30 代 貯金 中央 値。 30代の平均的な貯金額はいくら?気になる30歳~39歳の男女別 平均年収と、預貯金などの貯蓄に関する統計データを調べてみた。

30歳【男性女性】の年収中央値【大卒高卒別】や30歳で年収500万円になる仕事内容|平均年収.jp

30 代 貯金 中央 値

年間どれくらいの貯金ができるのか?世の中の人の年間貯金額がどれくらいなのか、気になりませんか?年間貯金額の平均や、収入が同じなのに貯金できる人とそうでない人の差は一体どこにあるのでしょう。 また、少ない収入でも貯金に回すコツはあるはずです。 今回は世代別の年間貯金額と、貯金額を増やす方法についてご紹介します。 年間貯金額の平均は50~60万円 ある調査会社が、平均世帯年収500万円の主婦を対象に年間どれくらいの貯金ができているかアンケートを実施した結果、年間貯金額の平均は60万円でした。 ただし、赤字であったり把握していないと答えたりした主婦も2割強程度いたそうです。 年間貯金額の中央値とは 平均値は総数を割った数値なので、年間貯金額が飛びぬけて多い人がいればその人達に引っ張られ平均値が上がることになります。 それに比べて中央値とは、数値の少ない順に並べていったときのちょうど真ん中を示す数値です。 つまり、年間貯金額のリアルを知るには平均金額よりも中央値のほうが参考になると言えるでしょう。 平均世帯年収500万円の年間貯金額の中央値は50万円です。 貯金があれば自分や子供の夢の後押しになりますが、無理はストレスのもとです。 日々の生活で支障がない程度で家族と話し合い、貯金の計画を立てましょう。 20代の年間貯金額 20代全体の平均年収は316万円と言われており、20代の貯金額の中央値は85万円(平均貯金額は154万円)です。 20代の月収は18~20万円と言われていますが、所得税や各種保険を給料から天引きされると手取りは14~16万円程度です。 ここから月々2万円を貯金すると、年間貯金額は24万円になります。 現在貯金がまったくないとして、平均値の154万円貯めようと思うと約7年間かかることになります。 20代は自分の意に反する付き合いも多いですね。 また、学生ローンを抱えている人もおり、少ない月収のなかから貯金しなくてはなりません。 ただし、実家暮らしの20代は、ほとんどのお金を自分のために使えるのですから、最も貯金ができる年代でもあります。 20代一人暮らしの年間貯金額 一人暮らしをする20代は少なくありません。 一人暮らしの20代は実家暮らしに比べて家賃・食費・雑費等に支出が増えますし、定期的な住居の契約更新の際には大金が動きます。 ある調査によると、約半分の20代一人暮らしが貯金できていないと答えています。 30代の年間貯金額 30代全体の平均年収は約350万円と言われています。 貯金額の中央値は250万円(平均貯金額500万円)です。 新卒から月々2万円貯金していれば30代には少なくとも240万円は貯まっているはずですが、まったく貯金がない人もいます(約4割は貯金ができないというデータがあります)。 20代と変わらず交際費や遊興費に使う人もいますが、お金の使い方に変化があらわれる年代でもあります。 例えば結婚・出産・住宅の購入などで貯金を使い果たしている場合や、将来の備え(個人年金や株式投資など)にする人もいるのです。 