勤務 間 インターバル 助成 金。 勤務間インターバル制度とは 問題点や助成金詳細を解説

働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)(厚生労働省 締切:R2.11.30)

勤務 間 インターバル 助成 金

今年からリニューアルされたお得で使いやすい助成金として話題になっている「時間外労働等改善助成金」という助成金をご存知でしょうか?中でも「勤務間インターバル制度導入コース」は難易度が低めに設定しているので、申請しやすい上に、残業代の削減につながるお得なコースです。 この記事では、制度の仕組みや、取組方法などを解説しているほか、実際に申し込んだ書類を交えた申請書類の記入方法もご紹介しています。 時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)とは? 勤務間インターバルとは、 勤務終了後~翌日の出社までの間に、一定時間以上の休息時間(インターバル)を設けることで、労働者の生活時間や睡眠時間を確保し、労働者の健康保持や過重労働防止を図るための仕組みです。 休息時間(インターバル)として「9時間~11時間」が奨励されています。 ちなみに「職場意識改善助成金(勤務間インターバル導入コース)」では、「9時間以上11時間未満」「11時間以上」の区分で支給額が定められています。 これらの目標を達成した場合に、取り組みにかかった経費の一部を支給される仕組みです。 勤務間インターバル制度を導入するメリットとしては、以下のことが挙げられます。 無理に導入すると労働効率を下げしまい、業務効率が悪化することがある• 仕事を家に持ち帰ったり、タイムカードを押してから残業したりする可能性もある 勤務間インターバル制度や助成金については、打刻ファースト内の以前の記事でもご紹介していますので、ご一読下さい。 支給対象となる事業所 時間外労働等改善助成金に共通する受給要件は、下記に記した事業所である必要があります。 労働者災害補償保険の適用事業主であること• 次の表のいずれかに当てはまる事業主であること 業種 資本または出資額 常時使用する労働者 小売業 飲食店を含む 5,000万円以下 50人以下 サービス業 5,000万円以下 100人以下 卸売業 1 億円以下 100人以下 その他の業種 3 億円以下 300人以下 さらに下記のいずれかに該当する事業所である必要があります。 勤務間インターバルを導入していない事業所• 既に休息時間数が9時間以上の勤務間インターバルを導入している事業場であって、対象となる労働者が当該事業場に所属する労働者の半数以下である事業所• 既に休息時間数が9時間未満の勤務間インターバルを導入している事業所 具体的には、以下のいずれかを「成果目標」として取り組む必要があります。 いずれか1つ以上を実施してください。 出典元:、厚生労働省の「」 今回実際に申請し受給した助成金 労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新の助成金を申請した結果、無事に支給されることになりました。 今回は、実際に申請した書類と記入例を交えて解説していきます。 労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新の助成金とは 早速、時間外労働等改善助成金交付申請書の記入例を見てみましょう。 フォーマットは、厚生労働省の「」からダウンロードできます。 では、実際に記入した申請書と記入例を交互に見ていきましょう。 実際に申請した申請書• 振込を希望する金融機関の記入例です。 目的、国庫補助所要額、その他の記入例です。 ビジネスフォンの導入は、支給対象の取り組みの「労働能率の増進に資する設備・機器等の導入」に該当します。 受給できたということは、ビジネスフォンを導入したことで、業務効率化が上がり、残業時間を減らすことに成功し、従業員の休息時間を確保できたことが国に認められたということです。 それにより社会的信用度もアップします。 まとめ 時間外労働等改善助成金って聞くと「なんだか難しそう」「うちには関係ない」と思われる方も少なくないと思いますが、実は難易度がそれほど高くありません。 特に、今回紹介した「勤務間インターバル導入コース」は、成果目標のハードルが低く設定されていますので、ぜひとも申請をしておきたいコースの一つです。 働き方改革が推進されている今、労働時間の短縮やワーク・ライフ・バランスの実現のために取り組んでみてはいかがでしょうか。

