パフューム ある 人殺し の 物語。 パフューム ある人殺しの物語 : 作品情報

香水 ある人殺しの物語

パフューム ある 人殺し の 物語

むかしワインの仕事をしていました。 香りへの感受性の開拓。 そして味覚を言語化する訓練。 その中で出会った大著でした。 原作とこの映画作品は、香りそのものへの記述が少し物足りなかったかな。 大著から繰り出す壮大なドラマを経てイメージされる香りよりも、小さな紙片に綴るソネットのほうが僕は香りの表現としては好みです。 それでも興味深かったのは、グルヌイユの醜い容貌と臭気が民衆を争乱させる聖なる香りに隠されていた媚薬であった、ということ。 つまり、パフュームに秘められた屍の匂いや汗・体臭が実は人間の本能を虜にする隠し味なのだという事実です。 ワインのテイスティングの表現にも「革の匂い」「濡れた犬の匂い」なんていうのもあります。 「悲しみを流してくれる雨の香り」というお線香も・・・ 《嗅覚》という原初の感覚は突然に古い記憶を呼び覚まし心にさざ波を立てる。 これは誰もが思い当たる経験だと思います。 外国映画。 特にヨーロッパ系の作品を観た時に、極まれにですが「これって、キリスト復活を願って製作されているのでは?」…と、思う事が度々有る。 それまでに創り上げた渾身の香水の香りにより、多くの民衆が彼にひれ伏す。 更には彼がその香水の香りを一振りすると、全員が【愛と平和】の世界に包まれる。 そして産まれた土地で在るパリへと戻り、自ら飢えた民衆の餌となり消えゆく。 その瞬間にこそ彼は、人々の信仰の対象として記憶に残って行く存在となる…とばかりに。 思えばこの監督は、処女作の『マリアの受難』での強烈なグロ描写で世間を驚かせたが。 その辺りは本編でのパリ編のグロさと対比して観ると面白い。 大体《マリアの受難》と謳っている時点で、キリスト教との因果関係が内包しているのは明白じゃあないのかなあ〜?…と。 『ヘブン』での効果的な俯瞰撮影では、まるで神の視点の様に見え素晴らしかった。 今回、久しぶりに『パフューム…』を観直した訳ですが。 その2本が奇妙に混然一体となった快作になっている気がしました。 いずれは再評価されて然るべき作品なのでは?と思います。 初見 丸の内ピカデリー 2019年4月6日 シネマブルースタジオ エロティックなブラックファンタジーなどと、この映画を形容する言葉を探そうとしてもしっくりくるものがない。 冒頭の処刑判決シーンからも繋がるラストの性の饗宴が強烈すぎるからだ。 夢にまで出てきそうです。 映画館へと出かける前にしっかり入浴して自分の臭いを消し、しっかり鼻をかんでおいて匂い映画を体感しようと意気込んでの鑑賞になったものの、夕飯に食べた焼肉も気になってしまうほど。 しかし、最初は悪臭漂う市場の映像で攻めてくる。 これが18世紀のパリの現実なのか・・・と、匂いを感じ取ろうという気持ちさえ失せてしまうのです。 ところが、主人公ジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)が香水調合師バルディーニ(ダスティン・ホフマン)に師事する辺りから、館内の空気も変化し出す。 バルディーニがホワ~ンと妄想する世界では明らかに匂いが感じられた。 『チャーリーとチョコレート工場』のチョコレート効果よりも短かったけど、この一瞬の感覚が忘れられない。 グルヌイユが最初に出会った赤毛の少女の匂いは想像も出来ないのですが、全体的には匂いを体感するよりも想像力を与えてくれる映画でした。 パリの貴婦人のために香水を調合して成功を収めた部分はほんのわずか。 それよりもグルヌイユが自分の欲望のために運命の香りを保存することが大きなテーマとなってくる。 彼を惑わせたフェロモン。 それを保存するためには蒸留法ではなく冷浸法が必要と教わり、学ぶために向かったグラース。 町の周りにはラベンダー畑。 