ウオノラゴン 性格。 【ポケモン剣盾】マックスレイドバトル 効率周回おすすめポケモン マルチプレイ時

ウオノラゴンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ウオノラゴン 性格

初めまして。 とっきーと申します。 剣盾シーズン2おつかれさまでした。 かわいいをパーティにいれて、最終順位が539位という結果を出すことができました。 誰かの参考になればと思い、構築記事を書いてみることにしました。 【構築経緯】 ウオノラゴンの鉢巻エラがみの高火力を押し付けてイーウィンをしやすいようなパーティにしようと考えた。 そのために、といやしのねがいが使え、切り返しができるを採用。 また、ダイジェットが使えてバトンタッチでSを引き継げるを採用。 ここで、がっぽい動きをしているので、的な炎枠と鋼枠が欲しくなり、とジュラルドンを採用。 最後に対や水技無効特性を持つに対する対抗策としてを採用しパーティが完成しました。 を使う関係で最速の必要がありません。 しかし、通常時も早い方が良いので、最速を抜けるように調整しました。 はエラがみを使いづらい時に、は壁破壊や他の技が使いづらい時に使っていました。 はックスをしたときに相手のSを下げるために採用しました。 使う機会はそこそこあったので、アリだと思います。 大抵の攻撃は一発は耐えてくれるが、二発は耐えない。 死に出しすることが多かったように思う。 カシブのみはドラパルトやが環境に多いので、ゴースト技を耐えてくれるように持たせた。 主な仕事は、して、いやしのねがいをして、消耗した仲間を復活させることです。 状況次第では、からサイキネを打って様子をみたり、で回復しながら粘ってみたりと、器用な動きができました。 使用してみて一番意外だったのは火力が無振りでもそこそこ出る点です。 相手のパーティ次第ですが、ックスして、サイコフィールドを貼りながらダイサイコでフィニッシャーとして活躍した試合がいくつかありました。 もともと、この枠はだったが、対にそこまで性能を発揮せず、また、がこのパーティに刺さっていたので、それに対するとして採用された。 持ちなので一撃技も怖くない。 また、との連携もハマり、中のエースとしても大活躍した。 ックスエースです。 ダイジェットして上昇したSを後続に引き継ぐのが仕事です。 ックス時に急所に当たったときの火力は凄まじいものがあり、だけで相手のパーティが半壊することがよくありました。 先発で出して、すぐさまダイジェットすることが多かったです。 「50%急所って弱そうだな」と思っていましたが、使ってみたら純粋に強いでした。 強者のの型を採用しました。 じならしを採用したのが異なる部分です。 これによってSを下げながら、次のターンに上から攻撃できるようになりました。 に対して、化けの皮を剝がしながらSを下げる動きは強かったです。 耐久もあり、使いやすかったです。 ( 他人の調整パクってばっかだな) 強者のジュラルドンの型を採用しました。 異なる部分はCの数値を少し下げて、Sに振りました。 (Dはあまり) これによって、Sが+1で最速が抜けるように調整しました。 のじならしとも相性がよかったです。 みがわりは、や、といったに刺さりやすく戦術を有利に運ぶ意味で使える技でした。 ウオノラゴンが物理のエースなら、ジュラルドンは特殊のエースだ! …と思って採用しましたが、環境のの多さや、と鋼枠が重複しているのであまり選出できませんでした。 ただ、対害悪に対しては十分な働きを見せてくれました。 選出率:6位(約25%) 【選出】 基本的に先発で出すのは、 、 、 ウオノラゴンのどれか。 どのを相手パーティに一貫させたいか、ということを考えて選出していた。 例えば、ウオノラゴンが刺さっていると思えば、先発(ックスでSをあげてバトンタッチ)+ウオノラゴン+(消耗したウオノラゴンを回復させる) のような並びになっていた。 これといって選出が決まっていたわけではないが ドラパルト の対面構築のパーティには、 ジュラルドンを出すと決めていた。 まず初手のドラパルトには、がックスして、ダイジェット+ダイフェアリーで倒す。 (初手ダイフェアリーは弱点保険を発動させて負けになる) 次に、出るはどっちでもよくて、が一発殴ってから、を出してorを使って倒す流れになります。 対はじならしを入れるとさらにいいです。 ジュラルドンはおまけみたいなものです。 (念のため対として持っていく。 ) 【辛かった】 こいつをどう処理するかが、勝負のすべてを決める。 が相手にいるだけでウオノラゴンを出しづらくなり、も貴重なックスターンを1つ消費する。 だけが後出しで上手く処理できる感じです。 出し負けしたら、終わり。 のいかくでごまかすか、が上から殴れるような状態にしておくのが対処法だと思われます。 のでんじはを当てるのが現実的かも。 の申し子。 ウオノラゴンならHB特化でも半分は削れますが、トーチカ持ちだと、ウオノラゴンに対する消耗が激しくなります。 こいつに対してはジュラルドンでみがわりして、を視野に入れた対応をするしかありませんでした。 【まとめ】 シーズンといわれたシーズン2でしたが、このパーティはで勝負が決まることが少なかったです。 個人的にはサクサク対戦ができて心地よかったです。 いやしのねがいの仕様変更など、知っておかなくてはならないことも多かったですが、いやしのねがいとかバトンタッチとかの動きがハマったときはとても愉快でした。 ただ、が初手ックスする影響で、相手の動きを後半止められなくなるケースが多々あり、それが負けにつながることが多かったのが反省点です。 来期もこのパーティを洗練させていくかは分かりませんが、最終2桁順位をめざしてがんばっていきたいと思います。 ご覧いただきありがとうございました。 tokkypoke.

