松井秀喜 在日。 木村拓哉(キムタク)は夫婦で在日だった/在日芸能人

松井秀喜 通算成績

松井秀喜 在日

松井秀喜の奥さんがマスコミに一切出ない本当の理由!子供は? 松井秀喜の奥さんが姿を出さない理由は「個人情報は一切公表しない」という約束? 松井秀喜(まつい ひでき)は、「ゴジラ」の愛称でも知られる元メジャーリーガー。 巨人軍次期監督の最有力候補と見られていましたが、監督は引き受けませんでした。 松井秀喜は、1974年6月12日生まれの41歳。 石川県能美郡根上町(現:能美市)出身で、身長188cm、体重95kg。 星稜高校時代から超高校級の強打者として注目され、1992年夏の甲子園2回戦の明徳義塾高から受けた5打席連続敬遠は、社会問題に発展したほど。 敵将・馬淵史郎監督に「高校生の中に一人だけプロの選手が混じっていた」とまで言わしめました。 1992年ドラフト会議で巨人の1位指名を受けて入団し、本塁打王など打撃タイトルを獲得した松井秀喜は、日本球界を担う存在にまで成長します。 2002年オフにFA権を行使してメジャーリーグ入りし、ニューヨーク・ヤンキースなどで活躍しました。 2012年の現役引退後、2013年に国民栄誉賞を受賞した松井秀喜、今はヤンキースGM特別アドバイザーを務めながら、野球教室での指導にいそしんでいます。 私生活では、松井秀喜は2008年に電撃結婚を表明しています。 奥さんは一般人女性ということで、マスコミには一切姿を出していませんが、8歳下のスポーツ関連会社の元社員とのこと。 結婚を公表した際にも、奥さんについては松井秀喜が似顔絵を見せただけでした。 奥さんがマスコミの前に出てこない理由は、結婚の際「奥さんの名前や写真などの個人情報は一切公表しない」との約束を取り交わしたことにあるようです。 一般人ということもあり、プライバシーに配慮しているのでしょう。 松井秀喜、子供は男の子!愛称は「ミニラ」か? 松井秀喜と奥さんとの間には、2013年3月に男の子が誕生しているようです。 現在では、2歳9カ月になっていると考えられますが、奥さん同様、松井秀喜の子供の名前も公表されていません。 ネット上では子供の名前や愛称についても注目が集まっています。 奥さんの妊娠が分かった段階から、さまざまな意見が出ていましたが、中でも多数を占めた愛称が、松井秀喜の愛称「ゴジラ」に由来して「ミニラ」。 映画「ゴジラ」シリーズでもゴジラの息子として登場する「ミニラ」ですから、松井秀喜の息子として、これほどピッタリな愛称はないかもしれません。 ニューヨークでの出産だったことで、松井秀喜の子供はアメリカ国籍も持っており、アメリカで英才教育を受ける可能性も否めません。 将来、もし松井秀喜の息子が野球をするとなれば、周囲の注目を集めるのは必然。 なんといっても超一流の強打者の遺伝子を受け継いでいるわけですから、成長がとても楽しみですね。 松井秀喜の巨人やメジャーでの年俸、成績推移は?現在は野球教室三昧? 松井秀喜はプロ入り後中心打者として活躍!メジャーで最高13億円の年俸! 松井秀喜は、巨人のドラフト指名を受け、契約金1億2000万円、推定年俸720万円でプロ入りしました。 長嶋茂雄監督の抜擢を受け、高卒ルーキーで1軍定着。 プロの洗礼は手厳しいものでしたが、屈することなく11本塁打をマークし、大器の片りんを見せます。 年俸1900万円となった2年目は、課題の打率を2割2分3厘から2割9分4厘に引き上げ、本塁打も20本と倍増。 以降の松井秀喜は、巨人で中心打者として目覚ましい活躍が続きます。 翌シーズン以降は、苦手にしていたインコース打ちを克服したことで進境著しく、毎年30~40本塁打をマーク、打率も安定して2割9分から3割2分を推移します。 年俸も1997年に1億円を突破したのを皮切りに、2億2000~8000万円、3億5000万円、5億円とうなぎ上りにアップしていきます。 6億1000万円に到達した2002年には、三冠王も射程圏内でしたが、惜しくも首位打者は逃します。 しかし、自身初の50本塁打を達成し、これを置土産にメジャーリーグに挑んだ松井秀喜。 約7億円の年俸でヤンキース入りした公式戦開幕から5番レフトに座り、本拠地開幕戦では、メジャー初本塁打となる満塁本塁打を放ちます。 その後は、広いストライクゾーンに悩み、いったん調子を落としますが、最終的には2割8分7厘、16本塁打とまずまずの成績。 