月給が... A ベストアンサー こんにちは。 現在勤め先で社会保険の事務手続きを担当している者です。 今年の4月から、「総報酬制」というものが導入されることになり、賞与からも月々の保険料と同じ%で保険料が徴収されることになりました。 (いままでは賞与の時の保険料は、月々のものより低い%で徴収されていたのです。 具体例を挙げて説明します。 なお、今まで賞与支払時の保険料は、年金の計算対象外でしたが、今回の改正により、年金の計算対象に含まれることになりました。 ご参考になれば幸いです。 こんにちは。 現在勤め先で社会保険の事務手続きを担当している者です。 今年の4月から、「総報酬制」というものが導入されることになり、賞与からも月々の保険料と同じ%で保険料が徴収されることになりました。 (いままでは賞与の時の保険料は、月々のものより低い%で徴収されていたのです。 具体例を挙げて説明します。 Q こんばんわ。 20代半ばの女性です。 タイトルの通りなのですが、普通お給料ってどれくらい上がるものなんでしょうか? 私の会社は基本賃金の昇給は年1回(4月)です。 基本的に会社の業績が悪くなければ毎年上がる感じで、 上がり幅は前年の考課結果によってかわってきます。 基本賃金にプラスして役職手当がつく感じです。 新卒で今の会社に入社して5年目ですが、 新入社員の頃の基本賃金と比較して、役職手当を加味しても2万程しか上がっておりません。 もちろん効果結果が著しく悪いという事はなく、どちらかと言えば良い方です。 5月末に給与が支給された際の明細を見た瞬間、 あまりの上がらなさに愕然としました。 この調子だと10年たっても今とそれほど変わらないのか・・・と。 新卒で入った今の会社しか知らない為、他の会社の給与事情はどうなのかと思い、 ご質問させて頂きました。 皆様のお勤め先ですとどれくらい上がりますか? A ベストアンサー 私の会社では一般職と総合職に分かれています。 単純に女性は一般職で、男性は総合職です。 仕事内容は関係ありません。 同じ事務職でも男性は総合、女性は一般です。 そして、一般職は基本的に年に一度、1000円の昇給があるだけです。 ですので、5年でしたら5000円アップするだけですね。 総合職も基本給は同じように年に一度1000円の昇給です。 ただし、一般職と違い、昇格があります。 主任なら数千円、課長なら数万円、部長なら20万円、取締役なら50万ぐらいです。 22歳で入社すると、27歳ぐらいで主任になり数千円アップ、40歳前後で課長になり数万アップ、 ここらへんまではほとんど変化がありませんが、部長、取締役となると いきなり金額が跳ね上がります。 ただ一般職も年数を経て、さらに総合職の10倍くらい会社に貢献すればキャリア職にランクアップします。 そうすると課長までは昇格できます。 総合職は部長までなら年数さえ経れば誰でもなれます。 簡単にまとめると「女は男の10倍働けば課長になれる。 男は女の10分の1働けば部長になれる」ということですね。 そんなわけで、私の会社ではほとんどの社員にヤル気がありません。 一般職の女性からすると「10倍働いてやっと数万円の昇給」ですし 総合職の男性からすると「年数さえたてば仕事をしなくても部長職になって20万円ほどのアップ」ですから。 そして、一部の「昇給も昇格も関係なく懸命に働く人達」と「取締役までを目指す総合職の人達」が全体を支えています。 といっても、実はこのような形になったのはここ数年です。 もともとは「女性は結婚するまでニコニコと座っていれば良い」という扱いでした。 その後、社長交代で「女性の正社員はいらない」となり半分以上がリストラされました。 が、しかし、また社長交代したとき「女性も戦力として考える」となったわけです。 上記の総合職、一般職…つまり男性と女性の扱いが違うのは いままだ試行錯誤の途中だから、なんですね。 おかげで現在は「女性には責任を与え、権力は与えない」という中途半端な状態です。 総合職、つまり男性社員は誰でも部長になれると書きましたが、取締役となるとそうはいきません。 そして数年前、取締役を目指す一人の野心的な男性社員の思惑で「女性社員を戦力に」となりました。 ちなみに、私の会社は社員150名ほどの中小企業です。 内、女性社員は半分弱。 経営陣の考え方や思惑で社員の扱いは変わるので、このまま良い方向へいくか それともまた「女性社員はいらない」とリストラされるか 先のことはわかりません。 私の会社では一般職と総合職に分かれています。 単純に女性は一般職で、男性は総合職です。 