俺ガイル 最終巻 ネタバレ。 俺ガイル最終巻読了しました

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル)』14巻(最終巻) 感想・考察:本物を求め続けた先にある青春ラブコメの答え

俺ガイル 最終巻 ネタバレ

「や、やっはろー」 俺ガイル14巻、読みたいような、、でも読みたくなくないような複雑な気持ちで読み進めました。。。。 終わってしまうって、勿体ないですよねぇ。 いやー、ついに、長い長い、約9年間、、物語が終わりました、、、 俺ガイル、完、って、感じです。 っべーですよね。 っべー。 まじっべーわー。 本来であれば、感想・考察は、論理的にロジカルシンキングしたいところはありますが、 感情的に、エモショーナルライティングを書いていきたいと思います。 (何回書くのよ)• ちょっと、もう、読むまで待ちきれないあなた。 読了の余韻に浸りたいぼっちのあなた。 お金が無くて買えなかったあなたへ。 じんわりネタバレ&ふりかえりをしていきますよ。 ちなみに僕は、海老名さん推しですが、腐女子感ゼロで、ワーストバイというかんじでした。。 比企谷、雪ノ下雪乃、由比ヶ浜、3人の恋の結末は、、、【ネタバレ】 結末からいうと、 とが結ばれます。 どちらかを選ぶという、物語の構成上しかたないのですが、結局比企谷は素直に「好き」という簡単な言葉が出てきませんでしたねぇ。 言葉を尽くして、こねくり回して、回りくどく陰湿なやり方しかできないのが八幡であり、彼の最大の魅力であり、ボッチの理想形であり、不器用の教科書なのですからね。 そこが八幡的にポイントが高いのかもしれませんが、小町的にはポイント減点でしょうね。 小学館なので、ある程度、青春の爽やかな部分がないと、会社的には悪評が立つので、ドロドロの三角関係は無かったですね。 結ばれた2人は、いいんですよ。 で、 本当、胸が痛くなるのは、由比ヶ浜ですよ。 あれだけ3人で過ごしてきた1年間の結果、雪ノ下にヒッキーを持っていかれたわけですからね。 でも単に、雪ノ下を憎める訳ではなく、「全部欲しい」と願った代償なのかもしれません。 ヒッキーの気持ちが自分だけに向けられたものじゃない事は、 友人として、奉仕部としての活動が、男子と女子の関係になるのは必然ですよ。 結ばれない人が必ず出てくるわけで、、ね。 ただ、そこは由比ヶ浜も、苦虫を噛みながら独りで泣いているわけですよ。 ここが、本当に読んでいて、男泣きしましたよ。 辛かったです。 以下ガハマの独白です。 引用 涙は流れなかった。 もうたくさん泣いたから。 でも、やっぱり言葉は出ない。 言葉なんて出ない。 好きだなんて、たった一言じゃ言えない。 それ以前の話で、それ以上の問題で、それどころじゃない感情だ。 あたしは、あたしたちは、初めて本当に恋をした。 引用:やはり俺の青春ラブコメは間違っている14巻 切ない、、。 本当にラブコメでしょうか? 結局、彼女の願いは彼女の願いを叶えることで、彼女の願いは雲散霧消してアオハルは爆発する 1年間続いた奉仕部の勝負の結果、「負けた人が勝った人の言うことを何でも聞く」というルールがあった。 そして、9年間、着々と勝負を繰り返した結果、八幡が負け、雪ノ下の勝ちということになった。 そして、雪ノ下の願いは「由比ヶ浜の願いを叶えてあげて」ということ。 そして、由比ヶ浜の願いは、沢山あった。 プロムを手伝うこと• 打ち上げをすること(犠プロム企画メンバー達で)• 小町ちゃんの入学のお祝いをすること でも、由比ヶ浜の本当に最後の願いはこうだった。 「私のお願いはね、ずっと前から決まっているの」 「・・・全部欲しい」 「だからこんななんでもない放課後に、ゆきのんがいてほしい。 ヒッキーとゆきのんがいるところにわたしもいたいって思う」 引用:やはり俺の青春ラブコメは間違っている14巻 そして、比企谷は「難易度が高いがやってみる」と言って、実行に移す。 比企谷は、本当に捻くれているし、拗らせている。 比企谷がピッチャーをするなら、変化球しかなく、決め球がなく投げ続けるだろう。 そして球団は絶対、千葉ロッテだろう。 比企谷が、由比ヶ浜の最後の願いを叶える為?に取った行動は? 「 当て馬犠プロム計画の復活」だった。 土下座して、遊戯部の秦野と相模弟(相模は文化祭のガチヒール役女)にサイトを復活させてもらい、雪ノ下陽乃に情報のリークを頼んだ。 一度は、ボツになったものを復活させて、「雪ノ下とまた接点を持とう」という狙いだった。 このプロムの目的がはっきりせず、誰も得をしない。 とういうか、本当に、目的は雪ノ下と接点を持つだけで、大義がない。 