翌シーズンは肉体改造に取り組み、大幅な筋力アップに成功し、打率2割9分8厘、31本塁打と本塁打数を倍増させます。 31本塁打は日本人選手としてはメジャー最多記録で、現在もこの記録は破られていません。 翌シーズンも打率3割5厘、23本塁打とまずまずの成績を残しますが、この頃からはけがとの闘いで、下り坂のシーズンが続きます。 最高年俸13億円にまで上りつめたメジャー4年目ですが、自己最少となる51試合の出場にとどまりました。 35歳を過ぎたあたりから衰えが隠せなくなり、年俸も約6億円、4億2500万円、9000万円と成績に比例するように下降。 そして2013年、ついに松井秀喜は現役引退を表明。 日米20年間の現役生活にピリオドを打ちます。 生涯成績は、日本通算で332本塁打、メジャーリーグ通算で175本塁打、打率は日本通算で3割4厘、メジャーリーグでも2割8分2厘という成績で、イチローに次いで日米球界で成功した野手であることは疑いがないでしょう。 松井秀喜、基金設立!活動として日米で野球教室三昧! 松井秀喜は、現在、ヤンキースのゼネラルマネジャー特別アドバイザーを務めています。 さらに、少年少女の野球を発展・普及させる目的で、基金を設立しました。 設立されたのはNPO法人「松井55ベースボールファウンデーション」。 ニューヨークを活動拠点とし、松井秀喜が代表理事として名を連ねています。 基金の活動として、2015年には10月にニューヨーク、11月ロサンゼルス、12月に日本と、日米の子どもたちに野球教室で指導した松井秀喜。 大リーグでは、スター選手が、チャリティー基金を設立し、慈善活動を通じて社会へ還元するのはごく当たり前のことです。 実際、松井秀喜は、昨年3月にもヤンキース時代から親交のあるデレク・ジーターとともに東日本大震災の被災者を支援する慈善イベントを行っています。 ジーター自身、現役時代に基金を設立し、青少年を薬物から守る啓発活動に従事しています。 これに見習って、松井秀喜もチャリティー基金を立ち上げ、その一環として野球教室三昧の日々を過ごしているというわけです。 これまでの松井秀喜は、災害支援など公にせずに行うことが多かったのですが、スマトラ沖地震や東日本大震災などでは、被災者に約5000万円の義援金を送って支援しています。 今回の基金設立は、より広範囲で野球の発展にかかわりたいという松井秀喜本人の思いがあったことは容易に想像できます。 今後も、世界の少年少女たちに野球の面白さや楽しさを教えて回る機会が増えるのではないでしょうか。 松井秀喜、野球教室で全国の少年少女たちを指導!「野球に対して敬意を払うことが大事」と語りかける 松井秀喜は、先月27日、川崎市のジャイアンツ球場を会場に野球教室を開催しました。 これは、9月に設立された「松井55ベースボールファウンデーション」の活動の一環で、参加したのは、全国47都道府県から抽選で当選した小学生47名。 彼らを前に松井秀喜は、守備や打撃の基礎を丁寧に指導。 締めくくりにはバットを握りしめ、フリー打撃を実演し、「さびついているよ」と苦笑いを見せながらも、豪快なスイングで特大の柵越えも放ち、子供たちから万雷の拍手を浴びました。 質問コーナーでは「なぜ左打ちにしたのか」という質問が飛ぶと、「阪神に好きな左バッターの掛布(雅之)さんとバースがいて、そのふたりに憧れて左に変えた。 そしたら意外に打てた」と懐かしそうにエピソードを披露しました。 もともと、プロ入り前は、阪神タイガースのファンだった松井秀喜。 寝るときは縦じまのパジャマを着ていたという伝説も残っており、ドラフト会議でも阪神入りを熱望していました。 一番尊敬する選手が掛布雅之で、背番号31に憧れを持っていたとも言われています。 「野球で最も大切なものは何か?」と問われると、「野球に対して敬意を払うことかな。 素晴らしいスポーツの野球に対して、道具、仲間、相手にも敬意を払うこと。 そういう気持ちが大事です」と、少年少女の顔を見渡しながら、真摯な姿勢と人柄をしのばせて語りかけた松井秀喜。 今後については、巨人の後輩、高橋由伸新監督から、春季キャンプに参加するよう要請を受けていますが「細かいことはまだこれから」と保留しながらも、今シーズンに向けては「期待はすごいしてますよ」とエールを送りました。 まだ41歳の松井秀喜が、このまま野球教室活動で終わるとも思えません。 日米いずれかの球団で、後継者育成指導に励む姿はいつ見られるのでしょうか。

