フレッツ光 解約方法。 ドコモ光の解約

フレッツ光西日本の解約手続きの手順をケース別で徹底解説!

フレッツ光 解約方法

OCN光の解約までの流れ まず、OCN光の解約理由について再確認し、本当に解約が必要かどうか?見極めましょう。 というのも、以下に解約に関する注意事項をまとめていますが、転居などによる解約を検討している場合、解約によるデメリットを考えると、継続して利用したほうがお得になるケースもあるからです。 また、後に詳しく紹介していきますが、長期契約中の途中解約になる場合は、違約金が必要になります。 解約をする前に、自分の契約期間を再確認して、解約金がかかるタイミングなのか否かを事前にチェックしておきましょう。 更に、現在加入して工事済みの建物が、賃貸戸建や賃貸集合住宅で個別に光ファイバーを引き込んでいる場合は、現状復帰などが必要になるケースもあります。 これらもよく考えて解約するか否かを検討しましょう。 解約前には、契約者ID・メールアドレス・ひかり電話を利用している場合は、その電話番号など、メモに書いておいて準備しておきましょう。 解約の手続きがスムーズに行えます。 また、OCNと提携している引越し業者なども、お得なキャンペーンを用意しています。 それらもよく確認してから手続きを行うようにしましょう。 もし転居にともなって解約を検討している場合は、転居先がOCN光の利用可能エリアかどうかを確認し、利用可能であればこれらのキャンペーンを利用して、継続利用する事も検討したいものです。 OCN光の解約方法 OCN光の解約については、以下の問い合わせ窓口に直接連絡する事が必要です。 もし、解約後どうしてもフレッツ光を利用したい場合は、OCN光を一度解約してからフレッツ光に加入する事が必要になります。 解約金が発生する場合などは、できるだけ出費を抑える為にも、OCN光から他社インターネットへ乗り換える際の他社乗り換えキャッシュバックなどのキャンペーンをフル活用するようにしましょう。 また、 月途中に「OCN 光」を解約した場合、当月分の月額費用の支払いは必要です。 参考までにOCN光の長期契約に関する重要事項・契約更新月に関する考え方をもう一度おさらいしておきます。 違約金発生の重要なポイント「契約更新月」とは? ・2年自動更新型契約の割引開始月(下段参照)を1カ月目として25カ月目および26カ月目の2カ月間が契約更新月です。 ・契約更新月以外に「OCN 光」を解約した場合には、11,000円(不課税)の違約金が発生します。 ・尚、契約更新月に解約の連絡をしないと、再度2年契約が自動更新されますので、必ず契約更新月を確認しておいて、解約の際には連絡を忘れないようにする事が必要です。 すでにOCN「2年割」を契約中で、そのまま転用した場合は、OCNの契約更新月がそのまま引き継がれます。 詳しい工事内容や費用は、問い合わせをして確認する必要がありますが、主に光ファイバー引込み線の撤去作業や、壁などの貫通工事をした後の現状復帰作業、などが必要になってきます。 又、管理を徹底している賃貸住宅などは、現状復帰されているかの確認もされるようですので、解約前には管理会社などへ事前の相談をしておきましょう。 この工事費用は合計18,000円必要で、初回3,000円+2回目以降は毎月500円を30ヶ月支払う契約となっています。 したがって、その工事費用の分割払いの途中で「OCN 光」を解約する場合、工事費の残額を一括で請求される事になります。 最近は携帯やスマホのメールで連絡を取り合う方も多く「パソコンのメールは、ほとんど見ないから大丈夫」と思っている方も多いかと思います。 しかし、パソコンのメールはチェックしていなくても、銀行や証券会社の取引サイト、また様々な会員サービスの登録に、OCNのメールアドレスなどを使用しているケースもあります。 解約前にはそれらの登録を事前に確認しておいて、他社インターネットへ乗り換えた場合には、それらの登録変更を忘れないようにしましょう。 尚、OCN光の場合、「OCNのプロバイダ」と「光インターネットの通信契約」を別々で解約する事はできません。 転居する・しないに関わらず、光テレビを使ってBS放送やCS放送を視聴している場合、解約後のTV視聴方法についても準備しておく必要があります。 BS放送については他社での契約を検討するか、屋上へBS共聴アンテナを設置する。 CS放送を視聴している場合は、J:COMなどのケーブルテレビ会社との契約や、スカパーとの契約ができるかどうかも事前に確認しておきましょう。 メールアドレスの部分でご紹介した通り、様々な会員登録の際に、電話番号を登録しているケースもありますので、変更したことをどこに知らせる必要があるのか?事前にチェックしておきましょう。 まず、「OCN 光 2016冬春キャンペーン モバイルセット」などのセット割引が適用されている場合は、その割引は終了します。 更に、OCN モバイル ONE(音声対応SIM)には、最低利用期間があり、最低利用期間中に解約する場合は、解約違約金8,000円(不課税)がかかります。 尚、ひかり電話とは異なり、OCN光を解約してOCNモバイルONEだけの契約を残す事は可能です。 更に、最も注意しないといけない点として、OCN光を解約してから、他社インターネットが開通されるまで、場合によっては数日間の空白期間が発生する可能性がある事です。 いまや生活には欠かせないインターネット。 例え1週間程度でも困るケースもあります。 そんな時の対処方法のポイントをいくつか紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 <他社インターネット開通までの対処方法> ・携帯電話のテザリング機能を使う パケット通信量が気になりますが、パソコンに無線ルーターなどの機能が備わっておれば対応する事は可能です。 ・WIMAXを契約する 外出先でも自宅でも使えるWIMAX。 短期でレンタルをしてくれるところもありますし、この機会に固定インターネット(光コラボやフレッツなど)から、インターネット環境を全てWIMAXで対応する方法もありかもしれません。 ちなみに関東関西東海の人はOCNを解約したら速度が超速いNURO光に乗り換えをおすすめします。