30代は子供の成長につれ教育費が増えるため、学費がかからないうちに貯金するべきだと言われますが、現状の貯金額平均は月々3万円程度(年間貯金額36万円)だそうです。 30代一般家庭の年間貯金額 30代で家族2人以上の世帯の貯金額の中央値は500万円です。 30代共働き(妻もフルタイム)の一般家庭では貯金額は500~700万円、夫婦ふたりの年収を合わせると800万円を超えます。 妻の収入の半分以上を貯金する世帯もありますが、共働き子供なしの夫婦は趣味や娯楽への支出が増える傾向もあります。 妻がパートタイマー(扶養内)の場合も600万円弱の年収になります。 妻がフルタイムで働く世帯より年収は下がりますが、毎月数万円の貯金は可能です。 専業主婦では貯金が難しいため、多くの妻が幼い子供を抱えながら仕事に就いているのが現状です。 40代の年間貯金額 40代に入ると共働き世帯の場合、世帯年収が1000万円近くなる家庭も少なくなく、妻がパートタイマーの世帯年収で世帯年収は600万円代が平均となります。 40代平均貯金額 800万円• 40代貯金額中央値 500万円 上記は2人以上の世帯の値です。 年収別の中央値は、300から500万円未満の世帯で407万円、500万円750万円未満の世帯では649万円の貯金額です。 この年代でも貯金額には差があり、約3割(40代・50代ともに)は貯金がないと答えています。 40代はまだまだ子供の教育費が必要な世代、中学校までは家計内に納まるよう努め、高校以降の教育費のためにある程度の貯金をする必要があります。 月々手取りの10%以上は貯金するようにすると良いでしょう。 40代独身者の年間貯金額 40代独身者の貯金額の中央値は500万円(平均値1177万円)です。 新卒から単純計算で年間25万円貯金していれば500万円は貯まります。 しかし、ほかの年代と同じように男性の3人に1人、女性の5人に1人は貯金がないと答えています。 現段階で住居を大きくする必要がなく子供の教育費も不要、いまのところ収入の全額を自分のために使用できるのですから、生涯独り身であるリスク(病気などで働けなくなること)を考えなくてはなりません。 年間貯金額300万円を目指すのは無理? 老後のため、子供の教育費のためなど貯金には目標がありますが、年収によって貯金可能額は変わってきます。 年収700万円の人が年間貯金額300万円を目指すのはアリ 年収700万円の独身者なら年間300万円の貯金は可能、贅沢をしなければ300万円は貯まります。 また、子育て真っただ中の場合でも、最低限の生活を行えば単純計算をして250万円は貯金できます。 残りの50万円をどうやって貯金に回すか、夫婦で削減する部分決めるとよいでしょう。 年収500万円の人が年間貯金額300万円を目指すのは難しい 年収500万円の独身者なら、最低限の支出で生活すれば300万円の貯金は可能です。 しかし、子育て世帯の場合は難しいでしょう。 年収の半分以上を貯金に回すのですから、いままでの生活はまずできません。 例えば住居を引き払い実家にお世話になったり(固定費や食費の削減)子供の習い事を諦めさせたり、お金が貯まる幸せより家族関係にヒビが入る可能性があります。 年間貯金額500万円を目指すための方法 どうしても貯金したい場合は次の方法を実践してみてください。 