仕事内容は関係ありません。 同じ事務職でも男性は総合、女性は一般です。 そして、一般職は基本的に年に一度、1000円の昇給があるだけです。 ですので、5年でしたら5000円アップするだけですね。 総合職も基本給は同じように年に一度1000円の昇給です。 ただし、一般職と違い、昇格があります。 主任なら数千円、課長なら数万円、部長なら20万円、取締役なら50万ぐらいです。 22歳で... Q 私の後輩の会社において、会社の経営不振により、今度の春に全社員それぞれに対し、年収の8%を減棒すると言われているそうです。 後輩の減棒額は、年間で約36万。 現在、月々手取り約30万、ボーナス約30万(年2回)だそうです。 後輩は、月々1万ぐらいなら減ってもあまり変わらないだろうから、併用にしようと考えているんですが、先輩はどう思いますか?といわれ、 とりあえず、調べてみると言ってあります。 私自身、あまり金勘定に無知な為、今回の場合、どちらを選んだほうが得(税金など)になるのか、詳しい方がいらしたらお願いします。 ちなみに、後輩は住宅ローン(現在5年目で住宅控除あり)を組んでいますが、ボーナス払いは無しだそうです。 A ベストアンサー うーん、難しい質問ですね。 所得税については、それほど関係ないと思いますが、 残業手当はでているんですかね? 残業手当は、基本給他、ベースとなるものから、 単価が決まるはずなので、基本給が下がれば、 残業手当の単価も下がると思います。 残業手当の出ない会社であれば、関係ありませんが、 あるのであれば、基本給は絶対下げないほうが良いと思います。 社会保険に関しても、料率(%)が決まっているので、 それほど影響がないはずですが、 4~6月の給与によって、10月からの社会保険料の金額が 変わってきます。 つまり、4~6月、残業を少なめにしておくと、 7月からバンバン残業しても、社会保険料は4~6月の 給与を元に徴収されるので、もらっている給与に対して、 わりと少ない金額の社会保険料ですみます。 これは逆のパターンもあって、 4~6月、バンバン、残業して、7月から残業がなくなると、 10月から、4~6月より給与が減っているのに、社会保険料が あがります。 私の判断基準は、残業手当ですね。 Q 題名のとうり、我が家は主人の年収が360万でボーナスなしです。 子供が3歳、2歳の4人家族です。 毎月、毎月、支払の計算、やりくりに頭を悩ませています・・・ 人に相談もできなくて、こちらのサイトを見つけて、思いっ切って質問させていただきました。 何度も、家計簿を見ては何がダメで、何を削ればいいのかわからなくなってきて、節約が得意な方、仕分けが得意な方、どうかこのバカな私にアドバイスお願いします。 このように毎月これだけのお金が出ていきます・・・・ 見てわかるように、食費を買うお金が残らず、毎月親に借りるか、毎月借りれないため、今は、クレジットで食材を買うようになってしまい、また来月プラスクレジットの支払も増えるので、完全に赤字続きです・・ 私も今は働きに出ていますが、4万5万ぐらいしか給料がなく、保育料3万8千円払ったら、ほとんど残らず、フルタイムで働くことも考えましたが、上の子が先天性の持病を持って産まれたのもあり、最悪、風邪を引くと命にかかわる事があったので、仕事も休みがちで、入退院を繰り返し、働こう!働きたい!と思っても、一月無欠席で働けたことがないです・・・ お金に余裕ができない、きっちり働けない、いけない事とは分かっていてもクレジットで食材を買ってしまう・・・ こんな状態が続いて、毎月イライラしてしまいます・・・・ どうにか削っていけるものはないのだろうか・・・と考えてもどうしていいかわかりません・・・ しかも、今、妊娠しています・・計画的に作った訳ではありません 最近発覚して、まだ主人にも伝えていません・・・絶対、主人におろせ!と言われてしまうので・・・伝える勇気もなく・・ アドバイスしようがないかもしれませんが、どなたかアドバイス下さい。 長い文章になってしまい、最後まで読んで下さった方ありがとうございました。 文章がへたくそで読みにくかったらごめんなさい 題名のとうり、我が家は主人の年収が360万でボーナスなしです。 子供が3歳、2歳の4人家族です。 毎月、毎月、支払の計算、やりくりに頭を悩ませています・・・ 人に相談もできなくて、こちらのサイトを見つけて、思いっ切って質問させていただきました。 何度も、家計簿を見ては何がダメで、何を削ればいいのかわからなくなってきて、節約が得意な方、仕分けが得意な方、どうかこのバカな私にアドバイスお願いします。 