次の

NTTの電話や光回線を解約をする方法|手続きにかかる費用を紹介

フレッツ光 解約方法

フレッツ光を解約する時にはどんなことに気をつけないといけないのでしょうか?「違約金がかかりそう」とか、「解約方法が難しそう」「撤去のために工事が必要なのでは?」と、いろいろ気になることがありますよね。 また、解約理由によっては本当は解約しない方が良かったという場合もあります。 そんなこともふまえ、フレッツ光の解約方法や、解約の際の注意点、解約しない方が良い場合など、フレッツ光の解約にまつわるお話を具体的に紹介します。 フレッツ光の解約方法と注意点について フレッツ光を解約するには電話での手続きが必要となっています。 NTTの116番に電話することで解約手続きを進めることが可能です。 116番はフリーダイヤル0120-116116にかけるとつながり、受付時間はAM9:00からPM5:00で、年末年始以外は年中つながるようになっています。 入会時にNTTからもらった開通案内や請求書を用意し、お客様IDを把握しておくと手続きがスムーズに進みます。 フレッツ光を解約する際の3つの注意点 フレッツ光を解約する時には、3つの注意点があります。 それはNTTの解約よりも前にプロバイダーの解約を先にする必要があるということや、解約金が発生する場合があること、解約月の支払が日割りにならないことの3つです。 それらを事前にしっかりと確認し、ちゃんと納得をした上で解約手続きに進みましょう。 そのあたりをちゃんと確認せずに、後から請求書を見てびっくりしたという人も中にはいらっしゃいますので、しっかりと理解してから解約しましょう。 それではそれぞれ具体的に見ていきましょう。 先にプロバイダーを解約する必要がある フレッツ光を使用する場合、NTTとの回線契約とは別に回線につなぐためのプロバイダ契約をしています。 契約する前にプロバイダを選んだのを覚えていますでしょうか。 どこのプロバイダを使っていたか忘れたという人は、まずは入会時の資料をご覧になって、加入しているプロバイダを突き止めて解約するようにして下さい。 先にNTTのフレッツ光を解約してしまうと、ネットが使えなくなり、プロバイダはネット上でしか解約できない所もあるので必ず先にプロバイダを解約するようにしてください。 プロバイダの解約金 プロバイダを解約する際、割引プランなどに加入していると契約期間が設定されており、それまでに解約をしてしまうと解約金がかかってしまう場合があるので注意してください。 プロバイダによって解約金はさまざまですが、例えばBiglobeの場合、2年未満での解約は5,000円の解約金がかかりますし、So-netや niftyも2年未満の解約は3,000円、OCNは2,400円の解約金がかかります。 一番高いと10,000円程度の解約金がかかるプロバイダもあります。 また、契約しているフレッツ光のプランに応じてプロバイダの解約金額が異なる場合もありますので事前に確認しておきましょう。 フレッツ光の解約金や工事費の分割の残りの一括請求が発生 フレッツ光を解約する際に請求されるお金としては二つあり、1つは解約金、2つ目は工事費の分割払いの残りの支払いです。 解約金につきましてはみなさん馴染みがあるので特に説明はいらないでしょうか。 フレッツ光はだいたい2年契約で、契約月以外で解約する際には解約金が必要となってきます。 工事費の残り金額について理解されてない方が多く、これは契約時に工事費を支払った記憶がない人ほとんどにあてはまります。 フレッツ光では以前、工事費を30分割で毎月500円ずつ月額料金に追加する代わりに、キャンペーンで毎月500円引きをして実質工事費が0円で利用できるようになっていました。 