冬 網タイツ。 黒タイツはいつから履く?気温・時期・季節の目安や服装のおすすめも

タイツ

冬 網タイツ

おしゃれも防寒も同時に叶えたい大人女子にとって、欠かすことのできないコンビですよね。 そこで今回は、タイツとスニーカーを使って冬コーデをより素敵に見せるコツをご紹介。 定番の組み合わせですが、お気に入りのニットやスカートなど、冬コーデのメインアイテムを引き立てるアシスト力は最強。 小さなことだけれど、「さりげないのに何だかおしゃれ」な雰囲気を叶えるためには、ぜひ押さえておきたいポイントです。 出典: トレンドライクなダッドスニーカーは、大人っぽく履ける黒でコーデに取り入れるのもひとつの手。 ボリュームがある分、相対的に脚を華奢に見せることができちゃいます。 タイツとスニーカーを黒でそろえて、ブーツ感覚で履くのがおすすめですよ。 抜け感を出すなら白スニーカーがおすすめ 出典: ドロップショルダーのVネックニットに、すとんと落ちるタイトスカートを合わせたゆるピタのYラインシルエットコーデ。 スカートとタイツを黒でつないで縦に流れるラインを印象付けたら、スニーカーを白にしてちょっぴり抜けを演出してみて。 ニットの襟ぐりからも白のインナーをのぞかせれば、スニーカーだけが浮いてしまうこともありません。 出典: レトロな花柄ワンピにエコファーのショートコートを羽織ったガーリーな着こなしは、黒タイツにスニーカーでカジュアルダウン。 クリーンな白スニーカーなら、ワンピースの甘さをセーブしつつコーデの明度を上げられるのが嬉しいですね。 出典: 2019冬は、すっぽりと身体を包み込んでくれるオーバーサイズのアウターが注目を集めていますが、ダークカラーだと重たく見えがちなのが悩みのタネ。 他のアイテムとカラーリンクさせてスッキリと タイツやスニーカーのカラーを、他のアイテムとリンクさせる着こなしもおすすめ。 特に2019冬は、ブラウンやキャメル、ベージュなど茶系カラーを使った着こなしが大人気だから、タイツやスニーカーにもブラウン寄りの色を取り入れるとコーデをスッキリとまとめることができるんです。 出典: リブニットをレイヤードしたように見えるベージュのドッキングスウェットを、キャメルのプリーツスカートでほんのりきれいめに。 バッグやタイツをニット部分と同じ黒でそろえてコーデを引き締めつつ、ベージュのコンバースで茶系カラーをリンクさせれば、統一感のある着こなしが完成しますね。 出典: カジュアルなパーカーワンピも、タイツとスニーカーまでグレージュでまとめたまろやかなワントーンコーデなら、しっとりと大人の雰囲気で着こなせます。 カラータイツはグレーがかったブラウンなどニュアンスのあるカラーをチョイスすると、シックに履ける上に意外にどんな色とも合わせやすくて重宝しますよ。 出典: たっぷりとボリュームのある黒のノーカラーコートを使った着こなしは、タイツもスニーカーも全部黒にしてしまうともっさりと見えてしまいそう…。 タイツのカラーをストールのベージュとリンクするやわらかなブラウンに換えて、抜けポイントをつくってみて。 出典: ほわほわの質感とミルクたっぷりのカフェラテのような色合いがキュートなフェザーヤーンニットと、黒のレーススカートを使った糖度高めの着こなしは、赤コンバースで足元を軽やかにハズして。 チャコールグレーのタイツならコントラストが付きすぎず、繊細なレーススカートとカジュアルなコンバースをうまくつないでくれますね。 出典: デニムスカートとカラフルなダッドスニーカーで、ベージュのハイネックニットに白シャツやガンクラブチェックのブルゾンを合わせたトラッドコーデをスポーティーに味付け。 仕上げにシルバーメッシュのエアマックスを添えて、着こなしのシャープなアクセントにしちゃいましょう。

