女子 ハンドボール 世界 ランキング。 世界女子ハンドボール選手権

世界のハンドボール強豪国、その強さの秘訣とは?|【SPAIA】スパイア

女子 ハンドボール 世界 ランキング

世界ランキング 順位 選手名 平均P 1 8. 436 2 5. 850 3 5. 708 4 5. 341 5 5. 316 6 5. 042 7 4. 839 8 4. 610 9 4. 536 10 4. 450 11 4. 241 12 4. 174 13 3. 889 14 3. 774 15 3. 652 16 3. 632 17 3. 619 18 3. 326 19 3. 304 20 3. 283 21 3. 213 22 3. 149 23 2. 869 24 2. 832 25 2. 736 26 2. 675 27 2. 623 28 2. 583 29 2. 497 30 2. 435 31 2. 428 32 2. 410 33 2. 366 34 2. 311 35 2. 310 36 2. 118 37 2. 043 38 2. 032 39 2. 001 40 1. 968 41 1. 966 42 1. 942 43 1. 913 44 1. 897 45 1. 852 46 1. 850 47 1. 823 48 1. 819 49 1. 816 50 1. 805 51 1. 803 52 1. 743 53 1. 715 54 1. 711 55 1. 702 56 1. 659 57 1. 640 58 1. 624 59 1. 623 60 1. 538 61 1. 515 62 1. 497 63 1. 482 64 1. 456 65 1. 428 66 1. 387 67 1. 348 68 1. 337 69 1. 329 70 1. 313 71 1. 307 72 1. 303 73 1. 269 74 1. 258 75 1. 246 76 1. 243 77 1. 231 78 1. 228 79 1. 214 80 1. 176 81 1. 167 82 1. 160 83 1. 141 84 1. 137 85 1. 131 86 1. 118 87 1. 118 88 1. 114 89 1. 109 90 1. 092 91 1. 088 92 1. 078 93 1. 076 94 1. 069 95 1. 045 96 1. 045 97 1. 038 98 1. 017 99 1. 014 100 1. 013 101 1. 013 102 1. 012 103 1. 005 104 0. 998 105 0. 990 106 0. 990 107 0. 985 108 0. 982 109 0. 939 110 0. 926 111 0. 914 112 0. 903 113 0. 902 114 0. 889 115 0. 875 116 0. 872 117 0. 864 118 0. 860 119 0. 856 120 0. 855 121 0. 840 122 0. 833 123 0. 829 124 0. 821 125 0. 814 126 0. 805 127 0. 790 128 0. 776 129 0. 776 130 0. 774 131 0. 767 132 0. 765 133 0. 758 134 0. 753 135 0. 752 136 0. 752 137 0. 751 138 0. 745 139 0. 745 140 0. 736 141 0. 731 142 0. 730 143 0. 724 144 0. 718 145 0. 708 146 0. 703 147 0. 701 148 0. 688 149 0. 687 150 0. 659 151 0. 659 152 0. 659 153 0. 652 154 0. 644 155 0. 642 156 0. 641 157 0. 635 158 0. 616 159 0. 600 160 0. 577 161 0. 576 162 0. 575 163 0. 570 164 0. 567 165 0. 565 166 0. 559 167 0. 554 168 0. 552 169 0. 539 170 0. 538 171 0. 537 172 0. 536 173 0. 534 174 0. 533 175 0. 525 176 0. 521 177 0. 517 178 0. 513 179 0. 508 180 0. 507 181 0. 506 182 0. 506 183 0. 500 184 0. 498 185 0. 496 186 0. 487 187 0. 487 188 0. 480 189 0. 474 190 0. 474 191 0. 473 192 0. 472 193 0. 471 194 0. 470 195 0. 466 196 0. 464 197 0. 461 198 0. 458 199 0. 457 200 0. 457.