結局、雪ノ下が責任者になって、当て馬だったプロムを本当に開催することになった。 でも、また面倒なプロム実行するに当たって、雪ノ下は意味が分からなかった。 なぜ、こんな誰も得をしないプロムをするなんていい出したのか。 八幡の回答は 「あれしかお前と関わる方法がなかった」 「由比ヶ浜の願いを叶える一環と言えなくもない」 とすごく曖昧な返事し、決め台詞がなくずるずると、告白の様な、やり取りが続く。 「手放したら、二度とつかめねんだよ。 」 「だからお前の人生を歪める権利をくれ」 「もろもろ全部やるから、お前の人生に関わらせてくれ」 「人生歪める対価には足らないだろうけど、まぁ全部やる。 要らなかったら捨ててくれ。 面倒だったら忘れていい。 こっちで勝手にやるから返事も別にしなくていい」 引用:やはり俺の青春ラブコメは間違っている14巻 と、気持ちを伝えたような、芯に当てたような言葉を八幡はいいます。 それに対して雪ノ下は、 「私はちゃんと言うわ」 そして、俺の肩口にそっと額を当てた 「あなたの人生を私にください」 引用:やはり俺の青春ラブコメは間違っている14巻 ひゅーーーーーー! と。 こんな感じです。 ひゃーー。 曖昧なひねくれた八幡に対して、逆に、逆告白ですよ。 想いは言葉よりも、額からの熱伝導と。。。 アオハルかっ。 由比ヶ浜の願いは、届かず。 いや、これは、由比ヶ浜ファンからしたら、バッドエンドです。 ガハマファンも、ハンカチを食い千切りながら読むしかなかったでしょうね。。。 由比ヶ浜の独白で、明らかになる、号泣してた事実、、、 いや、結構重たい話ですよね。 全体的に、八幡目線で書かれているから、由比ヶ浜の独白がコントラストですごく重たくて、恋空とか、赤い糸みたいなグラビティですよ。 コメディって軽くいえないですよね。 どこがコメディーなんだ。 くそーー。 「ラブ」以外の俺ガイル14巻の見どころ集! 結局、真剣なラブストーリになっちゃうわけですが、 ちゃんと コメディ要素がっつりなんですよね。 流石、渡てんてい。 ( 本当コメディて軽く言えない) 本当のぼっちエンドのバッドエンドは続いていく 本当に可愛そうになったなぁと思うのは、です。 はシッポまでぎっしり「可愛そう」が詰まっています。 結構初期で出てきたキャラなのに、雪ノ下には名前を覚えて貰っていません。 最後の方なのに「財津」っていってました。 笑、誰だよ財津。 笑 スピンオフ作品名は、「財津ガイル」でしょうか。 由比ヶ浜の猛攻に全国津々浦々のおっさんどもが夢の跡 「 ・・・・私と、踊ってくださいませんか」 と、プロム中、八幡に照れながら言う由比ヶ浜。 しゃなりと礼をする由比ヶ浜、暗がりの中でも分かる赤い頬。 渋々踊るヒッキーにブスクレなら踊り切る。 音楽に埋もれる声で、 「 ・・・次で最後のお願いにするね。 」 と由比ヶ浜。 でも、これが、八幡が叶えた最後のお願いになるんですよね。。。 いやぁ。 切ない。 叶わない夢ってどうしてこんなに儚いんでしょうか。 最後の最後、一色と小町が勝手に復活させた奉仕部に依頼を頼む由比ヶ浜が本当切ない。 「あたしの好きな人にね、彼女みたいな感じの人がいるんだけど、それがあたしの一番大事な友だちで……。 ……でも、これからもずっと仲良くしたいの。 どうしたらいいかな?」 引用:やはり俺の青春ラブコメは間違っている14巻 それ、言っちゃう!?アオハルか。 まだ、まだ、青春ラブコメは終わっていませんね。 「平塚先生の告白と結末」実は1番八幡のことを想っている説 13巻の見開きのカラーページには、花束を受け取る平塚先生、、、!? 14巻にて花束を渡す比企谷 合わせると、、、 そうか、、、この2人が、、、 ちがう!ちがう!こんな青春ラブコメまちがってる! というか、13巻での退任が決まっているので、この絵は退任式ですよね。 笑 退任式の絵だよね、、、、とおもって、14巻を読み進めていると、 まさかの展開でした! との2人きりドライブから、 バッティングセンターからの、 告白、、、、• 「私も君対して思うことが沢山ある」• 「 君がすきだよ」• 「照れるな照れるな」 と、平塚先生が、俺ガイルの中でも純愛乙女キャラなのかもしれません。 「 君は私にとって、最高の生徒だよ。 そういう意味では本当に好ましく想っている」とちゃんと、付け加えましたが、、笑 けっこう、この14巻の中で、びっくりした場面です。 このシーンを読んで心臓が止まった方が全国で5名ほどいらっしゃるとか(俺の予想) 男としてではく、生徒として好き、でしょう。 