次の

【ポケモン ソード&シールド】ウオノラゴンの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ウオノラゴン 性格

<前語り> どーも、テストを捨てに全てを捧げた男じゃすぽけと申します。 シーズン2お疲れさまでした。 今シーズンは2ロム体制で挑み、本ROMは最終日2桁にいまいたが爆死。 サブROMは最終日200位前半スタートで勝ち切ることができず、目標の100位内には届きませんでした。 次シーズンこそは2桁乗ります!! TN じゃす 最終日最高64位 最終664位 TN SuzukazeAoba 最終日最高108位 最終151位 <構築経緯> 初手にックスを切って相手のを1. 5匹持って行った後、裏でトリルを展開し鉢巻ウオノラゴンで一掃する構築が強いと考えた。 そこで先発性能が高く決まれば1ターンでアドを稼げる弱点保険ドラパルト、ウオノラゴンのサポート役のカシブという基本的な並びができた。 次に、ドラパミミノラゴン選出では前期流行ったふゆのパにボコボコにされたので、初手要因も兼ねて珠を採用。 初手にックスを切る性質上、相手のックスを凌ぐ方法がトリルだけじゃ厳しいと感じたため、切り返し枠兼誤魔化し枠として襷カウンターメタルバースト(やんちゃD0S0 を採用。 完成形に至るまでの構築がver1. の採用理由は終盤急激に増加したカバギャラサザンガルドカビみたいな並びに苦戦したので、それらを粉砕するため。 の採用理由はウオノラゴンが通せない水吸収組の対策、による受け崩し、欠伸でが流される展開がキツかったので、特性をうるおいボディにし、ダイサンダーを搭載することで眠らずに殴り続けれるため。 構築共有したコロナさんはスーパーボール級から1日で二桁まで上げてて笑った。 〈個体紹介〉 1. ドラパルト 弱点保険 性格:いじっぱり 特性: 技構成 ドラゴンアロー ゴダイ 空を飛ぶ 鋼の翼(大文字) 調整 H236 A196 B44 D4 S28 前期最終4位の調整を丸パクリしました。 詳しくはそちらを参照ください。 最強のタイマン性能で、ある程度周知された状況でも最前線で戦える性能をしていた。 並びのせいなのか弱保ドラパを警戒されることがあまりなく、数々のイーゲームを量産した。 技構成は一致技のドラゴンアローと、Sを上げるために空を飛ぶ、最後の技はシーズンが終わる2時間前くらいに全く大文字を打たなかったので鋼の翼に変更したところ選出した試合は毎回打ってたのでこっちの方は強い。 ダイスチルでBを上げて突破することで相手の後続から出てくるの影うちで縛られなくなるので、1匹倒してかつ皮を剥ぐ動きが強かった。 このゲームはドラパルトです。 選出率4位 率2位 2. 今シーズンのMVPは君だ!!コロナさんと満場一致したので間違いない。 このの強みは珠持ち以外のあらゆるダイジェッターに対して後投げが成立し(は無理)、ターンを枯らしながらトリルを展開することができる。 またカシブのみを持たせることでウオノラゴンが不利を取る、ドラパルトに対しての安定した引先となり、同様にトリルを展開することができる。 おそらく自分が考えた調整の中で一番強い。 のあまりが出たのでSに4振ったが、多分振らない方がいいです。 選出率2位 率6位 3. ウオノラゴン こだわり鉢巻 性格:いじっぱり 特性:がんじょうあご 技構成 エラガミ 逆鱗 ロクブラ 寝言 調整 HA252 S4 A:HB特化乱数一発 62. 9割9分試合に選出し数多のを葬り去ったクレイ火力。 上記を見て貰えばわかるが物理受けとして使われる、アーマーガアを一撃で落とす火力がある為、上から殴れる状況をつくれれば相手の1体消し飛ぶ。 こいつを使うとサイクルしてるのが馬鹿らしく思えてきます。 こいつはではなくカセキメラです。 