お茶 生産 量 ランキング 2018。 茶葉の生産量の都道府県ランキング(平成28年)

静岡県/静岡県の茶業

お茶 生産 量 ランキング 2018

うなぎの産地の条件? うなぎの生態は長い間謎となっていて、ある程度解明されるようになったのは2010年前後のこと。 ここ数年で卵から育てて卵を産ませる「完全養殖」の目途が立つようになりましたが、現在でも商業の採算ベースには乗っていません。 現在のうなぎの養殖は「完全養殖」ではなく、うなぎの稚魚である「シラスウナギ」を採ってきて、それを育てて出荷するサイクルのことを指します。 したがってシラスウナギがいなければ養殖も成り立ちません。 シラスウナギが採れやすく、温暖で水資源が豊富な場所であれば、産地になりやすいということでもあります。 シラスウナギがよく獲れる• 水資源が豊富• 温暖な気候• 養殖池を作る土地がある• 餌が確保しやすいこと ニホンウナギの生息域 国際自然保護連合サイトより ニホンウナギは日本の広い範囲で生息していますが、シラスウナギは黒潮にのってくるため、黒潮に近い場所が産地となっているようです。 完全養殖が成功すればこういった制約はなくなり、内陸部でも養殖が行えるようになると期待されています。 うなぎの県別生産量 (単位:トン) 鹿児島 愛 知 宮 崎 静 岡 高 知 徳 島 三 重 熊 本 愛 媛 福 岡 大 分 香 川 岡山 千葉 2008 7444 6272 3498 1632 593 435 333 277 42 55 179 23 54 2009 7358 7373 3725 1833 544 435 352 419 44 36 117 23 55 2010 8199 5002 3425 1799 483 431 363 389 44 38 191 17 2011 8451 5802 4090 1865 428 361 344 319 43 35 158 20 2012 7184 4081 3111 1629 347 311 319 136 35 26 100 15 2013 5747 3140 2840 1396 229 226 263 154 35 17 64 12 2014 6838 4918 3167 1490 216 272 292 179 43 39 83 13 2015 8007 5116 3315 1834 357 393 344 243 38 39 98 15 2016 7990 4742 3255 1654 267 301 306 157 44 39 75 13 2017 5822 5780 3262 1705 594 369 312 147 43 41 32 16 4 出典:「」『統計資料』より作成.

次の

【2018年】「茶(生葉)の収穫量」ランキング

お茶 生産 量 ランキング 2018

1.お茶の国内生産量2位は・・・鹿児島! お茶所、と聞いて多くの人が思い浮かべるのは「静岡」だと思います。 でも、ここ数年かなりの勢いで成長している産地があります。 それが、 鹿児島 です!! 最近、鹿児島形のお茶が増えてきたと感じてらっしゃる方も多いのではないでしょうか。 その生産量は今や、 静岡に次ぐ2位! 全国の3割を生産するまでになっています。 では、2019年6月に発表された 最新データを見てみましょう。 他の3位以下の生産量を圧倒しているのが分かるかと思います。 また、栽培面積と生産量の関係で見ると、 圧倒的に鹿児島の生産効率が良いことが伺えますね。 加えて、近年の鹿児島の成長性を見てみましょう。 鹿児島茶業会議所の資料からです。 全国に占める生産量に占める割合は、 平成22年から全国比率で4%ほど高まっています。 一方で、 静岡の生産量は2%弱減少しているのです。 もはや、長年言われてきた 「静岡・宇治・狭山」の三大ブランドに割って入ってきているといっても過言ではありません。 薩摩藩によって栽培が奨励されはしたものの、あくまで奨励レベル。 実際に生産量を伸ばすことができたのは、だいぶ先、戦後になってからでした。 1975年頃から増産の流れがようやく始まります。 しかし、ブレンド茶が主流のお茶業界では、「鹿児島」の名前が使われることなくブレンドされて終わっていきます。 その流れを変えるべく 「かごしま茶」のブランド化に踏み切ったのが1985年のことでした。 それから20年、30年経った今その勢いがますます加速を見せている状況です。 それは、年間を通して温暖な気候で、日照量も多い事。 このことから、通常年間3回程度しか収穫できないところ、 鹿児島では年5回!収穫できます。 また、温暖なため収穫開始も早く、静岡よりも早く新茶を発売できます。 新茶の走り役として 「走り新茶」なんて呼ばれていますね。 こうした恵まれた環境で育ったお茶自体も高品質でおいしいと評判です。 これがきっかけで、放射能汚染が不安視され東の産地が一気に売れなくなりました。 茨城のさしま茶。 埼玉の狭山茶。 なにより、静岡の静岡茶。 これらの減った需要をカバーしようと、鹿児島の産地へ販売比重を変更する流れが加速したのです。 結果として、現在でも鹿児島茶を飲む人が増えたのが現状です。 3.お茶の国内生産量2位の主要ブランド「知覧茶」 一口にかごしま茶といっても、多くの産地があります。 その中でも有名どころと言えば 「知覧茶」ですね。 かごしま茶というよりも、「知覧茶」で馴染んでいる方も多いかもしれません。 知覧茶の特徴は、.