次の

勤務間インターバルの申請の手続きの前に知っておきたいこと

勤務 間 インターバル 助成 金

今年度も引き続き、勤務間インターバルが設定されています。 昨年度は、時間外労働等改善という名称でしたが、今年度は「推進支援」という名称で設定されています。 そもそも勤務間インターバル制度とは、労働者の終業時刻から、次の始業時刻の間に9〜11 時間程度の休息を設定する制度であり、労働者の生活時間や睡眠時間を確保し、仕事と生活の調和を図ることで、充実した生活を実現するための制度です。 政府としてはその導入を積極的に進めており、2019年4月には改正労働時間設定改善法が施行され、導入が努力義務とされました。 例えば、前日22時に退社した社員が、11時間の勤務間インターバルを導入した場合、翌日に出社することが可能となるのは、翌日朝9時以降からとなります。 (1)制度の導入は、次の手順となります。 勤怠管理システムなどから、時間外労働等が多く発生している労働者を把握し、従業員等や事業関係者に対してングを実施します。 せっかく導入した制度が形骸化しないように、なぜ、時間外労働が多く発生してしまうのか、現場作業の効率が悪いのか、それともホウレンソウができていないのかなど、現場で時間外労働が発生している原因を把握し、その解決を図ります。 企業によって労働者の働き方は様々です。 事務作業中心で、比較的出退勤時間が安定している労働者もいれば、営業担当で外出が多い方、シフト制により働いている方など。 場合によっては、みなし労働時間制や変形労働時間制を導入するなど、勤務管理インターバル制度だけでなく、労働時間制度そのものを見直す必要も出てくるでしょう。 職場の全員について導入することが望ましいですが、ある程度の規模になると労働者の働き方も様々であり、一律に同じ制度を導入するというのは難しくなります。 そこで、営業の方の休息時間、事務の方の休息時間など、対象者毎に時間を設定していきます。 もし、勤怠管理システムなどを導入していなければ、勤怠管理システムを導入することも検討しましょう。 一昔前は、買い切り型のソフトウェアが中心で、ソウフトウェアの購入代金は非常に高額でしたが、最近では型勤怠管理システムが多く発売されるようになり、導入コストも1人月額300円〜と導入のハードルも下がっています。 勤怠管理ソフトを導入することで、従業員の働き方をみえる化し、無理や無駄を削減することにつながります。 また用ソフトウェアなどは、後述のの対象となる場合があり、積極的に活用していきたいものです。 例えば、前日の退社時間が深夜に及んだため、翌日の定時以降でなければ、出社ができなくなってしまった場合、いくらルール上正しいとはいえ、社内運用上問題が発生してくることも考えられます。 そこで、時間外労働となる場合の、上長への報告義務であったり、報告を受けた上長の対応フローなどを考えておかなければなりません。 出社時刻が遅くなる従業員がいる場合の他の従業員のフォロー体制構築など、課題は多いように考えられます。 ですが、私の場合はある程度早く従業員への研修会等を実施して、早めに周知した方が良いと思います。 このあたりは、意見が分かれるところですが、早くから全従業員に周知することで、従業員からの様々な意見が多く集まってくることになります。 制度を形骸化させないためにも、より多くの従業員の意見を集めることは大切です。 そして、従業員への意見を聞いた上で、届に意見書を添付してへ提出します。 ただし、災害その他避けることができない事由がある場合には、その限りではない。 2 前項の休息時間の満了時刻が、次の勤務の所定始業時刻以降に及ぶ場合、翌日の始業時間は、前項の休息時間の満了時刻まで繰り下げる。 上記は、始業時刻を繰り下げる場合の規定例ですが、休息時間と翌所定労働時間が重複する部分を労働とみなす場合の規定例は下記の通りです。 2 前項の休息時間の満了時刻が、次の勤務の所定始業時刻以降に及 ぶ場合、当該始業時刻から満了時刻までの時間は労働したものとみなす。 これはあくまで、規定本体になるため、必要に応じて、勤務間インターバルに関する申請手続や勤務時間の取扱いなどについて、等の規定の整備を行う必要がありますので、現実的には、トータルでもの見直しが必要になります。 (2)勤務間インターバルについて 令和2年度では、推進支援としてスタートしています。 本は、上記の勤務間インターバル導入を通して、社員の労働時間短縮を図ることを目的としています。 上限額については、下記の通りです。 上記の上限額に加えて、賃金アップを実施した場合には、助成上限額の加算があります。 勤務間インターバルは、成果目標が比較的低く、取り組みやすいとして大変人気がありました。 そのため、度は申請途中で予算が底をつく労働局が続出し、助成が大幅におくれました。 そのため、今回は通常の申請期限(11月)に加え、予算がなくなった時点で締め切りとなります。 申請を検討される方は、早めに計画を立てて動くことをお勧め致します。 info-7kaikei.

次の

働き方改革推進支援助成金(職場意識改善特例コース) |厚生労働省

勤務 間 インターバル 助成 金

「勤務間インターバル」とは、勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保し、健康保持や過重労働の防止を図るもので、2019年4月から、制度の導入が努力義務化されました。 このコースでは、勤務間インターバルの導入に取り組む中小企業事業主の皆さまを支援します。 公式公募ページ 生産性革命推進事業である、「ものづくり・商業・サービス補助金」、「小規模事業持続化補助金」、「IT導入補助金」の2次公募のスケジュールが公開となりました。 令和補正予算として3,600億円の生産性革命推進事業である上記3つの補助金は、それぞれ「もの補助」「持続化補助金」「IT補助金」としても知名度の高い補助金ですが、新型コロナウイルス感染症による影響を受けてサプライチェーンの毀損等に対応するために設備投資や販路開拓、事業継続力強化に資するテレワークツールの導入に取組む事業者を優先して支援されていくようです。 ・ ・ ・ 株式会社補助金ポータル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:福井 彰次、以下「当社」)は、本日2020年4月1日(水)に、幅広い補助金・助成金に対する疑問を解決する窓口を拡大するため、「補助金ラボ(所在:東京都新宿区、以下「補助金ラボ」)」を開設いたしました。 新型コロナウイルス感染症の影響をうけ、各省庁をはじめ地方自治体でも多くの対応策が日々更新されている中で、どこに問い合わせたらいいのか困ってしまうという声が高まっています。 こうした中で当社は日々更新される補助金・助成金の情報を収集し、問合せ窓口場所にお困りの方をサポートするため、窓口を拡大し「補助金ラボ」を開設することにいたしました。 補助金ラボの基本サービス 補助金ラボでは、企業のみなさまのお悩み毎、ご要望毎に対応した、きめ細かいサービスをモットーに運用してまいります。 企業の補助金顧問となれる「補助金コモン」サービスを始め、今申請が殺到している「雇用調整助成金」や「省エネ補助金」「IT導入補助金」など各種補助金・助成金の申請における基本情報から疑問に関する補助金・助成金の総合相談窓口として、対応をしてまいります。 今、雇用調整助成金は経済環境の悪化などにより事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、従業員の雇用を維持するために活用できる制度で、新型コロナウイルスの影響を受けた事業主への特例措置として、これまで複数回の拡充が行われています。 「最新の助成内容や申請要件がわかりにくい」 「結局どのくらい助成金がもらえるのか知りたい」 といったご質問にも、補助金ラボでお答えいたしますので、お気軽に補助金ラボの相談窓口までお問合せください。

次の