はっきり言います、車に2台なんて身の丈にあってるとは到底思えません。 維持費を見ても、軽2台>普通車ですよ、一番の無駄であり、我慢すべき部分です。 これだけ頑張ってるのですから、車1台にすれば質問内容は解決します。 確かに田舎だから、2台はあり前とか言われるとそれまで、でも考え方次第、旦那様の休みの日に1週間購入すれば良い話、また必要な物は旦那様の帰りに購入して貰うとかね。 車2台持つ為の理由付けは皆さん旨いんですよ、でもそうじゃ無いんですよ、車が一番圧迫するんですよ。 養育費3万 (バツイチ 前の子ども2人の旦那と結婚した為) 【減額請求通ると思いますよ、調停してみてはどうですかね】 家のローン 4万5千円 マンション管理費 駐車場2台分 4万9千円 【車1台減らせば1万程度浮きますね】 国民年金 3万 【駄目元で役所に減額願い出してみては?】 健康保険 2万8千円 主人の生命保険 私 子供学資保険 2万1千円 【生活優先で学資保険は無駄な医療もセットの為、担保割れが多い辞めて良いと思う、子供手当てはそのまま貯金、子供の保険は共済で十分】 パソコン分割 4500円 インターネット 家庭電話通話料 5千円 【本当に必要ですか?マンションですからUCOMなら2980ですよ。 出来ればやめるべき】 携帯2人分 1万6千円 【見直し必要で高すぎ、仕事で使ってるでしょうか?請求分けて会社に請求すべき、よくしゃべる相手と同一会社にすべき、今流行のスマホ系ですか?携帯会社の思惑にはまってるよ。 最低料金が5千円位でしょ、そんな外でインターネットするかね、私はメールと通話さえ出来れば携帯に何も望みませんがね】 車保険2台 7千円 【1台になれば多少浮きますね】 光熱費 NHK 3万円 【この世帯だと高熱費2万程度まで落とせると思うよ、NHKは年払いにすべき】 主人のおこずかい1日1千円 月2万6千円 【お弁当にして貰いましょう、半分でなんとか成るのでは】 車ローン 1万3千 ガソリン代 1万円 (主人が遠くまで仕事に行くので) 出来る限りローンはとっとと払ってしまい、今後はローンで購入すべきで無い、現状自己破産者まっしぐらですよ、気を付けて引き締めないとね。 パートで4万5万って安くないですか?平均6万超えるくらいでしょ。 今は生活再建を優先すべきかと思い、辛いですが、インターネット・車・学資保険・生命保険の見直し・携帯見直しするしか無いでしょ、一番簡単なのは収入を増やす事だけど、子供の病気を言われるとね、難しいね。 でもさ何か言い分けしちゃうとさ、前に進めないと言うことを理解して欲しいんですよね、今本当に必要な物だけを残すべきだよ、まずはそこからだと思うよ。 はっきり言います、車に2台なんて身の丈にあってるとは到底思えません。 維持費を見ても、軽2台>普通車ですよ、一番の無駄であり、我慢すべき部分です。 これだけ頑張ってるのですから、車1台にすれば質問内容は解決します。 確かに田舎だから、2台はあり前とか言われるとそれまで、でも考え方次第、旦那様の休みの日に1週間購入すれば良い話、また必要な物は旦那様の帰りに購入して貰うとかね。 車2台持つ為の理由付... Q こんにちは。 私、4月から新卒として東京で働き始める者です。 現在部屋探しをしているのですが、何せ東京で初めての一人暮らしなもので家賃としてどの位まで出して良いのか分からず困っています。 私の会社では最初の3ヶ月は手取りで17万、その後21~22万をお給料として頂けるようです。 6.6万円でも探そうと思えば部屋はあるのですが、女の一人暮らしということもあり駅から近め、オートロックなど条件をつけるほどやはり家賃が高くなってしまって、、、>< 更にワガママなのは承知しているのですが、やはりバス・トイレは別が良いなど他の設備面でも多少欲もでてきてしまい、今一番気になっている物件が8万3千円の物件という状況です。 私の収入でこの部屋を借りてやっていくのは、やはり無理でしょうか? 東京に住んだことがないので、月々生活費としてどの位かかるのかもイマイチわかりません。 東京にお住まい、または以前住んでいたという方の経験談などお聞かせ頂けるとうれしいです。 またその経験から言って、手取り約20万で家賃8万円台前半でやっていくのはやはりキツイのかご意見頂けると幸いです。 よろしくお願い致します。 こんにちは。 私、4月から新卒として東京で働き始める者です。 現在部屋探しをしているのですが、何せ東京で初めての一人暮らしなもので家賃としてどの位まで出して良いのか分からず困っています。 