西松屋 paypay。 西松屋でPayPay(ペイペイ )やLINE Pay(ラインペイ )などのQRコード決済は使えるのか?西松屋でのキャッシュレス事情

【新型コロナ】西松屋は、なぜコロナ禍でも店を開け続けられたのか?(たまひよONLINE)

西松屋 paypay

緊急事態宣言下でも営業を続けた「西松屋チェーン」 多くのお店が閉店を選択する状況で、西松屋チェーンはなぜ営業を続けたのか、株式会社西松屋チェーンの総務部春井さんに聞きました。 ーー緊急事態宣言時の西松屋さんの店舗対応について教えてください。 春井さん(以下敬称略) 緊急事態が宣言された後も、お客様と従業員の安全を最優先に考えたうえで、全国の店舗で通常営業を続けることを基本方針としました。 ショッピングセンターなどに出店している一部の店舗では、それぞれの施設の方針に合わせ、休業や営業時間の短縮を行っていますが、休業店舗は、5月のゴールデンウィーク中の最も多い時期でも、1,000店舗超中、約40店舗にとどまりました。 ーーなぜ店舗を開け続けるという判断をしたのですか? 春井 当社は、粉ミルクやベビーフードをはじめ、紙おむつやおしりふき、新生児用の衣料品などのベビー用品から、妊産婦向けマタニティ用品など、いわゆる「赤ちゃんを産み育てる際の必需品」を幅広く扱っています。 「必需品」なので、緊急事態宣言下でも、通常営業で、お求めいただきやすい価格でご提供することが、お客様に対する一番のご支援になると考えました。 ーー営業するにあたって「気をつけたこと」はどんな点ですか? 春井 お客様と従業員の安全確保に最大限配慮し、安心してお買い物していただけるよう、感染防止に細心の注意を払っています。 もともと1店舗当たりの売上が一定の金額を超え、店舗が混雑するようになった場合、近隣に新たな店舗を出店して混雑を緩和しています。 また、多くの店舗には専用の駐車場があり、すぐ前までお車を乗り付けていただけます。 店内レイアウトや売場案内表示も分かりやすくしており、短時間でお買い物していただける、いわゆる「ショートタイム・ショッピング」が可能なため、店内が混み合うことはあまりありません。 ーー確かに。 駐車場がついている店舗が都内でも多いですよね。 それにベビーカー利用客が多いからか、店内も広い印象です。 春井 はい。 店舗は天井が高く、通路の幅も広く直線なため、お客様同士や、お客様と従業員の距離が十分に確保できるようになっています。 こうした店舗づくりが、ソーシャルディスタンスの確保に有効に機能しいるものと考えています。 ーー利用者からはどんな反応や声がありましたか? 春井 ホームページを経由した電子メールを通じて、店舗の従業員に対する感謝や励ましのお言葉をいただいています。 「コロナの影響でご苦労をされている中、営業を続けてくださって大変感謝しています」 「このような状況の中、お店を開いてくださってありがとうございます。 特に、レジなど最前線で対応してくださっている方々に感謝します」 などのお声をはじめ、 「こどもの日のプレゼントに、おもちゃを買ってあげることができた」 といったお声もありました。 ーー今後の予定や、ママ・パパへのメッセージなどがありましたらお願いします。 春井 お子様がいるご家庭に安心して子育てしていただけるよう、必要とされる商品をご提供し続けることが、ベビー・子供・マタニティ用品を取り扱う当社の重要な役割と考えています。 ご不便をおかけしないよう、安全確保に十分に留意したうえで、引き続き全国の店舗で営業を続けてまいります。 緊急事態宣言が解除されてからも、数年は新しい生活様式=ソーシャルディスタンスを保つ生活が欠かせないものとなるかもしれないと言われています。 ソーシャルディスタンスが保たれた買い物が可能となっている西松屋チェーンは、妊婦さん、ママ・パパなど子育てに関わる人の心強い味方となりそうです。 適正な品質・機能とお買い求めいただきやすい価格とを兼ね備えたプライベートブランド商品を中心に、子育てに必要な日常のくらし用品を幅広く取りそろえる。 たまひよ ONLINE編集部.

