中小企業診断士 フォーサイト。 フォーサイト中小企業診断士まとめ!口コミ&評判

フォーサイト「中小企業診断士講座」の口コミ|価格や教材など|中小企業診断士の通信講座 おすすめオンライン講座の比較・ランキング【コスパ最高・独学に最適】2021年向け最新版

中小企業診断士 フォーサイト

「中小企業診断士の通信講座を受講したいけど、どうやって選べば良いのかわからない・・・」 そんな悩みをお持ちの方も多いと思います。 たしかに通信講座を調べてみても正直違いが分かりにくく、どれを選べば良いか分からなくなってしまいますよね。 実際、中小企業診断士の試験は難易度が高く、 どの通信講座を選択するかで結果が大きく変わってしまいます。 特に初めて中小企業診断士にチャレンジする人だと、なんとなく通信講座を選んでしまい、後になって 「この通信講座は自分には合わなかった・・・」 と後悔することも少なくないです。 また、 中小企業診断士向けの通信講座では合格率などの合格実績を公表しているところが存在しないというのも、講座選びを難しくしています。 そこでこの記事では、資格Times運営陣が中小企業診断士の通信講座をあらゆる面から徹底的に分析し、通信講座選びにもっとも大切な• 講座費用• 教材の充実度• 学習サポート• 合格フォロー制度(不合格者に対するフォロー)• 会社の信頼性 の5つのポイントをもとに ランキング形式で紹介していきます! スタディング(通勤講座)の中小企業診断士講座は、 スマホ学習に特化している点が特徴です。 校舎を持たず、テキスト代なども大幅に削減していることで、予備校などと比較して 圧倒的な低価格で講座を提供することを可能にしています。 動画講義やテキストの閲覧だけでなく、学習スケジュール管理や暗記ノート作成など、 スマホを用いた様々な学習サポート機能も搭載されているのも大きな魅力です。 スタディングの評価項目 2020年度試験対応のコースでは、1次試験と2次試験対策をセットで 48,900円から受講可能です。 ただしこちらのコースは問題集や過去問講座が付属していないので、 基本的には一番人気のスタンダードコースを受講するのがおすすめです。 スタディングのスタンダードコースは 57,900円で受講可能であり、こちらも破格の安さとなっています。 多くの通信講座の価格が100,000円前後であることを考えれば、 スタディングの講座がいかに低価格でお得であるかが分かります。 また、合格者には合格祝い金として10,000円がプレゼントされるので、無事に合格した場合、スタディングの実質講座費用は 47,900円となります。 スタディングでは通常の講義動画やテキストがスマホで閲覧できるだけでなく、 独自の学習サポート機能を数多く取り揃えています。 例えば、「マイノート」機能では講義の受講中や問題を解いた後など、好きなタイミングでいつでも気づいたことや学んだことを書き留めておくことができます。 また、「問題横断復習機能」では以前間違えた問題や苦手分野の問題に絞った演習が可能であり、無駄のない効率的な学習に役立ちます。 このような 便利なスマホ学習システムはスタディングだけがもつ独自の機能であり、最先端の技術を武器に力強く合格を後押ししてくれます。 実際、 他の通信講座と比較してもスタディングの教材は明らかにクオリティが高いです。 スタディングの学習サポートとして特徴的なのが「勉強仲間機能」です。 勉強仲間機能では同じく中小企業診断士を目指す仲間を見つけることができるので、 お互いに刺激し合いながら合格までのモチベーションを維持することができます。 また、質問対応サービスも用意されており、 分からない点があっても講師の方にすぐに質問できるので安心です。 ただし質問は有料オプションとなっており、質問回数に応じて費用がかかる点に注意しましょう。 2019年5月からは AIによる学習補助システム「AIマスター」も誕生し、 どの範囲をどのように学べば合格に近づくのかが分かるようになりました。 こうした最先端のサポートを使えるのは、あらゆる中小企業診断士講座の中でスタディングだけです。 フォーサイトの診断士講座の特徴• こだわりのテキストと鮮明な映像講義!