エスター 結末。 映画「エスター」ネタバレあらすじと結末/養子に引き取った9歳の少女!何かおかしい

映画「エスター 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

エスター 結末

こんにちは、管理人のKazuです。 本記事では、 ・ホラーサスペンス映画『エスター』のもう一つのエンディング内容 ・アナザーエンディングについて考察 以上について ネタバレありで考察していきます。 スポンサーリンク 好きな項目をタップで詳細 目次• 『エスター』無料でみるなら 正規のエンディングについて(ネタバレあり) 映画『エスター』の正規のエンディングでは、 家の近くの池で 母親とエスターが激しく争い、 首の骨を折られたエスターが 池の底へと沈んでいきます。 池底へ沈んでいくという描写なので、 エスターが死んだというはっきりとした描写ではありません。 そのため 彼女の生死は不明ですが、 おそらく 池の底へ沈み、亡くなったものと考えるのが普通でしょう。 人並みならぬ生命力があれば話は別ですが、 首の骨を折られた状態で水の中に沈められて、 普通の人間が生きているとは考えにくいです。 ファンの中では続編があるのではないかという話も上がっていますが、エスター自体は映画内で完結しています。 もし続編があるとすれば、 また別の家族のもとにエスターが引き取られるところから始まるのではないかと思います。 ただ、これはエスターが生きていればのお話。 エスターが死んでいた場合、 また同じような子がほかの家族に引き取られて続編?スピンオフ?関連映画?として公開されるのではないかと思いますが、ちょっとこれだとファンは納得しなそうですね。 アナザーエンディングは、 エスターが自宅の割れた鏡の前で化粧をしているところから始まります。 上階で化粧をしていたエスターは化粧をし終わると階段の上に姿を現します。 自宅内にはすでに幾人もの警察官がいて彼女は包囲されていますが…… エスターは全くたじろうことはなく、階段を途中まで下りてスカートを広げ警官に優雅にあいさつ、 まるで何事もなかったかのような顔をしています。 しかし、エスターの顔は傷だらけ。 事情を聞こうとする警官たちにエスターは、 「私はエスター」と自己紹介をしてアナザーエンディングは終了。 含みを残したラストを飾っているので下記にて考察をさせていただきます。 関連記事 アナザーエンディングでは家族はどうなったのか スポンサーリンク 結論からのべると、家族がどうなったのかはわかりません。 ただ、アナザーエンディングでは、 エスターが生きていることから、 母親との闘いでエスターは勝利し、 池の近くで見守っていた妹のマックスを殺した後、 化粧をしてから警察に出頭した(姿を現した)と考えるのが無難だと思います。 夫はエスターにめった刺しにされて殺されていますし、 実質 生き残ったのは病院で窒息死させられかけた兄のダニエルだけなのではないでしょうか。 自分がこどもの姿でいれば見逃してもらえると思ったのか定かではありませんが、 化粧をしていたということはつまり 32歳という本当の年齢を隠したかったのではないかと思います。 エスターは、これまでに引き取られた先の家族を火事と見せかけて全員殺しています。 彼女が追及されなかったのは子供であり、 かわいそうな孤児が引き取られ先でも不幸にあったようにしか見えなかったからで、 今回もそれを装おうとしたのではないかと推測できます。 化粧前のしわがれた姿で警官の前に現れたのでは子供を装うことができないため、化粧をしたのでしょう。 関連記事 エスターは警察につかまったのか おそらくつかまったのではないかと推測できます。 エスターは割れた鏡の前で化粧をしていたため気づいていないようですが、 エスターの顔は傷だらけでまるで鏡が割れたようになっています。 とてもではないですが10代の幼い子供には見えません。 エスターの顔が傷だらけであることから警官は事情を聞くと思いますし、 なにより家の中にはめった刺しにされたジョンの死体があります。 ジョンを刺したナイフは池に捨てて証拠隠滅を図ったとしても、 妻やマックスがもし生きていたとしたら、 証言することは間違いない上、 彼女たちが死んでいたと仮定しても息子のダニエルが存命である限りはエスターは誰かしらの証言により逮捕されるに違いありません。 どれくらいエスターが証拠を隠滅したか不明ですが、 孤児院や精神病院に電話をしていたケイトの携帯電話の履歴もあるので、言い逃れることは難しいのではないかと思います。 続編はあるのか スポンサーリンク 続編があるのではないかという話が映画『エスター』のファンの中では上がっています。 エスター自体は完結していますが、 もしエスターが池の中から生還していた、 またはアナザーエンディング後にひと悶着ありエスターが孤児として別の家族に引き取られることになったとすれば続編があると考えることはできます。 ただ、映画『エスター』が公開されたのは2012年で、かなり前の話です。 続編製作の話は現時点(2019年1月現在)で出ていないため 今のところ製作の予定はない様子。 ファンの中では、 「完結していることもあって続編を作った場合、盛大にころびそう」 など、否定的な意見がある中、 続編に期待をしているといった声もあるため…… 続編があった場合は映画館に足を運ぶ人は少なくないでしょう。 気になった方は以下からご覧ください。 公式からではないので、もし不都合等あった場合は削除いたします… ちなみに『エスター』を鑑賞するなら、 無料トライアル期間中に解約することでお金をかけずにフル動画が視聴できるU-NEXTがおすすめです。 U-NEXTはできるだけリーズナブルに動画を見たい人におすすめのサービスで、 通常は1か月1990円かかりますが、登録すれば最初の31日間は 完全無料でサービスを利用することができるのでお勧めです。 考察についてはあくまで個人的な意見なので、 ほかにもこうじゃないかなどあったら意見をお聞かせいただければと思います。 では、よい映画ライフを! スポンサーリンク アナザーエンディングの怖さはエスターが生き残ったという恐怖でしょう そもそもエスターはロシアで里親を殺して捕まりましたが、その後に逃亡してますから 今回の件も生き残った家族が証言して逮捕されようが、また逃亡して国を変えて同じ事を繰り返すんじゃないのか?という怖さですね 続編があるとすればエスターの過去が見たいです 今回の作品で明かされたところだと、ロシアで里親詐欺して家族を殺し(この時すでに20歳は越えてたはず) 捕まって精神病院入れられ、脱走して里親詐欺してアメリカに渡る(正規の里親ではないらしい) その家族も殺して、孤児院へ入ったという時系列で 幼少期が一切語られていないので、どこの国で生まれ、どんな育ち方をして殺人鬼になっていったのか この辺りがとても気になります.