私の会社では最初の3ヶ月は手取りで17万、その後21~22万をお給料として頂けるようです。 6.6万円でも探そ... 地味な生活を送る方でしたら、問題はないでしょうし…。 私なら、背伸びして8万円が限界かと思います。 ですが、上記概算は、どれも余分に設定しております。 ですが、昇給の度に見合った家賃の場所へ引越しをしていたら、引越し貧乏になります。 物を置くスペースがないと、部屋に物を持ってくるしかなく、部屋が散乱します。 毎日の洗濯ですので侮れません…。 又、布団等の大型の物が干せない事が多く、一年中かび臭い布団で寝ることになります…。 地味な生活を送る方でしたら、問題はないでしょうし…。 A ベストアンサー 一般的に言うと、いいとはいえないと思います。 ただし退職金の出る会社にしても、勤続3年以上。 という条件付です。 質問者さんがどれくらいお勤めして退職する予定なのかわかりませんが、自分が職安通いしていた時はほとんどがそうでした。 ところで安倍晋三官房長官の著書、「美しい国へ」に興味深いことが書いてありました。 ある会社は退職金制度などの福利厚生を廃止し、その分を給料に上乗せしたそうです。 (No.1さんがいっていたことですね) とても有名な会社です。 アメリカ式の実力主義的な制度で、日本に浸透するのは難しいと感じましたが・・・。 興味があったらぜひ読んでみてください。 話しが脱線しましたが、要するに求人表に書いてあることをよく吟味してから就職したほうがよさそうです。 Q 表題とおりです。 給料は安いけど、精神的に楽な職場、タイトルは、文字数制限があるので精神的に楽な職場と書きましたが、具体的には、人間関係、仕事内容、労働時間などで、ストレスのあまり感じない職場という意味です。 実は、いまの会社が精神的に楽な職場です。 楽という意味は、なまけたいという意味ではなくて、ストレスをあまり感じられずに仕事ができるという意味合いでとっていただければいいと思います。 業務も自分のやりたいことをさせてくれます。 だけど、給料がものすごく安いので、転職しようかなーと考えているのですが、それを同僚に相談したところ、「うちみたいな会社はそうないよ。 こんな自由で、自分のやりたいことをやらせてくれる会社はないよ。 転職して給料があがってもこきつかわれてうつ病になってしまう人もいるんだから、それを考えるとうちの会社は幸せなほうだよ」と言われました。 だけど、生活のことを考えると、お金も大事だし、きついって言っても、過労死する人なんてそんなにいないと思うし、と考えるとどうしようか迷ってしまいます。 みなさんは働くとしたらどちらの環境でがんばりますか?どちらのほうが幸せな人生を送れるのでしょう。 給料は高いけど精神的、肉体的にきつい環境の会社で働いている方は、どれくらいきついのか教えてください。 表題とおりです。 給料は安いけど、精神的に楽な職場、タイトルは、文字数制限があるので精神的に楽な職場と書きましたが、具体的には、人間関係、仕事内容、労働時間などで、ストレスのあまり感じない職場という意味です。 実は、いまの会社が精神的に楽な職場です。 楽という意味は、なまけたいという意味ではなくて、ストレスをあまり感じられずに仕事ができるという意味合いでとっていただければいいと思います。 業務も自分のやりたいことをさせてくれます。 だけど、給料がものすごく安いので、転職しよう... A ベストアンサー こんにちは。 私が現在勤めている会社は精神的にも肉体的にも 非常に楽な職場です。 以前勤めていた会社の場合、午後10時まで仕事というのが 日常茶飯事とまではいかないけれど、月に2度くらいは ありました。 そのせいとは思いませんが、体調を崩してしまい、 入院してしまいました。 結局、入社2年目の夏に入院中である中で退職させていただきました。 それにこの会社では人間関係が あまり上手くいっていなかったように思います。 給与もそれなりに高かった気はしますが、やはり夜遅くまで 体調を崩すまでに働くというのはしんどかったし、 辞めたいと思ったことも幾度かありました。 現在の会社では……まぁ夜遅く(午後8~9時)まで勤務している 社員はいますけど、おおよその社員は午後7時までには 退社しています。 長々となりましたが、私としてはやはり給与は安くても、 自分のやりたいことをやらせてくれる会社の方が ストレスが溜まらずに、のびのびと働くことができると思います。 給与の高い安いは二の次です。 やっぱり毎日清々しい気持ちで働けるのが一番大切ではないでしょうか。 現に……現在勤めている会社が正にその典型です。 こんにちは。 私が現在勤めている会社は精神的にも肉体的にも 非常に楽な職場です。 以前勤めていた会社の場合、午後10時まで仕事というのが 日常茶飯事とまではいかないけれど、月に2度くらいは ありました。 そのせいとは思いませんが、体調を崩してしまい、 入院してしまいました。 結局、入社2年目の夏に入院中である中で退職させていただきました。 それにこの会社では人間関係が あまり上手くいっていなかったように思います。

