オーケー ストア。 オーケーストア(OKストア)みなとみらい店は僕をダメ人間にする(褒め言葉)駐車場料金写真あり

【オーケーストア】8年連続満足度ランキング1位|大手も逃げ出す最強スーパーOKストアをレビュー|オススメ商品はやはりアレ!!

オーケー ストア

プロフィール:長浜淳之介(ながはま・じゅんのすけ) 兵庫県出身。 同志社大学法学部卒業。 業界紙記者、ビジネス雑誌編集者を経て、角川春樹事務所編集者より1997年にフリーとなる。 ビジネス、IT、飲食、流通、歴史、街歩き、サブカルなど多彩な方面で、執筆、編集を行っている。 共著に『図解ICタグビジネスのすべて』(日本能率協会マネジメントセンター)、『バカ売れ法則大全』( SBクリエイティブ、行列研究所名儀)など。 特売なしの「オーケー」、地域最安値で7年連続の「顧客満足度1位」に オーケー(本社・横浜市西区、二宮涼太郎社長)は、 首都圏1都3県を中心に108店(2018年3月31日現在)を展開する、食品スーパー。 顧客満足度調査のスーパーマーケット部門で、 7年連続1位を獲得しており、極めて集客力の高い首都圏のローカルスーパーとして知られている。 イオンなど圧倒的な品数を誇る大手流通の総合スーパーが、地域に密着した地場のスーパーにしばしば売り負けて閉店に追い込まれるケースを目にするが、そうした 総合スーパーから地場スーパーヘの流れを牽引する、 リーダー格の企業がオーケーと言えるだろう。 西国分寺店外観。 キャッチコピーが大きく掲げられている 年商は2018年3月期で、約3577億3400万円。 直近3年間でも、15年3月期の約2822億4100万円から、 年率7~8%ほどの堅実で高い売上伸張率を保った成長を続けてきている。 この間、店舗数も83店から、25店増えた。 縮小するスーパー業界、躍進するオーケー 日本チェーンストア協会の統計によれば、スーパーの市場規模は、1997年度(97年4月~98年3月)の約16兆8600億円をピークに縮小を続けており、2017年度(17年4月~18年3月)には約12兆9,000億円にまで落ち込んでいる。 そうした出口も見えない長期にわたる スーパー不振のダウントレンドの下で、 成長を続けているから、オーケーは凄いのである。 この好業績にも満足せず、オーケーは16年6月に就任した、 三菱商事出身の新社長・二宮涼太郎氏の指揮の下、「 借入無しで年率20%成長の達成」という、より高次元の経営目標に取り組んでいる。 無借金経営は2008年9月期以来継続しており、財務体質の強さも特筆されるが、コンビニやドラッグストアに圧倒されてスーパーの将来が危ぶまれている現状において、 スーパーの新しい成長モデルを確立しようとチャレンジする姿勢が注目される。

次の

オーケーストアはPayPayか楽天ペイがオススメ!キャッシュレス決済のPayPay・LINEPay・楽天ペイ3つの還元率を比較!