ラベンダーの香りによってタイムトラベルすることなく、彼は女性を殺して匂い収集を始めるのだった・・・(なぜか女性は処女じゃなきゃダメみたいだったが、最初に売春婦を使って実験するという徹底ぶり) 連続殺人の展開は、グルムイユに体臭が無いという特異体質や何キロも先の女の匂いもわかる超人的能力によって緊迫感はさほどなかった。 しかし、無表情で次々と殺すことに悪意がないところはさすがに怖い。 完全なフェロモン・コレクター。 マッド調香師。 捕らえられても、自分の欲望のために出来上がった香水をふりかける・・・さすが、エスパー・グルムイユ。 ネタバレ! クリックして本文を読む 特殊な才能を持つ変態の話かと思ったら、人間の姿を借りたイエスキリストのアンチテーゼ的存在でした。 はたまた、人間の欲深さを解放する為に送られた者なのか。 映画界の快挙ともとれる宗教画的大衆乱行シーンは、シュール過ぎてどういう気持ちで見ていいのか分からなかったな。 人々に性欲を解き放った時、この匂いを漂わせれば国王も言いなりにできる言わば神的存在にもなれたのに、その瞬間は初めて匂いを留めておきたいと願った彼女と愛を分かち合えたらばと涙を流し、1人の人間として決して愛されない悲しみを感じているのが印象的だった。 衝動で匂いを狩る無垢なモンスターが、初めて人を愛する事を知ったシーンともとれるかな。 正直、人知を超えた存在ではなく特殊な能力を持つ無垢な変態の話で完結してもよかったな〜と個人的には思った。 兎にも角にも、最初の数分で吐き気を催しそうな出産シーンに大衆乱行シーンといい色々な映画を見て来た私でさえ仰け反る様な衝撃的で美しい図ばかりで新鮮でした。 ネタバレ! クリックして本文を読む サイコパス主人公。 出だしから飽きることなく順調に話に引き寄せられていきました。 最後どーなるんだろう?!っと期待していたのと、他の映画に比べて長い時間の映画だった故に、見終わった後は納得がいかず、 あー時間がもったいなかったかも…とゆう気持ちになってしまいました。 意外にグロテスクなシーンが無いので目に焼きついて気持ち悪くなる。 とゆうことはなかったです。 途中まで良かったのに最後になっていきなりツッコミ所の多い映画です。 処刑されるはずの犯人がなぜ貴族のような格好で登場したのかも謎です。 いきなり最後、魔法使いのような完結にするしかなかったのでしょうか? おとぎ話を望んでこの映画を見始めた訳ではないので主旨が脱線してしまって残念でした。 産まれながらにして、ずば抜けた嗅覚を持つ男。 彼は、香りの保存方法を知りたいと渇望し、 やがて、有能な調合師と出会う。 だけど、彼が保存したいと思っているのは、 美しい女性から発する香り、体臭だった。。。 ・・・純粋過ぎるが故の、残虐さ。 香りは、想像するしかないのが、すごく残念。 ダスティン・ホフマンが、出ていたんだ。 だから、観たいリストに入れてたのかぁ。 シリアスとギャグの間を全力で突っ走ってる感じの映画だったように思う。 ひとことで言うと、シュール。 まあ、シュール部分は副産物で主題は違う所にあるんだと思うけど。 笑 内容に関しては、ジャン・バティストは香りの保存方法を発見出来るのか?というワクワク感や、ローラ とお父さん はジャンの魔の手から逃げ切れるのか?というハラハラ感が常に続いて、常に緊張して楽しみながら最後まで観る事が出来た。 ストーリーがちゃんと作り込まれていて、観る人を飽きさせない映画だと思う。 ストーリーも良かったけど、雰囲気も結構好み。 童話を読み聞かせるような語り口のナレーションと、リアルかつどこかファンタジーのような舞台装置・映像で、世界観に没頭できる。 安定して楽しめる映画を観たくなった時に、また観るかもって感じの映画。 これは、観て良かった。

次の

パフューム ある人殺しの物語

パフューム ある 人殺し の 物語

