銀河 英雄 伝説 die neue these 星 乱 第 一 章。 銀河英雄伝説

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 動画(放送中)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

銀河 英雄 伝説 die neue these 星 乱 第 一 章

名作揃いの2019年アニメ映画群の一つと言えるのが「」の第一章~第三章。 原作ファンのワタクシは、もちろん全三作劇場で観てきました! まぁ、「全」と言いましても、からの続きで、これからまだ続くのですけどね。 そんな感じで、基本はですから、構成は30分一話、それを幾つかまとめたものとなっています。 ただ、それを劇場の大画面で観られるというのが、なんともファン冥利に尽きるというものです。 当然のことながら期待通りの素晴らしいアニメでした! 前アニメ版は残念ながら未見なのですが、今回のアニメも、やはり大名作のアニメ化ということもあってか、スタッフが気合入りまくっているのがひしひしと伝わってくるようでした。 映像にするとわかりやすい 映像で改めて観ると、小説では今ひとつわかりにくいところがわかりやすくなっていたところもありましたねー。 戦闘シーンなんかはその最たるものだと思います。 またCGのクォリティも高かったですね。 作画や動きやなども一級品であったと思います。 特に戦艦の巨大感は大画面に耐えうるものでした。 もちろん、小説の方が心情などはより細かくわかりやすいのですが。 それぞれが補完し合うので、原作とアニメの両方を観るのがベストかもわかりません。 彼は何もできなかった上に、大きな損失を社会に与えてしまいます。 改めて映像で見ると、こんなに間抜けな男だったことを知って驚いてしまいました。 なんせフレデリカのお父さんですからね、もっと崇高な人であって欲しかったです。 逆に言うと、こういう重要な登場人物にこういう役どころを与えるということは、それくらい、どんな人でも武力を持つとクーデターの魅力には抗えなくなる、ということを言いたかったのかもしれません。 の先見性 上記のの役どころのように、示唆に富むところの多いのがこの銀の大きな魅力の一つだと思うのですが、大先生(もう、大先生と呼ぶのが本当に相応しいと思っています)の慧眼には感服させられっぱなしです。 今回のエピソードにも名言が多かったですねぇ。 個人的に特に響いたのはヤンの「人の命よりものがある。 人の命よりものはない。 前者は戦争を始める時、後者は戦争を終わらせる時だ」(ウロ覚え)という言葉でした。 また、第二章についてなんですけど、内容的にちょっと辛いシーンのある章なので、暗澹たる気持ちにもなった章なのですが、特にスタジアムでの虐殺のシーンは、なんというか、衝撃的というか、考えさせられるというか(こう書くとえらいチープですが)。 そのシーンに至るまでの状況が、言ってしまえば、かつての日本と現代の中国を混ぜたような状況だ、と思ったんです。 これがもう何年も前の作品なので、銀の警鐘性を褒めるべきか、進歩していない人間をけなすべきか、評価の分かれるところではあると思います。 そして第三章では、ヤンがトリューニヒトを権力の座に着かせる民衆とは一体何なのだろう?と自問する台詞があるのですが、これはそのまま現代の世界的な状況に当てはめることができるように思います。 むしろ、この原作が世に出た時よりも尚、今の時代に当てはまる。 また、続けてヤンは、独裁者はそういった民衆を見て使命感を感じて独裁者になったのではないか、とも言うんです。 不吉な言葉だと思いますが、当たってる気もしてしまいます。 の優位性 僕はヤンが一番好きな登場人物なんですけど、やっぱり彼は物語中、もっとも達観した視線を持っていて、それは自分をも冷徹に見つめているように思うんです。 その感じが、むしろどこか浮世離れしていて、とても好きなんですよね。 もっとも、普段の彼は、趣味や思考が俗物だったりゲンキンだったりするんですけどねw そこがまたヤンの魅力なんだよなあ。 そのヤンのセリフに「流した血以上のことが自分にはできるのか」というのがあるのですが、ヤンの意に反して背負わされたものの大きさを物語っていて、短いながら、ヤンというキャターを全方位からよく表した名ゼリフだと思います。 