いい ね 光源氏 くん ネタバレ。 『いいね!光源氏くん』最終話、千葉雄大&伊藤沙莉の感動ラストにネット涙 桐山漣のスピンオフ望む声も(ネタバレあり)

【いいね!光源氏くん】最終話のあらすじ〜平安に戻ったはずの光が現れた場所は?!【ネタバレ注意】

いい ね 光源氏 くん ネタバレ

出典:NHK 中将、光と行った居酒屋で心の内の悩みを漏らす。 中「宇治の博物館では 壁にまとめられた年表とやらを見たか?」 光「沈んでいたのは そのせいか?何が書いてあった?」 中「何も。」 光「何も?」 中「私についてはほとんど何も書かれていなかった。」 光「それならば 何故…。」 中「分からなくなってしまったのだよ。 己とは 果たして何であるのか。 頭中将…三位中将…中ちゃん…私は 一体 何なのだ?」 光「中将殿、どんな名で呼ばれたかではなく、どう生きたかの方がはるかに大切ではないのか? 自分が何者であるのかなどささいなことだ。 今 目の前にある物事を楽しめばいい。」 中「源氏よ… 本当に おぬしにはかなわんな。」 「本音が知りたければ 瞳を見なされ」 出典:NHK 光、沙織と暮らして心境の変化を語る。 光「こちらの世に迷い込んでからというもの、狭い屋敷に沙織殿と2人。 その暮らしの中で 女人とはかくも面白き生き物かと知った。 その度に 向こうで私を待っている姫たちを思った。 今の私なら 姫たちと もっと向きおうて暮らせるのではないかと。 幸せにできるのではないかと思い描いてしまうのだ。」 中「私もだ 源氏。 ほすとくらぶであまたの女人の話を聞いては女心を学んだ。 その度に これまで己が姫たちにしてきたことを思うて、胸が痛うなる。」 光「我らは ここへ女心を学びに来たのだろうか。」 中「だとしたら なかなか難儀な旅であるな。」 光「縁あった女人全てを幸せにしてやりたいと本気で思うておったが、せめて たった一人だけでも幸せにしてやれればいいと、今は思うておる。」 中「それは 沙織殿のことか?」 「そういうのダメかな?」 出典:NHK イメージした場所に光がタイムワープするために、都の思い出を聞き出す沙織。 沙「今まで 本当にありがとう。 光くんに出会えて 一緒に暮らせてよかったよ。」 光「沙織殿…。」 沙「光くん 最後に教えてくれる? あなたが大切にしてきた場所のこと。 そういえばちゃんと聞いたことなかったから。」 光「都での暮らしのことか?」 沙「うん そう。 平安の都にはどんな花が咲いてたのか、どんな香りがしてたのか。」 光「そうだな…。 山吹の花、甘き伽羅の香り、琴や笛の音、琵琶の調べ、風に誘われる柳の音…。」 沙「そこがあなたが大切にしてきた場所なんだね。」 光「いかにも。」 沙「大切な風景 ちゃんとイメージできた?」 フィリップに教えられた方法で光を平安に戻すために、交差点に向かって歩く沙織、 沙「光くん、バイバイ。」 「抹茶らてふろーとも飲みたいしな」 出典:NHK 半年後の花火大会。 突然、沙織の前にタイムワープした光。 花火を見ながら、 光「沙織殿の言うことは本当だな。」 沙「ウソ…。」 光「危うく腰を抜かすところであったぞ。」 沙「何で? 何でいんの!? 添えもの?っていってたけどなかちゃん好きだったんだよなぁー。 さりげないやさしさがよかったなぁ。 ヒロインが強くて弱くてまっすぐで、どちらも見ていて元気になれました。 肩の力を抜いて沢山の見どころを楽しめるドラマだった。 — Misaco Misacojp くだらないのにまじめで「なるほど🥺」と思えるストーリーが好きだから、いいね光源氏くんとても好きなタイプのドラマだった。 番組制作統括スタッフのコメントに、「この先も見てみたいというご要望が出てくれば、制作者としてもご期待にそえるよう検討したいと思っています」とありましたが、ひょっとすると続編もあるかもしれませんね。 再会後の光と沙織の恋の進展は? 追っていたメンインブラックは、光を諦めたのか? 自分を見つけた中ちゃん、詩織との進展もある? …続編も楽しい内容になりそうです。 ぜひ期待して待ちましょう! 最終話の見逃し動画配信を無料で視聴する方法 「いいね!光源氏くん」の最終話を見逃した方のために、無料で見逃し視聴できる方法があります。 詳しくはこちらをご覧ください。