計画を立てる 年間を通してどれくらいのお金が必要か、計画を立て、足りない部分をどのようにして生み出すのかもはじめに考えましょう。 体力的に個人差はありますが、隙間時間を使って低リスクで始められるのがデータ入力やライターなどの副業です。 ちなみに、副業によってお金を稼いだ場合は忘れずに確定申告も行いましょう。 年間貯金額を決めてお金を貯める仕組みを作る 年収が増えても、貯金する仕組みを作らないとお金は一向に貯まりません。 必然的にお金を貯める仕組みを作りましょう。 年間貯金額を夫婦や家族で共有• 年間貯金額をブログで公開 夫婦で話し合い目標とする貯金額を決めて取り組むことで無駄な出費をなくしましょう。 もちろん子供たちに理解を求めるのも大事です。 なかには、貯金のサクセスストーリーをブログで公開している人もいます。 自分の生活を公開する場合、個人情報が漏れないよう細心の注意を払う必要がありますが、他人の意見を聞けたり励まされたりし、モチベーションアップにつながります。 ダイエットもそうですが、公にすると必然的に目標に向かわなくてはならない状況になるからです。 先取り貯金をする 1か月に必要なお金だけを口座に残し、給料日当日に貯金のための口座に残りを移動させたり、はじめから財形貯金(給料天引き)にしたりします。 先取り貯金で余計なお金を使わない工夫をしましょう。 毎月使える金額を決める 「食費・雑費はこの財布」と決め、一定の金額のみを財布に入れておくようにすれば、そのなかでまかなえるようになります。 また、銀行へ行く回数を決めたり、買い物金額を決めたり、スーパーではカートを利用しない(1つのかごで持てる範囲)など、自分ルールを決めたりするのもおすすめです。 固定費を削減する 改めて整理すると、なくても支障のない固定費はあります。 衛星放送の契約解除• 定期購入している化粧品やサプリを解約• 新聞の解約• トレーニングジムの退会• 自動車を1台処分• 生命保険の見直し• スマートフォンの買い替え これまで行っていたことのなかから、生活に支障が出ない固定費を削減してみましょう。 家計簿をつけ流動費を見直す 貯金ができる人は1か月・年単位の収入と支出を把握しています。 家計簿アプリもあるのでゲーム感覚で家計簿をつけられるし、お金の流れがわかれば問題点も見えてきます。 家計簿をつけてみて、交際費や嗜好品に費やす傾向にある場合は、不要な付き合いは止める、煙草やお酒、コーヒー店通いをこの機会に止めるなど、これまで自制できなかったことをストップさせましょう。 例えば、有名店のコーヒーを止めて、マイボトルを持参することで1か月1万円近い節約になりますよ。 お金をかけない趣味を楽しむ 時間に余裕ができるようなら、お金のかからない趣味を始めてみましょう。 ウォーキング• マラソン• 家庭菜園(プランター)• 廃材や100均を利用したDIYでリフォーム• 読書 休みの日にどこも出かけず暇を持て余すとストレスが溜まります。 また、貯金に重きを置いた生活を続けると、途中で息切れしたり家族間でもめ事が起こったりする可能性もあります。 ストレスを発散しつつ、低コストで楽しめる趣味を見つけて家族で楽しく取り組みましょう。 最後に 今回は年間貯金額をテーマに、世代別の年間貯金額や貯金額を増やす方法についてご紹介してきました。 まずは、月々のお給料のうち10%程度を貯金することから始めてみてはいかがでしょうか?.