次の

ハンドボールの世界ランキング ドイツが1位

女子 ハンドボール 世界 ランキング

近年の各国の競技力 男子2005年〜2015年 女子2005年〜2013年 2. 過去から現在までの各国の競技力 男子1938年〜2015年 女子1957年〜2013年 2)各国・地域のオリンピック、世界選手権大会への出場回数 3)オリンピック及び世界選手権大会の成績 ハンドボールの国際化は1928年アムステルダムオリンピックの折りに国際アマチュアハンドボール連盟(IAHF)が設立され、1934年にインドア(7人制)及びアウトドア(11人制)の国際統一規則が制定されたことに始まる。 男子では第一回の世界選手権大会が、インドア、アウトドアともに1938年に開催された。 女子はインドアが1957年,アウトドアが1949年に開始された。 その後競技会はインドア、アウトドアの二本立てで開催されてきたが、世界の趨勢はインドアに移行し、アウトドアの世界大会は男子で第7回大会(1966年),女子で第3回大会(1960)以降開催されなくなっている。 現在では、アウトドアのハンドボールのあったこと自体知らない人も多い時代である。 オリンピックでは、国際アマチュア連盟が設立された8年後のベルリンオリンピックではアウトドアのハンドボール競技が初めて正式に開催種目となり、次いで開催地となった東京でもハンドボールが開催種目となる予定であったが、戦争による開催返上で、東京オリンピックは中止となる一方世界選手権大会も開催されなくなった。 戦後、1946年にコペンハーゲンで新しく国際ハンドボール連盟が設立され、インドア世界選手権大会は男子が1954年に第2回を、女子は1957年に第1回の大会を開催し,今日に至っている。 オリンピックは1972年ミュンヘン大会、女子は1976年モントリオール大会より,インドア種目として再開されて今日に至っている。 インドアのオリンピック大会は現在(2015年)まで11回 女子10回 、世界選手権大会24回(女子21回)開催されている。 期間にして男子77年(女子56年)である。 (以後、特に断りがない場合は、大会に関する記述はインドアハンドボールを示している) 競技力の国別ランクは、国際連盟のウエブページで見ることができる。 これは世界大会の各種別の成績をもとに点数化しその合計によってランキングされている。 本稿では、フル代表の男女の成績から,世界の競技力の状況を探ってみたい。 近年の各国の競技力 ハンドボールの競技力が高い国(強い国)を、推定するために、ここでは過去の成績を一つの資料として考察したい。 前述の間に世界選手権大会は男子6回、女子5回ある。 オリンピックが2回ある。 そこで男子は8回の世界大会の成績から、女子は7回の世界大会の成績から競技力を探ってみる。 方法としては、成績を数値化して総計し、順位を算出する方法をとっている。 世界選手権大会は1位を24点とし、最下位の24位の1点まで1点刻みとする。 オリンピックは参加が半分の12チームであるために1位を24点とし、最下位の12位2点まで2点刻みで数値化している。 この方法が適切であるとは思わないが、便宜的にこの方法で数値化し、考察してみたが、妥当なランク付けができたと考えている。 実際の成績を参考にしながらランクを見ていただればと思います。 過去から現在までの各国の競技力 男子1938年〜2015年 女子1957年〜2013年 1)各大陸のオリンピック、世界選手権大会出場回数から (男女それぞれ第1回から現在まで(男子77年間、女子56年間)) 発展の歴史的な背景や競技力の違いにより、圧倒的にヨーロッパからの出場が多いことがわかる。 ヨーロッパ大陸のみで全体の参加国・地域及び出場回数の59〜70%を占めている。 オセアニアにおいては唯一オーストラリアが世界大会への参加国である。 その後同回数でアフリカ勢のアルジェリア、エジプトが入り続いて16回の日本が入っている。 アメリカ勢ではブラジルがトップであり13位で入っている。 ここで考えなければならないのは政治的な理由により、独立した国家や統一した国家があることである。 7位にランクされているドイツは、東西ドイツのいずれかの参加回数を加えるとトップにランクされることになる。 クロアチアは17位であるがランク7位のユーゴスラビアから独立してきたことを考慮すればドイツと同様トップレベルにランクされる。 ロシアもソ連からの独立であり、その競技力が引き継がれているとすれば、上位にランクされることは間違いない。 オリンピックや世界選手権大会に参加することは、開催国でない限り、厳しい予選を経ての参加であり、競技力の一面を表していると考えて差し支えないであろう。 両大会にフル出場すれば35回である。 トップ5位までにランクされている国の出場率は71〜83%であり、現在までの77年間における世界大会の常連国と言える。 したがって参加回数から見てスウェーデン、スペイン、デンマーク、フランス、ハンガリー、アイスランド、それに加えてドイツ、クロアチア、ロシアの9カ国は男子の世界における強国といえると考える。 ヨーロッパ以外では、アジアでは韓国(11位),日本(14位),アフリカではアルジェリア、エジプトの12位、アメリカではブラジル(14位)が他を引き離している。 オリンピック出場で目を引くのは、スペインの11回中10回出場である。 それに加えて政治的な理由から統一・独立したドイツやクロアチアも出場の経過から考えて同等であると考えられる。 ヨーロッパ以外では韓国の7回(2位)が目につく。 日本は出場回数では4回あり、世界の13位の国である。 ただ、1988年ソウルオリンピック以来出場は途絶えている。 アジアから韓国、中国、日本が入りアフリカからアンゴラが入っている。 