名前 を なく した 女神。 名前をなくした女神 ロケ地情報

名前をなくした女神 ドラマの感想(杏)

名前 を なく した 女神

大人気だったドラマ『名前をなくした女神』がフジテレビで 再放送されていて、ついつい夢中で見てしまっています。 このドラマはリアルタイムで見ていたけれど、 今見ると結構豪華なキャストだったことに気付きました。 ママをはじめ、親の役を演じていた俳優さんの演技はもちろん、 子役の4人の演技も凄いドラマです。 高橋一生さんが尾野真千子さん(安野ちひろ)の夫役です。 「高橋一生さんって、このドラマ出てたんだ!」って 思った方も多いのではないでしょうか。 ちなみに平山浩行さんは、 現在放送中のドラマ『隣の家族は青く見える』に出演されていますね。 『名前をなくした女神』が放送されていたのは2011年4月。 もうそんなに前になるんですね~。 再放送を見て思ったのが、杏さんって顔が本当に変わらない! 当時、子役だった子たちは最近どうなっているんだろう。 大きくなってるんだろうなぁ。 恐ろしい。。。 『名前をなくした女神』主題歌 オープニング:Alice/「moving on」 エンディング:アンジェラ・アキ/「始まりのバラード」.

次の

名前をなくした女神 ドラマの感想(杏)

名前 を なく した 女神

再放送、終わってしまいました。 再放送で見ました。 ららちゃんママ、旦那が学歴のないトラック運転手でも父親としての人格がしっかりしていたので立ち直れて良かったね。 爽くんママ、セクハラ旦那、会社でのセクハラは女子社員にハメられたって事で済んだけど。 この父親が一番変わったのかな? このセクハラ事件が無かったら、離婚してたかもね。 父親であることの幸せを感じられたのだから。 綾香ちゃんママも、ララちゃんママの悪意のせいで、お互いに外に安らぎを求めてしまった事を反省出来たし。 海斗くんママは? 一番健太くんママと親しかったのにね。 一番女の嫌な所が出ちゃった、怖いよね。 旦那に一度でも頼れば良かったのにプライドが。 この夫婦は離婚になったのかな? 不明です。 面白かったです。 アンジェラさんの主題歌も効いていて良かったなぁ。 再放送で初めて見ました。 結婚してまだ子供がいませんが、いつか子供が出来た時の為に参考になるドラマだと思います。 大体のドラマは主人公が善者なので感情移入して見るのですが、このドラマの主人公はかなりKYな発言が多く「それ言っちゃいけないでしょ」と突っ込みを入れたくなる場面が多々ありました。 特に初めてのママ友会で、他のママの事をまだ何も知らないのにお受験を考えているママを「ただの親のエゴ」とか言った発言、あれは本当に突っ込みをいれずにはいられなかったです(笑)。 でも、自分では悪意がなくても他の人は傷ついている事は日常でもあるかもしれません。 そう思うと今後自分の発言に少し気をつけようと思いました。 是非続編があったら、今度は再放送ではなくリアルタイムで見たいです。 杏ちゃんロスで見始めました。 フジはいつからドラマがダメになって来たのかな? これ脚本が今度の朝ドラの羽鳥アナの嫁さんなのもビックリ! 女優さんたちが緊張感を持って演じてるのが見てる方も緊張するけど 面白いですね。 中でも木村佳乃さんはさすが ヤバイ妻のリーダー格ですw 杏ちゃんが自覚無き善人で少しづつ周りをイラツとさせるのも秀逸 尾野真千子が本当に上手いし高橋一生の繊細な二重人格演技もハマる。 倉科カナのアホ奥様も子どもはアクセサリーないそうな感じが溢れてる 一つ一つのエピが自然にありそうな事なのも上手いと思う。 子どもの目線からも描かれていてママになりたての人には 勉強になると思う。 とてもグレードの高いドラマで評価の低いのが信じられない。 今のくだらないフジドラマをお金掛けて制作するぐらいなら 昔の質の高いドラマを再放送すれば良いのにと本当に思う。 何度も再放送されているのね 今また放送されてるのでリアタイ以来久々に観たけど 凄く良く出来てるなぁ… 女の嫌な部分ほぼ全てと、弱さ、哀しみ、プライド、苦悩 見事に盛り込んで描き切ってますね フジはこの手のドラマ作り以前から上手いですよね 無神経な発言や妬み、意地悪く他人を陥れその姿を見て密かにほくそ笑む、優越感に浸るなどのシーンがまぁ本当にリアル リアルだからこそ辛いし苛立つしわざわざ見たくないって人は多いのでしょうが、綺麗事を言いながらも現実はもっとずっと陰険で醜いもの 自分ではどうしようもない黒い感情や、他人から見ればつまらない悩みを抱えながら、狭い世界の狭い価値観の中で生きているもの 当たり前の醜い部分を晒すドラマが、悪いドラマだとは私は全く思わないです しんどくても面白かったです 配役もとても良かった 多少強引に纏めた感は無くはないけど、それぞれがひとつ強くなり一歩踏み出す終わり 良い人しか登場しない、ほのぼのした軽いタッチのドラマばかりが好まれる昨今ですが、こちらのほうが少なからず不完全な人の心の機微など参考になる内容だったと思います.

次の

名前をなくした女神 再放送予定

名前 を なく した 女神

2011年4月からフジテレビで放送されていたドラマ「名前をなくした女神」 このドラマのキャッチフレーズは『ようこそ。 ママ友地獄へ』です。 そのキャッチフレーズの名の通り、ママ友の関係をリアルに表現した衝撃の内容となりました。 子供の小学校受験を控えたまま友達の間で繰り広げられる、嫉妬、嘘、裏切り、騙し合いなどの複雑な人間関係を描いた社会派ドラマです。 今回はそんな「名前をなくした女神」のあらすじや見どころについてお話していきます。 あらすじを見る前に視聴するほうが、ワクワク、ドキドキを楽しみながらドラマを楽しむことができますよ。 主人公の杏さんは「名前をなくした女神」で初主演を果たしました。 どろどろしたママ友関係に悩まされ追い詰められながらも、最終回ではママ友と和解する役を演じています。 その杏さんを追い詰めていく他の4名のママたちの怖さと言ったら…。 しかし実はみんないい人なんです。 どのようなにお互いを和解し合っていくのか、ママ友バトルの展開に注目です。 侑子の息子である健太は、幼稚園の友達から仲間はずれにされていました。 それはママ友同士の黒い渦が、子どもたちにもそのまま伝わってしまっていることがわかります。 幼いながらも親心を思い、辛いことを我慢してしまうリアルな様子が見事に演じられています。 あらすじを見る前に視聴するほうが、ワクワク、ドキドキを楽しみながらドラマを楽しむことができますよ。 この作品は、ママ友のリアルな関係を映し出した社会派のドラマとひて子育てをするママ世代から注目を浴びたドラマです。 最終回は幼稚園の卒園式を迎える会となりますが、衝撃の展開を迎えたところで幕を閉じていきます。 果たしてハッピーエンドとなるのでしょうか。 「もう一度観たい」「始めからちゃんと観たい!」という方は、FOD(フジテレビオンデマンド)がおすすめです。 ドロドロのママ友地獄、一気に観てみませんか?.

次の