明石家 さんま 宮迫。 【朗報】明石家さんま「宮迫はYoutubeやって正解やったな」

明石家さんま、宮迫博之のYouTubeに「どれだけ金積まれても出んわ!」(週刊女性PRIME)

明石家 さんま 宮迫

吉本興業からの復帰アピールもうやむやのまま、先の展開に興味が集まっていた、雨上がり決死隊の宮迫博之。 そんな宮迫を、明石家さんまは個人事務所に引き取ると話していたが、一向に解決をみない騒動に業を煮やしたのか、さんまから「宮迫、ほかを当たってくれるか?」という発言が飛び出した。 「5日放送の深夜バラエティ『痛快!明石家電視台』(MBS)に、宮迫の相方、蛍原徹が出演したときのこと。 レギュラー番組以外では初の単独出演だったのですが、トークでは当然、宮迫の問題に。 さんまは『ホトちゃんもしゃべれないことがいっぱいある』と蛍原のことを気遣っていましたが、『宮迫を引き受けると言うたら収まると思ったんやけど、収まらんかったなぁ、ホトちゃん』と、宮迫を引き取るというのは事態を収拾するためだったかのような本音をポツリ。 蛍原は『僕、わかんないんですけど』と困惑していましたね」(女性誌ライター) 問題の発言は、間寛平と村上ショージを相手にした「楽屋トーク」コーナーで飛び出した。 嘘か本当か、さんまは「うちの社員、座骨神経痛で4日間立てなかったんや。 それで新入社員を雇ったんですよ。 ナンバー3や。 (ほかに)2人しかいないから」と個人事務所の内情をコボし、「そんなところで宮迫を預かれるか?」と笑いを誘って、「ほかを当たってくれ」へと発展したのだ。 このやり取りはネットでも大騒ぎ。 「イチ抜〜けた!がお上手」「さすがの捨て方です」「宮迫の内定取り消し」「吉本だから口約束」という皮肉から、「もう手に負えないんでしょ」「宮迫めんどくさって感じ?」といった嫌気が差した説まで、多種多様の声が飛び交った。 同じ5日、宮迫は自身のツイッターを更新。 岡山を訪れていたことと、帰路の途中、肩にクマゼミがついていたことをほのぼのと報告。 (飯野さつき).

次の

明石家さんま 宮迫博之

明石家 さんま 宮迫

宮迫博之の公式YouTubeチャンネル「宮迫ですッ! 【宮迫博之】」第1回エントリー分(2020年1月28日公開)より。 昨年6月に発覚した闇営業問題以降、いまだ吉本興業との話し合いに進展が見えない「雨上がり決死隊」の 宮迫博之。 CM以外では地上波での本格復帰を果たせていないが、今年1月に開設したYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」をメインに、インターネット上で積極的な活動を展開している。 2月にはメンズ脱毛サロン「メンズクリア」のイメージキャラクターに起用され、ネットCMに出演。 さらに今月4日には、出演する靴&ファッション通販サイト「ロコンド」のテレビCMが地上波でオンエアされた。 「テレビCMの仕事はギャランティーが高額なため、タレントであれば誰もが欲しい。 その一方、起用されるタレントは企業や商品の顔となるため、知名度だけでなくクリーンなイメージが要求されるので、特に不特定多数の人が見る地上波放送のCM出演はハードルの高い。 そんな仕事を闇営業問題の発覚からわずか1年ほどで獲得できたのは、宮迫本人がYouTubeで随時経過報告してきたのはもちろん、チャンネル開設時から宮迫のアドバイザー役を務めてきた人気ユーチューバーの ヒカルの功績でもあるでしょう」(週刊誌記者) そして今月8日、宮迫は串カツチェーン店「串カツ田中」のネーミングライツを2000万円で購入すると発表し、話題を呼んでいる。 宮迫はYouTubeチャンネルで、以前から知り合いだったという「串カツ田中」の社長に会いに行き、新型コロナウイルス禍での経営難にぶつかっている飲食業の現状を取材したり、同社がコロナ禍への対策として限定販売している商品を紹介し、新たに準備しているという同社のクラウドファウンディングの計画に賛同。 今回のネーミングライツは2000万円で1カ月間、全国の約270店舗やメニューの名前をつけられるというもの。 悩んだ末「買います!」と「なにがしかを解約して、保険を解約して」と宣言に至り、店名を「串カツ宮迫」にすると発表した。 チャンネルのコメント欄にも宮迫の決断を賞賛する声が相次いでいるが、テレビ局関係者はいう。 「2000万円で購入を約束した後、宮迫は社長に『(コロナ禍が)明けた暁にはCM出演お願いします』と言い、このタイミングで頼まれた社長は『もちろんです』と言わざるを得ません。 宮迫の抜け目のなさというか、吉本の幹部を怒らせたまま地上波復帰できないなかで、これだけ広告の仕事がとれるのはさすがですが、やればやるほど吉本を敵に回しているように感じます。 また、一応はこれまでお世話になってきた吉本との所属問題が棚上げ状態のままでテレビCMに出演するというのは、業界的には掟破りといえますし、ますます吉本の神経を逆撫でするでしょう。 今の大崎洋会長、岡本昭彦社長らが退陣しない限り、地上波への復帰は難しそうですが、多くの芸人が仕事がなくて窮地に追い込まれている今、一足先にYouTubeデビューした宮迫にとっては、今が大きなチャンスであることは間違いありません。

次の

宮迫と亮の今後が決定か?吉本退所後は明石家さんまの事務所入りか?|キンさん(KINSAN)チャンネル(トレンド多め)

明石家 さんま 宮迫

雨上がり決死隊の宮迫博之をテレビで見なくなってから、そろそろ1年になる。 「闇営業問題で吉本興業から契約を解除されたのは昨年の7月。 「チャンネル登録者数は95万人超え。 人気ユーチューバーとのコラボも多く、100万回以上再生されている動画もあります。 居酒屋チェーン『串カツ田中』の社長に1か月2000万円のネーミングライツを持ちかける動画は話題になりました」(前出・スポーツ紙記者) さんまは2月5日放送の『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)で「俺らテレビに出る人間の敵はユーチューブやで! 」と発言。 3月9日放送の『痛快! 明石家電視台』(毎日放送)では、宮迫の相方・蛍原に「(宮迫の)ユーチューブ注意せえ! 」とツッコんでいた。 「笑いに紛らせていましたが、本音も多いと思います。 俺はテレビで生きてきた人間だから、テレビを守ろうとしている」とも言っていた。 それとも出ないのか? 6月上旬の夜、クルマで帰宅したところを直撃した。 「あいよ! 今日はどうした? 「見てへんわ! 「ないわ! 」 と即答。 さらに、 「どんなにお金積まれても出ないと思うわ! 」 ユーチューブへの出演は完全否定したのだった。 「さんまさんは宮迫さんを芸能界に復帰させようと、5月に雨上がり決死隊をコンビで舞台に立たせようと計画した話もありました。 一方で宮迫さんは毎日ユーチューブを更新しており、ネット通販サイト『ロコンド』のテレビCMでも人気ユーチューバーのヒカルさんと共演しています」(芸能プロ関係者) さんまの思いをよそに、宮迫は自分の道を進むことに決めたのだろうか……。

次の