マザー テレサ 人身 売買。 マザーテレサ疑惑は、J.エプスタイン事件と関連性濃厚と思います

コルカタでインド人が「マザー・テレサは子供の人身売買をしている悪人だ」と言っていましたが、本当ですか?

マザー テレサ 人身 売買

を首謀者とする 子供の人身売買スキャンダルが発覚 上記が事実とすれば、様々な揺らぎや逡巡や事情や 「誰もが陥る生活習慣から徐々に倫理観が崩れていく プロセス」があり、その流れにあがないきれなくなる 瞬間があったとしたら、それはどの様なことなのか? ソコが知りたいです。 が札束ビンタに痺れたのはどんな経緯か? ここだけに焦点を当てても政治家でないので面白くはない。 もっと多面的複眼的に全体像を理解したいです。 広く関係者による虐待ニュース。 これらが繋がりを持つ可能性を視野に入れて事態を見守ります。 英王子からまで、 少女性的搾取疑惑の エプスタイン被告に連なる紳士録 (2019年8月14日) [悲報] エプスタインのフライト記録から、 ウ、キャ、 ヘンリー、 メーガン全員、悪魔教崇拝者である ことが明らか になりました。 また、子供が大人と性的関係を築くことができるべきであると、 BoyChatを提唱していた。 Chester Bennington は映画に出演する予定だった。 2ヶ月の間に2人はそれぞれが首つり自殺で死亡。 そういった犯罪を撲滅する」と言っていた。 ハリウッドだけでなくもです。 ハリウッドのかなりホラーな真実 ハリウッドの超有名俳優らが犯罪 の被害者らに告発されました。 これが今日の、別称「」=()の 基本である。 の魅力は、人間の利益を最優先しようという もっともな主張にある。 ただ問題は、このようなが聖書に 書かれた「カナンの呪い」の直系の子孫でる点である。 歴史を悪魔 学的に考察すれば、が悪魔信仰の系譜にあるのは明白となる。 近代の歴史は、最古の記録にまで遡って直接の系譜を調べない限り、 理解する事は出来ない。 この記録とは、アダム以前の古文書が語る 混血人種のことである。 紀元前161年頃書かれたノア書の古い部分 を成すによると、サムヤザつまりサタンが200の天使から 成る軍団を率いてカルメル山に天下った。 人間の女を遠くから眺めた 軍団は、彼女らを求め、娶った。 この下落した天使の集団は監視軍団 と呼ばれ、人間の妻たちに魔術を教えたが、ここからネピリムと呼ば れる巨大な人種が生まれた。 ネピリムについては名指しで言及していない翻訳聖書もあり、 ストロングのにも載っていない。 しかしネルソンの にはネピリムが数箇所で登録されている。 創世記6・4には 「このとき、地にネピリムありき」とあるが、改訂標準版には 「巨人ありき」としてネピリムの名を挙げていない。 以降これらの巨人は「アナクの子供達」となった。 13・33には 「我等またアナクの子ネピリムを彼処に見たり。 これネピリムより出たる者なり」とある。 この巨人たちは他民族にとって 大きな脅威であった。 9・2では「誰かアナクの子孫の前に立つ ことを得ん」という苦情がある。 しかし巨人も最終的には殺されるか追放された。 「の子孫の地の内にはアナク人一人遺りをらず」(記11・22) 現代の学者はこの人類初期に出現した巨人を突然変異によるものとするであろう。 特殊な生まれによる習慣や欲望は、周辺民族に恐れを抱かせた。 神への反逆者、サタンはサトナとも呼ばれ、蛇の姿になってを誘惑し、 体中に入り、最古の殺人者カインを生ませたとする神話もある。 ネピリムは他の民族の脅威であったのみならず、憎悪心と凶暴性が強く、 頤に殺しあう事もあったという。 そして殺したものを食し、 この世に人肉食の習慣を残した。 伝説によると、彼らは神に殺され、 主導天使ミカエルは監視軍団つまり天から堕ちた天使の集団を地中の 奥底に幽閉したという。 人間にとっては不幸な事に、話はここで終わらず、サタンは子であるネピリム、 そしてカインを通して地上に悪魔の存在を確立させた。 サタンの神への反逆によって、苦しみが地上では何世紀にもわたって続く事になる。 この反逆以来、人類の歴史は神の民とサタンのカルト集団との戦いの歴史となった。 この点を理解しなければ、実存の記録が示すような両陣営の歴史の展開を追う ことは不可能である。 人間と魔性が交わり、そこから魔神が発生したというタルムード書の伝説は、 ゾハール書が強調している。 このように見ると、全ての秘密宗教が麻薬、 (神に対する憎しみの表現である)呪文、そして奇怪な性行為の三点を 強調する理由ができよう。 最近は、英国のあるメディアとのインタビューで、 ハリウッドは子供たちを殺して、その子供の血を飲むということを話しました。 