ヘルパンギーナ 手足 口 病 違い。 【手足口病との違いは?】ヘルパンギーナを知ろう!|病児保育の資格「認定病児保育スペシャリスト」の(財)日本病児保育協会

ヘルパンギーナと手足口病を比較!違いはウイルスだけではない!

ヘルパンギーナ 手足 口 病 違い

Sponsored Link 夏に流行るウイルス感染 手足口病もヘルパンギーナも 大人だって感染します。 症状に違いはあっても大人がかかると 重症になるは同じ! 手足口病もヘルパンギーナも ウイルスによる夏を代表する風邪です。 どちらも初夏から流行りだし症状は口の中にできる水泡と熱です。 あとひとつ。 あくまで手や足に湿疹がでれば手足口病かもしれない。 ・・・ということになります。 あと判断の目安としては、• 見た目が 酷い。 見た目は 軽い。 しかし、これは子供の場合であって 大人が感染するとどちらも高熱がでたりとかなり辛いんです! ヘルパンギーナも手足口病も、コクサッキーウイルスなどのエンテロウイルス群が原因です。 でも何で症状が違うんだろぅ??? 手足口病とヘルパンギーナについて調べてみました。 Sponsored Link 手足口病の主な症状 その名のとおり、手と足に湿疹がでるのが特徴で、その年に流行するウイルスの種類で全身に湿疹が広がることもあります。 口のなかの水泡• 口のなかの水泡• ふしぶしの痛み• 強い寒気がある• 強いだるさがある• まぁかなり稀なケースですが、 重症になって新生児が死亡する場合があるといわれています! ヘルパンギーナの主な症状 ヘルパンギーナの特徴はズバリ! のどの痛みです。 口のなか全体に水泡ができ破けると口内炎になることもあります。 幼児の場合、のどの痛みからツバが飲み込めずよだれを垂らしたり吐いたりすることもあるので分かり易いと思います。 口のなかの水泡• 水泡が破れた後の口内炎• 強いのどの奥の痛み• よだれや嘔吐• 元気がない• 食欲がない• 口腔内の水泡• 喉の奥の痛み• 倦怠感• 妊娠初期から中期のひとは、感染しても心配ないそうですが、注意するのは出産直前のひとです! Sponsored Link 出産直前にヘルパンギーナの原因のひとつエンテロウイルスに感染すると手足口病と同じく新生児が感染し、 稀に重症になり新生児が死亡する場合があるといわれていますからね。 手足口病とヘルパンギーナの感染経路と潜伏期間 どちらも感染したときは、だいたい 3~6日くらいの潜伏期間で発症するそうです。 感染する確率が高いのは、症状が強くでているときですが、しばらくウイルスは残るので注意しましょう。 回復後も 唾液に1~2週間くらいウイルスが残り、何と便には1ヶ月ほど残るんです!• 飛沫感染・・・咳やくしゃみからの感染• 接触感染・・・タオルなどを共有することでの感染• 糞口感染・・・おむつ交換などからの感染 感染力が強いので保育所や幼稚園などですぐ広がります。 夏に流行るのは、 高温多湿を好むウイルスだからで夏バテなどで弱っているとかかりやすくなるからです。 しかし、ここ数年の爆発的な流行では、コクサッキーウイルスA6が原因ウイルスの多くを占めているといわれています。 コクサッキーウイルスA16やエンテロウイルス71・・・ 熱がでない• インフルエンザのように薬が開発されてないんです。 なので、 高熱を下げたり痛みを和らげたりなどの対症療法がメインの治療法になります。 大切なのは、夏場の暑い時期の病気だから脱水症状にならないよう水分を多く摂ること! 手足口病とヘルパンギーナの予防 どちらも飛沫感染や接触感染でうつるので• まめに手を洗うこと• マスクをすること• タオルなどを共有しない• おむつ交換するときは注意する• 子供が残したものは食べない など、ウイルスに接触しないようにすることが大切となります。 最後に では、最後に手足口病とヘルパンギーナの違いを分かり易くまとめてみます。 どちらも初期症状でのどに水疱ができるのは同じです。 だから初期の段階での判断は難しいですが• 手足口病でも、稀にのどの痛みがあるようなのでそのときも一緒です。