次の

松井秀喜の奥さんの顔が思わぬ出来事で流出!現在は2人の子供も

松井秀喜 在日

スポーツ報知のこの記事がなければ、このブログは存在せず、ヤフコメに投稿することもありませんでした。 その記事を見た瞬間、私は本当にぶち切れました。 同時に、 スポーツ新聞も、やはり一般誌と同様に凄まじい偏向報道をしていることを思い知らされたのです。 【センバツ】市和歌山、 サイン盗み疑惑の習志野 に逆転負け このすさまじいヘッドライン(見出し)を見て下さい。 多くの方が、 もし習志野が敗退すれば、「サイン盗み」をしなかったから習志野は負けた、とマスコミに既成事実化されると考えていたことでしょう。 習志野の選手達は、 「衆人監視」の状況で、ランナーになったら「疑わしいとこじつけられる行動はできない」と警戒しながら、逆転勝ちしました。 驚嘆すべき精神力です。 私が銚子商業ファンだけでなく、習志野ファンになった瞬間でした。 その賞賛されるべき試合の結果を、この悪意に満ちたヘッドラインで報じたのです。 当然に、 コメント欄は批判が集中しました。 当時、記事削除の知識がなく、コピーしなかったことが悔やまれます。 まったくその通りの秀逸なコメントばかりでした。 報知に限ったわけではありませんが、 記者が、 記名と無記名を使い分けます。 どの記者が書いたか判別してますが、 それを指示した人 物と、その悪質さを許す気にはなりません。 何故に、報知はここまでやるのか。 これは、多くの方が予想されている通り、 読売新聞(巨人軍)の意向に沿ったものです。 >経営難から1949年に再度読売新聞傘下に入り、スポーツ新聞に転換した。 読売が巨人監督を熱望する、 < 神の子> 「松井秀喜 」氏の 出身校、星稜を絶対視しているのです。 公平感など、眼中にありません。 これだけなら、記事にするまでもないかもしれません。 しかし、 「一定の数の世論」が背景にないかぎり、 現状では、これ以上踏み込むことはできません。 真相解明に直結しますが、まさに「アンタッチャブル」な領域に突入することになるからです。 ただ、その「アンタッチャブル」な領域にアンテナがあり、今までの記事をその示唆するところまで読み込まれた方は、 「真相」にたどりついているはずです。 そのことで、 どうやったら、高校野球(甲子園)を良識ある日本人が取り戻せる か、という次のステップに繋がれば幸いです。 「アクセス解析」とにらめっこしながら、お蔵入りさせるのか、 この記事を起点に、アンタッチャブルな領域にに踏み込み、次のステップに入るのか、 考えておりました。 結論を申せば、想定していた「一定の数の世論」の達成度は30%-40%程度です。 踏み込んで、自らもできることをして、この事件を「解決」するんだという「熱」を感じるには至っておりません。 選択肢は2つあると思います。 このブログが、 高校野球の事件を扱い、その首謀者が、在日が支配するマスコミですので、 「高校野球」「ジャーナリズム」「特定アジア」の3つを選択しました。 ここをきっかけとしたアクセスが増加しておりますが、クリックにご協力いただいている方が、ごく少数です。 *「拡散」のため、ご協力をお願い致します。 残念ながら、5. 8%という状況です。 otonarashino.