次の

ボーナスにかかる税金が高い?引かれる税金の種類と計算方法を解説

ボーナス 税金 高い

所得税だけでなく、実はボーナスからは 社会保険料も引かれています。 所得税と同様に、ボーナス支給時に会社が差し引いて納付することが法律で決まっています。 つまり、ボーナスの手取り額を見て高い税金が引かれていると感じたのは、所得税に加えて社会保険料も引かれているからです。 そのため、額面金額から手取り額を計算するには、社会保険料を計算できなければいけません。 また既に見たように、所得税の源泉徴収税額を計算する上でも社会保険料の金額を知る必要があります。 そこで社会保険料の内訳を見てみると、 健康保険料・厚生年金保険料・雇用保険料の3つが引かれています。 社会保険料の合計額を計算するためには、それぞれの計算方法を理解することが大切です。 保険料率は、加入している健康保険制度や地域、そして年齢が40歳以上かどうかによって変わります。 例えば「協会けんぽ加入者・東京勤務・40歳未満」の人であれば、2019年度の保険料率は9. 90%です。 (協会けんぽ:) 保険料率は労使折半(社会保険料を企業と労働者が半分ずつ負担すること)のため、ご自身の負担は4. 95%となります。 ここで仮にボーナスの額面金額が40万円の場合、健康保険料は以下のように計算することができます。 保険料率は加入している健康保険制度や地域によって変わります。 例えば「協会けんぽ加入者・東京勤務・40歳未満」の人であれば、2019年度の保険料率は18. 3%です。 そして保険料率は労使折半のため、ご自身の負担は9. 15%となります。 ここで仮にボーナスの額面金額が40万円の場合、厚生年金保険料は以下のように計算することができます。 保険料率は事業の種類によって変わりますが、例えば一般の事業であれば2019年度の保険料率は0. 3%です。 (厚生労働省:) ここで仮にボーナスの額面金額が40万円の場合、雇用保険料は以下のように計算することができます。 3%=1,200円 以上で計算した健康保険料・厚生年金保険料・雇用保険料を合計すると、 ボーナスから引かれる社会保険料の合計額を求めることができます。 課税される所得金額 所得税率 195万円以下 5% 195万円超~ 330万円以下 10% 330万円超 ~ 695万円以下 20% 695万円超 ~ 900万円以下 23% 900万円超 ~ 1,800万円以下 33% 1,800万円超 ~ 4,000万円以下 40% 4,000万円超 45% (国税庁HP「」より抜粋) ここで表中の「 課税される所得金額」には、ボーナスや毎月の給与以外でも含まれている所得があります。 また一定の金額(控除額)を引いた後に税率を掛けるので、所得金額自体に掛けるわけではありません。 つまり源泉徴収税額と所得税額では、率を掛ける対象がそもそも違うということです。 適用される率の数値自体も、全く異なることが表から分かると思います。 そのため源泉徴収税額と所得税額で違いが生じるのは当然です。 年末に調整をする必要があるので、文字通り 年末調整が行われることになります。 既に見たように、ボーナスから引かれる社会保険料は 健康保険料・厚生年金保険料・雇用保険料の3つです。 このうち厚生年金保険料の保険料率は特に高く、ご自身の負担分だけでも10%近くにもなります。 健康保険料と併せると約15%にもなるわけです。 これだけ引かれていれば、高いと感じる人も当然多いはずです。 なお 以前はボーナスから社会保険料は引かれていませんでした。 そのため「いつからか額面金額と手取り額の差額が増えた気がする」「より高い税金が引かれるようになった気がする」と思っていた人もいるはずです。 そもそもボーナスから社会保険料が引かれるようになったのは 平成7年からです。 年金財政を支えるために徴収が開始されました。 しかし当時徴収されていた特別保険料は、あくまで高齢者世代のための年金支給の財源でした。 