電話 の メモリ が いっぱい です。 「メモリがいっぱいです!」70代の母をだました、スマホの迷惑広告にご用心!

「メモリの空き容量が不足している」とのメッセージが出た

電話 の メモリ が いっぱい です

こんにちは!しずかなかずしです。 私が住む東京都世田谷区のからはるか遠く、 北海道に70代の母が住んでます。 最近、私の遠隔からのセットアップの成果により、 ブログを快調に書き続けています。 トラブル発生?! そんな母から、LINEのメッセージで、教えて欲しいことがある、との支援要請がきました。 メモリがいっぱいの表示も出ています (なんとも、事務的なやり取りですが、親子のLINEです) メモリがいっぱい?? はて? 何のメモリーの事を言っているのでしょう? 写真取りすぎていっぱいにでもなったか?と思い、電話して聞いてみたところ、 写真はマメに消しているらしいのです。 母との電話での会話だと、結局何のメッセージが出ているのか、何をしたときに出るのか?などの情報が曖昧になってしまいます。 その理由はなんと言っても用語が分からないこと。 「ホーム」と言っても通じません。 覚えて貰えばよいのかも知れませんが、普段スマホを使うぶんにはその用語を知っている必要がなく、たまのトラブル時までに覚えていられるほど、記憶力が良くもありません。 何しろもう70後半なので、新しい用語をしっかり覚えているのは難しいでしょう。 結局電話ではわかりませんでしたが、状況を聞くと、おそらくAbemaアプリを使っていて不具合か何かで、実行中のメモリーが足りなくなってアプリが動かなくなったのではと思いました。 とりあえずリブートで様子をみてもらい、次に症状が発生したら写真を送ってもらうことにしました。 原因はなんとアレでした! 数日後、再度状況を確認してみたところ、写真が送られてきました。 その写真をみてビックリ。 これはヒドイ。。。 つまり、広告です。 うちの母のブログはAmebloのサービスを利用したものです。 私が、母のためにAbemaアプリをインストール指導して使ってもらっているもの。 そのアプリの一部には広告が表示されるようになっていますが、Abemaアプリに配信された、広告が原因でした。 調べたところ、以下のような「スピードクリーナー」というスマホ最適化のAndroid アプリの広告だったのです。 もちろん、 スマホのメモリーがいっぱいなわけではないので、問題なくスマホが使えます。 わからない人にとっては、 とても迷惑な詐欺のような広告。 70代の母は、自分のスマホの画面をまずは、父の携帯で撮り、父の携帯にその写真を表示させた上で、母自身のスマホで取り直して母のLINEで送ってきました。 なんとも微笑ましい技です(笑) メモリがいっぱいです!にご用心 という訳で、迷惑な広告にご用心です。 押すと、アプリのインストール画面に誘導されますが、不要な人には全く不要なアプリ。 よほど、スマホが遅くて、「最適化」が必要、と思う人でないとインストールしてまで使う必要がないはずです。 それにしても、ヒドイ広告もあるものです。 消費者センターに言った方がいいでしょうかね??.

