早速のご返信 英語。 「早速のご返信」のビジネスの使い方|目上の人へのご連絡メールも

「早々」の意味とビジネスでの使い方とは?「迅速・早速」との違い、英語も紹介

早速のご返信 英語

「早速のご対応」という言葉をビジネスシーンや顧客側として見聞きしたことがありますか。 実際にビジネスシーンで使われることは珍しくなく、言われたりしたことがある方もいらっしゃるでしょう。 では、どのような意味を持っている言葉なのかご存知ですか。 「早速のご対応」とは、早と速が付いていることから「早く(速く)」対応してくれた、という意味のイメージを持っています。 しかし、使い方については正しい知識を持っているでしょうか。 「早速のご対応」は、ビジネスシーンで使用する側や顧客として使われる側になる言葉であるため、正しい使い方を知っておくことで役立つ時が来るかもしれません。 それでは、「早速のご対応」の意味について説明していきます。 また、似たような場面や意味合いで使用されることが多い言葉も説明しますので、比較しながら正しい使い方を学びましょう。 早速の意味 「早速」は「応じてすぐに」という意味を表します。 例えば、何か要望があってその内容がすぐに応じるべき時や、しようと思ってからすぐにやり始める時など、「行うことが定まってからすぐに対応すること」を「早速」で表します。 文に入る時や話題を変える時の起こし言葉であり、目上や目下に関わらず使用可能な言葉です。 「では、早速」といった使われ方で、テレビ・映画・舞台・アニメ・書籍などで見かけたことがある方が多いと思います。 自分が日常の中で使用しているという方もいることでしょう。 「早速」の言葉自体は身近なものですが、「早速のご対応」となるとあまり親しみがないかもしれません。 しかし、ビジネスシーンや丁寧な言葉としては適切なため「早速のご対応」が使用される場面も多くあります。 類語その1「早々」 「迅速なご対応」は「早速のご対応」よりもビジネスシーンや顧客側に対して用いられる言葉です。 また、「迅速」には行動が非常に早い・物事の進行が早いといった意味があります。 「早々」にも似たような意味がありますが、「迅速」は立場に関係なく使用できる言葉であり、「早々」と違って目上の人にも顧客に対して用いることができます。 また、相手のことを表す時も自分のことを表す時も使用できます。 ビジネスシーンや丁寧な言葉としては「早速のご対応」よりも「迅速なご対応」の方が適切と言われていますが、「早速のご対応」でも構いません。 「迅速」は物事の進行や行動が早いことを示していますが、「早速」は応じてすぐにという意味があるため、応じて今すぐに行動する場合は「早速のご対応」、応じて今すぐにではないけれど早く対応する場合は「迅速なご対応」の方が言葉の意味としては適しています。 類語その3「早急」 「早急」は非常に早いことですが、敬語表現としても使用できるのに命令系にもなってしまう言葉のため使用場面には注意が必要です。 「早急に頼む!」と上司が部下に使用することはよくあるかと思いますが、間違いではありません。 ただ、部下が上司に「早急にお願いします」と言うと少し命令系になってしまうため、部下が上司に対し「早急」を使用する時は「早急にお願い申し上げます」丁寧に聞こえるようにしましょう。 「早速」「早々」「迅速」「早急」と似たような言葉はたくさんありますが、それぞれ意味合いとしては異なる印象があり、使うことができる場面も違います。 目上の人に対しても使用できるものもあれば、目上に対しては失礼に値するものもあるため、使い分けが大事です。 無難な言い方としては「早速」と「迅速」が立場に関係なく使用できるオールマイティな言葉なので、ビジネスシーンには最適な言葉です。 「早速のご対応」は、目上の方に使用する敬語表現としては正しいです。 正しいというよりは、間違ってはいないと言った方が適切でしょう。 理由としては、敬語表現としては「迅速なご対応」が最も適しているとされているからであり、「迅速」の意味と比べると「早速のご対応」は使用できる場面が限られます。 応じて今すぐに動く場合のみ「早速のご対応」であり、数日以内に行うような早いけど間がある場合は「迅速」です。 例えば物販の取引で、入金後すぐに発送してくれたことに対しては「早速のご対応」ですが、早いけれども入金後すぐではない場合には「迅速なご対応」が適しています。 ただ、細かな話になるため一般的に早いことを示す時には「早速なご対応」でも「迅速なご対応」でも構いません。 「早速のご対応いただき、ありがとうございます」尊敬語で「もらう」の意味がある「いただく」が変化した「いただき」が加わりましたが、この使い方は間違いです。 「もらう」というのは「してもらう」「何かをもらう」の意味合いがありシーンによってどちらの意味合いになるかは違ってきますが、「ご対応」のように「ご」や「お」が付いた言葉に次いで「いただく」を付けることは敬語表現として不適切とされてきます。 「いただき」を使用する時は「ご対応」ではなく「対応」で良く、「対応」と「いただき」の間に「をして」を入れると文がまとまります。 「早速の対応をしていただき、ありがとうございます」とすれば、使用可能です。 少々難しい敬語表現のルールになりますが、相手の許可を得る言葉の「いただく」を次いで使用する時は「ご」や「お」が付く言葉は使用不可ですので覚えておきましょう。

