キンカン の 育て 方。 柑橘 キンカン 大実金柑 福寿 苗 育て方 苗木部 By 花ひろばオンライン

種なし金柑「ぷちまる」の育て方・お手入れ方法

キンカン の 育て 方

キンカン 金柑 の肥料のやり方、時期について キンカン 金柑 に最適な肥料、そして肥料を与える時期についてご説明致します。 キンカン 金柑 とは キンカン 金柑 はミカン科キンカン属の常緑低木で耐寒性が強く、栽培が簡単で育てやすくビタミンを多く含んだ果実を実らせる樹木で栽培用の樹木だけでなく、多くの方に植木や庭木としても親しまれて栽培されています。 また、別名ではキンキツ 金橘 とも呼ばれています。 キンカン 金柑 肥料を与える時期 キンカン 金柑 に施肥を行う時期は下記のようになります。 地植え 庭植え の場合 地植え 庭植え の場合は、2月と10月に「緩効性肥料」や「油粕などの有機肥料」を施肥するのが効果的です。 鉢植えの場合 鉢植えの場合は、2月・5月・10月に「緩効性肥料」や「油粕などの有機肥料」を施肥するのが効果的です。 キンカン 金柑 に施肥を行う場所について 樹木は基本的に根の先端から肥料成分を吸収するので幹に近い所は避け、枝の先端の下ぐらいの地面の表面や地中 肥料を埋めて に施肥を行いましょう。 また、地中に肥料を埋めて与える際は樹木を中心として輪を描くように穴を掘り埋めて与えるのが理想的ですが、大変な手間がかかるので均等に幅を設けて穴を掘って肥料を埋めるのも効果的で深さ10cmぐらいで施肥すると効果的です。 キンカン 金柑 に効く肥料・活力剤は? キンカン 金柑 に施肥を行う場合は緩効性肥料が効果的でオススメです。 キンカン 金柑 は地植え 庭植え の場合は2月と10月、鉢植えの場合は2月・5月・10月に緩効性肥料を施肥すると効果的でゆっくりと溶け出して成分が浸透していき、1年を通して栄養が十分に溶けて行き渡るので新芽や花芽の増加、果実の着果や結実の促進、根張りの強化が期待できます。 当サイトでは肥料と合わせての使用をオススメしております。 は植木の細根を発達させ、光合成能力を発達させる働きを持っているため、 肥料と合わせて使用することで土中に溶け出した肥料分を効率よく摂取させることができます。 また、は緩効性の活力剤なので単品では肥料焼けを起こさないので弱っている樹木の場合でも安心してご使用頂けます。 肥料焼け 肥料のやり過ぎ で樹木が弱っている場合は肥料を与えないようにしてのみを使用すると効果的で症状の改善が期待できます。 また、効果が長持ちで年間1回の施肥で緩効性肥料のように約1年効果が持続し、成分が土壌の深層までゆっくりと浸透していくので樹木の根を傷めることや肥料やけの心配がないので安心です。 スーパーバイネとグリーンパイルが相性の良い理由は・・・ スーパーバイネとグリーンパイルは「年間を通して溶けていく緩効性の活力剤」と「土壌の深層まで成分を浸透できる肥料」なので相性が良く、「グリーンパイルが土壌に浸透させた肥料成分」を「スーパーバイネが樹木を活性化させることで根からの吸収を促進する 助ける 」ことで「樹木に栄養をしっかりと吸収させ、健全な状態 樹勢が良い状態 にする」ことができます。 そのため、 活力剤スーパーバイネと打込み型肥料グリーンパイルは年間1回の施肥の場合でも高い効果が期待でき、樹勢をしっかりと回復できるので効果的です。 松の黄化回復事例:スーパーバイネ• 松の黄化回復にスーパーバイネ2kg・打ち込み型肥料4本を使用。 ご使用者様の感想:五葉松の黄化がひどくなり、木が弱り落葉する状態であった。 すばらしいです。 弱っていた五葉松が見事によみがえりました。 施工場所:個人宅 山梨県甲府市• 施工者:ご購入者様 スーパーバイネ使用事例:桜の花芽増加• 桜の花芽増量にスーパーバイネおよび肥料を使用• 前年の同時期と比べて花芽が増えているのがわかります。 施工場所:滋賀県内 今買うとお得!期間限定セール 実施中! 造園分野の記事• 庭木への施肥方法と時期• 園芸分野の記事•