• 二次試験講座は最近開講されたため、指導力に不安が残る フォーサイトの中小企業診断士講座は、分かりやすく暗記もしやすいフルカラーテキストや、特許取得のeラーニングシステムなど、 極めて質の高い教材を提供しています。 また講義映像もハイビジョン撮影されているので鮮明で見やすく、ストレスなく受講することが可能です。 そんなフォーサイトの講座ですが、惜しい点として 二次試験対策の講座が最近開講されたため、二次試験での指導力がどれほどあるのかわからないという点です。 他の講座では、二次試験の指導実績も十分で指導力があるため、この実績と比較するとフォーサイトの講座はやや不安に映るかもしれません。 しかし、他の講座でも優れた実績を残しているフォーサイトの講座なので、 二次試験の講座も高い完成度であることが予想されます。 フォーサイトの中小企業診断士講座について合わせて読みたいおすすめ記事! LEC東京リーガルマインド 大手資格予備校の一つであるLECですが、予備校の中では比較的通信講座にも力を入れています。 TAC 資格予備校の中でも最大手であるTACは通学講座をメインとしていますが、WEB通信やDVDなどを用いた通信講座も提供しています。 ただし 講座費用は300,000円以上と非常に高いので、通学しない人がわざわざTACの通信講座を選ぶメリットはほとんどありません。 教育訓練給付制度の対象講座でもあり、信頼度は申し分ないですが、費用対効果はあまり良くないでしょう。 一方で通学講座では毎年多くの合格者を排出しているので、通信ではなく通学で学びたいと考えている方にはおすすめです。 資格の大原 資格の大原でも通信講座を取り扱っているものの、中小企業診断士向けの通信講座の中ではかなりマイナーです。 講座費用も上記2社同様20万円以上と通信講座としてはかなり割高です。 大原は通学講座の評判は良いものの、 通信講座をメインでお探しの方であれば選択肢に入れなくても特に問題ないでしょう。 資格スクール大栄 大栄の中小企業診断士講座は、中小企業診断士の資格だけでなく 関連する資格も同時に取得が目指せる点が特徴的です。 関連資格には例えば簿記3級やITパスポート、経営学検定などが挙げられます。 また、資格スクエアと提携することでオンライン学習にも対応しています。 ただし合格者の声などはほとんど見られず、 受講者数はかなり限られていると推察されます。 KEC中小企業診断士講座 KEC中小企業診断士講座は 少人数制での密度の濃い講義が特徴の予備校です。 通学メインの学校ですがWEB通信での講義にも対応しています。 ただしいずれも講座費用は高く、コースにもよりますが 30万円以上する講座が多いです。 一方でKECの強みである少人数制での「双方向的な学習」を生かすためには、通信講座ではなく通学講座を選択するべきでしょう。 中小企業診断士の2次試験対策専門校 中小企業診断士対策を実施している学校の中には 2次試験対策に特化しているものも複数あります。 既に1次試験は突破している人は、2次試験対策専門の講座を受講することでより効率的に学習を進めることができます。 TBC受験研究会 TBC受験研究会は2次試験対策を運営している予備校の中では最も歴史のある予備校です。 主に2次試験対策を中心に行なっている通信講座であり、添削サービスなど 2次試験の対策に必要なサポートは全て揃っています。 一方で 2次試験対策講座だけで割引込みで108,000円なので、決して安くはありません。 MMC MMCは2次試験対策専門の予備校の中では 最も知名度の高い予備校です。 MMCでは非常に親身な個別指導を受けることができ、高い指導力で 毎年高い合格率を叩き出しています(現在合格率は非公開)。 通学講座は都内でのみ実施されていますが、通信講座にも対応しているのでお住いの地域にかかわらず指導を受けることができます。 AAS AASも2次試験対策専門校であり、 通学講座・通信講座のどちらにも対応しています。 通学講座は全国主要都市に限られるので、地方の方は通信講座を受講することになります。 2次試験対策の専門校の受講料は100,000円以上かかると考えておいた方が良いでしょう。 通信講座選びで重要な5つのポイント 講座費用 中小企業診断士の通信講座は、 基本価格が50,000円前後の講座と100,000円前後の講座の、大きく2つに分けることができます。 