保険料を払っている人たちの年金額には反映されませんでした。 そのため「この制度はおかしい」と批判が出ました。 また毎月の給与からだけ社会保険料が引かれていたため、賞与の比率を上げれば社会保険料の負担額を減らすこともできました。 これも制度としておかしいと批判が出た理由です。 そこで 平成15年には制度が改正され、毎月の給与だけでなくボーナスも含めて社会保険料を計算する 総報酬制に移行しました。 こうして現在のように、ボーナスからも社会保険料が引かれる形になりました。 なおここまで社会保険料や所得税について見ましたが、 住民税のことが気になった人もいるでしょう。 毎月の給与から住民税が引かれているため、ボーナスからも引かれるのではないかと思うかもしれません。 しかし実は ボーナスから住民税は引かれません。 これは 所得税と住民税の違いが理由です。 所得税は、毎月の給与やボーナスを支払う度に源泉徴収され、年末調整で最終的に精算を行う仕組みです。 一方で 住民税は、前年の所得金額を基準にして住民税額を計算し、毎月の給与から引く形で徴収されます。 つまり住民税は後払いの形であり、税額を12で割った金額が月々の給料から引かれます。 ボーナスからは徴収されないということです。 これまで 社会保険料と 税金について見てきました。 この2つはボーナスから引かれる点では一緒です。 しかしいくつかの点で 大きな違いがあります。 まずあなたの所得金額によって料率が変化するかどうかで違いがあります。 所得税は所得が高い人ほど高い税率が適用される 累進課税制度です。 一方で社会保険料は、あなたの所得金額の大小で料率が変化することはありません。 これは 徴収する目的がそもそも異なるからです。 所得税などの税金は、高所得者から低所得者にお金を移動させる 所得の再分配を目的にしています。 所得格差を是正するためです。 また暮らしやすい社会を作るためには、高い所得・高い負担能力がある人ほど多くの税金を払うべきであるという考え方に基づいています。 一方で社会保険料は自分自身のために払うお金です。 例えば厚生年金保険料であれば、あなたが将来受け取る年金を積み立てるために保険料を支払っています。 給与額に関わらず料率は固定なので、低所得者のほうが寧ろ負担感が大きい 逆進性があるとも言えます。 このように社会保険料と税金では、大きな違いがあることが分かります。 これまで「ボーナスから高い税金が引かれている」と同じに見えていたものが、社会保険料と税金という全く異なるものであることが理解できたと思います。 「ボーナスにかかる税金が高い理由」について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか? この記事のポイントは• ボーナスからは所得税と社会保険料が引かれているため税金が高くなる• 前月の給与が高いとボーナスから控除される税金が高くなるが年末調整で精算される• ボーナスからは税金以外にも社会保険料が引かれている でした。 この記事を読んでいただけたことで、 額面金額と手取り額の差について理解することができたと思います。 社会保険料も引かれていることや具体的な内訳・計算方法も理解できたことで、ボーナスから引かれる額が大きい理由も理解できたはずです。 ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

次の

ボーナスにかかる税金と手取りの計算方法【2020年】 [税金] All About

ボーナス 税金 高い

ボーナスと税金(所得税)の関係性とは? ボーナス(賞与)の支給を受けた時、額面と手取りには かなり差があると感じませんか?色々なものが差し引かれて手取りは減りますが、最も大きいのが税金(所得税)です。 ボーナス(賞与)は「給与所得」となる ボーナス(賞与)は給与所得の対象となります。 給与所得は年間の給与収入から給与所得控除を差し引いた金額が給与所得となります。 給与所得にかかる所得税は所得金額により異なります。 日本の税制では給料が多ければ多いほど所得税率が上がっていく仕組みになっていますので、毎年の給与やボーナスが多い方がたくさん税金を支払う仕組みとなっています。 参考: ボーナスで引かれる4つの税金・社会保険料 ボーナスで引かれるものにはどのようなものがあるのでしょうか。 ボーナスで引かれるのは、4つの税金と社会保険料 があります。 それぞれの制度の概要について理解しておきましょう。 ボーナスは税法上、「賞与」にあたります。 