現在も一部のプランで工事費のキャンペーンがあり、割引を受けているケースがありますので、毎月の料金明細を確認しておくと良いでしょう。 その月の月額料金は日割りにならない フレッツ光を解約した時、月の途中であっても月額料金は1か月分発生しますので気を付けましょう。 契約時は日割り計算なので、「日割り計算にならないのですか?」という疑問があるようですが、残念ながらなりません。 プロバイダも解約の時には月額料金は1か月分の支払いが必要ですので、あらかじめ想定しておきましょう。 解約する際に撤去工事などは必要? 解約する場合には撤去工事を依頼すると、日程調整をした上で工事担当者が来てくれます。 光ファイバーを抜く抜線工事はおおよそ30分ほど終わりますので、大変なことも特にありません。 ただ、持ち家の場合は抜栓工事をしない人もたくさんいらっしゃいます。 もしまた再度フレッツ光や他の光コラボを契約する可能性がある場合は、既に線があると工事の時間が短縮できます。 絶対に抜かないといけないということはありませんのでご自身で判断してください。 賃貸住宅の場合はオーナーさんに相談されることをおすすめします。 フレッツ光からレンタルしている機材は、返送箱が送られてきますのでその箱に詰めて送り返すだけで大丈夫です。 解約前に4項目を確認!実は解約不要かも フレッツ光を解約する人の場合、実は解約しない方が良かったというケースも多いです。 もしも解約の理由が「引っ越し」「料金」「利用頻度」「通信速度」の場合は以下の内容を確認してみましょう。 引っ越し理由での解約の場合 引っ越しが理由で解約を検討している人の中には、引っ越しの時には解約をしなければならないと誤解をしている人がいらっしゃいます。 人によっては引っ越しのために解約をして、引っ越し先で再度入会をするケースもあるそうですが、引っ越しの場合は、移転の手続きをすればフレッツ光を引越し先でも継続することができます。 それを知らずに解約してしまった場合は、払わなくても良かった解約金を払ってしまったり、せっかく長期割引の恩恵を受けていたのにその恩恵がなくなる可能性もあります。 引っ越しの時には解約ではなく、移転の手続きを申し出ましょう。 料金が理由での解約の場合 月額料金が理由で解約を検討している場合は、割引サービスを検討してみましょう。 NTT西日本では長期利用の場合にお得な「光はじめ割」というサービスをしていますし、NTT東日本も2年単位で自動更新の「にねん割」があります。 もしもそれらの割引を適用していなくて月額料金が高い場合は、割引サービスを検討してみましょう。 利用頻度が理由での解約の場合 ほとんどパソコンを使わないので解約を検討している人は、フレッツ光を十分活用しているか確認してみましょう。 フレッツ光はパソコンだけでなく、スマホやタブレット、ゲーム機の他、テレビでインターネットや動画を楽しむことができます。 パソコンを使わないからもったいないと思っていた人にも、実は利用シーンは多いケースも多々あります。 まずはご家族の利用シーンを洗い出してから解約の検討をされるのが良いでしょう。 通信速度が理由での解約の場合 通信速度が思ったほど上がらないという理由で解約される人もいらっしゃいます。 しかし、通信速度は光回線だけが要因ではありません。 たとえば使われているパソコンや無線ルーター、LANケーブルなど、他の要因も考えられます。 それらの要因を洗い出すには専門知識が必要ですので、解約前にNTTのオペレーターに相談してみると良いでしょう。 参考ページ.

次の

フレッツ光西日本の解約手続きの手順をケース別で徹底解説!