あと、最後にホールで平塚先生と八幡の2人きりになり、 「君と踊るのをすっかり忘れていた」と踊りたいと言い出す先生。 そして、平塚先生は、八幡と鼻歌で踊り、ヒールで八幡の足を踏む。 ころんだ八幡にかぶさるかたちで倒れる平塚先生。 もう、ベタ過ぎる。 でもコレが平塚先生らしい。 本当は、八幡とどうにかなってしまいたかったのでは?ガラスの靴をわざと落とす感覚で、わざと八幡の足を踏んづけた説まである。 「得したな」笑 本当八幡が羨ましい! 「リア充ばくはつしろーーーーーーーー」笑 満点大笑いと余韻ひたひたの「卒業式」 八幡が男泣きするんですよね。 そしたら、戸塚くんが、ティッシュをバケツリレーで送ってくれるんですよ。 すると、中継の戸部っちが花粉症と勘違いして、ティッシュを追加してくれる。 さらに!葉山くんは袋ごと追加してくれる。 この男子のティッシュリレーの場面は、なんか男子の団結力というか、鼻が痒くなって笑えますね。 笑、八幡泣きすぎ。 あと、城廻めぐり先輩の、アドリブですよね。 文化祭のフレーズが出てくる当たりで、在校生も卒業生も一緒になった一体感みたいなのは、なんかジーンと来るものがありまたね。 謎のコールアンドレスポンに僕も混ざりたい。 自分もこのページの中に、引きずり込まれて一緒に腕を上げて参加したかったと、羨ましく想ってしまいます。 「おまえらー文化してるかーーー!」 とべっち「ウザいキャラ」定着が可愛そう過ぎてウケる 卒業式の答辞の際、がウィスパーボイズで「ッベー」という。 ウィスパーなのに、ウザいて言われている。 笑 八幡にほんとにウザいと言われているのが、個人的につぼでした。 普段から八幡は、三浦系統の女子に「キモイ」と言われている八つ当たりのようにも感じました。 追い打ちを掛けるように、サウナでも、八幡に悪者にされてるのがすごく可愛そうでウケました。 「NGワードを言った」と、八幡に勝手に反則にされていました。 あと、葉山君もあからさまに、面倒くさがっていうのも、可愛そうなポイントです! 一色いろははキレ者 一色いろは「 あきらめなくていいのは女の子の特権です!」 と、枯れかけの由比ヶ浜に声を掛けるのは、天使なのか悪魔なのか。 物語の推進力というか、随所でポイントとなるのが、いろはですよね。 決着がついたかのような、三角関係を復活させようとするのは、イタズラなのか、由比ヶ浜の為なのか。 多分面白がっているだけでしょうけどね。 他にも、奉仕部の復活を水面下で実行していたり、良いやつなのか。 良いやつなのか。 結末よりも、渡航さん、アオハル?、大丈夫かしらと思った比喩表現 由比ヶ浜とガハママと比企谷で小町氏にお菓子を作っていた時、、、 料理を旨くする材料のリストの中に、、、、 「白い粉」と、、、、砂糖のことですが。。 小学館的に、または、ガガガ文庫的にポイントとハードル高いのでは??? ここまではいいんですが、、、 「大麻吸引時の マンチーズ」て表現があったんですよ。。。。 笑 マンチーズは、吸引時に食欲が高まって、何を食べても激ウマになる現象らしいです。。。 八幡がマンチーズとか言っている描写くっそウケたんですけど。 笑 ダメでしょうよ。。 笑 俺も「マンチーズ」って、使っちゃおっ。 俺ガイルはまだ終わらない。 あとがきには、 今後ですが、まず、短編集の刊行を予定しております。 時期はまだ未定ですが、色々なお話が書きたいなーと考えつつ、鋭意準備中でございます。 とあります。 ぜひ、の、スピンオフ、アンソロジーを出して欲しいです。 てか、14巻も最高でした。 この場を借りて、謝辞を申し上げます。 拙い感想文を読んで頂き、ありがとうございます。 PS:海老名さんの人生を歪めたい。 観て頂きありがとうございます。 福岡市で、ライター目指して記事書いています。 建築資材の搬入しています。 26歳、独身、趣味は、星を眺めること。 関連する記事• 戸部はヤンキーのイメージですが、意外と「いいやつ」と、作中ではなっています。 また、「戸部は稲毛のカラーギャングの仲間でゲーセンで西高狩りをしていた」ま[…]• ネガティブを改善したいですか? ぼくもボチボチネガティブな方だと思いますが、 26年間の結論は「ネガティブは改善できない」というのが持論です。 車にタ[…]• 失恋したあとは、元カレ・元カノの関係になるわけですが、スッキリ分かれることの方が少ないですよね。 何らかの遺恨を残して、ぐちゃっとなる部分があるはずで[…]• 映画、比企谷家の一族金田一少年は、比企谷家の謎を解けるのか! あまりアニメに出てこない比企谷家の実態に迫ります。 アニメと原作の違いを探すのも面白いです[…].