この衝撃的な暴露は、児童性犯罪がハリウッドエリートの間で行われている と言いながら、ハリウッドの全てのスタジオは、無辜な子供たちの血で 購入されたものだと言って、人々をさらに驚かせました。 ハリウッドのエリートたちはこのような事実を全部知っているし、 もっと若くて、もっとひどい拷問で殺した子供の血を飲めば、 さらに効能的だと信じていると言いました。 しかし私が見る時、人々が話していないのは、 実はイギリスの皇室がこのような文化と、全て繋がっているということです。 しかし、私の話は事実です。 彼らは子供を拷問し、 恐怖に震えさせてから、子供たちを祭物として殺して食べます。 ハリウッドのエリートたちはそうすることで、 自分たちが何かとんでもない能力を受けると考えています'と言いました。 このような悪行の暴露が重要な理由は、悪の皇室と邪悪な銀行家たちが皆、 このような邪悪な儀式と児童性虐待と殺人で繋がっていて、 自分たちの秘密を守ろうと互いに後ろを守ってあげるのです。 いや、彼らの良心はむしろ逆方向に 作用するようです'と言いました。 ほとんどのハリウッド大スターたちも実は、このような文化と繋がっています。 私たちが彼らの政治観を見てもよく知ることができます。 彼らの政治観は、児童性暴力や虐待を後から支持し堕胎を支持する サタン政治主義を支持することで一色です。 このようなサタン政治主義信奉者たちの神様への驕慢と傲慢は、 傲慢が自分たちの目の前で崩壊しつつあるのです。 が完璧な人ではないということはよく知っています。 今まで沈黙をして抑圧された過去を捨てて、このように悪を暴露し、 悪に対抗しなければなりません。 皆さん、がこうして暴露するのに、 どうして米国のどのマスコミもこれを報道しないのですか? これだけ見ても、本当に衝撃的ではないですか! この事実だけでも、米国のマスコミもこのような児童性虐待や 暴力の協力者だということを見せてくれます。 7月29日にのグラハム・・ショーと言う番組に 出演したはハリウッドで行われている犯罪 と少年殺害について暴露しました。 ハリウッドの有名人らはパーティを開催してこのような犯罪 (生贄儀式で少年を強姦し殺害するなど)を行ってきました。 は、「ハリウッドは罪のない少年の血で溢れている。 私も2000年代に彼等のパーティに招かれた。 当時、犯罪に関与したお偉いさんたちはみな亡くなっているので 今はどのようなことが行われていたかを話せるようになった。 ハリウッドでは毎年多くの子どもたちが犠牲になっている。 ハリウッドの人たちは、生命力を維持する手段として子供たちを 殺害した後に血を飲み人肉を喰っていた。 子供たちに心身ともに苦痛を与えた上で殺害した後に子供たちの血を飲み、 人肉を喰えば、これまで以上に強力な生命力を得ることができると 彼らは信じていた。 殺害する前に性的暴行を加えた子供たちの 血や肉は非常に栄養価が高く高品質であると彼らは信じていた。 しかも彼ら自身の子どもたち(乳児)を高い価格で売っている。 乳児は、高級ブランド品であり、高品質のコカイン、、 ダイアモンドと同品質のステーキのように売られている。 」と語りました。 何百人ものハリウッド・スターが子供たちに性的暴行や人身売買に 関与していたとして逮捕され起訴されています。 既にカでは 同犯罪の容疑で数万人が逮捕され起訴されています。 カバル包囲網が効果を発揮しはじめているから このような事案がニュースになる。 【衝撃】元「」の構成員がインタビューで号泣暴露 『シオン賢者の議定書』は真実だった!【驚愕】 この映像の5分10秒~ 「ベルナルド氏が良心を取り戻す事件が発生したのだ」 ここから始まるベルナルド氏の本心吐露は、天使と悪魔、 光と闇の狭間に置かれた彼のライフイベントです。 そして、6分39秒~ 「ベルナルド氏は子供たちを生贄に捧げるように命令 されたが、それを拒否。 」 ここは、より正確な表現をすれば、「ベルナルド氏自身 の子供を生贄に捧げるように命令されたが、拒否。 」 となります。 を捨て去る儀式として、 自分自身の子供を生贄に捧げるのです。 この儀式は、人間の子供を好んで食べる への忠誠を誓う儀式として、 ヒューマニティを捨て去り完全な奴隷として の存在になる為の儀式です。 姿・形は地球人でも、魂はありません。 それがカバルです。 政治信条としての「」は、 この入口に過ぎません。 人間の子供を好んで食べるに 関する情報は以下のサイトにある1994年 のアレックス・コリアー氏のインタビュー映像 をご覧ください。 2019年07月03日 宇宙人問題の本質 以上 manbows44.