の『ユピテルとアンティオペ』(部分)。 原著のほか翻訳本の多くがこの絵を装丁に使用している。 18世紀のフランスを舞台に、超人的なを持って生まれた孤児ジャン・バチスト・グルヌイユの生涯を描いた作品で、著者の初の小説作品。 1985年の刊行以降紙のベストセラーリストに316週連続で載り続ける記録を打ち立てたほか、46カ国語に翻訳され全世界で1500万部を売り上げるベストセラーとなった。 1987年度受賞。 に監督、主演で映画化された(詳細は『』を参照)。 あらすじ [ ] 第一章 [ ] 1737年7月18日、ジャン=バティスト・グルヌイユ(「グルヌイユ(grenouille)」は「」の意)はパリ、フェール街の悪臭漂う一角にある魚屋の店先で生まれた。 母親は生まれた赤ん坊を殺そうとしたために嬰児殺しの罪に問われてされ、孤児となった彼は洗礼を受けた後、マダム・ガイヤールの運営する孤児院に預けられた。 ここで生活するうち、次第にグルヌイユの特異な能力が明らかになっていく。 彼は周囲のあらゆるものの匂いを、常人では不可能なほど繊細に嗅ぎ分けることができた。 例えば彼は毎日飲んでいるミルクのわずかな風味の変化を感じ取ることができたし、刻々と変化する煙の匂いや、土地そのものの空気の匂いを細かく嗅ぎ取ることができた。 匂いをもとにして暗闇の中でも行動でき、ドアの向こうに何人の人がいるかや、金の隠し場所などを匂いを通じて当てることすらできた。 そして一度嗅いだ匂いを完全に憶えているだけでなく、それらの匂いを組み合わせて想像の中で様々な匂いを作り出し楽しむことができた。 グルヌイユは自分の能力を周りには告げなかったが、周囲からは自然に気味悪がられ疎んじられており、数年後、教会からの送金が途絶えた直後に職人のもとに売り飛ばされた。 グルヌイユは皮なめしの過酷な作業に耐えて、やがて親方の信頼を得、パリ市内を散策する自由を得てからは、パリ中を歩き回り様々な匂いを憶えて回った。 そんなある日、グルヌイユはセーヌ通りで、これまで嗅いだことのない、またこれまでに嗅いだあらゆる匂いの頂点に立つような香りを感じ取る。 それはある赤毛の少女が発する香りで、グルヌイユはこの香りを存分に堪能するために最初の殺人を犯したあと、鼻をたよりに人知れず立ち去る。 その後、ジュゼッペ・バルディーニの香水店に皮を届けに行ったのをきっかけに、この香水店に弟子入りを志願する。 流行の香水「ナポリの夜」を自分の鼻だけをたよりに調合して見せバルディーニの信頼を得たグルヌイユは、彼から香水作りの様々な作法を教えられながら、魅力的な香水を矢継ぎ早に作り出して行き、左前になっていたこの香水店をパリ随一の店にまで押し上げる。 そして香水の原料に飽き足らないグルヌイユは、香りを封じ込めるさらなる技術を求めて南方に旅立っていく。 第二章 [ ] しかし人通りの多いパリから一度離れると、たちまちグルヌイユに人間という存在を疎んじる気持ちが生まれていく。 人々の中で生活することが嫌になったグルヌイユは、やがて人気のまったくないプロン・デュ・カンタル の山頂にたどり着き、ここでたった一人で生活を始める。 鼻をたよりに植物や小動物などの食料を探し当て、を利用して渇きを癒し、一日の大半を洞穴のなかで記憶にある様々な匂いを調合して楽しむことに費やした。 そうして誰とも会わずに7年が過ぎたある日、グルヌイユは得体の知れない霧に襲われる夢を見、これをきっかけに自分自身に匂いがまったくないということに気が付く。 この夢を極度に恐れたグルヌイユは洞穴を後にし、7年ぶりに人里のなかに姿を現す。 髪も爪も伸び放題でひどい姿になっていたグルヌイユは、今までによって洞穴に閉じ込められていたのだと人々に説明し、これによって当地の領主タイヤード・エスピナス侯爵に目を付けられる。 エスピナスはより地面に近い空気が人体に危害を及ぼすという「致死液」説の推進者であり、洞穴に閉じ込められていたグルヌイユをその説を立証する存在として利用しようとしたのだった。 グルヌイユはこの立場を逆に利用し、侯爵に頼んで香水の調理場を借りてそれまでの懸案だった「人間そのものの香」のする香水を作り出し、さらには人に好意を抱かせる香や、人を疎んじさせる香水、人に気配を悟られない香水というように、それを嗅いだものの心を意のままにするような香水を密かに作り出す。 