次の

俺ガイルの最終巻の質問です。

俺ガイル 最終巻 ネタバレ

株式会社小学館は10月30日(水)に、「小学館 新企画発表会」を開催いたしました。 このイベントに、小学館「ガガガ文庫」の大人気シリーズ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 』の著者、渡 航(ワタリ ワタル)さんが登壇。 『 このライトノベルがすごい!2014-2016』(宝島社)で作品部門第1位に選ばれ3連覇し、史上初の殿堂入りを果たしました。 さらに、2度のテレビアニメ化(13年、15年、今回、)もされた名実ともにライトノベル青春群像劇の金字塔といえる作品です。 本作は11月19日発売の第14巻で、ついに完結を迎えます。 イベントでは、著者が最終巻に込めた想いと、今だからこそ明かせる9年間に及ぶ執筆活動の裏側、3度目のテレビアニメ化について語ってくれました。 〈最終巻に込めた思いについて〉 「全力で思いの丈を書き切りました。 小学館に籠もり、生きるか死ぬか、精魂を込めて書いた作品です。 アンソロジー小説は、俺ガイルだからこそ実現した、豪華人気ライトノベル作家が参加。 俺ガイルのキャラクターや世界観で書き下ろす物語です。 また、本編では描ききれなかったサイドストーリーを著者の渡航先生が書き下ろす短編集も、同時に発売を予定しています。 こららもぜひ、ご期待ください。 最終巻『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 14』の内容 まちがい続ける青春模様、シリーズ完結! 青春は、苦く、痛く、だからこそ眩しい。 かけがえのない日々を重ねて、季節は巡り、繰り返す。 まちがい続ける物語が終わり……そしてきっとまだ青春は続いていく。 シリーズ完結巻。 ガガガ文庫『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 14』.