次の

少女の中に潜む狂気! サイコホラー映画『エスター』(2009)が描いた恐怖を結末・ラストとともに解説【あらすじ、感想、ネタバレあり】

エスター 結末

こんにちは、管理人のKazuです。 本記事では、 ・ホラーサスペンス映画『エスター』のもう一つのエンディング内容 ・アナザーエンディングについて考察 以上について ネタバレありで考察していきます。 スポンサーリンク 好きな項目をタップで詳細 目次• 『エスター』無料でみるなら 正規のエンディングについて(ネタバレあり) 映画『エスター』の正規のエンディングでは、 家の近くの池で 母親とエスターが激しく争い、 首の骨を折られたエスターが 池の底へと沈んでいきます。 池底へ沈んでいくという描写なので、 エスターが死んだというはっきりとした描写ではありません。 そのため 彼女の生死は不明ですが、 おそらく 池の底へ沈み、亡くなったものと考えるのが普通でしょう。 人並みならぬ生命力があれば話は別ですが、 首の骨を折られた状態で水の中に沈められて、 普通の人間が生きているとは考えにくいです。 ファンの中では続編があるのではないかという話も上がっていますが、エスター自体は映画内で完結しています。 もし続編があるとすれば、 また別の家族のもとにエスターが引き取られるところから始まるのではないかと思います。 ただ、これはエスターが生きていればのお話。 エスターが死んでいた場合、 また同じような子がほかの家族に引き取られて続編?スピンオフ?関連映画?として公開されるのではないかと思いますが、ちょっとこれだとファンは納得しなそうですね。 アナザーエンディングは、 エスターが自宅の割れた鏡の前で化粧をしているところから始まります。 上階で化粧をしていたエスターは化粧をし終わると階段の上に姿を現します。 自宅内にはすでに幾人もの警察官がいて彼女は包囲されていますが…… エスターは全くたじろうことはなく、階段を途中まで下りてスカートを広げ警官に優雅にあいさつ、 まるで何事もなかったかのような顔をしています。 しかし、エスターの顔は傷だらけ。 事情を聞こうとする警官たちにエスターは、 「私はエスター」と自己紹介をしてアナザーエンディングは終了。 含みを残したラストを飾っているので下記にて考察をさせていただきます。 関連記事 アナザーエンディングでは家族はどうなったのか スポンサーリンク 結論からのべると、家族がどうなったのかはわかりません。 ただ、アナザーエンディングでは、 エスターが生きていることから、 母親との闘いでエスターは勝利し、 池の近くで見守っていた妹のマックスを殺した後、 化粧をしてから警察に出頭した(姿を現した)と考えるのが無難だと思います。 夫はエスターにめった刺しにされて殺されていますし、 実質 生き残ったのは病院で窒息死させられかけた兄のダニエルだけなのではないでしょうか。 自分がこどもの姿でいれば見逃してもらえると思ったのか定かではありませんが、 化粧をしていたということはつまり 32歳という本当の年齢を隠したかったのではないかと思います。 エスターは、これまでに引き取られた先の家族を火事と見せかけて全員殺しています。 彼女が追及されなかったのは子供であり、 かわいそうな孤児が引き取られ先でも不幸にあったようにしか見えなかったからで、 今回もそれを装おうとしたのではないかと推測できます。 