自粛明けうつ。 自粛生活で「適応障害予備軍」が激増 コロナうつなどの解消に“ぐうたら生活”のススメ:イザ!

自粛明けが怖い…コロナ禍の陰で安堵してしまった人たち(LIMO)

自粛明けうつ

自粛が解除される前からコロナウイルスの感染の不安や外出自粛などによる「コロナうつ」の存在はありました。 しかし、今回は自粛が解除されたことによる「コロナうつ」で悩む方々がいることをご存知でしょうか? 「コロナうつ」は、自粛が解除されたが、この先の日本の景気、仕事の業績が悪くなればリストラされるリスクの可能性、在宅ワークに慣れ、会社に出勤するのがおっくうになり、精神的不安になるなどが原因により引き起こされる人が急増し、病院への相談が増えています。 病気や薬の副作用による直接的な原因で起こる「外因性うつ病」。 具体的な要因がはっきりしないのが特徴で、脳の問題で起こる「内因性うつ病」。 精神的な不安や環境の変化による原因で起こる「心因性うつ病」、その中で原因がはっきりしているものは「反応性抑うつ」と言われます。 今回の「コロナうつ」は、精神的不安、環境の変化などがはっきりしているため「反応性抑うつ」に捉えることができます。 「反応性抑うつ」は、外的なストレス原因により引き起こされるうつ症状のことで、うつ症状が引き起こす具体的な原因があって起こるうつ症状です。 「コロナうつ」では、原因は「新型コロナウイルス感染症による感染の不安や行動制限、仕事量の激減、生活していく不安」と考えられます。 ストレスの原因がはっきりしているため、状況が改善されれば、抑うつ症状も好転しやすい特徴を持っています。 この症状は、一時的なものなので、心と身体が適応するまで待つことも大切です。 しかし、気分が晴れない、気力がない、寝れない、集中力がない、死について考えてしまう、などの症状が長く続けば要注意です。 このような場合は、すぐに近くの医療機関に相談することをおすすめします。 今は、自分の身体を最優先に気を配り、「なにかおかしい」と思ったら、すぐにでも専門科に相談してください。 「コロナうつ」の予防法は• 以前の生活リズムを維持する。 寝る時間や起きる時間、食事の時間など• 軽い運動をする。 自粛が解除され、体がなまった状態での仕事や学校は、かなりの負担になるので、時間を見つけてストレッチを行うのが効果的です。 SNSを見すぎない。 SNSには多くの人が利用していると思いますが、不確かな情報も多く流れています。 なので、正しい情報だけを受け入れるようにしましょう。 まとめますと、• 「コロナうつ」は、自粛要請され行動が制限されたことによる「うつ」や、自粛が解除され、今後の生活や仕事や学校に行くのがおっくうになることによる「うつ」の症状のこと。 「コロナうつ」は、「反応性抑うつ」に捉えられる。 「反応性抑うつ」は、外的なストレスが原因で起こる症状で、具体的な原因があって引き起こされるうつ症状のこと。 症状は、眠れない、食欲がない、気分が晴れない、気力がない、などがある。 症状が長引くことがあれば、要注意なので、専門科に相談することをおすすめ。 予防法は、以前通りの生活リズムを過ごすようにする。 適度な運動、軽い運動をして気分をリフレッシュする。 正確で正しい情報を取り入れる。 ということになります。 自粛が解除された今、焦らずゆっくり自分の身体と向き合っていくのが大事だと思います。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

自粛生活で「適応障害予備軍」が激増 コロナうつなどの解消に“ぐうたら生活”のススメ:イザ!