第三章 [ ] エスピナスのもとから抜け出したグルヌイユはその後、香水の名産地の町にたどり着き、ここで以前殺した赤毛の娘を凌ぐ香りを持つ娘(ロール・レシ)を発見する。 何が何でもこの香りを得たくなった彼は、彼女が成長して香りが完全に熟するのを待ちつつ、マダム・アルニュルフィの香水店で香りを抽出する技術を磨く。 そうして1年が経ち、やがてグルヌイユは上の娘のための前準備として、若い女性ばかりを狙った連続殺人事件を起こす。 この事件で不安を抱いたロールの父アントワーヌ・リシは、娘をかくまうため、周囲に嘘を告げて、の小島にある堅牢なサン・トノラ修道院へ向かう。 しかしグルヌイユは残された香りを頼りにして行き先を嗅ぎつけ、旅中の宿に忍び込んで娘を殺してその香りを奪うことに成功する。 グルヌイユはやがて捕らえられ、町を恐怖に陥れた張本人として死刑が確定する。 そして処刑当日、町中の人間が見守る中処刑場に現れたグルヌイユは、娘の香を利用して町の人間すべてを魅了し、確定した判決を覆してしまう。 しかし香りに理性を奪われ狂奔する人々や、娘を殺した張本人に愛情を吐露しはじめたリシの姿を見たグルヌイユは、人間という存在に心底嫌気が差し、かくまわれていたリシの屋敷を抜け出す。 エピローグ [ ] グルヌイユは失望し幻滅して彼の人生の原点であるパリへ移動し始めた。 1767年7月25日にパリに到着したグルヌイユはそのまま共同墓地へと足を運んだ。 深夜になるとその近くで焚き火に群がる浮浪者を見つける。 香水の魅力でグルヌイユが天使の様に思えた浮浪者たちであったが、その陶酔がたちまち激しいに変わり浮浪者たちはグルヌイユの。 モデルについて [ ] この小説の主人公であるグルヌイユは、の短編小説集『ゼラピオン同人集』の中の2人の人物、『クレスペル顧問官』の同名の主人公と、『スキュデリ嬢』のカルディヤックがモデルである。 特に後者の作品は、芸術家殺人鬼を描いた恐怖物語であり、ロマン主義的な天才神話と結びついている点でも、『香水』と類似している。 参考文献 [ ]• Interpretation von Werner Frizen und Marilies Spancken. この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

香水 ある人殺しの物語

パフューム ある 人殺し の 物語

18世紀のを舞台にしたの『』の映画化。 日本では3月3日から公開された。 映倫規定では指定になった。 ストーリー [ ] の・。 悪臭漂う魚市場で、一人の赤子が産み落とされた。 やがて孤児院で育てられたその男児の名はジャン=バティスト・グルヌイユといい、生まれながらにして数キロ先の匂いをも感じ取れるほどの超人的なを持っていた。 成長したグルヌイユはある日、街ですばらしい香りに出合う。 その香りを辿っていくとそこには1人の赤毛の少女がいた。 少女の体臭にこの上ない心地よさを覚えるグルヌイユであったが、誤ってその少女を殺害してしまう。 少女の香りは永遠に失われてしまった。 しかしその香りを忘れられないグルヌイユは、少女の香りを再現しようと考え、橋の上に店を構えるイタリア人のかつて売れっ子だったバルディーニに弟子入りし、の製法を学ぶ。 同時にその天才的な嗅覚を生かして新たな香水を考え、バルディーニの店に客を呼び戻す。 さらなる調香技術を学ぶため、香水の街・へ旅に出るグルヌイユはその道中、なぜか自分だけ体臭が一切ないことに気づく。 グラースで彼は、裕福な商人・リシの娘・ローラを見つける。 以前街角で殺してしまった赤毛の少女にそっくりなローラから漂う体臭は、まさにあの運命的な香りそのものだった。 これを香水にしたい、という究極の欲望に駆られたグルヌイユは、脂に匂いを移す高度な調香法である「冷浸法」を習得する。 