くわしい計算方法は後ほど解説いたします。 3%で総額を計算できます。 保険料率は業種により異なりますが、一般事業の場合、給与・賞与の額面金額の0. 9%が雇用保険料の総額となり、うち0. 参考: 住民税の控除はされない 住民税はボーナス支給時に控除されることはありません。 何故、所得税は差し引かれるのに住民税は差し引かれることがないのでしょうか。 その理由は、所得税と住民税は支払う所得の基準となる年が異なるためです。 所得税はその年の所得を基に税額が計算されますので、確定前に概算金額として税金を支払っていることになります。 そのため、払いすぎた場合は、年末調整や確定申告をすることで税金を返してもらうことができます。 所得税は 1年間の総支給額が確定しないまま、源泉徴収という形で税金を徴収していきますので、賞与からも税金を徴収しないと税金計算が複雑になってしまいます。 そのため、賞与についても源泉徴収をする方式をとっています。 一方、住民税は確定した税金を翌年支払う制度です。 そのため、住民税は 1年分を 12で割って、毎月一定額で徴収するほうが、複雑に計算をする必要がありません。 そのためボーナスから住民税が引かれることはありません。 ボーナスに所得税がかかる理由 実は、昔はボーナスに所得税はかかっていませんでした。 ボーナスに所得税が課されるようになったのは 2003年 4月の法改正後からです。 改正前は毎月の給料からのみ所得税が引かれており、ボーナスからは所得税は引かれていませんでした。 そのため、同じ年収でも毎月の給料として多くもらっている人とボーナスを多くもらっている人が支払う税金に差が出るということになります。 具体的に言うと、同じ年収 600万円の人が 2人いるとします。 Aさん:毎月の給料で年間 500万円。 ボーナスとして年間 100万円 Bさん:毎月の給料で年間 400万円。 ボーナスとして年間 200万円 昔の税制度で計算をすると毎月の給料からしか所得税を徴収されず、ボーナスから引かれることは無いため、年間の収入は同じであるにも関わらず、給与としての支給額が多い Aさんの方が高額の所得税を支払う必要があります。 この制度により、毎月の給料を抑え、ボーナスとして多く支払う企業もあったため、税金逃れを防ぐため、また、不公平感を解消するために税制度の改正が行われ、ボーナスも毎月の給与と同じく、所得税が課税される制度となりました。 また企業はどのようにボーナスを決めているのでしょうか。 ボーナス額の決まり方 ボーナス額の決まり方は企業によってさまざまです。 具体的なボーナスの決定方法を見ていきましょう。 部長クラスはいくら、係長はいくらという決め方です。 中小企業に多い方式です。 日本の伝統的な賞与の決定方式です。 支給額を決定する際はスキルや業績に応じて社員を S〜 Dなどのランク分けをして、支給額を決定する方式です。 近年は伝統的な給与連動方式から利益配分方式に変更する企業が増えています。 東証一部上場かつ従業員数 500名以上の主要 21業種・ 251社の大手企業を対象とした調査結果です。 業種別に見ると造船・電気は上昇している一方で、それ以外の業種は前年比減となっていることが がわかります。 ボーナスは毎月の給与よりも変動しやすく、ボーナスの支給額を見ると日本全体の景気がいいのか、また特定の業種の景気がいいのかを判断する材料ともなります。 参考: 中小企業のボーナス 中小企業は企業によってボーナス支給額が大きく異なります。 平均をとると給与の 1カ月分程度と言われていますが、会社によってはボーナスが出ない場合や、大きく利益が出た場合には 2~ 3カ月分が出る場合もあり、中小企業は企業により様々です。 ボーナスにかかる税金・社会保険料の計算方法を知っておこう ボーナスにはどのような税金や社会保険料がかかるのでしょうか、また、何にいくらかかるのか、計算方法を理解しておきましょう。 社会保険料の計算方法 社会保険料が賞与からも引かれるようになったのは 2003年からです。 以前は給与からのみ社会保険料が徴収されていましたが、所得税と同じく同じ年収でも給与として支払われるか、賞与として支払われるかによって社会保険料に差が出ることへの不公平感から賞与からも社会保険料を徴収する法律に改正されました。 健康保険料 健康保険料は賞与支給額に保険料率をかけて計算します。 一方、中小企業が多く加入する協会けんぽの保険料は都道府県により異なり、毎年改定されます。 会社と折半で支払われるため、以下の計算式で計算されます。 