久保建英 アジアの反応。 マジョルカのコーチが久保建英に差別行為か「露骨」など批判が上がる

マジョルカのコーチが久保建英に差別行為か「露骨」など批判が上がる

久保建英 アジアの反応

スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英が、6月30日のリーガ・エスパニョーラ第33節セルタ戦で2アシストを含む4ゴールを演出したなか、韓国代表MFイ・ガンイン(バレンシア)と比較した韓国メディア「MBC SPORTS PLUS NEWS」が「イ・ガンインと久保、日韓最高の有望株が悲喜こもごも」と伝えている。 久保はセルタ戦に9試合連続スタメン出場を飾ると、2アシストを含む4ゴールに関与するなど出色のパフォーマンスを披露して5-1の勝利に大きく貢献した。 記事では「ベンチvs2アシスト、イ・ガンインと久保。 2001年生まれアジア最高のサッカー有望株の明暗が分かれた」と、同じ19歳アタッカーの近況を比較している。 「イ・ガンインは2日、バレンシアのメスタージャで行われた第33節アスレティック・ビルバオ戦(0-2)で出場機会が訪れなかった。 途中投入を待っていたが、ゴンザレス監督代行に選ばれなかった」 6月18日の第29節レアル・マドリード戦(0-3)で、イ・ガンインはスペイン代表DFセルヒオ・ラモスに対して3度蹴りを入れて一発退場。 30節を欠場し、31節エイバル戦(0-1)はベンチ、32節ビジャレアル戦(0-2)は11分間のプレーに止まった。 その間、チームは成績不振で監督も交代している。 そんな日韓アタッカーを対比させ、「イ・ガンインが停滞するなか、久保は急上昇した。 久保はセルタ戦で1試合2アシストの活躍を見せて5-1の大勝に貢献した」と近況を記している。 「最近活躍を受けて、久保は昨年3月、国際サッカー連盟(UEFA)傘下の国際的なスポーツ研究所(CIES)が評価する市場価格も4210万ユーロ(約51億円)を記録し、2000年代生まれの選手の中で全体13位に上がった。 イ・ガンインは2190万ユーロ(約26億円)で22位だった」 スペインで切磋琢磨を続ける久保とイ・ガンイン。 新型コロナウイルス騒動で揺れたシーズンは佳境に差しかかっているなか、終盤戦でどんなプレーを見せるのだろうか。 Football ZONE web編集部.

次の

マジョルカのコーチが久保建英に差別行為か「露骨」など批判が上がる

久保建英 アジアの反応

のコーチがに対して見せた振る舞いが物議を醸している。 現地時間2月9日に行なわれたラ・リーガ第23節のエスパニョールとの一戦でマジョルカは、0-1と惜敗した。 その試合で65分から途中出場を果たした久保は、何度かチャンスを創出したものの、目に見える結果に結びつけることはできなかった。 その一戦で問題視されているのが、久保に交代を指示した際にコーチのダニ・パストールが見せた行動だ。 ピッチサイドでウォーミングアップを行なっていた久保を出場のために呼び戻した際にパストールは両手の人差し指を両目の横に当て、左右に広げるようなジェスチャーを見せた。 アジア人を蔑視する振る舞いとして、たびたび物議を醸している行為である。 スペインをはじめとするラテン系の国々では、この手のジェスチャーを悪気なく見せることがしばしばある。 そのため、パストーレに悪意があったかはわからない。 だが、ファンの反応は辛辣だ。 ツイッターなどSNSで問題のシーンが拡散されると、「これぐらいのことで過剰に反応する方が的だ」というコメントも寄せられたが、それ以上にアジア人に対する許しがたい行為だと問題視する意見が沸騰した。 「悪意はないにせよ、アジア人を馬鹿にしている」 「この手の悪気のない人種差別こそ深刻だ」 「酷い差別」 「これを『スペインではよくあること』と考える方が問題だ」 「なぜ、普通に呼ばない?」 「恥ずべき、露骨な差別」 「アジア人を下に見ている証拠」 「何も面白くない」 「指導者としてどうなんだ?」 この件に関して、マジョルカは公式な見解を示していないが、しばらく物議を醸すのは避けられないだろう。

次の

久保建英の海外の反応は大絶賛!ところで、韓国からの評価はどうなの?

久保建英 アジアの反応

はMFが宿敵に移籍したことを悔やんでいるという。 スペイン『アス』は「久保の流出は、バルセロナの最悪なミスだ…」と報じた。 バルセロナの下部組織に所属していた久保は、クラブが18歳未満の外国人選手獲得・登録違反で国際サッカー連盟 FIFA から制裁を受けた影響で2015年に退団。 帰国してFC東京の下部組織に加入すると、今季はJリーグで首位に立つトップチームの原動力となり、6月4日に18歳の誕生日を迎えたことを受け、海外移籍が盛んに報じられていた。 バルセロナ復帰が有力とみられていたが、久保が最終的に選んだのはライバルクラブのレアルだった。 『ムンド・デポルティボ』によると、バルセロナが獲得を見送った理由は久保側の高い要求だという。 年俸100万ユーロの5年契約に加え、次のシーズンからのトップチーム契約を求めたようだ。 その要求を受け入れられなかったバルセロナだが、『アス』によると、復帰を確信していたものの、レアルに移籍してしまったことを後悔しているという。 そのため、バルセロナ内部では「最悪なミス」と囁かれているという。 現在、トップチームのプレシーズンツアーに帯同している久保。 インターナショナルチャンピオンズカップ ICC で20日にバイエルン、23日にアーセナル、26日にアトレティコ・マドリーと対戦するが、いずれかの試合でデビューを果たし、早々のトップチーム昇格となるか。 今後の活躍にバルセロナ関係者も注目しているはずだ。

次の