そして時同じくして、若い美少女が次々と殺される事件が起こり、グラースの街を恐怖に陥れる。 髪を短く刈り上げられ、全裸で見つかる美少女たち。 グルヌイユは既に禁断の香水作りに着手していたのだった……。 ジャン=バティスト・グルヌイユ - () あらゆるものを嗅ぎ分ける驚異的な嗅覚を持つ。 ジュゼッペ・バルディーニ - ()• リシ - ()• ローラ - ()• ナレーション - () 製作 [ ] 企画 [ ] プロデューサーのは1985年に映画化権を取得しようとしていたが、断られた 『パフューム ある人殺しの物語』は世界中で1500万部を売り上げているの1985年の小説に基づいている。 報道によると、ジュースキントはとのみが正しく映画化できると考えており、他の者による製作を拒否していた。 小説が発売されるとすぐに、ジュースキントの友人で映画プロデューサーのが映画化権を獲得しようとしたが、やはり断られた。 2000年にジュースキントは承諾し、権利をアイヒンガーに売却した。 の重役が売値の承認を拒否したため、アイヒンガーは個人でローンを組まねばならなかった。 彼は映画化権獲得のために1000万を支払ったと噂されている。 ジュースキントは本プロジェクトには関与しなかった アイヒンガーと脚本家のにより、脚本草案の執筆が開始された。 アイヒンガーは最大の問題は「主人公は自分自身を表現していない。 小説家はこれを補うために物語を使用することができる。 それは映画ではできない。 登場人物が話せば観客はキャラクターの感覚だけを得ることができる」と語った。 またアイヒンガーは「このような素材を使えば、脚本に関与する監督のために特に重要である」と述べた。 アイヒンガーは幾人もの映画監督と会い、がこの素材と調和していると感じた。 2003年、ティクヴァはアイヒンガーとバーキンとともに小説の翻案作業に参加した。 脚本は最終的な撮影台本となるまでに20以上の段階を経た。 3人の脚本家が、ストーリーやキャラクター面で具体的かつ個々の視点を持たせ、小説の雰囲気を忠実に映画化するために懸命に働いた。 製作費は5000万ユーロ(約6370万ドル)であり 、最も高額なドイツ映画のひとつとなっている。 アイヒンガーがかつてCEOを務めていたコンスタンティン・フィルムと億万長者の ()とVIPメディアファンズにより融資された。 『パフューム』はオエリが初めて投資した映画であり、彼女は共同プロデューサーとしてクレジットされている。 映画はドイツ連邦映画委員会(FFA)のドイツ=フランス・アグリーメント・ファンドからの20万ユーロの資金を受けた。 からは60万ユーロが共同資金として提供された。 ドイツ連邦映画委員会からは資金40万ユーロを受け取った。 制作資金として、FilmFernsehFonds Bayernから160万ユーロ、ドイツ連邦映画委員会から100万ユーロ、Filmstiftung NRWから75万ユーロを提供された。 配給費用としては、FilmFernsehFonds Bayernから20万5000ユーロ 、ドイツ連邦映画委員会から18万ユーロ 、バイエルン・バンク・ファンドからは15万ユーロを受けた。 2005年10月、VIPメディアファンドのCEOで本作の製作総指揮の一人であるアンドレアス・シュミットが詐欺と脱税の容疑で逮捕された。 調査の結果、『パフューム』への融資にいくつかの問題があることが判明した。 シュミットが税務当局に提出した書類によると、VIPは映画に2500万ユーロを投資していた。 しかしコンスタンティン・フィルムの台帳によると、VIPも投資はわずか410万ユーロとなっていた。 2500万ユーロに足りない金額は銀行保証や投資者への支払いに使われていた。 2007年11月、シュミットは有罪判決を受けた。 キャスティング [ ] 当初、2004年第3四半期に撮影を開始する予定だったが、映画制作者たちは主人公のグルヌイユを演じきれる俳優を見つけるのに苦労していた。 