厚生年金の保険料は 18. 労働者が何らかの事情で失業してしまった際に、再就職までの生活を安定させるように支援する目的で設立された保険事業です。 雇用保険の保険料率は賞与の1000分の9で、従業員が1000分の3を負担し、残り(1,000分の6)を会社が負担することになります。 社会 保険料はボーナスから金額がたくさん引かれているので、会社にとられているような感覚になってしまいますが、会社が厚生年金保険料や雇用保険料を一部負担してくれていると考えた方が良いでしょう。 源泉所得税の計算方法 賞与の源泉徴収税額は以下のように計算します。 「給与所得の源泉徴収税額表(月額表)」とは国税庁が公表している計算表で「扶養親族等」の人数を考慮して計算できる表に基づいて、その月の所得税が決定します。 賞与では 「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」を用いて計算します。 「給与所得の源泉徴収税額表(月額表)」と「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」は国税庁の HPで確認することができます。 ここからは具体的に計算をしてみましょう。 30歳男性、扶養なしの場合 30歳男性、扶養している人がいない方の賞与が 40万円、前月の給与が 20万円の場合、どのような計算になるのでしょうか。 実際に計算してみましょう。 所得税 所得税は前述の「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」で計算します。 平成 30年度分の表を確認すると、月の給与が 20万円、扶養親族 0人の場合上から 3番目の 79千円から 252千円の範囲に該当します。 表の左側を確認すると税率は 4. 実際は、この表によって算出された税率を賞与額にかけて計算します。 東京都で協会けんぽに加入している企業の場合、以下のとおり計算します。 標準賞与額は賞与支給額を千円未満切り捨てた金額となります。 今回の例の場合、標準賞与額は 40万円となります。 東京都の保険料率は 9. 90%となっていますので、以下の計算式で計算します。 賞与が 40万円の場合は以下の通り計算します。 今回の例の場合は以下の通り計算します。 賞与が 75万 2,100円、前月の給与が 40万円の場合の計算をしてみます。 所得税 「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」で確認すると前月の給与が 40万円、扶養家族が 3人の場合は 398千円~ 417千円の範囲に該当します。 表の左側を確認すると税率は 8. 実際は、この表によって算出された税率を賞与額にかけて計算します。 健康保険料 健康保険料の計算方法は基本的に先ほどの例と同じです。 標準賞与額は賞与支給額を千円未満切り捨てた金額となります。 今回の例の場合、標準賞与額は 75万 2,000円となります。 東京都の保険料率は 9. 90%となっていますので、以下の計算式で計算します。 今回の例の場合は以下の通り計算します。 健康保険料や厚生年金保険とは違い、賞与支給額に保険料率をかけます。 千円未満切り捨てなどの端数処理はしませんので注意しましょう。 今回の例の場合は以下の通り計算します。 概要を把握することは大切ですが、計算方法を全て暗記することは難しいと思います。 また、保険料率等も毎年変わるため、細かい数字を覚えることにはあまり意味がありません。 概要や制度の趣旨を把握した上で、実際に計算する場合は便利なシミュレーションツールを利用するほうが良いでしょう。 利用する場合には、以下のシミュレーションツールがおすすめです。 シミュレーションツールは税制改正を盛り込んでいる上に、必要箇所を入力するだけで、簡単に所得税を計算することができます。 参考: 最後に ボーナス(賞与)の税金や社会保険料について解説してきました。 ボーナスは額面と手取り額に大きな差があるため、何にいくら支払われているか理解しておいた方が良いでしょう。 賞与から差し引かれる金額は大きく分けて社会保険料と所得税です。 支給額から差し引かれてしまうため、お金をとられているような感覚になってしまいますが、社会保険料は働けなくなった時や将来の年金の原資となる大切な制度です。 また、厚生年金など会社と折半になっており、将来のご自身の年金のために会社が半分も年金原資を支払ってくれている大切な制度だということは認識しておきましょう。

次の