次の

キンカンを植木鉢で育てる|果樹栽培記録

キンカン の 育て 方

Contents• そのため、霜にあたった程度で枯れることはありません。 とはいえ、なるべく良い環境で育てるためにも日当たりが良く、風通しの良い場所で育てましょう。 ただし、日当たりが良くても 西日が当たる場所を避け、 寒い時期に冷たい風が直に当たる場所は避けましょう。 キンカンの水やり キンカンを地植えにするのであれば特に水やりの必要はありませんが、気温が高くなる夏や 成長期である春は、土の表面の状態を良く観察し、乾いていたら水を与えましょう。 鉢植えにする場合は土の表面が乾いていたらたっぷりと水を与えます。 キンカンは厳しい環境でも育てられる比較的丈夫な植物ではありますが、 乾燥させすぎると花が付きにくくなり、花が育たないと実も付かなくなりますので注意しましょう。 また、凍結しないように水やりは午前中に与えてください。 キンカンの用土と肥料 キンカンは 水はけのよい土を好む植物です。 ご自分で土を作る場合は、腐葉土と赤玉土を3:7の割合で混ぜ合わせたものを使いましょう。 肥料は、 地植えにする場合は 植え付けをするときと 2月と 10月、 鉢植えにする場合は 2月、 5月、 10月に与えます。 より実が付きやすくなるように7月~9月、鉢植えにする場合は開花前の5月~6月にも肥料を与えましょう。 肥料は化成肥料か有機肥料を選び、株の根元に蒔いておきます。 キンカンの種まき キンカンは寒い時期には発芽しませんので、 3月~5月頃が適しています。 始めは育苗ポットを使って育てますが、鉢植えに種を蒔く場合には 鉢の8割程度の深さまで土を入れ、指か割り箸を使って2cm~3cm程の深さに穴を開け、2~3粒を目安に種を蒔きます。 上から軽く土を被せた後は、発芽するまでたっぷりと水を与えましょう。 キンカンの植え替え方 【キンカンの苗】 キンカンの苗木を鉢植えにする場合には、 3月から4月、遅くとも5月までには植え替えを行いましょう。 まず鉢を用意したらんだはずの底に鉢底石を敷き、赤球土を全体の7割程度、腐葉土を全体の 3割程度の割合で混ぜ合せます。 用意できなかった場合は市販の果樹用の培養土を使用してもかまいません。 苗木が倒れないよう調整しながら高さを決め、今度は鉢の8割程度の深さまで土を入れていきます。 しっかりと根が張るまでは、支柱を立てて 8の字になるよう紐で結び固定します。 使用する紐はビニール紐でもかまいません。 植え替えが終わった後は、たっぷりと水を与え日当たりの良い場所で半日陰になるよう育てます。 スポンサーリンク 地植えにする場合 キンカンを地植えにする場合には、 3月から遅くとも5月までに行います。 雪が降らない温かい地方の場合は10月中旬ごろから下旬にかけても植え付けが可能です。 キンカンの苗木を地植えにする場合には日当たりの良い場所を選び、水はけがよいかについても注意しましょう。 キンカンは、成長すると 1mから2mほどの高さまで成長しますので、 しっかりと日当たりが確保できるかどうか、季節による違いについても確認してください。 また、どの程度の大きさに育てるかによって、周囲とどの程度間隔をとるかについても考えましょう。 場所を決めたら直径と深さが50cm程度になるように穴を掘り、腐葉土と赤球土を7:3の割合で混ぜ合せ土を作ります。 もともと植えてあった鉢からキンカンの苗木を取り出し、根の周りについた土を柔らかくほぐします。 苗木の根元まで土を入れたら、手の平を使って上から抑え込むように土を固めます。 鉢植えの時と同じように、苗木が倒れてしまわないようしっかりと根付くまで支柱を立てておき、紐を8の字になるように結んで固定します。 以上が、作業手順となります。 しっかりと根付くまでは、たっぷりと水を与えましょう。 キンカンの剪定と切り戻し キンカンは 植え付けを行ってから3年経過するまでに樹形を形作っておきましょう。 それ以降はあまりしっかりと剪定を行わず、軽く間引きする程度にとどめます。 3年経過した後であまりしっかりと剪定をしてしまうと、実が付きにくくなりますので注意して下さい。 キンカンの樹形は 「ほうき」を逆さにした形をイメージして下さい。 3年目以降は、枝同士が密集して日当たりや風通しが悪くなっているところを剪定するだけにとどめましょう。 あまりしっかりと選定をしてしまうと、実が付きにくくなってしまうことのほかに、枝をカットした部分から雑菌が入り病気にかかりやすくなって枯れてしまうことがあります。 キンカンの摘果 キンカンの花は、 7月から8月にかけてと10月頃の年2回咲きます。 質の良い実を収穫するためにも、秋に咲いた花はすべて取り除いておき、枝を疲れさせないようにしましょう。 