グルヌイユ役の俳優の発見には約1年を要した。 キャスティング・エージェントのミシェル・グイッシュのアドバイスを受け、ティクヴァは ()製作の舞台でを演じるを鑑賞した。 ティクヴァはすぐにグルヌイユ役にふさわしい俳優が見つかったと感じた。 続いてオーディションでアイヒンガーもウィショーがふさわしいと確信した。 アイヒンガーはウィショーを「無邪気な天使と殺人者の両方を表現できる」と説明した。 グルヌイユに香水の調合法を教えるバルディーニ役にはティクヴァはすぐにのことを考えた。 ホフマンは『』を見て以来、ティクヴァとの仕事を望んでいた。 ホフマンとウィショーは、主要撮影の前に1週間リハーサルを行い、香水作りの講座を受けた。 2人の俳優のシーンはキャラクター関係の自然な進行を追えるように順撮りで行われた。 合計で5200名のエキストラが起用され、多い時には同時に1000人が使われた。 映画のクライマックスの乱交シーンでは750名のエキストラが必要とされた。 ダンス劇団の50名とベテランのタレント100名が群衆の中核を成し、残り600人のエキストラがその周りに配置された。 デザイン [ ] 映画の外観を定義するためにスタッフは、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『レ・ミゼラブル』などの時代劇を鑑賞した。 ティクヴァは、撮影中の適切な照明の不足およびその物語の性質の両方により「明確に暗い美学」を持っていると評している。 映画制作者たちは、、などの画家からインスピレーションを得ている。 撮影 [ ] 映画制作者たちはもとの設定と同じく18世紀のフランスを求めたが、実際に撮影されたは19世紀にされた。 その素朴な風景と自然のままの旧世界の町の代替として、が当初考えられていたが 、その価値は正しかったものの、ロケーションの距離に問題があったことが判明した。 最終的に映画制作者たちは、クロアチアよりも割高になるものの互いに近い場所であるスペインで映画のほとんどを撮影することにした。 は2005年7月12日に始まり、10月16日に完了した。 最初の15日間はの ()の最大劇場にて仕事場でのグルヌイユのバルディーユの場面の撮影に費やされた。 ホフマンのシーンは最初の11日間ですべて完了した。 残りのシーンの大半は、スペインの、、などで撮られた。 バルセロナの通りはパリの代わりとして撮られた。 バルセロナのの歴史的な街の中心部は、パリの魚市場として使われた。 バルセロナの ()は最後の乱交シーンのロケに使われた。 本物のような街の汚れを作成するため、約60名の「泥班」と呼ばれる映画スタッフたちが街に残骸を散布した。 2トン半の魚と1トンの肉がゴシックに分散された。 いくつかの山と森のシーンは、ジローナで撮影された。 街はまた、マダム・アルニュフィの自宅やスタジオのロケ地を提供した。 フィゲラスの ()は皮なめし工場、パリの門、グルヌイユが捕まるダンジョンに使われた。 グラースのラベンダー畑として使用されているものを含むいくつかの風景は主要撮影開始前の2005年6月にので撮影された。 『パフューム』の撮影監督はティクヴァの作品をすべて手掛けているが務めた。 映画はのカメラとレンズを使って撮られた。 ポストプロダクション [ ] ポストプロダクションはミュンヘンで行われ、2006年第3四半期に締結し、9ヶ月で完了する必要があった。 編集者の ()は、すべてのロケ地とセットでティクヴァと共に居た。 ティクヴァによると多くの時間を節約しつつ撮影を進行していたので、バーナーも細かく編集した。 ティクヴァは、映画がタイトなスケジュール(欧州での公開日が既に確定していた)のためにこのように動いたと述べた。 映画にはが使われた。 約3カ月がに費やされた。 映画のスタッフが早く到着して花が満開になっていなかったため、デジタル・グレーディング・ツールでラベンダー畑の色が改善された。 