現在まで開催されたオリンピックと世界選手権のトータル回数は(10+21)の31回であり、トップ5のハンガリーからデンマークまでの出場率は68%〜81%であり、ほぼ男子と同様の値を示している。 男子と同様にロシア、ドイツ、クロアチアはトップ5に入っていないが、政治的な理由を考慮すれば,トップ5に入っていると考えられる。 出場回数から見た強国としてトップ5のハンガリー、ルーマニア、ノルウェー、韓国、デンマーク及びロシア、ドイツ、クロアチアをあげることができるであろう。 オリンピック及び世界選手権大会に出場した国は60カ国あるが、そのうちの37%の国はこの56年間にどちらかの大会に1〜2度出場したことがあるだけである。 大陸別にみてみると、アジアは前述の通りであるが、アフリカ勢ではアンゴラが17回と他を引き離している。 アメリカ勢ではアメリカがトップであるがアルゼンチンが後を追っている。 オセアニアは男子と同様にオーストラリアだけが出場している。 オリンピックに目を向けると最多出場は韓国の8回である。 2位のハンガリー、ノルウェーと2回の差がある。 4位は中国及びアフリカ代表のアンゴラで5回の出場である。 政治的な理由を考慮すればロシアがトップグループの中に入る。 世界選手権大会では、何と言ってもルーマニアの第1回大会から現在まで21回の大会にすべて出場していることであり輝かしい足跡である。 それを追ってハンガリー、ノルウェー、デンマークそして5位の日本と続いている。 日本も出場回数という面では世界のトップグループに入る成果を残している。 韓国は日本より1回少なく6位である。 政治的な理由を考慮すれば、ドイツ、ロシア、クロアチアもトップ5に位置するであろう。 現存する国では3カ国のみである。 2回が最多であるが,クロアチアは旧ユーゴからの独立国であり、旧ユーゴは過去2回の優勝経験があることから、クロアチアの2回の優勝に膨らみがあると考えるべきである。 同様にロシアは旧ソ連からの独立国であり、旧ソ連も過去2回の優勝経験やソ連崩壊後EUN バルト三国を除く旧ソビエト連邦構成国家によって構成された選手団、チーム の優勝があり、そのことを加味して考えるべきであろう。 優勝以外で注目すべき成績はスウェーデンとスペインである。 スウェーデンは準優勝4回、8位以内の入賞回数は7回である。 スペインは3位が3回あり8位以内入賞は8回あり、この2カ国は、優勝こそないもののオリンピックにおけるトップレベル国といえる。 世界選手権大会では、優勝回数はフランスの5回を筆頭にスウェーデン・ルーマニア 4回 、スペイン・ドイツ・ロシア(2回)がある。 優勝以外の注目すべき成績では、準優勝国としてクロアチア・デンマーク 3回 、3位の旧ユーゴ(4回)、ポーランド(3回)である。 メダル獲得ではスウェーデンが24回中11回、フランスが9回と抜群の獲得率をしめしている。 8位以内入賞では、24大会で50%以上の受賞率をおさめているいる国として、高い順からスウェーデン、デンマーク、フランス、スペイン・ドイツ、旧ユーゴ・ハンガリーがある。 両大会の成績からでは、優勝回数はフランスがもっとも多く7回を記録している。 続いて4回のスウェーデン、ルーマニア、3回の旧ユーゴ、クロアチア、旧ソ連、ロシアがつづいている。 両大会でメダルを獲得したことがある国は20カ国で、現存する国では14カ国である。 アジアの韓国、カタールを除いてすべてヨーロッパの国であり、優勝経験を持つ国はヨーロッパのみであり、競技力はヨーロッパに偏っているのが現状である。 メダル獲得では15回のスウェーデンがトップで、12回フランス、10回ルーマニア、9回旧ユーゴ、8回クロアチア、6回スペイン・ドイツ・旧チェコスロバキア・旧ソ連とつづいている。 優勝回数以外で注目すべき国として、メダル獲得は少ないが、入賞回数の多いデンマークやハンガリーは注目すべきである。 また、3位4回のポーランド、旧ソ連からの独立国ロシアの優勝5回、人口32万人のアイスランドの入賞回数12回も注目すべきであろう。 デンマークは4回のオリンピック出場で3回の優勝を3連覇で飾っている。 韓国は、決勝に5回出場していて頂点を争う試合にもっとも多く出場した国である。 ノルウェーもそれに次ぐ4回の決勝進出を果たしている。 現存する国で優勝経験のある国は3カ国である。 男子ではヨーロッパの国がトップレベルを形成しているが、女子では、アジアの韓国が頂点の一翼を担う成績をのこしている。 オリンピック出場は8回であるが、そのすべての成績が4位以内であり、メダルの獲得もトップの6個である。 ヨーロッパ勢ではノルウェーが韓国に次ぐメダルを獲得してる。 世界選手権では,優勝ではロシアの4回が最高である。 次いで旧ソ連・東ドイツの3回,ノルウェーの2回がある。 2回以上優勝したのはこの4カ国であり、現存する国ではロシア、ノルウェーの2カ国のみである。 ヨーロッパ以外で優勝経験があるのは、韓国とブラジルのみであるが、男子がヨーロッパだけであるのに比べて、女子の方が競技力に広がりがあると言える。 メダルの獲得では、今まで名前が挙がってこなかったハンガリーがトップの9個を獲得している。 つづいてノルウェー(8個)、旧ユーゴ(7個)、旧ソ連(6個)、デンマーク(5個)などが続く。 両大会をみてみると、優勝では旧ソ連の5回、つづいてノルウェー・デンマーク・ロシア(4回)、韓国・旧東ドイツ(3回)である。 旧ソ連は競技力において抜群の成績を残し、そこからの独立国であるロシアも素晴らしい成績を残していることは、長期にわたる女子ハンドボール界・強国の徴である。 メダルの獲得を見てみるとノルウェーの13個がトップであり、続いてハンガリー(12個)、旧ユーゴ・旧ソ連(9個)、デンマーク・韓国(8個),旧東ドイツ(6個)、ロシア(5個),フランス(4個)と続き、これらの国は,女子の強国といえよう。

