妊婦 温泉 旅行。 マタ旅に行くなら温泉がいい!妊婦にやさしいマタニティプランがある温泉宿6選【九州編】

妊娠中に旅行に行っていい?産婦人科医から旅の注意点|たまひよ

妊婦 温泉 旅行

夫婦水入らず、思い出に残るマタニティ旅行 出産前に夫婦水入らずの旅行を計画されるプレママのために、マタニティ旅行に関する5つの「大丈夫?」に答え、妊娠中でも快適に思い出に残る旅行ができる宿をご紹介します。 【目次】 ・ ・ ・ マタニティ旅行で気になる5つのポイント お腹の赤ちゃんと一緒の旅行を楽しむためには? よく質問される5つの「大丈夫?」にお答えします。 [1]旅行は安定期に入るまで待ったほうがいい? 妊娠経過は人によってそれぞれ違いますので、旅行時期、旅行先などは、まずは主治医にご相談ください。 つわりがひどい場合、せっかくの旅先での食事も楽しめないので、焦らず体調が落ち着いてからゆっくり計画されてはいかがでしょう。 経過が順調であっても初期には流産、後期には破水などの心配もあるため、やはり安定期の頃が最も気分も体調も旅行に適していると言えそうです。 [2]温泉は控えたほうがいい? 温泉浴場の注意書きに、「禁忌症」として「妊婦(特に妊娠初期と末期)」と書かれているのを目にすることがあります。 そのため「妊婦にダメな泉質は?」と聞かれる機会が多いのですが、実はこれ、それぞれの泉質によるものではなく、「一般的禁忌症」と言って、全ての温泉入浴を対象に定められているものなのです。 しかし、温泉そのものが妊婦に悪影響となることはありません。 注意したいのは入浴の仕方です。 清潔な浴場を選び、滑りやすいので足元に注意をし、入浴前には手足から心臓に近い部分へ順にかけ湯をして、湯に入る時も出る時もゆっくりと。 入浴時間は短めに(回数もあまり多く入らないように)、前後には水分補給も忘れずに。 また、妊娠中は肌が敏感になる女性も多いので、心配ならばシャワーで温泉を洗い流してからあがりましょう。 [3]飛行機に乗っても大丈夫? ママもお腹の赤ちゃんも健康であれば基本的には問題ないでしょう。 ただし、気分が悪くなっても途中で降りることはできませんし、気流による振動、気圧による影響などもありますので不安の全てを否定することはできません。 旅行を決める前には、やはり事前に産婦人科の医師にご相談下さい。 また各航空会社では出産間近の利用に関しては、診断書や同意書の提出を求められる場合がありますので、こちらも事前に確認しておきましょう。 空港のゲートのX線が胎児に与える影響についての心配もよく聞かれますが、X線を使用するのは手荷物に対してであり、人が通るゲート(金属探知機)には使用されていません。 搭乗後の注意としては、シートベルトの長さが足りなければ延長ベルトが機内に用意されているので、恥ずかしがらずに早めに申請しましょう。 長時間のフライトの際にはむくみやエコノミークラス症候群の予防のために、こまめな水分補給と、時々立って通路を歩くなど適度な運動を心がけてください。 [4]エステでリラックスしたいけど問題はない? 体の変化によるストレスや、出産への不安などを抱えるプレママにとって、気持も身体もリラックスさせてくれるエステは魅力的なリラクゼーションのひとつです。 ただし、アロマでは妊婦には使用できない精油もあったり、そもそも施術してもらう際の体勢が辛いコースもあるでしょう。 最近では多くのサロンでマタニティ用のコースを提供していますので、専用のコースを利用されれば安心かと思います。 [5]他、旅行で注意することは? まずは予約の際に妊婦がいることを伝えてください。 宿によって対応は異なりますが、気の利いた宿では移動の楽な客室にしてくれるというような配慮があったり、滞在中に快適に過ごせるためのサービスやアドバイスをうけられたりすることも。 また万が一のトラブルにも備え、滞在先周辺の病院の位置を把握しておき、母子健康手帳と保険証は必ず持参してください。 主治医の連絡先(電話番号)も控えておくと安心です。