次の

俺ガイル最終巻読了しました

俺ガイル 最終巻 ネタバレ

雪ノ下雪乃の依頼とは? 俺ガイル初期のころは女王様然とした凛々しい印象が強かった雪ノ下雪乃(ゆきのん)ですが、巻を重ねるごとに弱さというか脆さが浮き彫りになってきましたね。 しかし、今回の12巻では、雪ノ下が自分自身の問題に真正面から向かい合う決意をします。 その問題とは、母親と姉の陽乃のことですね。 雪ノ下が昔やりたいと思っていたことは、父の仕事の後を継ぐことだったそうですが、それに関してはすでに姉の陽乃という存在がいる。 そして雪ノ下に関することは、すべて母親が決めてきた。 雪ノ下雪乃はその優秀さとは裏腹に、本当に大事な決断を自ら行う、ということをずっとしてこなかったんですね。 雪ノ下の依頼は「最後を見届けてもらう」ということ 雪ノ下は比企谷八幡と由比ヶ浜結衣の二人に次のような依頼を出します。 自分のやりたいこと、すなわち「父親の仕事を継ぐ」ということについて、家族にはっきりと意思表示を行った上で、希望が叶うかどうかをきっちりと確かめる• 自分の意思でちゃんと決めて、考えて、納得して、そして諦めたい• その最後を見届けてもらいたい そして、雪ノ下は家族と向かい合うべく、一度実家に戻ると宣言します。 やっと雪ノ下が本当の意味で前に進むことになりそうですね。 由比ヶ浜結衣はすべての答えを知っている? 雪ノ下の依頼を聞いた由比ヶ浜は、その依頼内容が本当に雪ノ下が望むところなのかと疑問を呈します。 それを聞いた雪ノ下も「もしかしたら、違うかも」と答えますが、雪ノ下自身もまだ完璧な答えにたどり着いていないのでしょうね。 12巻を読んでいて思ったのですが、由比ヶ浜だけは雪ノ下、八幡、そして由比ヶ浜自身が追い求める答えをすべて知っているような気がします。 そして、その答えはきっと受け入れがたい内容なのでしょう。 残酷な真実の答えを知るよりも、真実をうやむやにしたまま楽にやり過ごすことのほうがいいことっていっぱいありますからね。 だから由比ヶ浜はあえて口に出すことをしないのでしょうね。 でもそれを許さないのが八幡と雪ノ下。 3人の行く末が気になってしょうがありません。 比企谷小町の受験結果は? 俺ガイル12巻では世界の妹こと比企谷小町がついに受験します。 俺ガイル作中で八幡が通う総武高校は、八幡曰く「偏差値60くらい」のなかなか学力レベル高めの高校です。 小町の中学校の成績では厳しい、ということで兄の八幡にも勉強を教えてもらいつつ、塾にも通い頑張ってましたよね。 入学試験の手応えは?ご褒美はご飯をごちそう 一日目は筆記試験、ここでほぼ趨勢が決まるようなのですが、筆記試験を終えた小町いわく結果は「ぼちぼち」とのこと。 今更じたばたしてもしょうがない、という小町の覚悟の決まり方を見て少し安心する兄の八幡は、二日目の面接試験終了後にご褒美として一緒にご飯を食べることを提案。 川なんとかさんと一緒にカフェ 二日目の面接試験はお昼ごろに終わるので、八幡お兄ちゃんは総武高校の近くのマリンピアで時間を潰しながら待つことに。 そんな中、マリンピア出口のすぐ横にあるサンマルクカフェのカウンター席に座っている川なんとかさんと、その妹の川崎京華(かわさきけいか)を見つける。 京華の熱烈なお誘いに負けて、一緒にお茶することになってしまった八幡。 川なんとかさんいわく、買い物に来ただけ、ということらしいのですが、弟の川崎大志(かわさきたいし)もまた同じ総武高校を受験しているので、八幡と同じく入学試験が終わるのを一緒に待っていたようです。 本当にどちらも仲のイイ兄妹(姉弟)ですよね。 12巻で一番の名シーンだと思う 面接が終わった小町は一緒にご飯を食べるという最初の提案ではなく、家に帰って家事をしたい、ということでお買い物だけして家に帰ることに。 帰ってからパタパタと家事をこなし、一段落ついたところで、小町は折り目ただしく正座をし、受験を手助けしてくれた兄に対してお礼の言葉を述べます。 このシーンはぽんかんさんのイラストもしっかりと描かれており、個人的には12巻で一番の名シーンだと思います。 俺ガイル第三期がアニメ化されたときの楽しみがひとつ増えました。 (アニメ化されるよね?) 一色いろはの存在感が依然と高い 俺ガイルに一色いろは(いろはす)が登場してから、依然として高い存在感を放ち続けてますよね。 一色いろはが登場したてのころは、正直あまり好きなキャラではありませんでした。 いわゆる女子に嫌われる女子ってやつです。 しかし、八幡の助けを受けて生徒会長に就任してからは、いつの間にか一色いろはの魅力にやられている自分ができあがっていたという。 巻を重ねるごとに一色いろはの八幡への好感度が徐々に高くなっていく様子が、なんともいいんですよね。 一色いろはが早口でまくし立てて、最後に「ごめんなさい」で締めくくるくだりにしても、最初は完全な拒絶だったのが、だんだんと脈あり?な内容へと変わっていくところが目が離せません。 というわけで、俺ガイル12巻のいろはすも絶好調です。 今回のいろはす無茶ぶりはプロム 俺ガイル12巻の一色いろはは唐突にプロムを提案します。 プロムとはアメリカやカナダなどの高校で行われる卒業パーティーのことで、正式にはプロムナード(舞踏会)と呼びます。 一色いろはがなぜ突然プロムなどといいだしたのか? 何か個人的な目的があるようなのですが、その真意は12巻ではまだ明かされていません。 プロムの応援に関しては、今回は雪ノ下が単独で手伝うことになるのですが、そのことがまた大きな問題へと発展してしまいますが、それもまた13巻を待たなければなりません。

次の