夏に咲いた花に実をつけた場合には摘果を行います。 キンカンは1か所にまとまって実をつけるので、 大きな実を2つか3つほど選び、後は摘み取っておきましょう。 キンカンの収穫方法 キンカンの種類にもよりますが、 キンカンの収穫は2月から5月頃に行います。 だいたい 150日程度経過したころを目安に収穫すると良いでしょう。 キンカンは植え付けをしてからすぐは実をつけませんが 3年ほど経過するとたくさん実を付けるようになります。 特に夏に咲く花が最も多く実を付けますが、鉢植えにする場合には、そのままでは授粉できませんので、人工授粉を行います。 人工授粉するには、花を咲かせた後で筆や綿棒を使って花の中心を優しく撫でるだけで簡単に行えます。 実をつけたら9月ごろに摘果して、果実の数を調整して下さい。 適度に実を取り除いておかないと、栄養が足りず味が落ちるため、 一本の枝に付き1個から2個、 全体に10個から15個程度実を付けるように調整します。 鉢植えの場合は全体で8個から10個程度実を付けるように調整しましょう。 花を咲かせてから150日ぐらい経過すると実が熟してオレンジ色になってきますので、それが収穫のタイミングとなります。 まだ黄色いうちに収穫してしまうと、酸味が強すぎて食べることができません。 収穫したキンカンの実は生で食べることもできますが、煮詰めてジャムにするのもおすすめです。 スポンサーリンク キンカンの病害虫 病気を防ぐためには、 日当たりと水はけに注意することが重要なポイントとなりますが、キンカンなどの果樹は病害虫のほか、鳥害にも気をつけなければいけません。 キンカンはほかの植物に比べ丈夫ではありますが、葉や幹などに症状が現れる潰瘍病やソウカ病などのほか、黒点病にもかかりやすいため注意が必要です。 それでは次に、 キンカンがかかりやすい病気と注意するべき害虫について紹介します。 アブラムシ アブラムシは春から秋にかけて発生し、特に 3月から5月にかけて多く発生しますので注意が必要です。 特に葉がまだ若くやわらかい場合は、葉の裏にアブラムシが付くことがありますので注意しましょう。 アブラムシが寄生すると葉から栄養を吸収して枯らせてしまうことがあります。 アブラムシを取り除くには、 霧吹きに水を入れて吹きかけるだけで簡単に取り除くことができますが、範囲が広い場合にはホースを使って水を吹きかけてあげましょう。 また、水に食器用洗剤や牛乳を混ぜて吹きかけるととりのぞきやすくなります。 キアゲハ キアゲハの幼虫は食慾旺盛で、 葉を食べ尽くし枯らせてしまうことがありますので、見つけた時にはすぐに取り除いてください。 ピンセットや割りばしで一つずつ摘まみ取る方法もありますが、殺虫剤を散布してもかまいません。 果実を食用にするときはなるべく殺虫剤を使わずピンセットや割りばしを使って根気よく取り除いた方がよいでしょう。 潰瘍病 【住友化学園芸 サンボルドー】 潰瘍病は、 柑橘系の樹木がかかりやすい病気の一つです。 潰瘍病に感染すると、葉のほかに枝や果実に感染し、症状が進むと実や葉が落ちて収穫できなくなってしまいます。 梅雨が過ぎて台風の時期になると発生しやすくなりますので注意しましょう。 すでに潰瘍病に感染してしまっている場合には、殺虫剤を散布して対策を講じましょう。 ソウカ病 【住友化学園芸 ベニカベジフルスプレー 420ml】 ソウカ病に感染すると 葉や果実にいぼ状の病斑が現れます。 特に 気温が低下し雨の量が増えると発生しやすくなります。 ソウカ病の発生を抑えるには、病斑が現れた葉や実を早めに取り除いて被害の拡大を防ぎましょう。 そのあとで殺虫剤を散布します。 黒点病 黒点病はカビが原因で発生する病気です。 黒点病になると、 葉っぱや茎に黒い斑点状の病斑が現れます。 これをそのまま放置すると徐々に黒点が大きくなり、斑点同士がつながってどんどん被害が拡大してしまいます。 黒点病に感染してしまった場合には、 病斑が現れた部分を早目に取り除いてください。 雨が降ると感染が広がりますので、殺虫剤を散布して拡大を防いでください。 キンカンの場合は1週間ごとに殺虫剤を散布し、定期的に管理すると病気にかかりにくくなります。 見た目にも可愛いキンカンを美味しく育てよう キンカンは見栄えもよく、果実は皮ごと食べることができるなど、いろいろと楽しむことができる植物です。 また、 果実はビタミンを多く含み栄養価が高いので、生で食べるほかジャムやサラダ、甘露煮を作って楽しむのもおすすめです。 キンカンの実は、小さなミカンのようだ可愛らしく、玄関やお部屋に飾り付けたり インテリアとしても役立ちます。 また、 丈夫な植物でもありますので、果実を育てるのは初めてという方はまず、キンカンを育てて楽しんでみてはいかがでしょうか。