オーケー ストア

そんな情報をたまたま目にして、生活圏内にあるオーケーストアへ行ってきました。 1,2年前にできた店なのですが、24時間営業の西友が便利だったので、いつもそこを使っていました。 西友も十分安いので満足だったんですけどね。 結論を先に書くと、西友より断然安かったです。 西友は店舗数も多く、全国にあり、24時間営業なので、利便性ではこちらの方が圧倒的に上なのですが、値段だけを考えるとオーケーストアの圧勝でした。 オーケーストアの特徴 レポートの前に、オーケーストアの特徴を少し。 オーケーストアは、看板にも書いてある通り、「Everyday Low Price」をキャッチフレーズに、特売商法をせず、毎日低価格での販売を売りにしています。 この Every day Low Priceの頭文字を取ったEDLPはアメリカでは業態として確立しており、特売しない代わりに毎日低価格のウォルマートなどが代表的です。 日本では長いこと特売商法が幅を効かせてきました。 目玉商品を赤字覚悟で安く売り、チラシにでかでかと書き客を呼び込む。 そしてその客が他の商品を買ってくれることを期待する商法です。 実際、この方法で今までは上手く回っており、西友がウォルマートに買収されたときに、遂に日本にもEDLPが上陸かと思われたのですが、西友(ウォルマート)でもなかなか上手くいきませんでした。 やはり日本にEDLPは根付かないのかと思われたのですが、気付いたらこのEDLPを全面に押し出したオーケーストアが台頭していた。 オーケーストア隆盛の流れはこんな感じです。 特売をしないことによる宣伝費の削減。 その代わり毎日低価格で販売。 言葉で言うのは簡単ですが、実際に軌道に乗せるのは難しかったのでしょう。 今までいくつもの会社がこれに挑戦しては破れてきました。 何故オーケーストアだけEDLPが成功したのか。 それは複雑な情勢が絡んでいるので、一概にはこれとは言えないと思うのですが、失われた20年と言われる不況に代表される情勢も無視できない要因でしょう。 店内レポート と、まあ前置きはこれくらいにして、そんなオーケーストアのレポートを早速書いていきたいと思います。 客層 一部情報で、客層が良くないと言われており、少し心配していたのですが、心配していたほどではありませんでした。 イメージとしては、ドン・キホーテのような客層をイメージしていました。 ヤンキー、金色のジャージ、竜の刺繍の入ったジャージ。 ドン・キホーテは夜遅くになると、こんな客が普通にいるのですが、さすがにスーパーだけあってこのレベルの客はいませんでした。 西友などのスーパーより混んではいるものの、客層一般的なスーパーと同じです。 ただ、激安スーパーなので、小さなお子様連れの若い夫婦が多く、子供がフリーダムになっていて、邪魔と感じることはあります。 客層とは違うのですが、混雑時(夕方5時~7時頃)は人気店なので激混みです。 オーケーストア周辺の道路で渋滞ができるほどで、この時間帯はゆっくり選んでまったり移動ってのは難しく窮屈な感じになってしまいます。 特に生鮮食品の前には必ず誰かがいて、ちょっとずつ進んでいく列に並んで見たり、人が途切れた隙に見る感じになってしまいます。 雰囲気 店内の雰囲気は照明も明るく、陳列も綺麗にしてあり至って普通。 清潔感があって良かったです。 店員さんも奇抜な髪型やヤンキーもおらず普通。 ごく普通のスーパーですね。 品揃え 品揃えは普通です。 西友とあまり変わらないと思います。 EDLPはマイナーな商品、売れ筋から外れた商品は置かず、品数を絞って大量購入するからこその低価格なのですが、それほど他のスーパーに比べて品揃えを絞っている印象も受けませんでした。 全般的な価格 全ての商品を見たわけではありませんが、一般的に安いと言われている西友より、更に10~40%も安くて驚きました。 西友も一般のスーパーに比べれば安い部類なんですけどね。 注目商品 まだヘビーユーザになったわけではなく、最近行き始めたばかりの私ですが、個人的これは良いなと思った商品をいくつか挙げていきたいと思います。 ピザ このオーケーストアで良く話題になるのはピザです。 なんと直径30センチのピザが469円ですよ。 消費税を入れると500円を超えてしまうのですが、一応ワンコインピザと言って差し支えないでしょう。 直径30cmと言えば、宅配ピザのM~Lサイズに相当します。 宅配ピザは美味しいのですが、高い食べ物の代名詞として使われることが多く、一枚2,000~3,000円してしまいます。 勿論、そこには宅配代金なども掛かるので、一概に価格だけで比較はできないのですが、少なくとも気軽に食べられる価格ではありません。 ところがこのオーケーストアのピザは一枚500円です。 これはめちゃくちゃお得だと思います。 私が今回購入したのはこのカットピザなのですが、お昼ご飯として軽く食べるなら、このカットピザ2枚もあれば十分だと思います。 少食の人の場合一枚でも良いかもしれません。 実に経済的です。 