次の

聖女ではなかったマザー・テレサ 「洗脳看護」「カルト施設」、その実態とは!?(2/2)

マザー テレサ 人身 売買

彼らは、マザー・テレサに関する文献資料、約300件を調査し、「マザー・テレサが世界中に開設した517もの『死を待つ人々の家』ホスピスは、衛生状態が悪く、医薬品も慢性的に足りず、満足な治療が施せなかったと報告されている。 しかし、彼女の修道会『神の愛の宣教者会』は何百万ドルもの多額の寄付金を受けており、金銭的に困っているわけではなかった」という事実を突き止めたと発表。 そして、「マザー・テレサは、患者の痛みを和らげることはせず、痛みに耐えることを賛美して癒やすという、怪しげなことをしていた。 さらに、マザー・テレサの名が一気に世界に広まったのは、英BBCのマルコム・マガリッジ氏の力が大きいとも指摘。 中絶反対派でカトリック右派のマザー・テレサに共鳴したマルコムは、1968年にロンドンで彼女と面会しており、翌年、そのミッションをたたえる映画を製作。 「初めて写真に撮られた奇跡」として、コダック社もマザー・テレサを宣伝に使い、彼女の顔は世界中に知れ渡った。 奇跡といえば、バチカンは、「マザー・テレサは、ひどい腹痛に苦しむモニカ・ベスラという若いインド人女性の腹部に、宗教的なメダルを置き、祈ったことで治癒した」とし、マザー・テレサの奇跡として伝えている。 しかし、医師は、「モニカが患っていた卵巣嚢腫と結核は、投与された薬により治癒したのだ」と証言しており、これを否定。 それでも、バチカンは「奇跡だ」と主張し続け、多くの人々を騙しているという。 なお、マザー・テレサは晩年心臓病を患い、ペースメーカーを入れる手術などを受けていたが、自身は衛生的で設備が整った近代的なアメリカの病院で、痛みを和らげる麻酔薬を投与されながらの治療を受けていた。 まさしく、聖人からは程遠い人間だったというのである。 マザー・テレサは聖人ではない、うさんくさい人間だという意見は、実は昔から出ていた。 2年前に62歳の若さで食道がんでこの世を去った無神論者のジャーナリスト、クリストファー・ヒッチンズは、長年、マザー・テレサはとんでもない食わせ者だと主張し続け、それに関する本まで発行。 「彼女が世界中から集めた寄付金を使えば、ベンガルにファーストクラスの病院を建てることだってたやすいことだった。 しかし、彼女はそうせず、衛生状態の悪い、あまりにもひど施設に患者を収容し、ろくに治療を施さなかった。 痛みを和らげるなど嘘だ。 死ぬこと、痛みに耐えることを賛美する、まさしくカルトのような施設だったのだ」「信仰する宗教に関係なく看病したというが、それも嘘。 朦朧とした患者に、痛みに耐えれば天国へ行けると、繰り返し言い、洗脳した」と厳しく批判している。 今回発表された論文だが、「聖人的なイメージを持つマザー・テレサの創られた神話が、貧困にあえぐ人々の救済を目指す人道活動家たちを励ますことになっているのは確かだ」「しかし、マザー・テレサに関するメディア報道は、もっと慎重に、事実に基づいたことを伝えるべきだ」という言葉で締めくくられている。 衝撃的な論文であるが、マザー・テレサの人気は不動のものだとされており、カトリック教会への打撃はさほどないだろうと、米メディアは見解を示している。 今から10年前、2003年にローマ教皇庁はマザー・テレサの列福式を行ったが、世界中から25万人を超える人々が集まり祝福。 実像がどうであれ、カトリックが全力を注ぎ創り上げたマザー・テレサの"聖人としての神話"は、揺らぐことのない、不動のものなのである。