次の

赤ちゃんと旅行・妊婦さん旅行にオススメの歓迎宿

妊婦 温泉 旅行

妊娠中でも旅行に行きたい!やっていいことダメなこと、産婦人科医に聞きました 2020. 05 妊娠から出産までの期間は、短いようで長く、長いようで短いもの。 妊娠中の今こそ、夫婦水入らずの旅を楽しみたいですね。 そこで今回は、産婦人科医のアドバイスをもとに妊娠中の旅行でやっていいこと&ダメなことをまとめました。 旅行に最適の妊娠時期はいつ?どんな移動手段・旅行先がベター?宿泊先で気を付けることは何?といった素朴な疑問にも丁寧に解説。 体調が最優先であることを忘れずに、妊娠中の旅をゆったりのんびり楽しみましょう! 赤ちゃんを迎える前にふたりの絆を深められる。 妊娠中の旅行は控えた方がいいのでしょうか? 「親になる前にふたりで旅行するメリットはある」という竹内先生に、旅先でのトラブルを防ぐために気をつけたいことを具体的に伺いました。 妊娠中の旅行は万一のことを考えると確かにリスクはあるが、ふたりでの大人旅を今のうちに楽しみたいというカップルは多い。 産科医に相談すると止められるので黙って行く人も多いが、 「欧米では妊婦さんが旅行することを前提に、どうすればトラブルを減らして楽しめるかの情報を提供します」と竹内先生。 旅行先で雄大な自然や綺麗な景色に触れると心が豊かになり、互いの考え方などを理解しあえる場にもなる。 「ただし、海外旅行はもし旅先で出産すると保険が使えず膨大なお金がかかるのでおすすめしません。 国内旅行でも無理は禁物ですが、旅行のメリットも見直したい。 ふたりの関係を深め、これから始まる子育てにもきっとよい影響があるでしょう」とのこと。 不安定だから控えたい。 旅行が原因とは言えないが、12週までは流産しやすいもの。 「旅行に行ったからだ」と、後悔することもあるので初期は控えた方がいい。 また、個人差が大きいが、つわりの間は食べられるものが限られ、匂いにも敏感になるため、旅を楽しめないことも多いだろう。 中期 安定期と言われる妊娠5~7カ月が最適。 それぞれの人の体調によるが、一般的に安定期と言われる妊娠5~7カ月くらいが、旅行に行くのに最適の時期。 前置胎盤などリスクがある場合は気をつけた方がいいが、定期健診で特に問題がなく、体調もいいのならまず大丈夫だろう。 もちろん無理はしないで。 後期 臨月は避けた方がいい。 出かけるなら近場へ。 体調がよければ妊娠8カ月くらいまでは大丈夫だが、臨月はおなかが張りやすく、お産が早まる心配があるので、やめておいた方が無難。 もし産休に入ってから旅行に行きたいのであれば、遠方ではなくかかりつけ医のところへ戻ってこられるくらいの近場にして。 移動手段の注意点 妊娠中は血液量が増え、血栓ができやすいので、同じ姿勢をとり続ける移動中にはご注意を。 車 マイペースで移動可能。 まめに休憩をとって。 クルマ移動は体調が悪くなってもすぐに停車できるなど、自分のペースで移動できるのがメリット。 振動などは問題ないが、長時間同じ姿勢でいるのはよくないので、まめに休憩をとって体を動かそう。 トイレも近くなるので高速道路などでは早め早めに休憩しよう。 電車 時間に余裕を持って休みながら移動しよう。 電車に乗る時間や、乗り換えの時間などがギリギリになると、急いで歩くなどして負担になることがある。 妊娠中の旅行は、時間や行程に余裕を持って行動することが大事。 車中で具合が悪くなっても、途中下車することは難しいので、体調がいい時期に旅しよう。 飛行機 航空会社によっては医師の診断書が必要。 もし飛行機を使うのなら、妊娠週数により、医師の診断書が必要な場合があるので、必ず航空会社に確認を。 旅行前に書類の準備などを忘れずに。 機内は乾燥しているので水分補給をしよう。 国内旅行だとあまりないが、長時間フライトはあまりおすすめしない。 旅行先選びのポイント タイトなスケジュールで観光地を巡る旅より、自然を満喫するなどリラックスできる旅を。 ビーチリゾート 強い紫外線にご注意。 海水は細菌感染が心配。 ある程度の日光浴はビタミンD生成のために必要だが、ビーチは紫外線が強いので注意。 妊娠中はホルモンの影響でシミやそばかすができるなど、肌トラブルになりやすい。 