約250ショットに及ぶ作業はのユニバーサル・ロダクション・パートナーズによって行われた。 視覚効果作業の多くは、などの細かい修正、群衆の調整とセットの拡張に費やされた。 はの橋とその上の橋のショットの作成に使われた。 音楽 [ ] 1997年の『』以降から引き続いて、ティクヴァ自身と友人の、の3人が音楽を手掛けた。 音楽はがの指揮の下で演奏した。 ティクヴァは脚本作業に取り組み始めると同日にクリメクとハイルと共に作曲を始めた。 その他 [ ] 2007年2月ごろより日本で放映された本作のテレビCMにおいて、CMの最後に一瞬だけ映る、本作のクライマックスの750人もの全裸の男女のラブシーンが話題となった。 CM放送開始直後から本作の配給会社には問い合わせが殺到し、一部のテレビ局ではこのシーンが入っていない別バージョンに差し替えられたり、CM放送そのものを拒否した局もある。 参考文献 [ ]• の2009年12月12日時点におけるアーカイブ。 2009年12月11日閲覧。 2012年4月25日閲覧。 , 2009年12月11日閲覧。 ロンドン. の2009年12月11日時点におけるアーカイブ。 2009年12月11日閲覧。 Beier, Lars-Olav 2010年5月2日. の2010年12月24日時点におけるアーカイブ。 2010年12月24日閲覧。 Jenny, Urs 2006年8月9日. の2009年12月11日時点におけるアーカイブ。 2009年12月11日閲覧。 Altman, Randi. Post COP Communications 2007年1月. 2009年12月11日閲覧。. [ ]• の2009年12月12日時点におけるアーカイブ。 2009年12月11日閲覧。 の2009年12月12日時点におけるアーカイブ。 2009年12月11日閲覧。 German Federal Film Board FFA 2005年. 2010年12月24日時点のよりアーカイブ。 2010年12月24日閲覧。 2006年4月10日. 2010年12月24日時点のよりアーカイブ。 2010年12月24日閲覧。 German Federal Film Board FFA 2006年. 2010年12月24日時点のよりアーカイブ。 2010年12月24日閲覧。 , 2010年12月24日閲覧。 , 2010年12月24日閲覧。 Meza, Ed 2005年10月6日. 289. 4 : 1. Roxborough, Scott 2005年10月6日. 391. 13 : 1. の2007年9月13日時点におけるアーカイブ。 2010年6月29日閲覧。. Roxborough, Scott 2006年10月20日. 396. 33 : 14. Meza, Ed 2009年10月26日. 416. 11 : 53. 402. 12 : 2. 2007年11月14日. ドイツ語. の2009年12月12日時点におけるアーカイブ。 2009年12月11日閲覧。 の2009年12月12日時点におけるアーカイブ。 2009年12月11日閲覧。 の2009年12月15日時点におけるアーカイブ。 2009年12月11日閲覧。 Holben, Jay 2007年2月. の2009年12月12日時点におけるアーカイブ。 2009年12月11日閲覧。 Altman, Randi. Post COP Communications 2007年1月. 2009年12月11日閲覧。. [ ]• Holben, Jay 2007年2月. の2009年12月12日時点におけるアーカイブ。 2009年12月11日閲覧。 Jarrett, George. Altman, Randi. Post COP Communications 2007年1月. 2009年12月11日閲覧。. [ ] 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の