次の

野暮ったくならないコツがある!厚手タイツで作る冬のおしゃれコーデ

冬 網タイツ

《目次》• 脱・もっさり!厚手タイツをおしゃれに履きこなすには? 出典: 寒い冬のスカートコーデに欠かせない厚手のタイツ。 でも透け感が少ない分、もっさりと野暮ったく見えがち…。 そこで、厚手タイツをおしゃれに履きこなすコツをご紹介。 出典: たっぷりとしたハイネックニットとリブタイトスカートのWニットコーデを、黒タイツと黒パンプスでキュッと引き締めて。 タイツと一体化するマットな質感のパンプスは、つま先のとがったポインテッドトゥを選ぶと脚長効果がいっそう高まりますね。 チェック柄に入った黒のラインをタイツやブーツでつなげば、さりげなく視線を縦に流すことができますよ。 出典: 透け感の強い黒タイツだと生々しくなってしまうから、ミニ丈のボトムスを履くときこそ、厚手タイツに黒コンバースを合わせるといったカジュアルさがマスト。 定番のスニーカーはもちろん、レオパード柄のシューズなどパンチのあるアイテムにもぜひトライしてみて。 出典: 暖かみのあるカシミヤのタートルニットを、アコーディオンプリーツスカートにゆるっと合わせて。 パンプスやブーツできれいめに仕上げるのもアリだけれど、淡色のスニーカーなら黒タイツの重さをやわらげて軽やかな抜けを演出することができますよ。 出典: 厚手タイツを合わせれば、1枚で着るには微妙な丈感のニットチュニックもワンピースのように着こなせます。 足元は、圧縮ウールを使ったアウトドア仕様のもこもこブーティーでボリュームUP。 インパクト抜群のアイテムながら、チェック柄のストールやボア素材のミニバッグと色合いを揃えることでスッキリとした印象に仕上がりますね。 素材感のギャップでコーデに奥ゆきを 透け感がない分、のっぺりと平面的な印象になりがちな厚手のタイツ。 それなら、異素材の靴やボトムスをチョイスして、コーデに奥ゆきを出してみるのはいかが?光沢のあるエナメルや繊細に透けるレースなど表情豊かなマテリアルが、厚手タイツを使った着こなしをグッとおしゃれに格上げしてくれますよ。 出典: タイツと靴を同じ色でつなぐ場合も、靴の質感を変えれば違った表情に。 出典: ふわりと軽やかに揺れるシルク楊柳のフレアスカートと、メタリックヒールが目を引くマットな質感のショートブーツ。 そんな相反する素材を使ったアイテム同士がケンカすることなくコーデにすんなりなじむのも、プレーンな厚手タイツが間に入って橋渡しをしてくれるおかげですね。 出典: 冬に履くレーススカートは、どうしても寒々しく見えてしまいがち。 でもニットとの異素材MIXコーデはとってもおしゃれだから、中に厚手タイツを入れてぜひ挑戦してみて。 履いていて暖かいのはもちろん、レースからタイツがほんの少し透けて見えるだけで、見た目の暖かさもグンと上げられるんです。 ニュアンスカラーのタイツなら即こなれ見え いつもは黒タイツを合わせるところを、グレーやブラウンといったニュアンスカラーのタイツにチェンジしてみるのも、タイツコーデをこなれて見せるコツ。 特にグレーのタイツは比較的挑戦しやすい上に、黒タイツよりもやわらかな雰囲気に仕上げられるから重宝すること間違いナシですよ。 どうしても重たい印象になりがちな着こなしに、程よい抜けを演出することができちゃうんです。 出典: タイツとシューズをつなぐテクニックを、ブラウンのタイツとローファーで応用。 レオパード柄のスカートも、どこか優しげな表情に見違えます。 ショルダーバッグの色も揃えることで、より着こなしにまとまりが出せますよ。 出典: カーキのケーブルニットとリンクさせたカラータイツなら、お手軽におしゃれ上級者っぽい雰囲気に。 ベージュのチェック柄スカートやライトブラウンのコンバースなどアースカラーでまとめて、こなれ感のあるスカートコーデを満喫しちゃいましょう! スパイシーなカラータイツはちょい見せがキモ せっかくならベーシックカラーのタイツばかりではなく、ちょっぴり攻めたカラーのタイツにも挑戦したいところ。 でも、元々が幼く見えやすい厚手タイツだから、スパイシーなカラーは小面積で効かせるのがベター。 大人女子的になかなか手を出しにくい白タイツも、ちょい見せなら無理なくチャレンジできますよ。 出典: 花柄ワンピースのINに、黒ニットをレイヤード。 トレンド感の強いカラーだからこそ、あえてタイツのように小面積で取り入れることで、逆に印象に残る小粋なおしゃれが楽しめそうですね。 出典: ガーリーすぎて手を出しにくい白タイツですが、ベージュやホワイトを使ったまろやかワントーンコーデのつなぎとしてなら、違和感なく履くことができちゃいます。 長めのボトムスからちらりとのぞかせて、「分かってる感」をさりげなくアピールしちゃいましょ。