講座費用が高い方がサービスの質が高いということでは全くないので、 講座費用が高いものは「なぜ高いのか」の理由をよく考える必要があります。 もしも価格に見合うメリットが見当たらないのであれば、安い講座の方が単純にコストパフォーマンスが良いと判断できます。 また、各種割引制度や合格祝い金制度などの有無にも注意を払いましょう。 教材の充実度 中小企業診断士の試験は難易度が高いので、 テキストや問題集・過去問演習などが不足なく完備されているかは非常に重要なポイントとなってきます。 教材の充実度や分かりやすさは、 講座の評判や口コミなどでも確認できます。 学習サポート 中小企業診断士に合格するためには、およそ 1000時間の勉強時間が必要と言われています。 合格までに数年を要する方も珍しくありません。 こうした長い試験期間を乗り切るためには、質問対応などの各種サポートが重要な役割を果たします。 これらのサポートは実際に普段の学習に役立つだけでなく、 試験勉強のモチベーション維持にも効果的です。 これは数ある国家資格の中でも極めて低い水準です。 したがって受験生は基本的に、 不合格になってしまう可能性を考慮した上で勉強する必要があります。 不合格者に対する「再受講割引(または再受講無料)」などの制度を用意している講座は、こうした試験の特徴を適切に反映しているので、 受講生の実情に即した講座であるといえます。 会社の信頼性 通信講座を提供している会社の信頼度は、 教材の質や講座のクオリティを間接的に判断する1つの指標となります。 会社の知名度や合格者の声といった周囲からの評判だけでなく、教育訓練給付制度の対象講座に指定されているかどうかも、判断材料として有効です。 合格実績を比べるのは難しい 多くの場合、通信講座を選ぶ際は「合格実績」が大きな判断材料となりますが、 中小企業診断士試験の場合は状況が異なります。 というのも、診断士試験は1次試験から2次口述試験まで存在することや、講座のコース毎に1次試験対策なのか2次試験対策なのかが異なっていることから、 合格率の算出が難しくなっているからです。 実際、中小企業診断士試験の通信講座に関して、合格率や合格者数を具体的に公表できているところはほとんどなく、比較したくてもできない状況になっています。 したがって、中小企業診断士の通信講座を比べる際は、上記の5つのポイントを元に判断するのがベストです。 つまり、 1科目でも4割以下だと不合格になってしまうということです。 中小企業診断士は1次試験に7科目、2次試験では4科目ありますが、 苦手科目を作らないように満遍なく勉強する必要があります。 1次試験と2次試験の間隔が短い 中小企業診断士試験では 1次試験から2次試験までの日数が2ヶ月ちょっとしかありません。 この短期間で2次試験の記述式の対策をゼロから初めて合格するのは極めて困難です。 一発合格を狙って勉強している方は、1次試験対策を進めながらも、 その知識が2次試験の解答作成にどのように生きるのかを常に考えることが大切になってきます。 また、知識をどのように応用させるかを意識しながら勉強をすることで、自然と1次試験に必要な知識に対する理解も深まるでしょう。 したがって通信講座を選ぶ際は一発合格を目指すのはもちろんのこと、 2年目3年目の試験も視野に入れておくことが大切です。 また、ほとんどの科目で科目合格を達成している場合は、2次試験対策専門校の受講も検討してみるのも良いでしょう。 独学と通信講座はどっちがおすすめ? 難易度の低い資格であればわざわざ通信講座で講義を受けたりせずとも、独学で十分に合格が狙えます。 しかし、中小企業診断士は非常に難易度の高い資格です。 難易度の高い試験に独学で挑戦する最大のデメリットは、 途中で挫折してしまいお金も時間も無駄にしてしまう可能性が高いことです。 通信講座であれば充実した教材や講義で効率的な学習ができるほか、 各種サポートによりモチベーションを保つことができます。 さらに上で紹介したように、スタディングや診断士ゼミナールなど 通信講座の中には独学と費用がほとんど変わらないものも存在します。 こうなると、通信講座ではなく独学を敢えて選択する意味はほぼ無いと言えるでしょう。 以上の理由から、中小企業診断士の資格を目指すなら 圧倒的に通信講座の方がおすすめです。