次の

30代の平均貯金額と中央値・具体的な貯蓄方法

30 代 貯金 中央 値

中央値と平均値の違い 貯金額のデータには、『中央値』と『平均値』という2種類のデータがあります。 データから貯金額の目安を考えたいときには、中央値と平均値を両方見ることが重要です。 中央値 中央値とは、その項目に含まれる数値を大きさ順に並べたときに、真ん中にくる数値のことです。 例えば、貯金額10万円の人が3人、50万円の人が1人、1000万円の人が1人いるとします。 この場合、中央値は10万円です。 このケースでは貯金額10万円の人が多いので、結果が実情に近い数値であることがわかります。 平均値 平均値とは、その項目に含まれる全部の数値を合算して、総数で割った数値のことです。 同じく貯金額10万円の人が3人、50万円の人が1人、1000万円の人が1人いるとしたら、平均値は216万円です。 このケースでは、貯金額10万円の人が多いにもかかわらず、結果が実情とかけ離れています。 このように、平均値はその項目内に極端な数値が含まれていた場合に、それが結果に影響して実情と合わなくなるのです。 貯金額のデータを見たときに平均を下回る人が多いのには、このような理由があります。 そのため、貯金額のデータから貯金の目安を考えるときには、中央値と平均値を両方見る必要があるのです。 年間の収入と貯金額の中央値 ここでは、30代の毎月の収入額と貯金額の中央値を紹介します。 自分の状況に近いデータを確認しましょう。 2人世帯以上の場合 『2018年・家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査)』によると、30代の2人以上世帯の年間収入額(税引き後の手取り額)は以下の通りです。 中央値:500万円• 平均値:528万円 そして、貯金額(金融商品保有額)の中央値、平均値は以下の結果が出ています。 中央値:382万円• 平均値:660万円 夫婦どちらかのみ収入がある場合 2人以上世帯で、夫婦のどちらか一方のみに収入がある場合の貯金も知っておきましょう。 以下は、世帯主のみ就業している場合の貯金額の中央値と平均値です。 中央値:550万円• 平均値:1359万円 配偶者のみ就業している場合の貯金額(金融商品保有額)の中央値と平均値は以下の通りです。 中央値:500万円• 平均値:1447万円 単身世帯の場合 単身世帯の収入額と貯金額も見てみましょう。 『18年・家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)』によると、30代の単身世帯の年間収入額(税引き後の手取り額)は以下のようになっています。 中央値:250万円• 平均値:302万円 貯金額(金融商品保有額)は以下の通りです。 中央値:40万円• 平均値:317万円 男性の場合 『14年・全国消費実態調査(単身世帯)』によると、40歳未満男性の貯蓄額の平均は373万円です。 40歳未満なので、10代や20代も含まれますが、目安のひとつにはなるでしょう。 貯金を増やすための方法は 貯金を増やしたいのであれば、まずは1カ月の収入と支出の管理を始めましょう。 どれくらい収入があって、何にいくら使ってるのかがわからないと、貯金が増えない原因や節約すべき項目がわかりません。 簡単なものでよいので、家計簿をつけてみましょう。 家計簿アプリを利用すれば、手軽に家計簿が続けられます。 また、家賃や水光熱費などの引き落とし口座と、貯金用の口座はしっかり分けておきましょう。 こうすることで、貯金額が一目でわかるようになるほか、うっかり貯金に手をつけるということも防げます。 毎月一定額を貯蓄へ 貯金を増やすには、事前に1カ月あたりの貯金額を決めて、給料日の最初に貯金を済ませる『先取り貯金』が確実です。 毎回貯金用口座に振り込むのが面倒という人は、自動入金サービスを利用するとよいでしょう。 あらかじめ申し込みしておけば、決まった日に自動で貯金用口座に指定額が移動されるので、自分で振り込む手間がかかりません。 貯金してもすぐに引き出してしまう人は、ゆうちょ銀行の『自動積立定額貯金』などの利用を検討しましょう。 貯金を引き出すには窓口での手続きが必要で手間がかかるので、貯金の引き出しを防止できます。 投資や運用を検討する 少し資金に余裕があるという人は、投資や資産運用も検討してみましょう。 貯金は自分の収入の範囲内でしかできません。 そのため、貯金を増やすには、収入を増やすか支出を減らすか、どちらかしか手段がないのです。 しかし、投資や資産運用であれば、今ある資金を利用して、お金がお金を生み出す循環をつくれる可能性があります。 ただし、定期預金などの元本保証商品の商品以外は、逆に資産が減るリスクもあります。 それを考慮したうえで、投資や資産運用を始めるかどうか考えましょう。 まとめ 貯金の目安を考えるために貯金額のデータを調べるときには、『中央値』も見ることが大切です。 これにより、実情に近い数値を把握できます。 貯金の目安が決まったら、家計簿をつけて毎月の収支を把握したうえで、先取り貯金や資産運用などを試してみましょう。