次の

ハンドボールの世界ランキング ドイツが1位

女子 ハンドボール 世界 ランキング

世界ランキング 順位 選手名 平均P 1 8. 436 2 5. 850 3 5. 708 4 5. 341 5 5. 316 6 5. 042 7 4. 839 8 4. 610 9 4. 536 10 4. 450 11 4. 241 12 4. 174 13 3. 889 14 3. 774 15 3. 652 16 3. 632 17 3. 619 18 3. 326 19 3. 304 20 3. 283 21 3. 213 22 3. 149 23 2. 869 24 2. 832 25 2. 736 26 2. 675 27 2. 623 28 2. 583 29 2. 497 30 2. 435 31 2. 428 32 2. 410 33 2. 366 34 2. 311 35 2. 310 36 2. 118 37 2. 043 38 2. 032 39 2. 001 40 1. 968 41 1. 966 42 1. 942 43 1. 913 44 1. 897 45 1. 852 46 1. 850 47 1. 823 48 1. 819 49 1. 816 50 1. 805 51 1. 803 52 1. 743 53 1. 715 54 1. 711 55 1. 702 56 1. 659 57 1. 640 58 1. 624 59 1. 623 60 1. 538 61 1. 515 62 1. 497 63 1. 482 64 1. 456 65 1. 428 66 1. 387 67 1. 348 68 1. 337 69 1. 329 70 1. 313 71 1. 307 72 1. 303 73 1. 269 74 1. 258 75 1. 246 76 1. 243 77 1. 231 78 1. 228 79 1. 214 80 1. 176 81 1. 167 82 1. 160 83 1. 141 84 1. 137 85 1. 131 86 1. 118 87 1. 118 88 1. 114 89 1. 109 90 1. 092 91 1. 088 92 1. 078 93 1. 076 94 1. 069 95 1. 045 96 1. 045 97 1. 038 98 1. 017 99 1. 014 100 1. 013 101 1. 013 102 1. 012 103 1. 005 104 0. 998 105 0. 990 106 0. 990 107 0. 985 108 0. 982 109 0. 939 110 0. 926 111 0. 914 112 0. 903 113 0. 902 114 0. 889 115 0. 875 116 0. 872 117 0. 864 118 0. 860 119 0. 856 120 0. 855 121 0. 840 122 0. 833 123 0. 829 124 0. 821 125 0. 814 126 0. 805 127 0. 790 128 0. 776 129 0. 776 130 0. 774 131 0. 767 132 0. 765 133 0. 758 134 0. 753 135 0. 752 136 0. 752 137 0. 751 138 0. 745 139 0. 745 140 0. 736 141 0. 731 142 0. 730 143 0. 724 144 0. 718 145 0. 708 146 0. 703 147 0. 701 148 0. 688 149 0. 687 150 0. 659 151 0. 659 152 0. 659 153 0. 652 154 0. 644 155 0. 642 156 0. 641 157 0. 635 158 0. 616 159 0. 600 160 0. 577 161 0. 576 162 0. 575 163 0. 570 164 0. 567 165 0. 565 166 0. 559 167 0. 554 168 0. 552 169 0. 539 170 0. 538 171 0. 537 172 0. 536 173 0. 534 174 0. 533 175 0. 525 176 0. 521 177 0. 517 178 0. 513 179 0. 508 180 0. 507 181 0. 506 182 0. 506 183 0. 500 184 0. 498 185 0. 496 186 0. 487 187 0. 487 188 0. 480 189 0. 474 190 0. 474 191 0. 473 192 0. 472 193 0. 471 194 0. 470 195 0. 466 196 0. 464 197 0. 461 198 0. 458 199 0. 457 200 0. 457.

次の