Zoom サイン アップ と は。 Zoomでアカウント登録しないでWEB会議をする方法

Zoomの使い方|登録(サインアップ)のやり方<名前入力に注意>

Zoom サイン アップ と は

【Zoom】PCへのインストール方法 まずは、 PCへのインストール手順をご紹介します。 Zoomでは公式アカウントの取得が可能ですが、ダウンロードやインストールにアカウント取得は必須ではありません。 また、ゲストとしてミーティングに参加するだけであれば、アカウントがなくても問題なく利用できます。 ですから、まずはクライアントアプリのダウンロード、インストール方法についてご案内します。 クライアントアプリのダウンロード Zoomのインストーラーは、で配布されています。 ホーム画面下部の「ダウンロード」から、「ミーティングクライアント」をクリックしましょう。 「ミーティング用 Zoomクライアント」のダウンロードをクリックすると、クライアントアプリのインストーラーがダウンロードされます。 クライアントアプリのインストール ダウンロードしたインストーラーを起動すると、インストールが始まります。 Zoomはシンプルなアプリのため、インストール自体に時間はかかりません。 また、特に情報を入力する必要もありません。 アカウント取得 Zoomのダウンロードや利用にはアカウントに取得は必須ではありませんが、ミーティングの主催など Zoomの機能をフル活用するためにはアカウントを持っていることが望ましいでしょう。 今後、ミーティングを主催する予定がある方は、ユーザー登録を行ってください。 まず、にアクセスしてください。 右上の「サインアップは無料です」と書かれたタブをクリックすると、サインアップページに遷移します。 「仕事用メールアドレス」と表示されているボックスにアカウントでユーザー登録用に使用するメールアドレスを入力しましょう。 「サインアップ」をクリックすると、登録確認用のメールが入力したメールアドレスに送信されます。 メーラーを開き、登録確認用のメールを見ましょう。 本文には「アクティブなアカウント」というタブと、アカウント有効化ページの URLが記載されています。 どちらかをクリックし、アカウント有効化のためのページを開いてください。 ブラウザに表示されるページでは「名」「姓」「パスワード」「パスワード(確認用)」を入力します。 パスワードは同じものを 2回入力してください。 また、今後サインインの際に使用しますので、忘れずに控えておくようにしましょう。 その後、「続ける」をクリックし、入力情報に不備がなければアカウント登録完了です。 登録完了を知らせるメールが届きますが、特に操作は必要ありません。 ブラウザ上はプロフィール登録画面に遷移します。 タイムゾーンや国、顔写真を設定してください。 入力後は、「変更を保存」を忘れずクリックするようにしましょう。 以降、公式ホームページ右上の「サインイン」からは、アカウントのページにサインインできます。 サインインにはメールアドレスとパスワードの入力が都度必要です。 パソコンのブラウザに記憶させておくと、サインインが楽になります。 【Zoom】スマートフォンへのインストール方法 スマートフォンに Zoomをインストールするためには、各 OSのアプリ提供プラットフォームを利用します。 iPhoneの場合は iOSのため「 App Store」、 Androidスマホの場合は「 Google Play」です。 