袋帯 の たたみ 方。 知っていると得をする!袋帯のたたみ方♪

着物や帯のたたみ方:着物について:着物倶楽部

袋帯 の たたみ 方

袋帯の特徴と基本の仕立ての知識 袋帯の特徴 袋帯は、帯の表地と裏地が袋状に縫いあわされていることからそう呼ばれていますが、最近では表裏を別々に縫って合わせた縫い袋帯が多くなりました。 留袖や訪問着などの礼装や正装の着物に合わせる帯で、吉祥柄などの格調高い柄が多く、お太鼓にすると二重太鼓になる長さがあります。 また、最近ではお召しや紬などの普段着に合わせるしゃれ袋帯も多く出回っており、こちらはモダンでカジュアルな柄が多くて気軽に締められます。 袋帯もしゃれ袋帯も長さや仕立て方に違いはなく、素材や柄の格式によって合わせる着物を選びます。 仮仕立てとは 仮仕立てとは、袋帯の表地と裏地を縫い合わせて一本の帯にした状態のことです。 帯芯などは入っておらず、帯の端も縫い合わせていない状態で、呉服屋さんに置いてある時はたいてい仮仕立てになっています。 本仕立てとは 帯芯を入れて(いれない場合もあります)端を縫い、使える状態に袋帯を仕立てることを言います。 袋帯を自分の好みにあった仕立てにするには 関東仕立てと関西仕立て 袋帯の基本の仕立て方には、関東仕立てと関西仕立てがあります。 袋帯の端には界切線と呼ばれる線が入っていますが、界切線を中に入れて見せないようにした仕立て方が関東仕立てで、見えるのが関西仕立てです。 界切線を見せる意味はあまりなく、現在では関東仕立てが主流を占めており、呉服屋さんも指定がない限りは関東仕立てにするのが一般的です。 帯芯 袋帯を仕立てる時には、通常は帯に張りを出すための帯芯を入れて仕立てます。 帯芯の硬さは様々で、仕立て屋さんが帯の素材に合ったものを入れて仕立ててくれますが、ある程度なら好みに合わせてもらうこともできます。 お太鼓の部分に張りがあった方が好みならば硬めのものを、振袖用で凝った創作結びにしたい場合には柔らかめにしてもらうと、扱いやすい帯になります。 お太鼓柄 袋帯の柄の入り方には3つの種類がありますが、帯を締めた時に、前とお太鼓の部分に柄が出るようになっているものをお太鼓柄と言います。 帯のどの位置に柄が入るかはあらかじめ決まっていますが、太っている方などは思う位置に柄が出ないことがあります。 帯の表に出ない部分に長さを足したりというように、仕立て方である程度調整できることもあるので、相談してみるといいでしょう。 袋帯の特徴と仕立て方。 自分の好みにあった仕立て方のまとめ 袋帯の特徴 ・元々は表地と裏地が袋状に縫い合わされている帯のことを言うが、最近では表裏を別々に縫って合わせた縫い袋帯が多い。 ・袋帯は二重太鼓が作れる長さで、基本的には礼装や正装の着物に合わせる帯だが、普段着に合わせるためのしゃれ袋帯もある。 仮仕立てと本仕立ての違い ・仮仕立てとは、袋帯の表地と裏地を縫い合わせて一本の帯にした状態のことで、呉服屋さんにはこの状態で置いてあることが多い。 ・本仕立てとは、帯芯を入れて端を縫い、袋帯を使える状態に仕立てることを言う。 自分の好みにあった仕立てとは ・袋帯には、関東仕立てと関西仕立てがあり、現在は界切線を中に入れて見せないようにする関東仕立てが主流。 ・帯芯の硬さは様々で、仕立て屋さんが帯の素材に合ったものを入れて仕立ててくれるが、ある程度なら好みに合わせてもらえる。 ・お太鼓の部分に張りを出したい時は硬めを、創作結びなどの凝った帯結びには柔らかめが良い。 お太鼓柄の帯 体形の問題で、お太鼓柄の位置が思う場所に出ない時には、仕立ての時に相談すると良い。