技構成は最大打点のエラガミ、タイプ一致技の逆鱗、襷カウンターエースバーンがうざかったので回数次第で倒せるロックブラスト、ダイウォール用の寝言。 ダイロックを使う場面が意外と多く、、などに刺さる場面が結構あったのでこれにして正解だと思う。 タイプヌルも一撃で落とします。 選出率1位 率5位 4. 命の珠 性格:控えめ 特性:天の恵み 技構成 エアスラ マジシャ 放射 草結び 調整 H68 B4 C252 D4 S180 C:ダイフェアリー 130 でH193D96ドラパルトに乱数1発(81. 諸説枠。 意識したドラパルトに無類の強さを発揮し、想定どうりの働きをしてくれたが、選出する機会が少なく、後半は置き物になっていた。 からをしてきてを初めて使う側になったが、とりあえず初手怯ましてから考える相手の気持ちが分かった気がする。 使って出た結論はクソ。 HPフルのチョッキをエアスラだけで無傷突破した時は椅子から転げ落ちた。 選出率6位 率4位 5. 特攻85と低すぎてタイマン殴り勝てるか不安だったため、高火力命中不安定技の採用し、対面したと張り合える火力を出せるようにした。 痒いとこに手が届く性能をしており、迷ったら出すみたいな感じで選出していた(最悪零度当てればいいしね?)。 非キョでも普通に強いぞ。 選出率5位 率3位 6. 達人の帯 性格:ゆうかん 特性:砂起こし 技構成 氷のキバ 炎のキバ 雷のキバ 調整 H252 A180 D76 A:ダイアイス 130 で無振り確定1 HD:控えめC特化の2発92. 再戦でない限りだけで相手を半壊させることができる。 無限の技範囲なので実質と言っても過言ではない。 技範囲の広さ故に出せる構築が想定してた以上に多くドラパミミノラゴンで組んだつもりが、後半カバミミノラゴンがスタンダードになっていた。 ちなみに挑発してきたにダイサンダー打つ瞬間が今シーズン一番楽しかった。 受けループに詰められた試合が3兆回あるので次に構築を練る時は運に頼らず勝てるようにしたい。 〈最後に〉 構築共有したコロナさんの最終順位が29位らしいので、この構築は間違いなく強いと思います。 コロナさんの構築記事 この構築に興味がある方がいればレンタル公開しますので良ければ使ってみてください。 5分で試合が終わります。 気になることとかあれば気軽に聞いてもらっても大丈夫です! 改めてシーズン2お疲れ様でした!! Juspoke0817 juspoke0817.

次の

【ダブル】ウオノラゴンの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ウオノラゴン 性格

上をとらなければ意味がない エラがみを使う以上、先に攻撃しなければ意味がないので、性格はようきがおすすめ。 スカーフも持たせてとにかく先手を取れるようにしよう。 ダイマックスでこだわり解除 スカーフウオノラゴンはエラがみを連発するのが基本的な戦い方だが、半減されてしまう相手にはダイマックスして技の縛りを解除するのも有効。 エラがみにこだわらない戦い方として覚えておくといい。 最速スカーフウオノラゴンのSは208なのでこれを基準としよう。 でんじはやこごえるかぜでSを下げるのも有効だ。 きあいのタスキ持ちで相手する ウオノラゴンはこだわりスカーフを持っていることがほとんど。 きあいのタスキ持ちと対面させ、エラがみを耐えた後の反撃で倒そう。 エラがみの仕様について エラがみの威力上昇の条件は 相手より先に攻撃すること。 先制攻撃を出してしまえば威力は弱まる。 また、 交代時のエラがみは先に攻撃した扱いで威力が倍になるので注意。 半減以下にされてしまうのは鋼、炎、水だけ。 攻撃力に自信があるポケモンであれば、等倍でも倒しきれる可能性は高い。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の