次の

マザー・テレサに対する批判

マザー テレサ 人身 売買

マザー・テレサがインドに創設した「神の愛の宣教者会」で、修道女と職員が人身売買の容疑で逮捕されました。 少なくとも「5人の赤ちゃんを売った」容疑ですが、どうやら余罪がどんどん出てきそうな気配です。 インドでは人身売買が一大ビジネスとして横行。 年間10万人以上の子供たちが行方不明になっているそうです。 これがインドの現実か。 全ての州政府に「神の愛の宣教者会が運営する全国の児童養護施設に対する即時の検査」が命じられる事態に インド国内には「神の愛の宣教者会」が運営する児童養護施設が、多数存在しているようですが、もしかすると、今回逮捕者が出た施設以外でも、人身売買が行われていた可能性が出てきました。 まずは7月7日のニュースから。 【7月7日 AFP】マザー・テレサ(Mother Teresa)が1950年にインドで創設した女子修道会「神の愛の宣教者会(Missionaries of Charity)」は6日、同会所属の修道女と職員の女計2人が未婚の母親たちが産んだ赤ちゃんの人身売買容疑で逮捕されたことを受け、憤りと遺憾の意を表明した。 インド東部ジャルカンド(Jharkhand)州の州都ランチー(Ranchi)の警察は5日、神の愛の宣教者会の施設の一つで少なくとも5人の赤ちゃんを売った容疑で修道女と職員の計2人を逮捕した。 (略) 事件が発覚したのは、地元の児童福祉局が今週、未婚の妊婦や困窮する母親の面倒をみている同修道会の施設にいた新生児1人が行方不明になっていると警察に通報したことがきっかけだった。 (略) 警察は、容疑者2人がこの赤ちゃんを隣接するウッタルプラデシュ(Uttar Pradesh)州の夫婦に1700ドル(約19万円)近くで売っていた証拠を突き止めた。 赤ちゃんを1人売って19万円ほどの儲けですか。 現時点で少なくとも5人売ったことは間違いなさそうですから、容疑者連中は相当稼ぎましたね。 累計だとどれくらい売ったんでしょうかね? インドの物価を考えれば、荒稼ぎもいいとこです。 笑いが止まらなかったことでしょう。 犯した罪は地獄でしっかり償っていただきたいです。 今回、逮捕されたのはたったの2名ですが、他の修道女や職員は、赤ちゃん売買に関しては、見て見ぬふりだったんでしょうか。 全然気付かなかったんでしょうか。 それとも、ちゃんと分け前をもらっていたのかどうか。 グルだった可能性は無いでしょうか。 もしも地獄があるならば。 地獄があると信じているならば。 修道女の皆さん、今どんな気持ちでしょうかね。 なかなかキツい話です。 7月17日のニュース。 【7月17日 AFP】マザー・テレサ(Mother Teresa)が創設した修道会所属の修道女らが養子を売買した容疑で逮捕されたことを受け、インド当局は16日、この修道会が運営する全ての児童養護施設に対して直ちに検査を行うよう命じた。 (略) 今月に入って警察当局は、同国東部ジャルカンド(Jharkhand)州の州都ランチー(Ranchi)にある「神の愛の宣教者会(Missionaries of Charity)」の施設の一つで、少なくとも幼児5人を数千ドルで売ったとして修道女と職員の計2人を逮捕した。 今回の事件は地元の児童福祉局が、未婚の妊婦や困窮する母親を世話する同修道会の施設で新生児1人が行方不明になったと警察に通報したことで発覚。 16日午後に発表された声明でマネカ・ガンジー(Maneka Gandhi)女性・児童育成相は、全ての州政府に「神の愛の宣教者会が運営する全国の児童養護施設に対する即時の検査」が命じられたと発表した。 (略) 神の愛の宣教者会はマザー・テレサが1946年に創設。 世界的な慈悲の象徴となったマザー・テレサは1997年の死後、「聖人」に認定された。 c AFP 「マザー・テレサ」の看板が泣いてるよ。 ホント…。 そういえば去年かな、こんな映画を観ました。 実在するインド人少年の体験を元にした映画です。 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』という映画です。 オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。 しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。 インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ。 成人し、自分が幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。 サルーは、路上で生活し、何度も危ない目に遭いながら、生き延びます。 路上で寝ているホームレス少年をいきなり襲ってくるタイプの人さらい、 最初は優しい笑顔で近づいてくる善人のふりをした人身売買のブローカー、 やっと保護施設に入れたとしても、そこにさえ悪い大人はいっぱいいます。 (うろおぼえ) 5歳の子どもが、言葉も通じない見ず知らずの土地で、ひとりで生きていく。 日本ではちょっと考えられないというか、ピンと来ません。 普通に考えれば「迷子の子どもは、発見した大人が警察に引き渡せばそれで解決」って思っちゃいますよね。 でも、インドではそうならない。 (少なくともサルーの場合は) インドは広く、さまざまな言語や方言が使われているんですね。 こっそり乗った列車から降りられず、遠くまで運ばれてしまったサルーは、言葉がサッパリ通じない土地でひとりで生きていかなければならなくなったんです。 サルーが誘拐されそうになるシーンが何度もあります。 ものすごく親切にしてくれて、ご飯を食べさせてくれて、シャワーで体をキレイに洗ってくれる人も登場します。 一見、善意の人かな?って思うんだけど、実際には「サルーを高値で売りたい」から、商品として見栄えをよくしてるだけだったり。 これが、インドの現実なんでしょうね。 だって、この映画はサルーが実際に体験したことを元にしていますから。 ちなみに、路上で寝るにしても、食べ物はどうしているんだろう?って思いますよね。 これねぇ、インドならでは、というか。 寺院とか、仏像?みたいな宗教的な建造物がある場所には信者が「お供え物」を置いていくわけです。 もちろん、それを勝手に食べちゃダメなんでしょうけど、ホームレスとか、サルーのようなストリート・チルドレンは、そのお供え物をこっそりいただく、という最終手段があるんですよね。 ある種のセーフティーネットというか。 最悪、何も食べるものが無い、空腹で死ぬ、という時は、お供え物をありがたくいただく、みたいな形で、生きながらえることができるんですね。 これって、形はどうあれ、ある意味では「宗教が苦しみの中にいる人を実際に救っている、助けている」瞬間だなぁと思いました。 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』は、なかなかキツい内容でしたが、個人的には観て良かった映画でした。 関連記事。 gattolibero.

次の