次の

冬のおしゃれを強力アシスト!タイツ×スニーカーコーデの正解って?

冬 網タイツ

このページの目次• 1. タイツは意外と寒いらしい ここ数日は、陽射しがあると温かいものの、朝晩が肌寒く感じるようになってきました。 寒い冬が近づいていることを実感できますね。 お越しくださるクライアントさんも、黒タイツに移行するタイミングを窺っているのだとか。 自分の判断で、「よし!今日から黒タイツにしよう!」と簡単に決められるわけではなく、 職場の同僚や近隣にある他社の女性の動向に注視しつつ、慎重に移行時期が決定されるそうな。 会社によっては、何月何日から黒タイツの着用を義務付けられているところまで存在する模様です。 ここまでくると、もはや制服の一部です。 女性社会って大変なのですね・・・。 ところで、そのクライアントさんが仰るに、「保温性が高いとされるタイツほど高額になるのは 仕方ありません。 けど、悲しいことに金額に見合わず、なぜか普通のタイツよりも寒く感じることがある」 とのこと。 ほうほう。 高価なタイツになるほど寒いと?なかなかに興味をそそられるお話です。 【拙・】 2. 防寒具が暖かい仕組み というわけで、もう少し具体的にお話しを聞いてみたところ、 座って仕事をしている時は、まったく不満はないらしく、問題は動き始めたとき、 歩いているときに、太ももあたりがやたらとスースーするそうな。 なるほど。 高級タイツほど寒く感じる理由がなんとなく見えてきましたね。 寒い時期には欠かすことの出来ない、コートやジャケット等の防寒具の暖かさは、 効率よく衣類と肌の間に空気の層を形成し、その空気を外に逃がさない設計が なされているか否かで決まります。 シャツでも下着でも構いませんが、身に着けた時は冷たく感じますよね。 それは、身体の熱が衣類に移動していることを意味します。 さらにシャツの上から上着を羽織ると、シャツの熱が上着に移動します。 それで、肌とシャツのあいだ、あるいは、シャツと上着のあいだにある空気も暖められ、 結果的に、暖かい空気の層に覆われることによって、寒さを凌ぐわけです。 寒い季節になると防寒のために、スズメがふっくらするのと同じ理屈ですね。 【拙・】 3. タイツを履いてスースーするのは何故なのか? タイツを履いていて、動かないときは暖かいけど、動き始めるとスースーするというのは、 歩くことによって、暖められた空気が外の空気と入れ替わってしまうからです。 保温性のないタイツや、パンストなどは、通気性が良いので体温によって暖められた 空気が留まりにくく、周囲の空気と絶えず入れ替わっているために、 歩き始めても、冷たい、あるいは、スースーすると感じないのでしょう。 従いまして、スースーするのは、そのタイツの保温効果が高いということになりますね。 保温効果が高く、そのうえ動いても暖められた空気が入れ替わらないタイツが あると一番良いのですが、存在しないのでしょうか。

次の