また、海水は細菌感染が心配。 足をつけるくらいはいいが体は海水につけない方がいい。 山・牧場 のんびり楽しむのはOK。 登山などは体力次第で。 妊娠中の運動もそうだが、フィジカルの個人差は大きく、山登りなどもどこまで大丈夫かは個人による。 無理をしないのが原則だが、しっかり自分の体と対話して、どこまでいけるか判断しよう。 人に決めてもらうのでなく自分で決めることがのちの子育てにも生きる。 テーマパーク あれこれと欲張らずのんびりと楽しんで。 せっかく来たのだからと、朝から晩まで目一杯遊びまわるとか、いろいろなアトラクションに次々に乗るなど、むちゃをしやすいので注意。 妊娠中はいつもと違うと自覚して、激しいアトラクションは避け、休み休み行動して、あまり長居しないようにしよう。 宿泊先できをつけること 宿のマタニティプランで、抱き枕やノンカフェイン飲料が用意されているところも。 (写真は「懐古ロマンの宿 季さら」) 宿選びは赤ちゃん連れほど条件に困らない。 ゆったりと滞在できる温泉旅館やリゾートホテルが妊娠中の旅行にはおすすめ。 万一に備えて妊娠中であることは宿に伝えよう。 温泉旅館 高温の長湯は控えてぬるめの湯に入ろう。 温泉の泉質自体がおなかの赤ちゃんに影響することはないが、長時間高温の湯につかるのはよくないので、ぬるめのお湯で湯冷めしない程度に。 バイキングなどでは先に野菜類からとり、血糖値が上がらないようにしよう。 なま物は、心配な場合は控えておいて。 リゾートホテル マッサージなどを受ける際にはご注意。 ホテルの管理されたプールであれば入っていいが、水温が冷たいと体が冷えておなかが張る原因になるので注意。 アロマメニューやマッサージを受ける際は、妊娠していることを告げて。 妊娠中もOKの精油を選んでもらい、もしおなかが張ったら途中でも中止しよう。 他にも…注意すること、ダメなこと 危険を伴うアクティビティはNG。 ジェットコースターやバンジージャンプやパラグライダーなどは、やりたくても妊婦さんはNGの設定だ。 マリンスポーツも控えた方がよく、特にダイビングは水圧や酸素濃度が赤ちゃんへ影響するのでNG。 妊娠中は控えた方がいい食べ物の注意。 気をつけたいのは「トキソプラズマ」と「リステリア」。 生肉やナチュラルチーズ(加熱殺菌されていないチーズ)などは控えた方が安心。 刺身や寿司は食べすぎない程度ならOK。 妊娠中の旅行に持っていくものリスト 母子健康手帳・健康保険証 旅先の病院で受診する可能性もあるので、必ず持参しよう。 処方されている薬 市販薬を飲むのはできるだけ避けたいので、処方薬を忘れずに。 サプリメント 葉酸や鉄など、普段とっているサプリメントも持っていこう。 パジャマ 浴衣だとおなかがはだけて冷える心配が。 宿に用意がある場合も。 保湿クリームなど お風呂あがりなど、肌が乾燥するとかゆくなるのでご用意を。 パジャマ 宿の浴衣だと、おなかがはだけて冷えることも ポリ袋 気分が悪くなった時に使える。 汚れ物を持ち帰る時にも。 パパへ 常に妊婦さんの体調を優先しよう。 旅行に行くと、せっかく来たのだからと、あれこれ楽しみたくなるが、妊娠中はフィジカルもメンタルもいつもと違うと考えて。 常に妊婦さんの体調を優先して、無理のない旅程を組もう。 妊婦さんの気持ちを汲むことが、これからふたりで家族を作っていくことの予習にもなる。 万一のトラブル まずはかかりつけ医に相談を よほど無理をしなければ、旅先でのトラブルはほとんど起きないもの。 もしトラブルがあったとしたら、旅行に行ったからではなく、もともと体調が悪いとか、合併症があったものが、たまたま旅先で発症したということ。 なので、旅行に行くから注意するというのではなく、常に妊娠経過を良好に保つように、体調管理を心がけよう。 万一旅行先でトラブルになったら、まずはかかりつけ医に相談を。 もしもの時のために、旅先の近くにある産婦人科などの医療施設を調べておくと安心だ。 教えていただいたのは 産婦人科医 竹内正人先生 総合旅行業務取扱管理者資格を持つ産婦人科医。 『はじめてママの「からだとこころの悩み」お助けBOOK』(世界文化社)など著書多数。