次の

西松屋でPayPay(ペイペイ )やLINE Pay(ラインペイ )などのQRコード決済は使えるのか?西松屋でのキャッシュレス事情

西松屋 paypay

ヤマダ電機で使えるQRコード(スマホ)決済をはじめとしたキャッシュレス状況 ヤマダ電機ではPayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ)をはじめとしたQRコード決済は利用できるのでしょうか? QRコード決済 2019年3月現在は、 PayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ )については導入済み。 他には中国人向けにAlipayやWeChatPayなどQRコード決済の導入もあります。 PayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ)についてはキャンペーンが行われると、店舗内でも大々的に取り上げられています!! その他に 楽天Pay(RPay)やOrigami Pay(オリガミペイ)、d払いなどのQRコード決済については導入はされていません。 クレジットカード また、現金以外の支払い方法(キャッシュレス)という観点であれば、 ヤマダ電機ではクレジットカードはビザ・マスター・JCB・アメックス・ダイナースと一通り利用することは可能。 さらに銀聯カードについても取り扱いがあります。 中国系のインバウンド利用を取り込む為には必要なブランドですね。 電子マネー ヤマダ電機では Suicaなどの交通系の電子マネーや、iDやQUICPayなどのクレジットカード会社提供の電子決済は利用不可。 家電量販店ですので、高額な決済があるからなのか、高額決済のできない電子マネーは取り扱いなしです。 これだけ使えれば、決済手段という意味ではなんら問題はないですね。 ヤマダ電機でQRコード決済の今後 ヤマダ電機では、PayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ )についてのみ QRコード決済(スマホ決済)を利用することができます。 AlipayやWeChatPayなどの中国人向けのQRコード決済の導入もありますし、 外国人対応としてはクレジットカードや銀聯も使えるので決済手段としては充実しています。。 今後、楽天Pay(RPay)やOrigami Pay(オリガミペイ)、d払いについての導入がなされるかというところが気になりますが、積極的な導入はしないのではないかと考えられます。 PayPay(ペイペイ)とLINE Pay(ラインペイ )さえ導入しておけばQRコード決済についてのシェアはかなりカバーしているものと思われるからです。 あまり支払いのコードを増やしても店員さんも困るでしょうしね。 競合他社の状況はどうかというと、ケンタッキーではQRコード決済の一つのOrigami Pay(オリガミペイ )が使えるようになっていますね。 QRコード決済はまだ発展途上なので、これからも各種キャンペーンは行われていくでしょう。 キャンペーンが行われたらヤマダ電機でも積極的に使っていきたいです。

次の

「PayPay」と「LINE Pay」の違いと使い方 実際に両方使ってみた

西松屋 paypay

緊急事態宣言下でも営業を続けた「西松屋チェーン」 多くのお店が閉店を選択する状況で、西松屋チェーンはなぜ営業を続けたのか、株式会社西松屋チェーンの総務部春井さんに聞きました。 ーー緊急事態宣言時の西松屋さんの店舗対応について教えてください。 春井さん(以下敬称略) 緊急事態が宣言された後も、お客様と従業員の安全を最優先に考えたうえで、全国の店舗で通常営業を続けることを基本方針としました。 ショッピングセンターなどに出店している一部の店舗では、それぞれの施設の方針に合わせ、休業や営業時間の短縮を行っていますが、休業店舗は、5月のゴールデンウィーク中の最も多い時期でも、1,000店舗超中、約40店舗にとどまりました。 ーーなぜ店舗を開け続けるという判断をしたのですか? 春井 当社は、粉ミルクやベビーフードをはじめ、紙おむつやおしりふき、新生児用の衣料品などのベビー用品から、妊産婦向けマタニティ用品など、いわゆる「赤ちゃんを産み育てる際の必需品」を幅広く扱っています。 「必需品」なので、緊急事態宣言下でも、通常営業で、お求めいただきやすい価格でご提供することが、お客様に対する一番のご支援になると考えました。 ーー営業するにあたって「気をつけたこと」はどんな点ですか? 春井 お客様と従業員の安全確保に最大限配慮し、安心してお買い物していただけるよう、感染防止に細心の注意を払っています。 もともと1店舗当たりの売上が一定の金額を超え、店舗が混雑するようになった場合、近隣に新たな店舗を出店して混雑を緩和しています。 また、多くの店舗には専用の駐車場があり、すぐ前までお車を乗り付けていただけます。 店内レイアウトや売場案内表示も分かりやすくしており、短時間でお買い物していただける、いわゆる「ショートタイム・ショッピング」が可能なため、店内が混み合うことはあまりありません。 ーー確かに。 駐車場がついている店舗が都内でも多いですよね。 それにベビーカー利用客が多いからか、店内も広い印象です。 春井 はい。 店舗は天井が高く、通路の幅も広く直線なため、お客様同士や、お客様と従業員の距離が十分に確保できるようになっています。 こうした店舗づくりが、ソーシャルディスタンスの確保に有効に機能しいるものと考えています。 ーー利用者からはどんな反応や声がありましたか? 春井 ホームページを経由した電子メールを通じて、店舗の従業員に対する感謝や励ましのお言葉をいただいています。 「コロナの影響でご苦労をされている中、営業を続けてくださって大変感謝しています」 「このような状況の中、お店を開いてくださってありがとうございます。 特に、レジなど最前線で対応してくださっている方々に感謝します」 などのお声をはじめ、 「こどもの日のプレゼントに、おもちゃを買ってあげることができた」 といったお声もありました。 ーー今後の予定や、ママ・パパへのメッセージなどがありましたらお願いします。 春井 お子様がいるご家庭に安心して子育てしていただけるよう、必要とされる商品をご提供し続けることが、ベビー・子供・マタニティ用品を取り扱う当社の重要な役割と考えています。 ご不便をおかけしないよう、安全確保に十分に留意したうえで、引き続き全国の店舗で営業を続けてまいります。 緊急事態宣言が解除されてからも、数年は新しい生活様式=ソーシャルディスタンスを保つ生活が欠かせないものとなるかもしれないと言われています。 ソーシャルディスタンスが保たれた買い物が可能となっている西松屋チェーンは、妊婦さん、ママ・パパなど子育てに関わる人の心強い味方となりそうです。 適正な品質・機能とお買い求めいただきやすい価格とを兼ね備えたプライベートブランド商品を中心に、子育てに必要な日常のくらし用品を幅広く取りそろえる。 たまひよ ONLINE編集部.

次の