次の

収納にも便利、お太鼓にしわができない帯のたたみ方

袋帯 の たたみ 方

たたみ方のおもな種類 本だたみ (ほんだたみ) 長着(ながぎ)や羽織(はおり)の正しいたたみ方です。 女物、男物、単衣(ひとえ)、袷(あわせ)はこのたたみ方をします。 袖だたみ (そでだたみ) 本だたみに対する仮のたたみ方で、一時的にたたむ場合に用います。 夜着だたみ (よぎだたみ) 二枚重ねの長着や絵羽(えば)模様のきもの、子供のきもの、夜着(よぎ)、丹前(たんぜん)などのたたみ方です。 留袖、男物の紋付き、刺繍(ししゅう)や箔(はく)のある訪問着は、紋や模様を傷めないようこのたたみ方をします。 襦袢だたみ (じゅばんだたみ) 襦袢(じゅばん)やコートなどのたたみ方です。 羽織だたみ (はおりだたみ) 衿の折り返しの「きせ」(縫い目通りではなく深く余分に折られたところ)を崩さずぴったり折りたたむのがコツ。 コートもこのたたみ方をします。 袋帯のたたみ方 袋帯の一般的なお太鼓部分に響かないたたみ方をご紹介します。 名古屋帯のたたみ方 名古屋帯の一般的なお太鼓部分に響かないたたみ方をご紹介します。 ポイント• 明るいところで、広げる場所をきれいにしてたたみます。 きものに汚れがつかないように、たとう紙を敷いた上などでたたむようにしましょう。 いずれのたたみ方の場合も、左手側に衿肩、右手側に裾がくるように置きます。 晴れ着や礼服の模様部分と紋には、薄紙をあてると良いでしょう。 きものは、衿をキチンとたたむのが決め手です。 本だたみ (ほんだたみ) 長着(ながぎ)や羽織(はおり)の正しいたたみ方です。 女物、男物、単衣(ひとえ)、袷(あわせ)はこのたたみ方をします。

次の

帯のたたみ方(袋帯・名古屋帯)

