道しるべ の し る べ の 語源。 「ポチ」の語源は?

道しるべ、「しるべ」の語源は?【ことば検定】 答え林修

道しるべ の し る べ の 語源

私も飯間さんと同じように、子どもの頃は、日本語のことはなんでも知ってるえらい先生が国語辞典を作っているとおもっていた(しかも私は口述筆記をイメージしていた)。 でも「」を観たら、ふつうの人々がふつうの生活のなかでコツコツと執筆を重ねていく姿が描かれていて、考えてみれば当たり前なんですけど。 飯間さんは、町を歩いているときも、テレビを見たり漫画を読んでいるときも、つねに変わった日本語がないかと探して、ことばを集めて書き留めていく。 だから「ことばハンター」。 辞書作りが、ふつうの人のふつうの仕事であるとは言っても、やはり、言葉への興味・関心、そして繊細な感受性があってこその仕事なんだなということがわかります。 いわれてみれば漠然とした「水の事故」とか、スパゲティの略語としての「スパ」とか、私なら当たり前すぎてスルーしてしまいそう。 でも、この「当たり前」である言葉こそが生きた言葉であり、それこそが、国語辞典が収録しなければならない現代の日本語なのですね。 個性的な国語辞典といえば『新明解』が有名だけど、それぞれの辞書によって特色があるというのも面白かった。 飯間さんの『三省堂国語辞典』は簡素な説明を心がけているそうです。 それで、この、「簡素」でありながら、その言葉の意味を余すところなく表現できる説明を書かなければならない、その難しさも書かれていて、辞書作りの苦労がわかりやすく伝わってきます。 子どもたちにもぜひ読んでほしいけど、大人が読んでもとても興味深く、そして、おだやかな文章から伝わってくる、飯間さんの静かな情熱が感動的。 派手さはないけど、とても尊いお仕事です。 言葉に対するアンテナを敏感に張り巡らせて、正確な言葉をつかみ取っていけるようになりたいな、と思わせてくれる一冊でした。

次の

国語辞典は道しるべ

道しるべ の し る べ の 語源

私も飯間さんと同じように、子どもの頃は、日本語のことはなんでも知ってるえらい先生が国語辞典を作っているとおもっていた(しかも私は口述筆記をイメージしていた)。 でも「」を観たら、ふつうの人々がふつうの生活のなかでコツコツと執筆を重ねていく姿が描かれていて、考えてみれば当たり前なんですけど。 飯間さんは、町を歩いているときも、テレビを見たり漫画を読んでいるときも、つねに変わった日本語がないかと探して、ことばを集めて書き留めていく。 だから「ことばハンター」。 辞書作りが、ふつうの人のふつうの仕事であるとは言っても、やはり、言葉への興味・関心、そして繊細な感受性があってこその仕事なんだなということがわかります。 いわれてみれば漠然とした「水の事故」とか、スパゲティの略語としての「スパ」とか、私なら当たり前すぎてスルーしてしまいそう。 でも、この「当たり前」である言葉こそが生きた言葉であり、それこそが、国語辞典が収録しなければならない現代の日本語なのですね。 個性的な国語辞典といえば『新明解』が有名だけど、それぞれの辞書によって特色があるというのも面白かった。 飯間さんの『三省堂国語辞典』は簡素な説明を心がけているそうです。 それで、この、「簡素」でありながら、その言葉の意味を余すところなく表現できる説明を書かなければならない、その難しさも書かれていて、辞書作りの苦労がわかりやすく伝わってきます。 子どもたちにもぜひ読んでほしいけど、大人が読んでもとても興味深く、そして、おだやかな文章から伝わってくる、飯間さんの静かな情熱が感動的。 派手さはないけど、とても尊いお仕事です。 言葉に対するアンテナを敏感に張り巡らせて、正確な言葉をつかみ取っていけるようになりたいな、と思わせてくれる一冊でした。

次の

舞祭組 道しるべ 歌詞

道しるべ の し る べ の 語源

道しるべ、「しるべ」の語源は? 青 知る 赤 記す 緑 学問の基本 ことば検定の答え 答えは 青 知る 「 知る辺」との表記あり。 「知っている人。 知り合い」の意味 辞書の意味は、 1 道案内をすること。 また、その人やそのもの。 また、その人やそのもの。 【ことば検定】答えの解説 ここから林先生の解説です。 道しるべ 道しるべは、道をとって、「しるべ」とするだけでも、「道案内」の意味となります。 「道しるべ」の言葉の語源は古く、平安時代から使われてきました。 「知る」と「方」 しるべは、「知る」と「べ」に分けられます。 「べ」は「方」または「辺」と書いて「べ」と読みます。 方向、その辺り、という意味です。 「しる」の方は、道案内をする人は、やはり道を「知る」必要があるということで、しるべの語源は「知る」ということになるそうです。 西行の短歌 百人一首にも収録されている歌人、西行の歌には うぐひすの声を山路の しるべにて花見てつたふ岩のかけ道 吉野山うれしかりける しるべかなさらでは奥の花を見ましや やま人よ 吉野の奥の しるべせよ 花も訪ねん また思ひあり など、「しるべ」を使った短歌、和歌が見られます。 前回のことば検定の問題 依田司さん紹介スポット 東京周辺の今日の天気 雨は降りませんが、強風注意です。 全国的に平年より低めです 全国の天気 長野、金沢以北は雪が降ります 週間天気予報 明日は穏やかな晴天、木金曜日に一時気温は上がりますが、週末は強い雨に注意です。 それでは皆様、今日も一日、お元気でお過ごしください! このあとの、「お天気検定」「ニュース検定」の問題と答えはこちらです! 今日の放送後に更新します。

次の