次の

在日認定

松井秀喜 在日

概要 [ ] ではとに基づく(日本民族差別教育)の観点から、日本の高名な文化や人物を根拠なくとすることがあり、「在日認定」とは人物に対するの一種である。 一方、近年の「的」な、あるいは自らの主張と相反する人物や犯罪者や問題を起こした人物を在日認定して、それらの人物を指して在日韓国・朝鮮人であるとする侮蔑的な認定もある。 主にやのネット上で流通する事が多い。 両者とも呼び名は「在日認定」ではあるが、その目的がまったく異なる別の社会現象である。 事例 [ ] 韓国系による在日認定 [ ] 韓国メディアやや在日韓国・朝鮮人が、日本の著名人を根拠なくであると思い込み在日認定する例が見られる。 以下に一部の事例を挙げる。 韓国人や韓国メディアによる在日認定• 『』がが死去したことを報じた際に「妻が在日韓国人3世で、米国人の父と日本人の母の間に生まれたが韓国系という噂もある伊良部氏」と報じた。 スポーツ2. 0がを「日本のスカウトからに入団した米田哲也も韓国系という言葉は聞いた記憶がある」「米田は自分が韓国系なのか否かを言わなかった」と韓国系として報じた。 が亡くなった時、 韓国国内でととを理由に稲尾が韓国系という主張がなされ、韓国メディアが「韓国系として知られ、韓国に来て我が国の選手の指導もした稲尾」と報じた。 この中で韓国元監督は、「稲尾さんに関して韓国系という噂が流れ、本人がこれを正式には明らかにしなかったが、骨格やスタイルから見て韓国系だと誰も分かっていた」と話している。 稲尾の日本プロ野球入団時の同期生だった前監督は稲尾が韓国系と言う言葉を彼から聞いた事がなく、日本でもそんな風説を聞いたことはないと否定し、稲尾が韓国系かどうかを確認するために、日本のスポーツ記者と連絡をとったが「専ら初耳」と否定されている。 という名前の「藤」の字を取り韓国語読みすれば「安美姫(アン・ミヒ)」という韓国風の名前になることを根拠に、の父親が韓国人の間に生まれた在日韓国人2世で、日本で差別されるのを避けるため幼い時に日本式の名前に変えたものであり、日本メディアが安藤美姫よりを持ち上げるのは、在日韓国人と地元日本人の差であるとデイリー・アンが報道した。 これに対して安藤自身からは「親戚の中に韓国人はいません。 わたしが韓国人だと期待していた方々には申し訳ないですが」と否定されている。 論説委員が著書『悲しい列島-永遠の異邦人四百年の記録』(ヒョヒョン出版)で、直後のに日本に連れて来られた陶工の家門の14代子孫をインタビューする過程で、、、は韓国系と明らかになったという根拠が乏しい発表をし、それを韓国のインターネット新聞が「安倍晋三官房長官が壬辰の乱以後、朝鮮から日本に渡った韓国人の子孫であることが明らかになって注目されている」「岸総理と佐藤総理はもちろん安倍長官にも韓国人の血統が混じっているわけだ。 これと共に安倍長官の父親で同時に80年代4期連続日本外相を引き受けたにも韓国系が多い山口県出身という事実は、安倍に韓国人の血が濃く流れていることを傍証する。 『対韓半島の先頭走者が後裔だなんて』金委員は本で『日本総理のを積極支持する人物に韓半島血統が伝えられているということはまことに問題だ』と言った」という形で報じた。 また、2006年10月に『』や 系の新聞 は、日本の雑誌『』2006年10月6日号で「安倍晋三研究-家政婦が見た安倍、岸3代」の記事が掲載されたと紹介して、その週刊朝日の記事のなかで岸と安倍のでとして40年を過ごした久保ウメが「パパ(安倍元外相)は誰にも言えないことを私には言ってくれた」「(安倍元外相死去直後)入棺のとき、この人の骨格を見ながら本当に日本人の物ではないと思った」「頭からつま先までまっすぐに横になっていたが、完全に韓国人の体形だ。 (安倍元外相)自らも『私は朝鮮人だ。 朝鮮』と言っていたが、この人は朝鮮人だと思った」と語ったと報道した。 また、2006年9月30日記事によれば、元外相は生前に安倍家の起源はくらいまで韓半島北で中国大陸にかけて存在したに始まったという考えを持っていたが、日本での安倍家の起源は明らかではないとし、安倍家の起源については「安倍家の本流はだ。 安倍元外相が朝鮮だと言ったが、これは今のではなく、その北との下側にあった渤海」と「の武将だった安倍が今の安倍家の祖先と一致する」と報道した。 韓国や在日韓国人の創価学会員が名誉会長は在日韓国人であり先祖は朝鮮半島から連れてこられたと主張している。 韓国SGI発行の機関紙『和光新聞』2001年11月15日号で「わが同胞池田会長」との記述がある。 しかし、韓国マスコミが池田が韓国人であるという具体的な根拠は示されていないと反論している。 月刊朝鮮は「1997年の大統領選挙前に、が日本で秘密裏に公明党幹部と面会し、創価学会の禁教解除と引き換えに(日本の公明党の影響下にある)韓国創価学会の支持を得られるように依頼、その影響で金大中が勝利した」という記事を発表した。 同誌は当時、韓国SGIの会員数を60万から70万人と分析、最終の得票差が約40万票だったこと、さらに金大中が大統領に就任後の1998年、日本文化の韓国流入とともに創価学会の禁教が解除されたため(SGI日本と)密約があったと指摘、韓国SGIの主張を反日集会(活動)や組織拡大を行う上で創価学会 SGI 名誉会長の池田大作が日本人であるのは都合が悪いためと報道している。 しかし現実には韓国以外のSGIや韓国国内の他団体は池田大作が在日韓国人であるという主張をしていないものの、創価学会(SGI日本)は韓国を「日本文化の恩人」と位置付け機関紙聖教新聞や池田の著書「ありがとう韓国」ビデオ「韓日友好」シリーズなどを例に「日韓」を「韓日」と表記するなど一定の配慮を行っている。 が訪朝した時、と単独会談を行った。 この時、何が話し合われたかは、同席者がなかったため正確なことはわからないが、の取材によると、この冒頭で金日成は金丸の「ご先祖が、わが国から渡られたことは、よく存じております」と切り出していて、その情報源は在日の関係者だった という。 日本国内における在日認定 [ ] 主に日本では反主張を行なう人物や日本の犯罪者に対する、在日認定などがあり「在日認定」の例として、に掲載された執筆の土井たか子を在日朝鮮人であるとした記事や、付のに掲載されたによる、、、を在日認定する記事がある(WiLLは土井から提訴され賠償を命じられた。 詳しくは)。 が2010年の永住外国人への地方選挙権付与などに反対する集会において「与党の幹部に帰化した子孫が多い」主旨の発言をした。 福島瑞穂はこれを自身への発言と捉え、同の記者会見において否定し、名誉毀損だと反論した。 は、一部の楽曲やパフォーマンスが原因で在日認定をされたことがある。 詳しくはを参照。 在日認定に対する罰則 [ ] この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。 また最新の法令改正を反映していない場合があります。 ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。 もお読みください。 ある特定の人物の氏名や出身地について事実と異なる情報を公に喧伝する行為は、仮にそれが価値中立的なものであるとしても、の場合は当該人物の名誉感情やの侵害にあたるとされ、709条に基づく責任を免れない。 