ZoomをiPhoneにインストールする方法 Zoomを iPhoneにインストールにはまず、「 App Store」を開きます。 App Storeは iOS公式のアプリ配信プラットフォームであり、 iPhoneには標準で搭載されています。 ホーム画面にアイコンがあるはずなので探してみましょう。 App Storeでは、アプリを名前で検索できます。 検索欄に「 zoom」と入力し、検索してください。 候補が複数表示されますが、「 ZOOM Cloud Meetings」というアプリが該当のアプリです。 「入手」をタップするとダウンロードが始まりますが、サインインしていない場合は Apple IDでのサインインが求められるかもしれません。 取得している IDとパスワードでサインインしてください。 あらかじめ設定している場合は、指紋認証や顔認証も利用できます。 正常に認証が行われるとダウンロードが始まり、ほどなくしてインストールが終了します。 ホーム画面に Zoomのアイコンが追加されていることを確認してください。 ZoomをAndroidにインストールする方法 Androidスマホの公式アプリ配信プラットフォームは「 Google Play」です。 「 Playストア」というアイコンで開けます。 端末や Androidのバージョンによって異なりますが、アイコンはホーム画面、もしくは「設定」にあるケースがほとんどです。 Google Playでは、 Google IDを用います。 あらかじめ端末に Google IDを登録していなかった場合は、サインインが求められるかもしれません。 また、 Google IDを持っていない場合は、作成してから再度 Google Playを利用してください。 Google Playでもアプリを名前で検索できます。 検索窓に「 zoom」と入力しましょう。 「 ZOOM Cloud Meetings」というアプリが該当のアプリです。 「インストール」をタップすると、ダウンロード・およびインストールが始まります。 Zoomのインストールに料金はかかる? Zoomには、ユーザーに応じて複数のプランが用意されており一部のプランは有料です。 Zoomをインストールした際に、料金が発生するようなことはあるのでしょうか? 結論から申し上げると、 OSや端末を問わずダウンロード・インストール時に料金が発生することはありません。 App Storeや Google Playにはダウンロード時に課金されるアプリもありますが、 Zoomは無料でインストールできます。 クレジットカードやプリペイドカードを登録していたとしても、料金発生はありません。 Zoom自体は、無料プランでも十分な機能が展開されています。 開催予定のミーティングの規模やミーティングの所要時間によっては有料プランの切り替えが必要ですが、他のビデオ会議アプリに比べてランニングコストが低い点も評価されています。 まずは、で使用感を確かめ、必要に応じて有料プランに切り替えてはいかがでしょうか。 端末を問わず、 Zoomのインストール方法に特別難しい点はありません。 PCやスマートフォンで何らかのアプリケーションを導入したことがある方であれば、容易にインストールできるでしょう。 あまり経験がない方でも、今回ご紹介した内容を参考にしていただければ問題なくインストールできるはずです。 さらに、シンプルな操作で導入後もスムーズに使用できるのが Zoomの魅力のひとつ。 企業で導入し、会議の効率化に役立ててください。