次の

キンカン(金柑)栽培☆鉢植えやプランターでの育て方

キンカン の 育て 方

キンカンにはいつ、どのような肥料を? [キンカンの肥料] キンカンは木の大きさの割にたくさんの実をつける果樹です。 そのため、肥料不足になると生理落下が多くなったり、 残った実も思うように大きくならないことがあります。 与える肥料は時期によって少し変わります。 また、与える肥料のメーカーや株の育ち具合によって、 与える肥料の適量は変わります。 必要以上に肥料を与えてしまうと、肥料焼けを起こしてしまい、 根が傷んだり最悪は枯れてしまうこともあります。 肥料のパッケージの裏などに与える目安が記載されていますので、 よく確認しておきましょう。 もし不安な場合は、少量から試してみるようにします。 その時期の生長に合った肥料を与えることが重要ですので、 ぜひ参考にしてください。 芽や根を動かすためには、やはり養分が必要です。 春になり、きちんと芽や根が、 しっかりと育つために与える肥料が春肥です。 時期は3月下旬~4月中旬までの間です。 与える肥料は、できれば有機質のものがいいでしょう。 化成肥料であっても、ゆっくりと効果が出る緩効性のものを選びましょう。 最近では、柑橘の肥料や金柑の肥料、果樹の肥料などといった、 専用の肥料も便利です。 ただし、この時期は即効性の肥料よりも、 緩効性のものの方が効果的です。 使用する肥料がどのような効果のあるものかを、 必ず確認してから与えるようにしましょう。 キンカンは年に1回~3回、枝を伸ばしながら花を咲かせます。 温かいこの時期は、キンカンにとってはとても大忙しな時期です。 根と枝を伸ばし、葉を展開させ、花を咲かせて実をつけます。 株全体が生長し、実もつき始める時期でもあるので、 肥料切れにならないように与えるのが夏肥です。 時期は5月下旬~6月頃です。 この時期は根や枝や花や実と、養分が取り合いになっている状態です。 足りない養分を補うよう、 素早く効果の出る肥料を与える必要があります。 そのため、夏肥は即効性のある化成肥料を与えましょう。 また、秋には翌年に咲く花芽を作ります。 それが終わり、冬になり寒くなると、 落葉こそしないものの、ほとんど生育しない休眠時期となります。 夏の終わりから秋の間に実の肥大を促進し、 花芽の形成も促すのが秋肥です。 時期は暑さのおさまり始める9月~10月頃です。 冬になり、生育が止まると肥料は不要になります。 それまでの間に与えた肥料分を使い切るようにする必要があるため、 ここでは即効性のある化成肥料を与えましょう。 水切れや過湿、病気などが思い当たらない場合は、 肥料切れのサインである可能性があります。 即効性のある液体肥料を、 規定通りか少し薄めに作り、水の代わりに与えます。 10日~2週間に1回くらいのペースで液体肥料を様子を見ながら与え、 葉色が戻ったら与えるのをやめます。 あくまでも補助としての肥料なので、 与えすぎには十分注意しましょう。

次の