次の

「早速のご返信」の使い方まとめ!ビジネスメールの例文や敬語表現も確認!(2ページ目)

早速のご返信 英語

【PR】 英語でお礼のメールを送るときは お礼メールを書く際は、丁寧さはもちろん、わかりやすさにも気を配って文章を作成することが大切です。 初めに、英語でお礼を伝える際に押さえておきたいポイントを見ていきましょう。 メール作成時の注意点 まず、文面をフォーマルにするか、カジュアルにするかを判断します。 仕事上もプライベートもなじみが薄い相手に対しては、なるべくフォーマルな表現にしましょう。 一方、気心の知れた相手には、堅い文面を送ると距離を置いているように取られてしまうおそれがあるので、適度に親しみを込めた表現にすることが大切です。 フォーマルなメールで「thank you」では少々カジュアルな印象になります。 フォーマルさを出すには、以下のような例文を用いるようにしましょう。 I am so grateful for your guiding my visits in my business trip. 出張の際は訪問先までご案内いただき、とても感謝しています どちらも上司や同僚から指導やフォローをしてもらったときのお礼です。 「kind advice」を「hearty counseling(親身な相談)」にしても良いでしょう。 シチュエーションに合わせて以下の単語を参考にアレンジしてみてください。 先生のご講義のおかげで、とてもやる気が湧いてきました いずれも勉強会で講義してくれたことに対するお礼です。 自分がどう影響を受けたかを伝えると、感謝の気持ちが一層強く伝わるでしょう。 「勉強会」は、「study meeting」や「training session」にも言い換えられます。 メールでよく使うお礼フレーズ 通常のメールのやり取りでもお礼をする局面はたくさんあります。 返信に対するお礼や、依頼を承諾されたときの表現など、シチュエーション別に見ていきましょう。 メールの返事へのお礼 May I again tender my cordial thanks. あらためまして心より御礼申し上げます 冒頭にお礼を伝えた後にほかの用件を記載し、再度お礼で締めくくりたいときは「1」の表現を使います。 「help」は、状況に応じて「support(支援)」、「kindness(親切な行為)」、「consideration(配慮)」「cooperation(協力)」などにも言い換えましょう。 「2」の文は少し古風ですが、読み手に上品な印象を与えます。 「may」から始まりますが、疑問文ではなく、肯定文として使われます。 お祝いメールで使うフレーズ ビジネスシーンを円滑にするのは感謝表現だけではありません。 さまざまなお祝いフレーズもまた、感謝フレーズと同様コミュニケーションを促進するものです。 ここでは代表的なお祝いメッセージとして「誕生日祝い」の例文一覧を掲載します。 ビジネスパートナーへの感謝メールの中で、ぜひ使ってみてください。 I want to wish you a happy birthday and let you know I appreciate your business. 誕生日のお祝いと、あなたとご一緒できることへの感謝をお伝えします お礼を伝える際に大事なのは お礼を伝える際のポイントは、すぐに言葉にして伝えることです。 時間が経つとなかなか伝えにくくなってしまいますので、感謝の気持ちを持ったらすぐに口に出すように意識してみてください。 また、感謝の度合いにも注目すると、表現を選びやすくなります。 取引先と打ち合わせ後に、時間をもらったことに対してお礼を伝えたいときと、上司から参考になるアドバイスをもらってお礼をするときでは、感謝の深さは異なるでしょう。 シチュエーションに応じたフレーズをストックし、メールで適切にお礼の気持ちを伝えましょう。