この点についてのリーディングケースとなったのがに起きた元に対する在日認定を巡るである。 記事の中で花岡は「土井たか子は出身で本名は『李高順』である」と土井に対する在日認定を行った上で、「そのことが土井のを見る目を曇らせたのか、すべて知った上で政治的演技をしていたのか」と論じ、祖国・の利益を図るために日本の利益を蔑ろにしたのだと土井を婉曲的に糾弾した。 および改製原戸籍謄本の記載によると土井は日本人夫婦の次女としてに生まれており、花岡による在日認定は事実に反していた。 また花岡は土井に対する取材等の裏付けを全く行わず、上で流布されていた情報のみに基づいて在日認定を行っていた。 これに対して土井は記事によって名誉感情や信用を含む人格的権利を侵害されたとして、、WiLLを出版すると同社代表取締役(当時)の、記事を執筆した花岡の三者を相手取り、1000万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求める民事訴訟を起こした。 尼崎支部は、記事はあたかも土井が朝鮮人であるがゆえに日本以外の本国の利益を優先して、日本国民の安全などの利益を蔑ろにするという日本の政治家としてあるまじき行為をしていたかのような印象を与えるものであり、土井の社会的評価を低下させたとして名誉権の侵害を、また虚偽の在日認定について以下のように述べて名誉感情および人格的利益の侵害をそれぞれ認め、被告らに対して200万円の賠償を命じた。 謝罪広告については記事の影響力の小ささを理由に退けた。 …また、氏名は、人が個人として尊重される基礎であり、その個人の人格の象徴であって、人格権の一内容として構成するものというべきであることや、人は、自己の氏名や出身地を人格の重要な構成要素として捉え、これらに強い愛着を抱くことが自然であること(原告が自己の氏名や出身地に強い愛着を持っていることは弁論の全趣旨から明らかである。 )などによれば、本件記載が氏名や出身地について価値中立的な事実を摘示するものであるとしても、明らかに虚偽の事実を記述するものである以上、本件記載は原告の名誉感情や人格的利益を侵害するものということができる。 被告らは判決を不服としてにしたが棄却され、さらににしたものの、にを退ける決定が下された。 これにより神戸地裁の判決が確定した。 脚注 [ ] []• 、2011年7月30日 朝鮮日報、2011年8月1日閲覧• 2007年11月26日 スポーツ2. 2008年2月13日 デイリー・アン• プレシアン(韓国語)2006年5月17日• 『ソウル新聞』2004年10月30日号• 朝鮮日報社「月刊朝鮮」(2002年5月号)特集記事「金大中〜藤井富雄ミステリー」• 重村智計 2006. 外交敗北. 講談社. 2011年4月30日朝日新聞• 神戸地方裁判所尼崎支部平成19年(ワ)第540号、平成20年11月13日民事第二部判決• 2008年11月13日. の2009年8月17日時点におけるアーカイブ。 2014年4月1日閲覧。 2009年9月29日. の2009年10月3日時点におけるアーカイブ。 2017年2月21日閲覧。 関連文献 [ ]• 第2部 検証6「美空ひばりは韓国人」検証7「北野武は朝鮮人」『』(フォレスト2545新書) 2014年7月6日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 韓国メディアによる実例• 2007年4月20日 、、、、、、• , , 20070609. 、、、選手の30%以上、、、、、.

次の