次の

Zoomでアカウント登録しないでWEB会議をする方法

Zoom サイン アップ と は

Zoomのアカウントとライセンスに関する注意点• Table of Contents• サインアップとサインイン• Zoomでは,アカウントを作成することを「サインアップ」,サインアップしたアカウントで使うことを「サインイン」といいます.• Zoomでは,アカウント名(登録名)としてメールアドレスを使います.アカウントはメールアドレスに紐づけられます.• サインインする目的には以下のようなことがあります• サインインしたアカウントのライセンスでしか使えない機能を使う.• サインインしたアカウントの設定を利用する.ミーティングを開催するときのいろいろな設定をアカウントごとに変えられます.一度設定しておけば,アカウントにサインインすることでその設定を利用できます.• 参加できるミーティングを「認証」により制限しているミーティングに参加する• 「認証」により制限していないミーティングには,サインアップやサインインをしていなくても参加できます. 2つのECCSクラウドメールアドレス• ECCSクラウドメールのメールアドレスは,ab12345678 g. ecc. u-tokyo. jpのような当初に割り当てられたアドレスか,sanshiro-hongo g. ecc. u-tokyo. jpのようなこれを変更したアドレスになっていると思います.• これとは別に,1234567890 g. ecc. u-tokyo. jp のような,数字10桁ので始まるメールアドレスがあります.• この2つのメールアドレスは,どちらに送っても同じECCSクラウドメールに届く有効なメールアドレスです. Zoomのライセンスとメールアドレス• 東京大学の教職員,学生は,参加できる人数が多いライセンス(以下,東大ライセンスと呼びます を使用できます.このライセンスは, 1234567890 g. ecc. u-tokyo. jp のような,数字10桁ので始まるメールアドレスに紐づけられています.• ZoomとECCSクラウドメールは,システムとしては連動していません.• 数字10桁の共通IDで始まるアドレスでサインアップしないと,東大ライセンスを使うことはできません.ECCSクラウドメールのパスワードとZoomのパスワードも別々です.片方を変更してももう一方は変更されません.• また,数字10桁の共通IDで始まるメールアドレスと,普段ECCSクラウドメールで使っているメールアドレスの関係はZoomにはわからないので,この2つのアドレスでそれぞれZoomにサインアップすることもできてしまいます.この場合,後者のアドレスのライセンスは東大ライセンスにはなりません.• 東大ライセンスになっているかどうかは,パソコンでは,でユーザータイプがLicensedになっていることで確認できます.• 東大ライセンスでのサインアップに関するトラブルシューティングについてはをクリックしてください。 WindowsとMacでのサインイン Zoomミーティングにはブラウザのみで参加することもできますが,機能が制限されていること,ブラウザにより動作が異なることなどから,アプリでの利用をおすすめします.ブラウザでURLをクリックして,アプリを立ち上げることができます.このとき, ブラウザとZoomアプリの関係に注意する必要があります.• ブラウザでのサインイン• からサインインすることができます.• サインインしたブラウザで,ZoomミーティングのURLをクリックすると,サインインした状態でミーティングに参加できます.この, サインインしているブラウザでZoomミーティングのURLをクリックする,またはアドレスバーにZoomミーティングのURLを入力する方法が一番簡単です.• ChromeとFirefoxというように,複数のブラウザを使っている場合,サインインしていないブラウザでZoomミーティングのURLをクリックしても,サインイン状態でミーティングには参加できません.• ただし,アプリでサインインしている時には,ブラウザでサインインしていなくともサインイン状態で参加できます.• アプリでのサインイン• 必ずサインインしたブラウザからZoomミーティングに参加するのであれば,アプリでのサインインは不要です.• アプリを直接起動し,サインインしていない状態では以下のようなウィンドウが出てきます.• 「サインイン」をクリックして,Zoomに登録しているメールアドレス 変更していなければ1234567890 g. ecc. u-tokyo. jp のような,数字10桁の共通IDで始まるメールアドレス でサインインします. 講義への参加とZoomの認証• 東京大学と関係のない第三者がオンライン講義に参加して講義を妨害する行為を防ぐために,「認証」による参加制限をしている講義があります.• 「認証」による参加制限がないZoomミーティングには,どのようなメールアドレスでサインアップしたアカウントからも,また,サインインしていない状態でも参加できます.• 「認証」を要求しているミーティングでは,指定のメールアドレスドメインでサインインした状態でミーティングに参加する必要があります.東京大学のオンライン講義では,xxxxx g. ecc. u-tokyo. jpのメールアドレスでサインインした状態で参加します. 認証に失敗したとき• サインインしていないときや,g. ecc. u-tokyo. jp以外のメールアドレスでサインインしているときには,以下のような表示が出ます.「サインインして参加」または「アカウントを切り替えて参加」をクリックして,g. ecc. u-tokyo. jpのメールアドレスでサインインします.Zoomで登録メールアドレスを変更していなければ,1234567890 g. ecc. u-tokyo. jp のような,数字10桁の共通IDで始まるメールアドレスです. サインインして参加できるかどうかのテスト• 以下のGoogle スプレッドシートもしくはOffice 365のMicrosoft Excelシート(いずれも大学アカウントでの認証が必要です)の、「g. ecc. u-tokyo. jp でZoomへのサインインが必要な会議室」につなげるかどうかで、確認できます。 テストに使用してください.• iPhoneなどでは,以下のような画面になります..