次の

貯金を中央値で読み解く!気になるみんなのリアルな貯金額

30 代 貯金 中央 値

将来、子どもの教育費や住宅購入、老後生活などに大きなお金がかかることを考えると、少しでも多く貯蓄しておきたいですよね。 また、「特に目的はなくても、安心のためにお金を貯めたい」という声もよく耳にします。 いくら貯められるかはある程度収入に左右されますし、必要となる金額も家族構成やライフイベントなどにより、人それぞれ異なります。 しかし、同じ世代の人がどのくらい貯蓄しているのかを知れば、目標貯蓄額の目安になります。 20代、30代の平均貯蓄額はどのくらいなのでしょうか。 貯蓄を増やすためにすべきこととあわせて、まとめてみました。 20代、30代の貯蓄額の平均 20代、30代の平均貯蓄額 はじめに、20代と30代の平均貯蓄額を見てみましょう。 金融広報中央委員会の「平成30年 2018年 家計の金融行動に関する世論調査」から、二人以上世帯と単身世帯の貯蓄額を抜き出してみました。 <二人以上世帯> 20代……平均249万円、中央値111万円 30代……平均660万円、中央値382万円 <単身世帯> 20代……平均128万円、中央値5万円 30代……平均327万円、中央値40万円 二人以上世帯では、平均ですと20代で約250万円、30代では大きく増加して660万円もの貯蓄があることがわかりました。 ただし、飛び抜けて貯蓄額の多い一部の世帯に引っ張られ、平均は高くなる傾向にあります。 そのため、中央値 小さい順に並べた時真ん中に来る数値のこと の方が、実態に近い数字であると言えます。 中央値を見てみると、貯蓄額は20代では約110万円、30代では約380万円となりました。 一方、単身世帯はどうでしょうか。 20代の平均貯蓄額は約130万円ですが、中央値はぐっと下がり5万円です。 30代では、平均は約330万円ありますが、中央値となると40万円です。 一人暮らしは生活費の負担が大きく、貯蓄にお金を回す困難さが浮き彫りとなるような結果です。 特に、まだ所得がさほど多くない20代は、貯蓄をするのが簡単なことではないでしょう。 しかし、それだけではなく、家計のやりくりに慣れていないといった要因も考えられそうです。 なお、この中には金融資産を保有していない世帯、つまり、貯蓄がゼロの世帯も含まれています。 では、どのくらいの割合が、貯蓄ゼロ世帯なのでしょうか。 まず、二人以上世帯では、20代は32. 単身世帯では、20代で45. 特に単身世帯で貯蓄をしていない世帯が目立ち、約4割の人は貯蓄がないまま生活していることがわかります。 ちなみに、貯蓄をしている世帯だけを抜き出すとどのくらいの金額になるのでしょうか。 <二人以上世帯> 20代……平均370万円、中央値250万円 30代……平均810万円、中央値500万円 <単身世帯> 20代……平均239万円、中央値85万円 30代……平均533万円、中央値250万円 貯蓄している世帯だけを見てみると、特に単身世帯では、貯蓄をしていない世帯を含むデータとの差を感じるのではないでしょうか。 一人暮らしでも、貯めている人はしっかり貯めている、ということですね。 貯蓄額を増やすために必要なことは? 同世代の貯蓄額を知ると、「自分ももっとしっかりお金を貯めたい」と思いますよね。 貯蓄額を確実に増やしていくには、何をすればいいのでしょうか。 まず、「先取り貯蓄」の仕組みを作ることが必須です。 貯蓄分を余らせようとしながらお金を使っても、結局は使い切ってしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。 これでは、余裕のある月は貯められるけれど、急な出費があった月はそれまでの貯蓄分も使ってしまう……というように計画的な貯蓄はできません。 そこで、毎月しっかり貯めるためには、給与から先に天引きさせ、貯蓄のお金を別口座に移してしまうのです。 先取り貯蓄には、金融機関の「自動積立定期預金」や勤め先にある場合は「財形貯蓄制度」の活用がおすすめです。 さらに、同世代の平均や中央値よりも多い貯蓄額を目指したいという場合は、投資に挑戦してみましょう。 銀行口座にお金を置いておくだけでなく、投資でリスクを取りつつ、増やしながら貯めていくのです。 たとえば、NISA 少額投資非課税制度 口座を開き、その口座で投資信託を購入すると、税制優遇が受けられお得に運用ができます。 コツコツ積み立てていけば、複利効果によって効率的にお金を増やすこともできますよ。 また、収入自体を増やすなら、副業を始めるのも有効な手立てです。 最近は、副業としてできる多種多様な仕事がありますので、自分のライフスタイルに合い楽しみながらできる副業がきっと見つかるはずです。 ただし、いずれにしてもただ漠然と「貯蓄が増えれば安心」とするのではなく、何のためにお金が必要なのか、その目的を考えてみましょう。 人より多くお金を貯めて安心するだけでは、人生を豊かにする有意義な使い方はできないからです。 これまで以上に生活が圧迫され、貯蓄どころではない……と考えてしまうものですが、お金を先に貯める仕組みを持てば、少しずつでも貯蓄はできるのです。 決して無理をしない範囲で先取り貯蓄をし、残りのお金で生活してみましょう。 はじめは大変かもしれませんが、「そもそもこの金額しかなかった」と思って工夫すれば、案外やりくりできるものです。

次の