袋帯 の たたみ 方

丈は二つ折り、三つ折りなどたとう紙や収納場所に合わせ調節して下さい。 1.衿を左にし広げます。 次に下前(右)の脇を縫い目できっちりと折ります。 2.下前の衽(おくみ)の縫い目を目安にして手前に折り返します。 3.上前(左)衽を下前(右)の衽の上に重ねます。 4.上前(左)脇の縫い目を下前(右)脇の縫い目に重ねます。 背縫いで折ったよう形になります。 5.左右の袖をそれぞれ、袖付けの縫い目で外側、身頃に向かって折り返します。 7.丈を半分にします。 丈はたとう紙や収納場所に合わせ調節して下さい。 着付け前や着物を準備しておく場合など、一時的な目的で用いられます。 (撮影では、付け下げの着物を使用しています。 夜着だたみは留袖等で用いられることが多いため、5つ紋がある場合を想定して紋に紙を当て説明しています。 ) 1.衿肩明を左にして、 着物を広げます。 2.衿を自然に内側に折りたたみ、脇の縫い目で下前(右)、上前(左)の順にたたみます。 3.袖つけの縫い目で下前の袖(右袖)、上前の袖(左袖)の順に折ります。 袖が身頃の上にきます。 4.紋や箔、刺繍の位置には薄紙や和紙、紋紙などを当て、丁寧に扱います。 5.裾を肩山にあわせ、身頃を半分に折りたたみます。 6.後ろ身頃の柄にも薄紙や和紙を当て、丁寧に扱います。 7.さらに丈を半分に折ります 身頃のたたみシワが気になる場合は、芯になるもの(芯棒など)を間にはさんでおくと良いです。 きもののことなら、 着物のたたみ方・袖だたみ(簡易だたみ) 袖だたみは、着物を広げてたたむスペースがない場合や時間がない場合などに適した一時的なもので、簡易的、洋服感覚のたたみ方といえ、収納する場合などには「本だたみ」をします。 座らず立った姿勢でたためることも、袖だたみの便利な点です。 また浴衣を家庭でお洗濯する時やその他、仕立てをしていない着物は本だたみできないので呉服屋さんやデパートなどで留袖や振袖を店頭に並べる際にも用いられます。 1.肩山、袖山を合わせます。 脇線も同じです。 2.左右の両袖を袖付けの位置で、身頃に向かって折り返します。 3.丈を半分に折ります。 4.必要であれば、さらにもう半分に折ります。 また、肌襦袢も同じようにたたみます。 1.衿を左にし広げます。 下前を脇の縫い目できちんとたたみます。 2.上前も下前と同じように脇の縫い目できちんとたたみます。 3.衿を折る場合は、自然に内側へ折り整えます。 4.背縫いを目安にして、下前の脇を中心に向かってたたみます。 次に袖(袖口)は脇の折り目に向かって折ります。 5.上前も4と同じように、中心に向かってたたみ、袖も同様にします。 (上前、下前の脇線が中心で合います。 ) 6.裾を肩山に向かって、たとう紙に合わせ折ります。 (背縫いが中心にきています)たとう紙などに収納します。 写真は二つ折りにしました。 (お太鼓や胴の柄にあたる部分は、特に注意しましょう。 ) また美しく着付できません。 お仕立て時についてある「折り目」を基本にし、たとう紙の大きさを考えたたみます。 1.たれを左にしておきます 2.胴回りと太鼓の縫いどまりの位置で、三角に折ります。 てを帯の端に揃えて重ねていきます。 3.たれ先の位置で右側と同じように三角に折ります。 4.残りの手の部分は端に揃え、右側三角の底の位置でての残りを内側に折ります。 (帯は厚みがあるので)少しすきまをあけて折り返すと、次の手順で美しくたためます。 5.右三角の底の位置で内側に折ります。 6.左はたとう紙に合わせ丈を調節して下さい。 7.表に返し、たとう紙に収納します。 (お断り:写真は「お太鼓柄の名古屋帯」を便宜上用いていますが、お太鼓柄の帯や特に箔や刺繍のある帯には、不必要な折り目がつくことがありますので用いないで下さい。 ) 1.たれを左にしておき、胴回りと太鼓の縫いどまりの位置で三角に折ります。 2.帯幅に合わせ、ての部分を屏風だたみで重ねていきます (「屏風だたみ」にした状態-横から見たところ) 3.手を重ねた(屏風だたみの)部分を芯にして、たれの部分を巻いていきます。 (巻いている状態) 4.最後は形がつかないよう、たれ先だけ反対側に折り返します。 5.持ち運ぶ時は、風呂敷などに包んでください。 (注意) 帯に一旦不必要な折り目を入れると折り目はとれません。 (お太鼓や胴の柄にあたる部分は、特に注意しましょう。 ) また美しく着付できません。 お仕立て時についてある「折り目」を基本にし、たとう紙の大きさを考えたたみます。 1.外表にして(柄のある方が表)前後の柄がほぼ同じ位置にくるように合わせます。 2.たれ先(左)に合わせて折り返し、手の部分(右)も帯幅に合わせ折り返します。 3.お太鼓および前の柄に折り目がつかないよう注意し、左右内側に折り返します。 たとう紙に合わせ長さを調節して下さい。 4.表に返し、たとう紙に収納します。 最後にたとう紙に合わせ、コートの丈を折り返します。 写真:道行コート(六分丈) 写真:雨コート(対丈) 1.スナップやボタンは外した状態にし、衿を左にして広げます。 2.左右脇の縫い目できっちり折り、下前(右)上前(左)の順にたたみます。 3.背縫いを目安にして、左右脇の縫い目が中央で重なるよう、下前(右)上前(左)の順に中心に向かって折ります。 袖は、袖口の部分を折り幅に合わせるようたたみます。 5.たとう紙に合うように、必要であれば丈を折ります。 マチとは前身頃と後ろ身頃の間にある台形の形をした部分をいいます。 (下の写真参照)たたみむ時には、それらの点に注意します。 また羽織には前下がりがついているので(2の写真にあるように)裾がずれたような形になります。 衿を縫い目に沿って外側(身頃側)に折ります。 左右の脇の縫い目が重なった状態になります。 3.下前(右)の衿に上前(左)の衿を重ねます。 5.上前(左)の脇の縫い目を下前(右)の脇の縫い目に重ねます。 (背縫いで折った形になります。 ) 6.袖をそれぞれ外側に折ります。 7.たとう紙に合わせ、必要であれば丈を折ります。 羽織、道行コート、雨コートまでお手頃価格で揃います、.

次の