次の

【インクジェット/レーザー プリンター】「メモリがいっぱいです」または「メモリーがいっぱいです」と表示されました|ブラザー

電話 の メモリ が いっぱい です

関連記事 3.パソコンのメモリ不足が発生する原因とは? では、なぜパソコンのメモリ不足が発生するのでしょうか? この項では、その理由の一例をご紹介します。 3-1.メモリの容量が小さい パソコンのプログラムによっては、メモリをたくさん消費します。 たとえば、グラフィックが美しいゲームや、複雑な製図ができるソフトなどはメモリを消費しやすいでしょう。 ですから、メモリの容量が小さいパソコンにメモリの使用量が多いソフトをインストールすると、メモリ不足になりやすくなります。 3-2.同時にたくさんのプログラムを作動させている パソコンを使っていると、表示されていなくてもたくさんのプログラムが動いていることがあるでしょう。 代表的なものは、ウィルス対策ソフトですね。 このようなソフトがいくつも同時に作動していると、メモリ不足が起きやすくなります。 3-3.周辺機器の影響 パソコンにプリンターをはじめとする周辺機器をつけて使用している方も多いでしょう。 周辺機器もメモリを使用します。 ですから、周辺機器をつけすぎていたり古い周辺機器を新しいパソコンにつないでドライバーが適応していないとメモリが不足している、と判断される場合があるのです。 3-4.空き容量の不足 パソコンにたくさんのファイルを保存して、CドライブやDドライブがいっぱいになってしまっても、メモリが不足しがちになります。 また、パソコンの動作が遅くなっている理由の多くが、空き容量の不足です。 一度自分のパソコンの空き容量をチェックしてみましょう。 関連記事 4.メモリ不足を解消する方法とは? メモリ不足を解消するにはどうすればよいのでしょうか?この項では、その方法をご紹介します。 メモリ不足の警告が出て困るという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 4-1.メモリを増設する パソコンのメモリは増設できるようになっています。 自分でも行えますが、サポートの一環としてメーカーでも行ってくれるのです。 また、家電量販店でも行ってくれるところがあるでしょう。 現在のパソコンが古くてメモリの容量が足りない場合は、実践してみましょう。 4-2.不要なファイルを削除する メーカー品のパソコンを購入すると、あらかじめいろいろなソフトが入っています。 その中には、全く使っていないものもあるのです。 そのようなソフトを削除すれば、メモリは軽くなるでしょう。 ソフトを削除する方法は、ゴミ箱に入れればよいというわけにはいきません。 必ず「ソフトのアンインストール」という方法を行います。 パソコンを買ってから一度も使用したことのないソフトは、思い切って削除していましょう。 4-3.パソコンの機能を調整する パソコンは、見やすいように使いやすいように調整されています。 ですから、パソコンの機能を調節して、メモリを軽くする工夫をしましょう。 特に、Windowsのバージョンが新しいほど、視覚優位な機能がオンになっているのです。 ですから、パフォーマンスを優先にしてあげると、メモリ不足が解消する場合があります。 4-4.デフラグを実行する パソコンは使い続けるうちに、保存してあるファイルが細切れになっていきます。 ですから、「デフラグ」という機能を実行してみましょう。 Windows7以降は、デフラグが定期的に実行できるようにパソコンから設定できます。 ですから、設定が1か月おきになっている方は、1週間おきにしてみてください。 また、Cドライブを開けて「ファイルのクリーンアップ」を実施します。 そうすれば、不要なファイルの記憶が一掃されてメモリ不足が解消されることがあるのです。 4-5.パソコンを買い替える パソコンのソフトは、年々メモリを多く使うようになっています。 また、パソコンのメモリの容量は、新しいものほど大容量になっているでしょう。 10年前のパソコンと最新型のパソコンを比べると、容量が10倍以上のものも少なくありません。 パソコンに詳しい方だと、古いマシンにOSをインストールし直して使う方もいるでしょう。 しかし、パソコンの平均的な寿命は約5年といわれています。 ですから、5年以上使ったパソコンはいくらメモリを増設しても、ソフトを起動するとメモリ不足になる場合も珍しくないのです。 ですから、メモリを増設してもパソコンの機能を調節してもメモリ不足になるという場合は、買い替えを検討してください。 企業のパソコンも同様です。 企業でパソコンを使っている場合、たくさんのパソコンを一度に買い替えるのは難しいケースも多いでしょう。 このような場合は、パソコンをたくさん使う部署から交換していってください。 そうすれば、効率的にパソコンを交換できるでしょう。 パソコンを5年以上使っているという方は、そろそろ買い替えを検討してみてください。 なお、パソコンはほかの家電のようにゴミ捨て場に捨てることはできません。 企業に回収してもらうか、パソコンを無料回収してくれる業者を利用しましょう。 関連記事 5.おわりに いかがでしたか? 今回はパソコンのメモリ不足の原因や解消をする方法をご説明しました。 まとめると• パソコンのメモリ不足とは、作業場の不足である。 タスクマネージャーを起動して、メモリの使用量をチェックしよう。 不要なファイルを削除したりデフラグを行ったりして、パソコンのメモリ不足を解消しよう。 5年以上使ったパソコンは、買い替えを考えよう。 ということです。 現在は、パソコンの代わりにスマホやタブレットパソコンを使用する人も増えてきています。 メモリ不足と聞いてもピンとこない人もいるかもしれません。 しかし、仕事の場では、まだまだ複数のファイルを一度に動かすことも珍しくないでしょう。 「メモリ不足です」という警告に、慌てないように対策法を学んでおいてください。 きっと役に立つはずです。

次の

「メモリがいっぱいです!」70代の母をだました、スマホの迷惑広告にご用心!

電話 の メモリ が いっぱい です

必要アプリと不要アプリの見極め スマホの容量を気に掛けることはあると思いますが、スマホの内臓メモリを全く気にしたことのない方は少なくないでしょう。 スマホの内臓メモリはRAMとROMに分かれどちらも容量の限界まで使用するような状況であれば、スマホの性能は格段に落ちていきます。 ROMは簡単に言えば本体にどのくらいの容量を溜められるのかというものパーツでありどのスマホにも規定されていますが、こちらはあまり気にしなくても良いでしょう。 それでも使用していないアプリに関しては定期的にアインインストールを行うことをお勧めします。 またAndroidの場合には、インストール先を内蔵メモリからSDカードに変更すれば本体容量の確保を行うことが可能です。 写真や音楽も内蔵メモリを圧迫する アプリの場合と同様に、写真や動画・音楽も多くなることで内蔵メモリを圧迫していきます。 写真や音楽は、アプリと同じように日常的に使用する頻度が高いため、管理せずに使用しているとすぐに内蔵メモリが減少することがあります。 こちらも専用のSDカードなどを用意することで解消できるのでスマホの本体容量はあまりアテにしない方が良いでしょう。 ちなみに、動画や音楽のデータはそこまで小さいものではありません。 高画質であれば、あるほどデータの容量は大きくなりますし、音楽データに関しても形式の問題はありますがいい音質のものはデータ容量が大きくなりがちということも忘れないでください。 キャッシュの消去 ここからはRAM関係のメモリの容量を空かせる方法を紹介して行きます。 RAMは、簡単に言えばパソコンのメモリなどと同じで容量が高ければ高いほど、フリーズしにくくなり、アプリの動作などが警戒になるものです。 その為、RAMの容量が4GBなどとなってくれば殆どの動作に対して苦痛を感じることはないでしょう。 ちなみに、このRAMの容量がいっぱいになるという状況であれば、スマホはフリーズかまともに動かなくなる為、必要なアプリのみをインストールしましょう。 また、使用していないアプリをアンインストールした後でも、キャッシュが残っている場合などは容量がいっぱいになっていることがあります。 キャッシュはウェブサイト等の情報を、一時的に保存しておくデータの事であり、キャッシュの消去をする事で内蔵メモリの性能を十分に使用することが可能となります。 キャッシュとデータの消去時は、事前に何が消えるのかを十分に把握してから削除するようにしましょう。 \ SNSでシェアしよう! / おまかせ!Mobileコミュニケーション by Ginza Joy2Callの 注目記事を受け取ろう•

次の