思うに、田中先生はヤンに自分の主だった考え方を全て投影しているのではないかな、と勘繰ってしまいます。 じゃなきゃ、こんなセリフ言わせないと思うんですよね。 あと、「人は頭が回るようになると愚かなことを考えてしまいがち」というセリフもあるのですが、これは作品全体としてラインハルトの作戦を揶揄しているものと思われます。 ヤンは帝国内で内乱が起こると知った時、ラインハルトと同じ作戦、つまり捕虜を使って国内を混乱に陥れようと、ふと思うんです。 でも、それは人道に反する愚かなことだ、と自分を諌めるんですね。 一方、それを躊躇なく実行してしまったのがラインハルトです。 ここに人として、ヤンの方が常にラインハルトよりも優位に立っていることを表しているように思います。 一見すると、ラインハルトの方が煌びやかで高貴な貴族、という風貌ですが、その実、崇高な魂を持っているのはどちらなんでしょうか? また、同盟が帝国領を統治した時、反乱を起こさせるよう計らったのもラインハルトで、これについてもヤンは「自分にも思い付くだろうができない」と言っています。 ここも同じことを表していると言えるでしょう。 このシーンは現在のカにおける中東支配をも見越していたように思えてしまいます。 民主政治を与えれば、そこの市民は無条件に自分たちを歓迎してくれる、という勘違いが産んだ悲劇と言えるでしょう。 圧政を敷かれていたとしても、そこにはそこの文化がある。 それをよく知っていたのは日本を統治していただったのかもしれません。 第三章では色んな登場人物がそれぞれに翻弄され、ヤンもまた同様であるのですが、それでもヤンは比較的安定しているんですね。 常に理性を失わない。 ここら辺がヤンのすごいところであり、一見頼りないように見えるけど、鋼の精神力を持っているのだと思います。 第三章は辛い そして、今シリーズ最終章となる第三章はですねぇ…辛ーい! 小説を読んで、筋は知っているのに、いや知っているからこそ、先がわかって却って泣けてしまいます。 そういう人は多いらしく、がブラスターを手放すシーンで既にすすり泣いている人もいました(そりゃそうだ!)。 それに、映像にすると余計に泣けるというか。 ここらへんは制作陣や演技陣の素晴らしい仕事が物を言ってる感じですかね。 でも、それだけに辛い…。 がラインハルトに苦言を呈するシーン、メルカッツが亡命を決断するシーン、そしての最期のシーン、またラインハルトと姉の電話のシーン、もうね、ここはホント泣けた。 まぁ、メルカッツのくだりは違う意味の「泣ける」ですが。 いやー、それにしても第三章はラインハルトに襲い来る試練の数々が、さすがにキツかったですね。 それもこれも全てはオーベルシュタインの策のせいなので、俺は本当にオーベルシュタインが大嫌いだ。 俺はオーベルシュタインが嫌いだ ここから下は僕の感情に任せた文章なので、読み飛ばして頂いて一向に構いませんw ホント、俺は感情に流されて映画観るなー。 オーベルシュタインって、頭はキレる(狡賢い)し、先も見据える力があるのかもしれないけど、人間を見る力はないですね。 また、先の先の大局を見据える力もなかったです。 逆にオーベルシュタインの持っていなかったものをは全て持っていました。 それだけに、オーベルシュタインに対するの優位は動かなかったです。 そこら辺の嫉妬があるから、オーベルシュタインは遠回しにを暗殺したのだろう、と思ってます。 僕はね。 だから、オーベルシュタインのほくそ笑む姿を想像すると更に腹が立つ(そんなシーンはないけど)。 あと、やっぱりオーベルシュタインは人間というものをわかっていなかったのだと改めて思いました。 ラインハルトの暴走を止められるのは無二の親友のしかいない。 しかもは賢明な人物です。 彼ほどナンバー2にふさわしい人物はいなかったでしょう。 冷徹なだけでは人は治められない。 人間は机上の空論では動かないのです。 なんだか、革命のことを思い出してしまいました。 の失敗は人間というものへの洞察があまりにも足りていなかった。 オーベルシュタインもまさに、同じように、人間への洞察があまりにも欠けていましたね。 azzurri10.