次の

「早々」の意味とビジネスでの使い方とは?「迅速・早速」との違い、英語も紹介

早速のご返信 英語

1.「返信ありがとうございます」に使う「返信」の英語の使い分け 先ずは基本の表現である「返信」はどの単語を使えばいいのでしょうか? 『』の記事で発音なども記載していますが、 「reply」(リプライ)か 「response」(リスポンス)が該当します。 2つの単語の違いは下記です。 reply・・・一般的なメールの返信や返事など• response・・・「reply」と少しニュアンスが違い、お願いしたことに対する回答など(返事が来ることが前もってわかっている場合) よって今回のビジネスメールなどでの「返信ありがとうございます」の場合は、基本は「reply」を使いますが、お願いごとに対する回答だった場合は「response」を使っても問題ありません。 」となります。 3.ビジネスメールなどで使う丁寧な「返信ありがとうございます」の英語 ビジネスでは多少フォーマルな言い方がベターです。 カジュアルで紹介した例文に少し加える、または「thank you」以外の単語で感謝を表現するというパターンです。 Thank you very much for kind reply. あってもなくても構いませんが、「very much」で「とても感謝している」というニュアンスを相手に伝えます。 I really apprecaite your reply. 敬語的なニュアンスです。 Your reply is much appreciated. 直訳は「あなたの返信はとても感謝されています」となります。 また、「reply」や「response」を使わずに、「Thank you for getting back to me us. 」という言い方もできます。 「get back to ~」で「~に戻ってくる」=「返信する」という意味になります。 これはカジュアルでもビジネスでも使えるので覚えておきましょう。 「返信ありがとうございます。 承知しました」 返信を受け取って内容を確認して了解しました、という場合に使う表現ですね。 この場合は、『』の記事でも書いていますが、「Thank you for your reply. 」のみで構いません。 しかし、「I have recieved your reply and I think it is no problem with it. 」などと英文にしても問題ではありません。 「早速の返信ありがとうございます」 このようにメールを書く場合もありますね。 思ってたより早く返信をくれた場合などにはしっかりと感謝するには下記のような表現がいいです。 Thank you very much for your prompt reply. 代わりに「quick reply」とするとカジュアルな表現になります。 I appreciate your prompt reply. 4.その他の丁寧な「~ありがとうございます」の英語・例文 ここまでは「返信ありがごうございます」という表現を学びましたが、それで終わっていてはもったいない! この機会に他の「~ありがごうございます」に触れることで語彙力もUPしていきます。 ご連絡ありがとうございます:Thank you for contacting us. 」など。 情報ありがとうございます:Thank you for the your information. また、メールでのお礼は「返信ありがとうございます」や上記だけではないですよね。 そして、メールの件名や文中の書き出しや締めなども重要になります。 相手に失礼にならないように、『』も時間のある時にでも確認してみて下さい。 一つの言い方をマスターすれば、次や他の言い方は何?など疑問に思って、ドンドン英語力を高めていきましょう!•

次の