化粧前のしわがれた姿で警官の前に現れたのでは子供を装うことができないため、化粧をしたのでしょう。 関連記事 エスターは警察につかまったのか おそらくつかまったのではないかと推測できます。 エスターは割れた鏡の前で化粧をしていたため気づいていないようですが、 エスターの顔は傷だらけでまるで鏡が割れたようになっています。 とてもではないですが10代の幼い子供には見えません。 エスターの顔が傷だらけであることから警官は事情を聞くと思いますし、 なにより家の中にはめった刺しにされたジョンの死体があります。 ジョンを刺したナイフは池に捨てて証拠隠滅を図ったとしても、 妻やマックスがもし生きていたとしたら、 証言することは間違いない上、 彼女たちが死んでいたと仮定しても息子のダニエルが存命である限りはエスターは誰かしらの証言により逮捕されるに違いありません。 どれくらいエスターが証拠を隠滅したか不明ですが、 孤児院や精神病院に電話をしていたケイトの携帯電話の履歴もあるので、言い逃れることは難しいのではないかと思います。 続編はあるのか スポンサーリンク 続編があるのではないかという話が映画『エスター』のファンの中では上がっています。 エスター自体は完結していますが、 もしエスターが池の中から生還していた、 またはアナザーエンディング後にひと悶着ありエスターが孤児として別の家族に引き取られることになったとすれば続編があると考えることはできます。 ただ、映画『エスター』が公開されたのは2012年で、かなり前の話です。 続編製作の話は現時点(2019年1月現在)で出ていないため 今のところ製作の予定はない様子。 ファンの中では、 「完結していることもあって続編を作った場合、盛大にころびそう」 など、否定的な意見がある中、 続編に期待をしているといった声もあるため…… 続編があった場合は映画館に足を運ぶ人は少なくないでしょう。 気になった方は以下からご覧ください。 公式からではないので、もし不都合等あった場合は削除いたします… ちなみに『エスター』を鑑賞するなら、 無料トライアル期間中に解約することでお金をかけずにフル動画が視聴できるU-NEXTがおすすめです。 U-NEXTはできるだけリーズナブルに動画を見たい人におすすめのサービスで、 通常は1か月1990円かかりますが、登録すれば最初の31日間は 完全無料でサービスを利用することができるのでお勧めです。 考察についてはあくまで個人的な意見なので、 ほかにもこうじゃないかなどあったら意見をお聞かせいただければと思います。 では、よい映画ライフを! スポンサーリンク アナザーエンディングの怖さはエスターが生き残ったという恐怖でしょう そもそもエスターはロシアで里親を殺して捕まりましたが、その後に逃亡してますから 今回の件も生き残った家族が証言して逮捕されようが、また逃亡して国を変えて同じ事を繰り返すんじゃないのか?という怖さですね 続編があるとすればエスターの過去が見たいです 今回の作品で明かされたところだと、ロシアで里親詐欺して家族を殺し(この時すでに20歳は越えてたはず) 捕まって精神病院入れられ、脱走して里親詐欺してアメリカに渡る(正規の里親ではないらしい) その家族も殺して、孤児院へ入ったという時系列で 幼少期が一切語られていないので、どこの国で生まれ、どんな育ち方をして殺人鬼になっていったのか この辺りがとても気になります.