フレッツ光 解約方法

NTT東西・プロバイダ(ISP)の2社で解約手続きを行う。 なお、2015年以降は回線サービスと接続サービスがセットになった光コラボという契約方法が多くなっています。 光コラボ契約を利用している場合は、契約プロバイダ1社を解約すれば自動的に光回線も解約となります。 NTT東日本・NTT西日本の解約 電話でNTT(0120-116-116)にかけて解約をします。 9:00〜17:00 年末年始を除いて営業しています。 プロバイダの解約方法 事業者によって解約方法はバラバラです。 電話連絡しかないプロバイダでは待ち時間や契約内容の確認に時間がかかる事が予想されますので、あらかじめ時間に余裕をもって手続きする事をおすすめします。 電話連絡の場合、プロバイダとの契約書類を手元に準備して本人確認や契約内容の確認をスムーズに行えるようにしておきましょう。 光コラボを契約している場合の解約 2015年以降は、通称光コラボレーション(以降光コラボ)と呼ばれる形態でサービスが提供されることが多くなりました。 光コラボレーション(光コラボ)では、これまでNTTとプロバイダ別々に契約が必要だったフレッツ光の契約が一本化される事になり、解約もプロバイダへの連絡だけで手続きが行えます。 フレッツ光解約の5大注意点 フレッツ光を解約する際は、 違約金、機器の扱い、そして契約が切れる月の利用料について十分に理解していないと金銭的に大きな負担を追う可能性があります。 公式サイトで解約方法の説明を探そうとすると 「いま、解約するともったいない」という主旨のページをいくつか経由しなければならず煩わしく感じると思います。 ここからは解約に伴って発生する以下の4つの問題点を順にご紹介していきます。 解約処理が翌月に回る事がある• 契約内容によって違約金が発生する• 解約後はすぐにレンタル機器の返却が必要• 解約月は満額請求される 1. 解約処理が翌月に回る事がある NTTやプロバイダでは受付時間内に連絡すれば解約できます。 しかし、ひかり電話を使っていて継続利用したい場合は処理が完了するまで解約処理が完了しません。 月末ぎりぎりに解約手続きの連絡をしても、ひかり電話の移行は1週間から2週間程度かかりますので月の半ば頃に、解約手続きを開始する事をおすすめします。 月末ぎりぎりに手続きをすると当月ではなく翌月まで契約が続いてしまい、使わないフレッツ光の月額利用料を無駄に一月分請求されるだけでなく、後述する違約金が発生する可能性もあるので注意しましょう。 契約内容によって解約違約金が発生する 通信サービスではもはやお決まりになりつつあります。 フレッツ光を解約すると契約内容に応じて違約金が発生します。 違約金は回線事業者であるNTTだけでなく各プロバイダでも発生するので、フレッツ光というひとつのサービスに対して2社分の契約内容に注意を払う必要があります。 プロバイダの契約プランやコースによって異なりますが、多くのプロバイダでもNTTと同様に自動更新型の契約をしている為、解約時には違約金が発生します。 レンタル機器を返却する フレッツ光で使用する通信機器は基本的にレンタルです。 解約手続きをすれば、全ての装置を返却しなければなりません。 従来のフレッツ光では機器はNTTからレンタルしているのでNTTへ返却します。 ところが、Yahoo! BBのように一部のプロバイダではNTTの装置とは別にルータが届いている場合もありますので、該当する場合も別途プロバイダへ返却する必要があります。 NTT東西に返却する機器 NTTに解約を申し出ると数週間後に「レンタル機器返却キット」(以下返却キット)と呼ばれるものが送られてきます。 返却する対象機器はONU(光回線終端装置)やVDLS装置、ひかり電話の機能が含まれているHGW(ホームゲートウェイ)と呼ばれる機器などが該当します。 返却キットに返却対象機器の例が同封されているので忘れずに返却しましょう。 NTT東西に返却する機器の例 住宅タイプ 返却機器の例 戸建 ONU、HGW、電源コード、配線コードなど 集合住宅 VDSL装置、HGW、電源コード、配線コードなど 返却先は返却キットにあらかじめ記載されているので、宛名を個別に確認する必要はありません。 また、返却にかかる送料は着払いでも大丈夫ですので機器を梱包すればあとはコンビニなどから送付できます。 なお、機器の返却を怠ると紛失したものとして賠償金を請求されます。 返却期限等は明確にされていませんが、一般的に通信機器は高額なものですので返却キットが届いて解約日を超えたら速やかに返却しましょう。 プロバイダへ返却するもの 光コラボモデルの場合、プロバイダへ解約の申告をするとNTTから返却キットが届きます。 契約先ではないNTTから返却キットが届くので驚くかもしれませんが、ONUやVDSL、HGWと各電源コードや配線コードはNTT宛に返却しなければなりません。 解約月は満額請求される 通信サービスは契約した月は日割り計算されますが、解約月や退会月は日割り計算されない事が一般的です。 これは光コラボでも別々の契約モデルの解約でも同様です。 