次の

手足口病とヘルパンギーナの違い?大人と子供の症状~妊婦は危険~

ヘルパンギーナ 手足 口 病 違い

今日は夏かぜトリオのひとつ、「 ヘルパンギーナ」について解説します。 そもそも、なぜ夏に感染症が流行るのか、みなさんご存知でしょうか?それは、暑さのために体力を消耗し抵抗力が落ちているからです。 抵抗力が落ちると、細菌やウイルスに感染しやすくなります。 「認定病児保育スペシャリスト」資格取得web講座や、同試験公式テキストでも取り上げていますが、感染は「病原体」「感染経路」「固体の条件」の3要素が揃うことで起こります。 体力消耗による抵抗力低下は、この3つのうち「 固体の条件」にあたります。 感染症を予防する際には、この3つの観点から考えることが大切です。 「ヘルパンギーナ」は原因ウイルスや感染経路、症状など「手足口病」と似ているところがあるので、しっかりと学んでおきましょう。 では、どのような違いがあるのでしょうか。 しかしご存知のとおり、その後、手足口病は手や足などに発疹が現れます。 一方で、 ヘルパンギーナの場合は、手や足に発疹は出ません。 簡単に言ってしまえば、見た目は派手でも子どもは元気な場合が多いのが手足口病、 手足口病ほど見た目は派手ではないですが、子どもにとってつらいのがヘルパンギーナと言えるかもしれません。 ただ、一つ覚えておいていただきたいことは、 保育者は医者ではないということです。 もちろん、代表的な感染症に関する情報を把握しておくことはとても大切なことです。 しかし、保育者は自分の知識だけで判断をしてはいけません。 必ず医師の指示に従って、子どものケアを行うようにしましょう。 また、後述しますが、手足口病とヘルパンギーナにおける、 感染拡大の防止やケアの方法は同じです。 よって、保育者にとっては、双方の症状の違いを理解することよりも、 双方に共通する感染予防法、ケアの方法などをしっかりと頭に入れて実行に移せることの方が大切なのです。 ヘルパンギーナのケア 手足口病と同様に、のどの痛みがあり、子どもが飲食を嫌がる場合があるので、 脱水症状にはくれぐれも注意しましょう。 食事は、ゼリーやプリン、そうめんなど、 のどごしのよいものを用意してあげましょう。 ヘルパンギーナを治してしまう薬は存在しません。 わたしたち大人による温かなケアで、 子どもが落ち着いて安心した環境の中で自らの力で治していくことが大切なのです。 こうした、病気の原因に対してではなくそのときの症状を軽減するために行われる治療法を 対症療法と呼びます。 対症療法は病児保育の基本となります。 手足口病との共通点や相違点を理解したうえで、わたしたちは、 子どもがゆったりとした 気持ちで過ごせるようにケアしてあげることが最も重要であることを改めて認識しておきましょう。

次の

ヘルパンギーナの症状(大人・子供)と期間。手足口病との違い。

ヘルパンギーナ 手足 口 病 違い

ヘルパンギーナとは、口の中の粘膜に水疱が現れて発熱が伴うウイルス性咽頭炎です。 夏場に感染しやすく、1~5歳の小さい子供がかかりやすいのが特徴です。 ヘルパンギーナの90%が5歳以下の子供が占めており、特に1歳児あたりの患者が多いようです。 1~5ミリくらいの水疱が出来ますが徐々に破れていき、鈍い痛みを伴うようになります。 だいたい5月頃から徐々に流行り始め、7~8月頃にピークを迎え、9月くらいになるとほとんど感染しなくなると言われています。 感染経路はいずれも飛沫感染と接触感染で、プール遊びや肌の触れ合う遊びで感染しやすいと言われているため、完全に防ぐことは難しいとされています。 一度子供がかかったことがある人は分かると思いますが、これらの症状は一見すると手足口病によく似ていますね。 手足口病は名前の通り、手のひらや足の裏、太ももやお尻、口の周りや中に水疱が出来るウイルス性の病気です。 ヘルパンギーナ同様で5歳以下の患者がほとんどですが、その内約半分は2歳以下と言われています。 感染経路はというとヘルパンギーナと同じく飛沫感染と接触感染で、流行の時期も夏場なのでそこも煮ています。 こうして2つの病気を見比べてみると、口の中に水疱が出るという点や、感染経路などを見てみても、ヘルパンギーナと似ています。 一体どんな違いがあるのでしょうか。 分かりやすい違いはというと、 ヘルパンギーナは口の中に水疱が出るのに対して、手足口病は名前の通り口以外にも手や足にも水疱が出来るという点です。 ですから、手足口病はそこまで高い熱が出るわけではないので、痛みはあるものの子供は意外と元気ということもあります。 どちらも5歳児までの患者が90%を占めるという点と、年齢が上がっていくにつれ、患者数が減っていくという点では同じなのですが、 ヘルパンギーナが1歳児に多く見られるのに対して、手足口病が2歳児に多く見られる傾向にあります。 ヘルパンギーナも手足口病も、夏の暑さで抵抗力が低下したときにかかりやすい、いわゆる夏風邪のようなものだと言われています。 ヘルパンギーナも手足口病のいずれも特別な治療法はなく、皮膚に対しては抗ヒスタミン薬などの炎症を抑える薬を出したり、 発熱に対して解熱剤を出したりと対処療法をおこなうのにとどまっています。 また、発熱に伴って下痢や嘔吐、脱水などがある場合にそれに見合った薬や処置をすることもあります。 どちらも感染を完全に防ぐことが難しく、ウイルスを完全に身体から追い出すのに数週間の時間を要するため、出席停止などが現実的には難しいため、 保育園や幼稚園で出席停止を言い渡されることは基本的にはありません。 いずれも自然と治っていくものなのであまり重く考えすぎなくてもいいと思いますが、稀に重篤化して髄膜炎や脳炎などの合併症を引き起こすこともあるので、 不安ならば早めにお医者さんに見せておきましょう。

次の