自粛明けうつ

「Getty Images」より 「自粛コロナうつ」から「テレワーク明けうつ」へ 新型コロナウイルスの感染蔓延と自粛生活により、コロナ罹患への不安や自粛生活のストレスから、「コロナ鬱」といわれるメンタルヘルス不調者の増加が強く懸念されました。 しかし、今年の4月は例年同月に比べ自殺者が激減したという統計が出て来たり、私がフォローしていた「うつ」などの メンタル不調者のなかでは テレワークにより症状の改善が見られる方が出たり、一見不思議な事態も起こっています。 以前は休職を検討していた方などが、「テレワークは快適、ストレスなく仕事ができる」と感じ、バリバリと働いていらっしゃいました。 今回は、流れで否応なくテレワークとなった皆さんの「テレワーク中」と「テレワーク明け」の健康管理について書いてみたいと思います。 テレワークにより軽減されるストレス 私たちの毎日の仕事生活というのは、家庭生活に比して、心身ともに高い負荷がかかっています。 都市部では1時間以上の遠距離通勤の方も多いのですが、その影響で睡眠時間は減少傾向にあります。 日本人の睡眠時間はOECD諸国平均より1時間以上も短いことがわかっており、慢性的な睡眠不足です。 ところがテレワークなら、家庭と仕事の両立に苦労されていた人も、隙間時間や通勤に使っていた時間に家事や介護ができますし、家族との時間・趣味の時間が持てストレス解消ができている人もいます。 私の患者さんでも、テレワークで睡眠や食事が安定し健康的になった方もおり、テレワークは「その気になれば」健康管理もしやすくなる働き方です。 職場環境ストレスに直接さらされないという長所もあります。 厚労省の調査によると、職場のストレス要因の第1位は「人間関係」ですが、テレワークでは、上司からネガティブな言葉を投げられたらどうしよう、などという不意打ち不安も少なく、一日中職場で人に見られるストレスもありません。 多少嫌なことを言われても、一時的に我慢すればよく、職場という「アウェイ」にくらべ、文字通り「ホーム」では何かあっても心理的な傷は浅く回復しやすいのです。 テレワークから通常勤務への移行 私の産業医としての仕事には、休職中の従業員の復職支援がありますが、重要なのは、本当に出社に耐えられるかを見る「復職判定」です。 長い休職後、メンタル不調の方がなんの準備もなく出社し、1~2カ月で休職に戻るケースは少なくありません。 出社勤務への移行には心身ともに想像以上の労力が必要なのです。 テレワーク明けのあなたにも同じことが起きないとは限りません。 テレワークは身体的・心理的負荷が低く、エネルギーを心に貯めやすい環境ですが、通常勤務で急に過重労働をしたり睡眠不足になるなど、身体的・心理的負荷が高くなると、エネルギーは消耗され、普段は目につかない「ストレスのもと」が見えてしまいます。 いつもは多少の睡眠不足など平気なのに疲労を感じやすくなったり、ちょっとした上司の言葉にイライラし、落ち込みやすくなるなど、心身の不調症状が出やすくなるのです。 特に心身ともに慣れない出社再開から1~2カ月は要注意です。

次の

経験のない長期自粛生活がもたらす“アフターコロナうつ”に臨床心理士が警鐘「罪悪感を持たないで」

自粛明けうつ

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、自粛生活を強いられた約3か月。 その間に「体力が落ちた」「疲れやすくなった」「物忘れがひどくなった」「うつ病気味になった」といった不調を自覚し始めた人々は実に多い。 これらがリカバリされないままだと、社会全体に停滞をもたらすことは必至だ。 これを「第2波」と捉える向きもあれば、本当の第2波は秋風が吹く頃にやってくるともいわれている。 だが、産業医も務める心療内科医・内田栄一氏は「真の恐怖は別にある」と考えている。 この数か月、世界の企業のほとんどは機能していなかった。 その遅れと損失を取り戻して仕事を再起動するためには、大量のエネルギーが必要とされる。 するとどの会社でも「超過勤務」が当たり前になる可能性がある。 リモートワークが定着したといわれるがその確証もまだなく、働き方改革が無視され、誰もが過重労働を強いられた場合、うつ症状が顕著に出てくるのではないか、というのだ。 「そうした状況は、おそらく今後3か月以上は続くでしょう。 例えば7月から再起動のための労働が始まったとすると、3か月後は10月。

次の