フレッツ光の解約時によくあるご質問 解約したら光回線を撤去しないといけませんか? 原則、撤去が必要です。 解約すると固定電話は使えなくなりますか? フレッツ光で利用できる「ひかり電話」を利用されている場合は、アナログ回線への切り替え手続きをすることで電話番号を維持できます。 NTT東西へ解約手続きの連絡をする際に電話加入権の状況も同時に確認してもらい、必要であればアナログ回線への移転手続きを依頼しましょう。 なおアナログ回線への移行手続きには数千円の事務手数料が必要ですのであらかじめ予算に組み込んでおくことをおすすめします。 レンタル機器の返却キットを待たずに返却できますか? できません。 返却キットには返却状況を管理するバーコードや管理番号が記載されていますので返却キット以外では受け付けてもらえません。 返却キットは解約連絡から1、2週間経って届くので余裕をもって解約手続きする事をおすすめします。 フレッツ光の代替サービスとして「WiMAX」がおすすめ フレッツ光は固定通信サービスとして代表的なものですが、 経済面と家屋への施工という2つの側面でユーザーにとって大きな負担になるものです。 1Gbpsの通信速度や有線の安定性は固定通信ならではのメリットです。 しかし、現実は20Mから50Mもあればほとんどの高画質動画は快適に閲覧できますし、FPSのような瞬発力を要するゲームをやらない人であれば安定性を体感する事もありません。 つまり 多くの人にとってフレッツ光はオーバースペックな通信サービスと言えます。 WEBサイトの閲覧やYoutubeを見る程度の利用頻度ではフレッツ光の高額な利用料は割に合っていないと言い換える事ができます。 これからの通信サービスでは工事を必要とせず、一人一人の利用目的に応じたサービスを選択していく事が大切になってきます。 そこで現在主流の 月間容量制限がない通信サービスでかつ手軽に導入できるものとして、WiMAXがあります。 いわゆるWiFiによるインターネットサービスです。 \今すぐWiMAX情報を知りたい方は公式サイトにGO!/ WiMAXをおすすめする3つの理由 画像:ブロードワイマックス公式サイト さてここからは、フレッツ光よりもWiMAXがおすすめである理由をお伝えします。 WiMAXで一番人気の「ブロードワイマックス」を例としてお伝えします。 \工事不要ですぐ使える!月間容量無制限/ WiMAXは、フレッツ光よりも利用料が安い! フレッツ光はとにかく月額利用料が高い事があげられます。 フレッツ光は月額6,000円程度が一般的ですから、WiMAXの3,000円代前半と比較してその金額差はとても大きいです。 工事費がかからず家屋に穴を開ける必要がない! フレッツ光の大きなデメリットは、 家屋の壁に穴をあけて光回線を引き込む必要がある点です。 マンションでは大家さんやオーナーさんの承諾を得る必要がありますし、工事費用も1〜2万円かかるため高額です。 建物にあけた穴は元に戻せません。 ブロードワイマックスは、無線技術を駆使した通信サービスなので 建物への工事は不要。 工事がないから 工事費もかかりません。 かつ、ルーターが届いたその日からインターネットの利用が可能です。 \工事不要ですぐ使える!月間容量無制限/ WiMAXはルーター無料、しかも選べる!• 解約手続きはNTTとプロバイダの2社必要(光コラボではプロバイダのみ)• NTT、プロバイダそれぞれで違約金が発生する可能性が高い• レンタルした機器は速やかに指定の方法で返却する• 多くのプロバイダでは解約処理は月末に行われ、日割り計算されない。 フレッツ光は長年、通信業界をリードしてきた固定回線の代表格サービスです。 しかし、多くの方にとってコストパフォーマンが悪いのも事実です。 また、固定回線では必ずつきまとう回線工事が大きなデメリットです。 ブロードワイマックスでは利用料も安く家屋への工事も必要ありません。 集合住宅に住んでいて光回線が選べない方でも高速通信を実現できますし、フレッツ光のように据え置きタイプのホームルータを無料で手に入れる事もできるので選択肢も豊富です。 安い料金で手軽にインターネットしたい方はブロードワイマックスへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか? 12年間、インターネット通信会社に勤務していた経験を持つ「ナオト」と申します。 本ブログは、もともとは通信速度の遅いwifi電波の改善方法を公開するところからスタートしました。 そして現在は、「失敗しないwifi 契約」をするための情報サイトとして運営しています。 これまで僕は、ダイヤルアップ、ADSL、光回線、wifi、格安SIM等を含めあらゆるサービスの利用経験がありますし、これらサービスを開発・提供する側でもありました。 だからこそ提供できる本音の情報、業界裏話的なことも含め、読者様の参考にしていただけるブログを目指して運営しています。 本当におすすめできるwifiサービスだけをご提案していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!.

次の