次の

Zoomの使い方|登録(サインアップ)のやり方<名前入力に注意>

Zoom サイン アップ と は

【Zoom】PCへのインストール方法 まずは、 PCへのインストール手順をご紹介します。 Zoomでは公式アカウントの取得が可能ですが、ダウンロードやインストールにアカウント取得は必須ではありません。 また、ゲストとしてミーティングに参加するだけであれば、アカウントがなくても問題なく利用できます。 ですから、まずはクライアントアプリのダウンロード、インストール方法についてご案内します。 クライアントアプリのダウンロード Zoomのインストーラーは、で配布されています。 ホーム画面下部の「ダウンロード」から、「ミーティングクライアント」をクリックしましょう。 「ミーティング用 Zoomクライアント」のダウンロードをクリックすると、クライアントアプリのインストーラーがダウンロードされます。 クライアントアプリのインストール ダウンロードしたインストーラーを起動すると、インストールが始まります。 Zoomはシンプルなアプリのため、インストール自体に時間はかかりません。 また、特に情報を入力する必要もありません。 アカウント取得 Zoomのダウンロードや利用にはアカウントに取得は必須ではありませんが、ミーティングの主催など Zoomの機能をフル活用するためにはアカウントを持っていることが望ましいでしょう。 今後、ミーティングを主催する予定がある方は、ユーザー登録を行ってください。 まず、にアクセスしてください。 右上の「サインアップは無料です」と書かれたタブをクリックすると、サインアップページに遷移します。 「仕事用メールアドレス」と表示されているボックスにアカウントでユーザー登録用に使用するメールアドレスを入力しましょう。 「サインアップ」をクリックすると、登録確認用のメールが入力したメールアドレスに送信されます。 メーラーを開き、登録確認用のメールを見ましょう。 本文には「アクティブなアカウント」というタブと、アカウント有効化ページの URLが記載されています。 どちらかをクリックし、アカウント有効化のためのページを開いてください。 ブラウザに表示されるページでは「名」「姓」「パスワード」「パスワード(確認用)」を入力します。 パスワードは同じものを 2回入力してください。 また、今後サインインの際に使用しますので、忘れずに控えておくようにしましょう。 その後、「続ける」をクリックし、入力情報に不備がなければアカウント登録完了です。 登録完了を知らせるメールが届きますが、特に操作は必要ありません。 ブラウザ上はプロフィール登録画面に遷移します。 タイムゾーンや国、顔写真を設定してください。 入力後は、「変更を保存」を忘れずクリックするようにしましょう。 以降、公式ホームページ右上の「サインイン」からは、アカウントのページにサインインできます。 サインインにはメールアドレスとパスワードの入力が都度必要です。 パソコンのブラウザに記憶させておくと、サインインが楽になります。 【Zoom】スマートフォンへのインストール方法 スマートフォンに Zoomをインストールするためには、各 OSのアプリ提供プラットフォームを利用します。 iPhoneの場合は iOSのため「 App Store」、 Androidスマホの場合は「 Google Play」です。 ZoomをiPhoneにインストールする方法 Zoomを iPhoneにインストールにはまず、「 App Store」を開きます。 App Storeは iOS公式のアプリ配信プラットフォームであり、 iPhoneには標準で搭載されています。 ホーム画面にアイコンがあるはずなので探してみましょう。 App Storeでは、アプリを名前で検索できます。 検索欄に「 zoom」と入力し、検索してください。 候補が複数表示されますが、「 ZOOM Cloud Meetings」というアプリが該当のアプリです。 「入手」をタップするとダウンロードが始まりますが、サインインしていない場合は Apple IDでのサインインが求められるかもしれません。 取得している IDとパスワードでサインインしてください。 あらかじめ設定している場合は、指紋認証や顔認証も利用できます。 正常に認証が行われるとダウンロードが始まり、ほどなくしてインストールが終了します。 ホーム画面に Zoomのアイコンが追加されていることを確認してください。 ZoomをAndroidにインストールする方法 Androidスマホの公式アプリ配信プラットフォームは「 Google Play」です。 「 Playストア」というアイコンで開けます。 端末や Androidのバージョンによって異なりますが、アイコンはホーム画面、もしくは「設定」にあるケースがほとんどです。 Google Playでは、 Google IDを用います。 あらかじめ端末に Google IDを登録していなかった場合は、サインインが求められるかもしれません。 また、 Google IDを持っていない場合は、作成してから再度 Google Playを利用してください。 Google Playでもアプリを名前で検索できます。 検索窓に「 zoom」と入力しましょう。 「 ZOOM Cloud Meetings」というアプリが該当のアプリです。 「インストール」をタップすると、ダウンロード・およびインストールが始まります。 Zoomのインストールに料金はかかる? Zoomには、ユーザーに応じて複数のプランが用意されており一部のプランは有料です。 Zoomをインストールした際に、料金が発生するようなことはあるのでしょうか? 結論から申し上げると、 OSや端末を問わずダウンロード・インストール時に料金が発生することはありません。 App Storeや Google Playにはダウンロード時に課金されるアプリもありますが、 Zoomは無料でインストールできます。 クレジットカードやプリペイドカードを登録していたとしても、料金発生はありません。 Zoom自体は、無料プランでも十分な機能が展開されています。 開催予定のミーティングの規模やミーティングの所要時間によっては有料プランの切り替えが必要ですが、他のビデオ会議アプリに比べてランニングコストが低い点も評価されています。 まずは、で使用感を確かめ、必要に応じて有料プランに切り替えてはいかがでしょうか。 端末を問わず、 Zoomのインストール方法に特別難しい点はありません。 PCやスマートフォンで何らかのアプリケーションを導入したことがある方であれば、容易にインストールできるでしょう。 あまり経験がない方でも、今回ご紹介した内容を参考にしていただければ問題なくインストールできるはずです。 さらに、シンプルな操作で導入後もスムーズに使用できるのが Zoomの魅力のひとつ。 企業で導入し、会議の効率化に役立ててください。

次の