スーパーのピザは、生地が薄くペラペラなので食べ応えがないのですが、このオーケーストアのピザは、生地が分厚く、耳の部分も宅配ピザのように盛り上がっており、非常に食べ応えがありました。 とても500円のピザとは思えません。 ただ、具は少なめですかね。 ここはやはりコストカットの影響が出ているのかなと。 物足りない場合、家で刻んだベーコンやソーセージをパラパラと上に乗っけてレンジで温めると良いと思います。 だた、一つ気になったことがあって、それは「生地がパンみたい」とのことです。 宅配ピザのあのサクサクした生地の食感を想像すると、イメージがだいぶ違うと思います。 生地が分厚くて食べ応えがあり、スーパーで売っているペラペラ生地のピザよりこちらの方が好みなのですが、ピザかと言われれば…パンに近いような気がします。 まあこの辺は好みの問題ですし、ここまで安いので別に文句でもないんですけどね。 と、まあ色々書いてきましたが、値段を考えるとこのピザの満足度は抜群だと思います。 定期的に店員さんがピザを焼き、パンコーナーに補充するので、タイミングが悪いとカットピザなんかはほとんど無くなってしまうのですが、あったらこれからも買っていくと思います。 特にピザ大好きってわけではないんですけどね。 この値段と味ならそりゃあ買いますよ。 ピザよりパンに近いかもとも書きましたが、個人的な感想ですが、味はかなり美味しいと感じました。 納豆 私はおかめ納豆の納豆が好きでいつも購入しているのですが、おかめ納豆のオレンジラベルが56円(西友だと75円)でした。 西友との比較以外でも、マルエツやロヂャースよりも圧倒的に安く驚きました。 これから納豆はオーケーストアで購入します。 このようなナショナルブランドの商品が安いのも、オーケーストアの特徴です。 総菜や生鮮食品は、仕入れを工夫すれば安くできるのはわかるのですが、どこにでも売っているナショナルブランドが他店より圧倒的に安いのには驚きます。 他店は1円2円の安さを争っているのに、オーケーストアは10円単位、100円単位で安いんです。 寿司 サーモンづくしを購入して食べてみたのですが、他のスーパーの寿司となんら味も質も変わりませんでした。 普通に美味しかったです。 こう言った激安のスーパーは、生鮮食品や総菜はどうなんだろうと心配してしまうのですが、ごく普通に美味しく、当然ですがその後お腹の調子が悪くなるようなこともありませんでした。 シャンプー 私がこの日購入したシャンプーはいち髪のふんわりボリューム。 Amazonや西友よりも安かったです。 ただ、棚にボトルはあまりなく、どのシャンプーも詰め替え用が多かったです。 その代わりなのか、シャンプーを入れる容器が88円で売っており、それと一緒に今回は購入しました。 これがオーケーストアクラブのカードなのですが、実際に作ってみたら至極簡単でビックリしました。 普通、会員カードを作る場合、住所、氏名、年齢などを専用のカードに記入し、そして発行して貰うのですが、オーケークラブカードの場合、サービスカウンターでカードが欲しい旨を伝え、郵便番号を伝え、そして100円を払うだけ。 たったこれだけで他の手間は何もいりません。 仮に1週間に2000円の買い物をすると、年間で3120円の節約となります。 入っておいた方が良いですね。 ほぼ全ての商品が安い オーケーストアはびっくりするくらい安いです。 業務用スーパーも行ったことがあるのですが、そこよりも安いくらいです。 激安スーパーと言えば、真っ先に出るのがコストコだと思うのですが、コストコは年会費が3000円掛かり、大量売りだからこそ安いシステムのため、一人暮らしや少人数の家族の場合ハードルが高いです。 しかし、このオーケーストアの業態は普通のスーパーであり、品揃えも不足を感じることはないので、一人暮らしや少人数の家族が食料品を購入するには最適のスーパーだと思います。 自炊をよくする一人暮らしの場合を想定しても、年間で2,3万円は節約できると思います。 安すぎてテンションが上がって、欲しくない物まで買わなければ…ですが。 ただ、野菜類だけは一般的なスーパーと同じくらいの値段で、それほど安いわけではありません。 とは言っても、一般的に安い西友やマルエツと同じくらいなので、別にマイナス点ではありません。 もっと安く野菜を売っている店を知っている場合、そちらで買った方が良いでしょう。 今回挙げた商品以外にも西友や業務スーパー、ディスカウントストアより多くの商品が安く、まだまだ掘り出し物がありそうです。 それでいて、パンコーナーには店内で焼いているピザやパンがあり、味も十分満足できるレベルで、今まで何故スルーしていたのかちょっと後悔。 美味しく安い商品があれば、随時紹介していきたいと思います。 オーケーストアは関東にしかなく、更に店舗数もそれほど多くないので、誰にでもお勧めできるスーパーではないのですが、生活圏内にオーケーストアがある場合、行って損は無いと思います。 安いからと行って質が劣るとかは特に感じませんでした。 こんな人にお勧め• オーケーストアが生活圏にある人• 日々の食費を安く抑えたい人 関連リンク.