次の

映画「エスター」ネタバレあらすじと結末/養子に引き取った9歳の少女!何かおかしい

エスター 結末

陣痛が来た妻ケイト・コールマンを連れて、夫のジョンが病院へ運び込みます。 ケイトは3回目の経産婦で、生まれてくる子どもに「ジェシカ」と名付けるつもりでした。 ところが病院の廊下で急に大出血を起こしたケイトは、生まれてきた子が見るもおぞましい血まみれの赤ん坊だと見せられて、絶叫します。 それは、ケイトが見ていた夢でした。 ケイトにはダニエルという息子と、マックスという娘がいましたが、3人目の子どもを死産していました。 その心の傷から立ち直れず、それでケイトは悪夢に悩まされていました。 ケイトが苦しむのを見た夫・ジョンは、孤児院へ行こうと話します。 長男のダニエルは生意気ですが順調に育っています。 娘のマックスは生まれつき難聴の障害を持っており、補聴器をつけていました。 ハムデン聾(ろう)学校に通っています。 母・ケイトとは手話で話します。 兄のダニエルは、手話をあまり覚える気はありません。 マックスに絵本を手話で読み聞かせしていたケイトは、死んだ娘・ジェシカのことを思い出してふさぎこみます。 そんな情緒不安定な自分が嫌になったケイトは、夫の勧めるとおり孤児院で養女をもらおうと考えました。 次の休みの日、ジョンとケイトは『聖マリアナ女子孤児院』へ行きます。 ケイトは集合室に集まる女児を見ていましたが、設計士のジョンは建物の各部屋をチェックしていました。 そこへ、教室の奥に1人の少女がいるのを見つけます。 その少女・エスターは絵を描いていました。 ユニークな絵です。 ジョンを相手にしても利発な話し方をするエスターを見て、ジョンは好もしく思いました。 あとでやってきたケイトも、エスターに好感を抱きます。 聡明で、悟っている印象を受けます。 シスター・アビゲイルは、「エスターは9歳の少女で、ロシア出身。 この数年で英語を学んだ」と話しました。 ロシア出身のエスターを最初に引き取ったアメリカの家族は、火事で他界してしまったそうです。 そんな身の上を聞いてジョンとケイトは、エスターを養女に迎え入れる決意をしました。 エスターは首と手首にリボンを巻いており、絶対に外そうとしないということを、シスター・アビゲイルは2人に伝えます。 そのまま家に連れ帰ったケイトは、車中でダニエルとマックスのことを話しました。 マックスのために、簡単な手話をエスターに教えます。 年齢的には、エスターはダニエルとマックスの間に入る形でした。 夫婦が留守の間、ダニエルとマックスの面倒は、ジョンの母(つまり祖母)・バーバラが見ています。 エスターは初対面のマックスに、早速教わったばかりの手話であいさつをし、好印象を与えました。 夫妻の家にピアノがあるのを見て喜ぶエスターを見て、ピアノ教師だったケイトはピアノを教えようと思います。 テレビゲームをするダニエルは、自分の活躍を父・ジョンに見てもらいたいのに、みんなの注目がエスターに向かっていることが不満でした。 ダニエルは腹を立てて、男友だちといっしょに樹上に作ったツリーハウスに遊びに行きます。 その後、義母のバーバラは復職しないのかとケイトに聞きました。 過去にケイトはアルコール依存症に陥り、飲酒運転で事故に遭いかけたことがあり、嫌味を言われます。 夜、雷が鳴りました。 補聴器を外して眠るので、雷に気付かず眠りこんでいるマックスのところへエスターが行くと、マックスと一緒に夫婦の部屋に行き「雷が怖い」と言って、一緒に寝ました。 (怖がっている振りをして甘えることで、早く夫婦との距離を縮めようとしている) 初の登校日。 エスターは古めかしいドレスを着用します。 