次の

『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章』作品情報

銀河 英雄 伝説 die neue these 星 乱 第 一 章

解説 ベストセラー作家・田中芳樹による大長編SF小説で、過去にアニメ化もされた「銀河英雄伝説」を、新たにProduction I. Gの制作でアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」のセカンドシーズン第1章。 2018年に放送されたファーストシーズン「邂逅」(第1~12話)に続くセカンドシーズン「星乱」(第13~24話)は、全12話を4話ずつ全3章にわけて劇場上映する。 宇宙暦796年(帝国暦487年)、3000万人の将兵を動員した自由惑星同盟の遠征軍は、銀河帝国宇宙艦隊副司令長官となったラインハルト率いる大艦隊と交戦し、大きな被害を受けるも、残存戦力を集結させて戦闘を継続。 後に「アムリッツァ星域会戦」と呼称される大規模な艦隊戦が行われた。 さらに銀河帝国では、皇帝フリードリヒ四世が後継者を指名しないまま急死。 帝国内で門閥貴族による権力闘争が始まる。 そして一方の自由惑星同盟内でも、大規模な軍事クーデターが起ころうとしていた。 2019年製作/94分/G/日本 配給:松竹メディア事業部 スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む 一番盛り上がるべきシーンなのに尺も短いし ヤンがどういう風に活躍したのかも見えない あれじゃフィッシャーがえらいんだねで終わるレベル オリジナルで包囲網突破の独自演出を入れているけど意味不明 保険として逃げるときの準備だけに第10艦隊の残存兵力(13艦隊に割り当てられた戦力の3割) 登用して艦隊戦の中であんなでっかい隕石をごちゃごちゃ使うってどうなのよ 道原版の漫画あたりからオマージュしたかもしれんが、 あっちはあくまで地の利を生かして前準備しただけの無人くんですよ 兵力を割いていない そもそも戦況がどのように変化したのかが分からない 同盟がどれだけ不利な状況で開戦したのか? そこからヤンがどれだけ盛り返したのか? アムリッツァ恒星をいかに活用したのか? 最終的にどのくらい壊滅したのか? 映像だけ綺麗でもこんなんじゃ意味ないだろ それ以降は2章3章への冗長な前振りでしかない キャスト陣も何人か配役間違っているだろって感じだ (今回からだとヒルデとリンチあたり) 花澤さんが語っていたが当初はカリンの予定がヒルデに変わったとのこと 花澤カリンならばっちりとおもうが、3期以降は絶望的で回ってこないのも分かる それでも、じゃあ花澤さんをヒルデにしましょうって考えが 役の合う合わないではなく政治的に配役を決めていすぎて冷めてしまう 結局TV版から立て直せているようで、まったく立て直せていない Powered by• 2019年• 2019年• 2019年• 1993年• 1992年• 1991年• 1988年 銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画• インタビュー• ニュース• C 田中芳樹/松竹・Production I. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第一章