次の

オーケーストア(OKストア)みなとみらい店は僕をダメ人間にする(褒め言葉)駐車場料金写真あり

オーケー ストア

オーケーストア みなとみらい店 1Fには「西松屋」、 3Fには100円ショップ「Can Do」。 ここで僕の「オーケーを満喫したおす方法ー夏ー」をご紹介。 ご存知ですか?夏って暑いんです。 暑いとのどが渇くんです。 基本的にこのお店には、徒歩や自転車で行くので、のどが渇いた時はスーパーの隅にある冷水器で水分補給。 オーケーをあなどるなかれ。 お水だけじゃないの。 冷たい煎茶も出るの。 冷たい煎茶、温かい煎茶、冷たい水、お湯、何でもござれ。 水分補給が終わったら… ピザを買う。 1枚(直径約30cm)が、 会員価格456円。 ナニコレ。 冗談抜きで、最初に見たとき三度見した。 カットされた金額なのかな?と。 肝心の味は、、、それがうまいんです。 そりゃね、ピザー〇やドミ〇ピザの焼き立て状態のピザと味だけを比較したら負けますよ。 でもこの価格で、この量で、この味ならコスパは上だな。 ちなみに、歴代最高ピザは、留学中にドライブスルー感覚で友人がピザを買い、そのまま車の中で開けて食べた、あの名もなきお店のピザ。 とてつもなくおいしかった。 単に腹が減っていた説もあり。 オーケーストア みなとみらい店のイートインスペース ピザを買ったら3Fへ。 オーケーストアで購入したものは、ここで食べていいのだそう。 2Fのオーケーストアが丸見え。 3Fには、小さめのフードコートやもある。 ちなみに両方ともオーケーストアが運営。 ここで食べてもいいし、ここを抜けて奥に行くと、さっきのイートインスペースに出ます。 とりあえず、この3Fで腹ごしらえ。 すぐ横にトイレもあるし、うちもそうだけど小さい子のオムツ替えの必要が出たら、 ほら。 ほらほら。 新しめだし、きれいだし、子供がいるとすごく助かるこの設備。 ひたすら食べて、ひたすらグデる。 そして、体が正常に動き出したら(?)2Fのスーパーに戻って、食材や日用品をしこたま買って帰る。 いい流れ。 こんなに素晴らしい施設、グデりすぎて人間がダメになりそう(褒め言葉)。 あ、スーパーを継続利用予定の方は 300円で会員になろう。 オーケークラブ会員価格なるものが存在するので、絶対お得。 その日から使えます。 10)=== 横浜アンパンマンこどもミュージアムは、オーケーストアにより近い場所に移転しました。 それくらいの好環境。 これは潰れてほしくない。 みなとみらいは、再開発が加速中で、このオーケーストアの近隣にもライブホールやホテル、それこそアンパンマンミュージアムの新施設など建設ラッシュです。

次の