ただの学校なのに、よそゆきのドレスを着て行くエスターを見てダニエルはバカにし、ジョンとケイトもやんわりと別の服を着ていくべきではと言いました。 しかしエスターはその服で行くことを主張します。 案の定、クラスでエスターはバカにされました。 エスターはバカにした生徒の顔を記憶します。 家に帰るとエスターは、妹のマックスと一緒に遊びました。 積極的に妹の面倒をみようとします。 ダニエルは空気銃で空き缶を撃って遊んでいましたが、ふとハトを見つけて、試し撃ちのつもりで当てました。 当たったハトは落ち、動けなくなります。 そこへエスターとマックスが近づきました。 事情を知ったエスターは、苦しみを長引かせるのかと言い、石で止めをさすようダニエルに言います。 怯えてできないダニエルの代わりに、エスターは躊躇なく石を振りおろしてハトを殺しました。 ダニエルはエスターの恐ろしい一面を見ます。 入浴時に、エスターが施錠するのを知ったケイトは、やんわりと注意しました。 エスターの入浴中に洗濯物をたんすにしまいに行ったケイトは、タンスの引き出しに分厚い聖書が入っているのを見つけます。 気に留めず、ケイトは元の場所に戻しました。 学校でダニエルの仲間がエスターに嫌がらせをします。 エスターの持っている聖書を落とした少年は、エスターが首に巻いたリボンに手をかけました。 エスターはその瞬間、絶叫します。 周囲が驚くほどでした。 学校で悲鳴をあげたエスターのことを聞いて、ピアノを教えながら母・ケイトは話を促します。 エスターは話題を変え、ジェシカって誰と質問しました。 死産した娘で、遺骨は温室の白いバラの根元に埋めたと話すと、エスターは涙をこぼします。 それを見たケイトは、なんと心のやさしい子だろうと感動し、エスターを抱き締めました。 エスターが心を開いてくれたと思い込みます。 前半部分は賢い子供としてみていたのでなにも感じなかったが種明かし後に違和感がある。 エスターは33歳の大人だ。 しかし彼女の行動は子供そのもの。 自分を悪く言う小学生を殺そうとしてみたり、シスターを殺害したり、彼女に害をなすものは排除しようとする。 拒絶されれば即殺害だ。 正直大人としてみれば賢いとは言えないし、行動が短絡的だ。 これが7人を確認されているだけで殺し、さらにまんまと孤児として米国に潜り込むだけの知性があるとは思えない。 いくつの状況証拠があるんだろう。 これに気付かないというのはありえない。 でも彼らはエスターの都合のいいように動く。 一人で人形遊びしているような脚本だ。 まりえったさんの感想 ヒロヒロさんの意見と同じくです。 ライトネウロイさんの、見解は「あくまでもまともな人間として(悪魔つきなどなく)」としての見方でしかないかと。 精神は正常で発達系のみに問題ならば、精神科の医師も出てこないし、傷が残るほどの拘束されてて暴れないですよね……。 エスターは同い年の子が大人になってゆくなか取り残された「どっちにもなれなかった子」と思います。 まともになりたい、私を見て、男女として愛してほしい。 居場所のない孤独。 無遠慮に向けられる目。 ジワジワとエスターを長い時間かけて壊し、奥底にあったサイコパスが表にでてきた。 心も考えも体も全てが未熟な彼女は、短絡的に理想の生活だけを求めて、邪魔なら殺人すら厭わない。 そんな、可哀想な印象を、取ることが出ないです。。 社会性って学生時代も大きいですが、社会に出て色んな人と仕事して、話して、狭い世界ではない大きな世界で生きていくからこそ、育つものだと考えてます。 エスターは「今の私(体)を愛して」と言うてますが誰よりも「今のエスターを愛してない」のはエスター自身だとヒシヒシと感じます。 大分ぶっ壊れちゃってるので、修復不可ですがエスターに救いがあれば…… どこかで助けられたら……と。 スミレさんの感想.

次の