銀河 英雄 伝説 die neue these 星 乱 第 一 章

名作揃いの2019年アニメ映画群の一つと言えるのが「」の第一章~第三章。 原作ファンのワタクシは、もちろん全三作劇場で観てきました! まぁ、「全」と言いましても、からの続きで、これからまだ続くのですけどね。 そんな感じで、基本はですから、構成は30分一話、それを幾つかまとめたものとなっています。 ただ、それを劇場の大画面で観られるというのが、なんともファン冥利に尽きるというものです。 当然のことながら期待通りの素晴らしいアニメでした! 前アニメ版は残念ながら未見なのですが、今回のアニメも、やはり大名作のアニメ化ということもあってか、スタッフが気合入りまくっているのがひしひしと伝わってくるようでした。 映像にするとわかりやすい 映像で改めて観ると、小説では今ひとつわかりにくいところがわかりやすくなっていたところもありましたねー。 戦闘シーンなんかはその最たるものだと思います。 またCGのクォリティも高かったですね。 作画や動きやなども一級品であったと思います。 特に戦艦の巨大感は大画面に耐えうるものでした。 もちろん、小説の方が心情などはより細かくわかりやすいのですが。 それぞれが補完し合うので、原作とアニメの両方を観るのがベストかもわかりません。 彼は何もできなかった上に、大きな損失を社会に与えてしまいます。 改めて映像で見ると、こんなに間抜けな男だったことを知って驚いてしまいました。 なんせフレデリカのお父さんですからね、もっと崇高な人であって欲しかったです。 逆に言うと、こういう重要な登場人物にこういう役どころを与えるということは、それくらい、どんな人でも武力を持つとクーデターの魅力には抗えなくなる、ということを言いたかったのかもしれません。 の先見性 上記のの役どころのように、示唆に富むところの多いのがこの銀の大きな魅力の一つだと思うのですが、大先生(もう、大先生と呼ぶのが本当に相応しいと思っています)の慧眼には感服させられっぱなしです。 今回のエピソードにも名言が多かったですねぇ。 個人的に特に響いたのはヤンの「人の命よりものがある。 人の命よりものはない。 前者は戦争を始める時、後者は戦争を終わらせる時だ」(ウロ覚え)という言葉でした。 また、第二章についてなんですけど、内容的にちょっと辛いシーンのある章なので、暗澹たる気持ちにもなった章なのですが、特にスタジアムでの虐殺のシーンは、なんというか、衝撃的というか、考えさせられるというか(こう書くとえらいチープですが)。 そのシーンに至るまでの状況が、言ってしまえば、かつての日本と現代の中国を混ぜたような状況だ、と思ったんです。 これがもう何年も前の作品なので、銀の警鐘性を褒めるべきか、進歩していない人間をけなすべきか、評価の分かれるところではあると思います。 そして第三章では、ヤンがトリューニヒトを権力の座に着かせる民衆とは一体何なのだろう?と自問する台詞があるのですが、これはそのまま現代の世界的な状況に当てはめることができるように思います。 むしろ、この原作が世に出た時よりも尚、今の時代に当てはまる。 また、続けてヤンは、独裁者はそういった民衆を見て使命感を感じて独裁者になったのではないか、とも言うんです。 不吉な言葉だと思いますが、当たってる気もしてしまいます。 の優位性 僕はヤンが一番好きな登場人物なんですけど、やっぱり彼は物語中、もっとも達観した視線を持っていて、それは自分をも冷徹に見つめているように思うんです。 その感じが、むしろどこか浮世離れしていて、とても好きなんですよね。 もっとも、普段の彼は、趣味や思考が俗物だったりゲンキンだったりするんですけどねw そこがまたヤンの魅力なんだよなあ。 そのヤンのセリフに「流した血以上のことが自分にはできるのか」というのがあるのですが、ヤンの意に反して背負わされたものの大きさを物語っていて、短いながら、ヤンというキャターを全方位からよく表した名ゼリフだと思います。 思うに、田中先生はヤンに自分の主だった考え方を全て投影しているのではないかな、と勘繰ってしまいます。 じゃなきゃ、こんなセリフ言わせないと思うんですよね。 あと、「人は頭が回るようになると愚かなことを考えてしまいがち」というセリフもあるのですが、これは作品全体としてラインハルトの作戦を揶揄しているものと思われます。 ヤンは帝国内で内乱が起こると知った時、ラインハルトと同じ作戦、つまり捕虜を使って国内を混乱に陥れようと、ふと思うんです。 でも、それは人道に反する愚かなことだ、と自分を諌めるんですね。 一方、それを躊躇なく実行してしまったのがラインハルトです。 ここに人として、ヤンの方が常にラインハルトよりも優位に立っていることを表しているように思います。 一見すると、ラインハルトの方が煌びやかで高貴な貴族、という風貌ですが、その実、崇高な魂を持っているのはどちらなんでしょうか? また、同盟が帝国領を統治した時、反乱を起こさせるよう計らったのもラインハルトで、これについてもヤンは「自分にも思い付くだろうができない」と言っています。 ここも同じことを表していると言えるでしょう。 このシーンは現在のカにおける中東支配をも見越していたように思えてしまいます。 民主政治を与えれば、そこの市民は無条件に自分たちを歓迎してくれる、という勘違いが産んだ悲劇と言えるでしょう。 圧政を敷かれていたとしても、そこにはそこの文化がある。 それをよく知っていたのは日本を統治していただったのかもしれません。 第三章では色んな登場人物がそれぞれに翻弄され、ヤンもまた同様であるのですが、それでもヤンは比較的安定しているんですね。 常に理性を失わない。 ここら辺がヤンのすごいところであり、一見頼りないように見えるけど、鋼の精神力を持っているのだと思います。 第三章は辛い そして、今シリーズ最終章となる第三章はですねぇ…辛ーい! 小説を読んで、筋は知っているのに、いや知っているからこそ、先がわかって却って泣けてしまいます。 そういう人は多いらしく、がブラスターを手放すシーンで既にすすり泣いている人もいました(そりゃそうだ!)。 それに、映像にすると余計に泣けるというか。 ここらへんは制作陣や演技陣の素晴らしい仕事が物を言ってる感じですかね。 でも、それだけに辛い…。 がラインハルトに苦言を呈するシーン、メルカッツが亡命を決断するシーン、そしての最期のシーン、またラインハルトと姉の電話のシーン、もうね、ここはホント泣けた。 まぁ、メルカッツのくだりは違う意味の「泣ける」ですが。 いやー、それにしても第三章はラインハルトに襲い来る試練の数々が、さすがにキツかったですね。 それもこれも全てはオーベルシュタインの策のせいなので、俺は本当にオーベルシュタインが大嫌いだ。 俺はオーベルシュタインが嫌いだ ここから下は僕の感情に任せた文章なので、読み飛ばして頂いて一向に構いませんw ホント、俺は感情に流されて映画観るなー。 オーベルシュタインって、頭はキレる(狡賢い)し、先も見据える力があるのかもしれないけど、人間を見る力はないですね。 また、先の先の大局を見据える力もなかったです。 逆にオーベルシュタインの持っていなかったものをは全て持っていました。 それだけに、オーベルシュタインに対するの優位は動かなかったです。 そこら辺の嫉妬があるから、オーベルシュタインは遠回しにを暗殺したのだろう、と思ってます。 僕はね。 だから、オーベルシュタインのほくそ笑む姿を想像すると更に腹が立つ(そんなシーンはないけど)。 あと、やっぱりオーベルシュタインは人間というものをわかっていなかったのだと改めて思いました。 ラインハルトの暴走を止められるのは無二の親友のしかいない。 しかもは賢明な人物です。 彼ほどナンバー2にふさわしい人物はいなかったでしょう。 冷徹なだけでは人は治められない。 人間は机上の空論では動かないのです。 なんだか、革命のことを思い出してしまいました。 の失敗は人間というものへの洞察があまりにも足りていなかった。 オーベルシュタインもまさに、同じように、人間への洞察があまりにも欠けていましたね。 azzurri10.

次の