次の

妊娠中に旅行に行っていい?産婦人科医から旅の注意点|たまひよ

妊婦 温泉 旅行

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 妊娠中、子育てで忙しくなる前に旦那さんと2人の時間を旅行で楽しみたい、という妊婦さんも多くいます。 妊娠中は激しく動くのは避けたいですし、のんびり温泉旅行を考える人もいるのではないでしょうか。 でも、「妊娠中に温泉に入っても大丈夫なの?」と気になる妊婦さんは少なくないようです。 そこで今回は、妊婦さんが温泉に入ってもいいのか、また、入るときの注意点などをご説明します。 妊婦の温泉は大丈夫?禁忌なの? 「妊娠中に温泉に入ってもいいの?」と気になる妊婦さんは多いようですが、基本的に温泉の成分が胎児に直接影響を与えることはありません。 ちなみに、1948年に公布された温泉法では、「妊娠中(特に初期と末期)」は禁忌症とされていて、妊婦さんの入浴は推奨されていませんでした。 ただし、温泉に入るときに妊婦さんが気をつけるべきポイントがあるので、温泉旅行に行くときには注意してくださいね。 関連記事 妊婦の温泉で気をつけることは? 温泉に入っても良いとはいえ、妊婦さんには特に気をつけてほしいことがいくつかあります。 次のリスクに十分注意したうえで、温泉を楽しんでくださいね。 滑らないように注意! 温泉は岩や床が滑りやすいので、手すりを利用したり、ゆっくり歩いたりすることを心がけましょう。 お腹が大きくなってくると足元が見えにくく、バランスを崩しやすいので気をつけてくださいね。 のぼせないように注意! 温泉にゆっくり浸かりすぎて、のぼせてしまうと大変です。 長時間の入浴は避け、10分程度で切り上げるようにしましょう。 また、お風呂あがりの湯冷めにも気をつけてください。 湯冷めすると風邪をひいてしまうかもしれないので、温かい格好でくつろぐようにしましょう。 お風呂あがりの水分補給も忘れずに。 肌トラブルに注意! 妊娠中は、肌がいつもより敏感になる人も多いもの。 もし、温泉に浸かって肌がかゆくなったりしたら、すぐに入浴を中止し、シャワーのお湯で体を流しましょう。 お風呂あがりに化粧水などで保湿をするのもいいですね。 関連記事 妊婦は温泉卵を食べてもいい? 温泉宿では食べ物も楽しみの一つですよね。 妊娠してから生ものに注意している妊婦さんは多いですが、「温泉宿で、どうしても温泉卵を食べたい!」という人もいるかもしれません。 卵で気をつけたいのは「サルモネラ菌」による食中毒です。 サルモネラ菌は加熱が十分に行われていないと感染しやすく、高熱、下痢、腹痛、嘔吐などを引き起こします。 妊娠中は免疫力が低下しており、食中毒になりやすいので注意が必要です。 温泉卵は一般的に約70度のお湯に30分程度つけて作るので、基本的には食べても問題ないといえるでしょう。 ただし、温泉卵のように半熟調理された卵は、2時間以内に食べることが望ましいとされています。

次の