次の

中小企業診断士の年収における現実!平均年収は780万円で上位25%は1000万円超え!

中小企業診断士 フォーサイト

長島 雄太 NAGASHIMA行政書士事務所 行政書士ブロガー兼ウェブマーケター。 ナガシマガジン運営者。 サラリーマンとして働きながらウェブマーケティング会社を起業し独立。 更にその後、5カ月の勉強期間で行政書士試験に一発合格し、行政書士事務所を開業。 行政書士と中小企業診断士は共に国家資格としても難易度が高く、比較されるケースが多いです。 又、行政書士は法人設立手続き関係の業務を行えることから、中小企業診断士の資格を持っていると、その後は経営コンサルにも関われるので、行政書士と中小企業診断士は相性が良い資格だと言えます。 ただ、行政書士と中小企業診断士では働き方は真逆なので、 どちらの資格を取得しようか悩んでいる場合には、資格取得後にどのように働きたいかで決めると良いです。 資格取得後に独立開業したいのであれば行政書士が向いていますし、 資格取得後にどこかの企業や事務所で働きたいなら中小企業診断士の方が向いていると言えます。 以下では、行政書士と中小企業診断士の仕事内容や平均年収、難易度などについて比較しながら詳しく解説していきます。 行政書士試験の合格に必要な勉強時間は600~800時間と言われているのに対して、 中小企業診断士試験に必要な勉強時間は1000~1500時間と言われています。 行政書士試験の特徴としては1次試験しか実施はされませんが、一発勝負の試験となるので、仮に不合格となった場合にそれぞれの科目の得点が良くても翌年に持ち越されることはありません。 一方、中小企業診断士は1次試験はマークシート形式、2次試験の筆記・口述形式に合格する必要がありますが、仮に不合格になった場合でもそれぞれの科目が合格基準を満たしていた場合には、3年以内であれば持ち越せます。 なので、 基本的には行政書士試験よりも中小企業診断士試験の方が難易度が高いですが、2~3年で計画的に取得することで少しは難易度を軽減させられます。 行政書士と中小企業診断士の違いを平均年収で比較 行政書士 中小企業診断士 平均年収 400~450万円 450~500万円 行政書士と中小企業診断士の平均年収を比較した場合には、 中小企業診断士の方が平均年収は高いです。 行政書士よりも中小企業診断士の方が平均年収が高い理由は、 中小企業診断士の約7割程度が企業や事務所に勤めているのに対して、行政書士のほとんどは独立開業しているからです。 企業に勤めるとなると最低年収は保証されるので、全体的な平均年収は上がりますが、独立開業するとなると年収はその人の能力次第になるので稼げる人と稼げない人の差が大きく、年収が二極化してしまいます。 結果的に、行政書士として独立した大半の人が企業勤めの人並みに稼げないので行政書士の平均年収は低くなってしまいます。 因みに、行政書士の平均年収は一般的には600万円前後、中小企業診断士の平均年収は700万円前後などと言われたりしますが、これはあくまでも平均値なので年収数千万円といった人も含めた数字なので実情とはかけ離れています。 となると、実際の行政書士や中小企業診断士の年収に近い中央値で比較した場合には、 行政書士の平均年収は400~450万円、中小企業診断士の平均年収は450~500万円となります。 行政書士になるなら平均年収は気にしなくていい 上記でも少し触れたように、 中小企業診断士になる人のほとんどは事務所や企業で働くのが一般的ですが、行政書士として働く人のほとんどは独立開業します。 つまり、中小企業診断士として働く場合には求人条件と平均年収が近似値になる可能性が高いので、中小企業診断士を目指す場合には平均年収は参考になります。 一方、 行政書士として独立開業するなら、あくまでもその人の能力次第なので平均年収よりも稼げない可能性もあれば、年収数千万円を目指すことも可能なので平均年収を気にする必要はありません。 もちろん、中小企業診断士として独立開業しようと考えている人に関しても、年収数千万円を稼ぐことも可能なので気にする必要はないと言えます。 行政書士と中小企業診断士の相乗効果はある? 行政書士と中小企業診断士のダブルライセンスを取得した場合にはある程度の相乗効果はあると言えます。 なぜなら、行政書士は法人設立の手続き関係業務や飲食店の開業届け、建築許可などのいろいろな企業と接点を持つ機会が多いです。 そして、その中にはコンサルティングをして欲しいという顧客もいるはずなので、行政書士として集客することで結果的にコンサル業務の見込み客も獲得できるからです。 ただし、注意点としては 中小企業診断士が行えるコンサルティング業務は独占業務ではないので、仮に行政書士が資格を持っていなくても経営コンサルも可能だという点です。 もし、あなたが会社を経営している場合、起業したことはないけど企業経営に詳しい大学教授か、中卒高卒でも実際に数社の企業を経営して上手くいっている経営者のどちらにコンサルして欲しいですか? 恐らく、ほとんどの人は実際に企業を経営している人に教えてもらいたいと思うのではないでしょうか? つまり、 企業コンサルに関しては資格よりも実績が大切なのです。 もちろん、中小企業診断士の資格を持っていることで信頼性の担保にはなりますが、ダブルライセンスを持っていると有利だからという無理に中小企業診断士の資格をわざわざ取る必要はないのかなと個人的には思います。 あなたは行政書士と中小企業診断士のどっちを取得すべき? どっちの資格を取得したらいいのかというと、大前提として自分がどっちの資格を取得したいかで判断すべきです。 ただ、この記事を読んでいるということは、あなたは行政書士と中小企業診断士のどっちの資格を取得したいのかがわからずに悩んでいるのだと思います。 となると、 どっちの資格を取得したらいいかに関しては、資格取得後にどのようにして働きたいのかで判断するといいです。 もし、あなたが資格取得後に 正社員としてどこかの企業や事務所で働きたいのであれば、中小企業診断士の資格を取得することをおすすめします。 なぜなら、行政書士の有資格者の求人は少なく、それなのに競争率も高いので正社員として働いてもあまり待遇が良くないからです。 一方、もしあなたが資格取得後に 独立開業して働きたいのであれば、行政書士の資格を取得することをおすすめします。 中小企業診断士も独立開業できますが、中小企業診断士は資格の取得難易度が高い上に、独占業務のもありません。 しかも、経営コンサルに関しては資格よりも実績が優先されるので、独立開業する上では中小企業診断士の資格はそこまでアドバンテージにならないからです。 行政書士と中小企業診断士の仕事内容・年収・難易度の違いまとめ 今回は行政書士と中小企業診断士の仕事内容や年収、難易度について比較しましたが、それぞれの資格のメリット・デメリットが少しは理解してもらえたのではないでしょうか? ただ、 どちらの資格においても言えることなのですが、資格を取得しただけでは稼げない時代です。 行政書士資格を取得するにしても中小企業診断士の資格を取得するにしても、 その資格にすがるのではなく資格をいかせるスキルを身につけることがより大切になってくることでしょう。 なので、資格を取得した後にそれぞれの資格をどのようにいかしていくかを考えながらどちらの資格を取得するか考えたみてください。