次の

世界で紅茶の生産量が多いのはどこの国?紅茶生産量統計ランキング| LinkTea

お茶 生産 量 ランキング 2018

00 - 0 1 北海道 0 0. 00 39位 0 2 青森県 0 0. 00 40位 0 3 岩手県 0 0. 00 41位 0 4 宮城県 8 0. 00 36位 0 5 秋田県 0 0. 00 42位 0 6 山形県 0 0. 00 43位 0 7 福島県 1 0. 00 38位 0 8 茨城県 1,170 0. 30 17位 0 9 栃木県 28 0. 01 35位 0 10 群馬県 0 0. 00 44位 0 11 埼玉県 2,560 0. 66 14位 0 12 千葉県 130 0. 03 29位 0 13 東京都 230 0. 06 26位 0 14 神奈川県 629 0. 16 20位 0 15 新潟県 37 0. 01 34位 0 16 富山県 0 0. 00 45位 0 17 石川県 0 0. 00 46位 0 18 福井県 4 0. 00 37位 0 19 山梨県 194 0. 05 27位 0 20 長野県 101 0. 03 30位 0 21 岐阜県 2,760 0. 71 13位 0 22 静岡県 149,000 38. 23 01位 1 23 愛知県 4,460 1. 14 10位 0 24 三重県 32,000 8. 21 03位 3 25 滋賀県 3,130 0. 80 12位 0 26 京都府 13,200 3. 39 05位 0 27 大阪府 0 0. 00 47位 0 28 兵庫県 273 0. 07 25位 0 29 奈良県 7,420 1. 90 07位 0 30 和歌山県 71 0. 02 32位 0 31 鳥取県 85 0. 02 31位 0 32 島根県 744 0. 19 18位 0 33 岡山県 573 0. 15 22位 0 34 広島県 69 0. 02 33位 0 35 山口県 579 0. 15 21位 0 36 徳島県 721 0. 19 19位 0 37 香川県 391 0. 10 23位 0 38 愛媛県 321 0. 08 24位 0 39 高知県 1,300 0. 33 16位 0 40 福岡県 10,600 2. 72 06位 0 41 佐賀県 6,010 1. 54 09位 0 42 長崎県 3,580 0. 92 11位 0 43 熊本県 6,350 1. 63 08位 0 44 大分県 1,990 0. 51 15位 0 45 宮崎県 18,500 4. 75 04位 0 46 鹿児島県 120,300 30. 87 02位 2 47 沖縄県 152 0. 凡例の割合(占有率)は、パーセント表示における小数第1位を四捨五入し表示しています。 表の番号 表の左列の番号は、都道府県コード順に当サイトで任意につけた番号です。 生産量(収穫量)が0の場合 生産量(収穫量)が0の都道府県は、生産されていない場合のほかに、単位に満たない場合、不詳の場合、公表されていない場合などが含まれます。 表の占有率 表の占有率は、パーセント表示における小数第3位を四捨五入し、小数点以下第2位まで表示しています。 表の順位 表の順位は生産量が多い順です。 生産量が同じ場合は、左列の番号順に順位をつけています。 都道府県の合計と全国値 生産量(収穫量)や占有率の47都道府県を合計した値は、四捨五入などの理由で全国の値と一致しない場合があります。

次の