次の

中小企業診断士の年収における現実!平均年収は780万円で上位25%は1000万円超え!

中小企業診断士 フォーサイト

こんにちは、Kotaro()です。 実際のところ、中小企業診断士の難易度ってどのくらい? 世の中には色々な資格がありますが、専門分野が違うので一様に比較するのは難しいです。 そこで、大手資格専門学校が蓄積したデータを元に公表している相対的な難易度を纏めました。 調査した専門学校 中小企業診断士の資格取得を応援する専門学校(通信講座含む)は多くありますが、今回は以下の7つの会社を調査しました。 TAC• 資格の大原• LEC• クレアール• ユーキャン• スタディング• フォーサイト このうち、他の資格と相対的な難易度を公表しているのは、確認できた限りでは以下の4つです。 TAC• 資格の大原• ユーキャン• フォーサイト 一部の会社では合格率で難易度を評価しているところもありましたが、 受験資格のない試験において母数は何の意味もありません。 ので、対象外としました。 比較対象の資格 今回は馴染みがある以下の7つの資格を対象に調査しました。 公認会計士• 税理士• 司法書士• 社労士• 行政書士• 電験3種• 宅建士 資格専門学校が評価した難易度は? 資格専門学校別まとめ 資格専門学校別に、 中小企業診断士の難易度を、他資格と相対的にどこに位置付けているのか を纏めます。 各資格専門学校のリンクは、難易度を公表しているページをリンクしていますので、ご参考ください。 評価基準 診断士 の評価 上位難易度 同じ難易度 下位の難易度 非掲載 5点満点 4 税理士 (5) 公認会計士(5) 司法書士 (5) 社労士 (4) 行政書士(4) 電験3種(4) 宅建士(3) 5点満点 4 税理士 (5) 公認会計士(5) 社労士 (4) 行政書士(4) 電験3種(4) 宅建士(3) 司法書士 5点満点 5 ー 司法書士(5) 電験3種(5) 行政書士(4.5) 社労士 (4.5) 宅建士 (3.5) 税理士 公認会計士 偏差値 67 社労士 (65) 行政書士(62) 宅建士 (55) 税理士 公認会計士 電験3種 司法書士 資格別まとめ 次に資格別に 中小企業診断士の難易度を、各資格専門学校がどこに位置付けているのか を纏めます。 診断士の方が難しい 同じ難易度 診断士の方が易しい 税理士(より、) TAC 大原 公認会計士 TAC 大原 司法書士 ユーキャン TAC 社労士 ユーキャン フォーサイト TAC 大原 行政書士 ユーキャン フォーサイト TAC 大原 電験3種 TAC 大原 ユーキャン 宅建士 TAC 大原 ユーキャン フォーサイト 税理士・公認会計士に対しては、TAC・大原の大手2社は診断士の方が易しいと位置付けているようです。 一方で、 司法書士・社労士・行政書士・電験3種と同等の難易度 であると、概ね各資格専門学校は評価しています。 また、 宅建士よりは難しいと評価されているようです。

次の