次の

【12話まで毎日無料】いいね!光源氏くん

いい ね 光源氏 くん ネタバレ

沙織と仲直りできないでいる光 光と言い合いになってから、家でもギクシャクする2人。 フィリップから次元ジャンプの謎が解けたと知らせが来たことから、別れが近いことを指摘する詩織。 そんな中、中将と飲みに行った光は、京都で見た年表に自分のことが何も書かれていなかったことを打ち明けられ、大切なのはどう生きたかだと慰める。 一方の光は、沙織から「あなたが愛した女の人は、誰一人幸せになっていない」と言われたことにショックを受けていた。 今の時代で様々な女性を見て、平安時代に戻ればもっと女性たちを幸せにできるのではないかと考える光。 たった一人でも、幸せにすることができればそれでいいと打ち明ける光に「それは沙織殿のことか」と尋ねると、頷く光。 沙織の元にフィリップからの電話が来て、次元ジャンプのために協力して欲しいと言われる。 沙織とずっと暮らしたいと考える光 沙織と仲直りするために、贈り物をしてはどうかと中将から提案された光。 中将やカインの協力で、スイーツを手作りする。 帰り道、沙織のことが好きではないのかと尋ねるカインに、沙織のことを愛しく思ってはいるが、光やカインのことも好きなのだと答える中将だった。 夜、沙織が帰ってから、スイーツを渡そうと思っていた光だったが、沙織の方から謝ってくる。 2人揃ってお詫びの品としてスイーツを用意していて、2人で仲良く食べる。 話したいことがあると言い「このままここにずっと居たいと思っている」と告白する光。 ここで沙織と暮らしたいと言う光の言葉に驚きながらも、それなら光とは暮らせないと答える沙織。 理由を尋ねると「あなたのことが嫌いだから」と言うものの、本心からではなかった。 涙ぐみながら、沙織の言葉を聞き入れる光。 タイムワープする光 翌朝「最後にデートしたい」と言う沙織。 その後、詩織と会った沙織は、フィリップに聞かされた次元ジャンプの方法について説明する。 それによると、光に危険が及んだ時に脳内にある願いがマッチすると、その場所に移動するのだと言う。 光とこのまま一緒に暮らせばいいのにと言う詩織でしたが、自分のために決めたのだと答える沙織。 デート当日、カフェに行ったりもんじゃを食べたりして楽しむ2人。 花火の説明すると、一緒に見に来ようという光だったが、今日が最後だと言う沙織。 最後に、以前ハワイにタイムスリップした横断歩道に行く。 一緒に暮らせて楽しかったと言い、最後に平安の都のことを教えて欲しいと言い思いださせイメージさせる沙織。 その直後、横断歩道を渡り始めた沙織は心の中で「光くん、ばいばい」と言う。 するとその直後、車が向かってきて沙織を助ける光。 光の姿は無く、車からはフィリップが降りてくるのだった。 夏になり、花火大会の日、光の声がして振り向くとそこには光が。 なぜここに居るのかと聞くが、自分にも分からないと答える。 ただ、沙織といる場所が大切な場所になったのだと答える光だった。 「いいね!光源氏くん」最終回 8話 まとめ・判明したこと 「いいね!光源氏くん」最終回 8話のみんなの感想と評判 沙莉ちゃんバーチー始めキャラクターみんなが可愛かったなぁ。 続編もしくはスピンオフとか期待してしまうよー。 個人的には中ちゃんが本当に良かったのでスポット当てて欲しいなあと思いました。 — 葉月 kopetantan あら帰ってきたのね光くん。 源氏と一緒に青海波踊ったら、源氏が桜なのに対して深山の木とまで作者に書かれた中ちゃんが1000年後にトレンド入りしてるの胸熱すぎて、ドラマのあれこれとは別件で泣きそうになってる。 もともと原作の大ファンで、最終巻を楽しみに待っているところだけれど、ほぼ原作に忠実であったのと、結末も綺麗で、なんなら続編の期待もできてとても良かった。 役者さんもみんな魅力的だったし。 — くーたん suzukami77 今シーズンのドラマでちゃんと最初から最後まで見れたのって だけじゃない? 最高でした。 ありがとう。 — まなみ@鎌倉殿の13人 絶賛待機中。 manamiiz 「いいね!光源氏くん」の原作漫画を読む ドラマ「いいね!光源氏くん」の原作は、 すとえむ作 漫画「いいね!光源氏くん」です。 いとをかし、いけめん居候コメディ。 そう、平安時代のアレです、モテまくり貴公子のお話『源氏物語(げんじものがたり)』の主人公。 最初、コスプレ不審男だと思って金属バッドでブン殴っちゃった手前、しばらく面倒みることにしたんです。 それからほぼヒモ状態なんですけど、すごく優雅で悪びれなくて…。 なんか毎日楽しそうにしてますよ。 ツイッターに和歌とかあげてて、フォロワーもそこそこいるみたい。 女の人はホント好きですねー、彼。 だけど私には手を出してこないんですよね。 あっでも手を出されたいとかじゃないんですよ。 まあ、なんかワケが分かんないまんま、美形のニートに住み着かれちゃったなぁみたいな…?』平安貴族がタイムスリップ!? 平安貴族は働かない。 ニートなの? ヒモなの!? ゆる笑な毎日と、美しい和歌に、いいねボタン必須!! yahoo.

次の

いいね!光源氏くん最終回のネタバレと感想!結末が気になる!|漫画ウォッチ

いい ね 光源氏 くん ネタバレ

また、桐山漣演じる中将のその後を描く続編やスピンオフを望む声も多数上がった。 (以下、ネタバレを含みます。 ご了承の上、お読みください) 『いいね!光源氏くん』は、女性コミック誌で連載中のえすとえむによる同名人気マンガを原作としたコメディードラマ。 「源氏物語」の中で雅の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現し、当たり前に見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだりするさまを描く。 次元ジャンプの手がかりをつかむために行った京都で心がすれ違ってしまった光(千葉)と沙織(伊藤沙莉)は、気まずい生活を送っていた。 沙織は、光を平安時代へ帰そうと考えていたが、当の光は現代で生きる覚悟を決めていた。 仲直りのきっかけを探していた2人は、互いにお詫びの品としてスイーツを贈り合い、その場で光は、これからも沙織と共に現代で過ごしたい胸の内を伝える。 しかし行方不明になっていたフィリップ(厚切りジェイソン)から光を平安時代へ戻す方法を聞いていた沙織は「光くんとはもう暮らせません。 あなたのことが嫌いだから」とそれを受け入れなかった。 「それは真の心か」と光と尋ねると、沙織はうつむきながら「…うん」と答える。 光は「ここに私の居場所はないのだな」と涙を流すのだった。 後日、沙織の希望で光と沙織は最後のデートをする。 2人でよく並んで歩いた道で、沙織は「夏になると花火がよく見えるの。 光くんにも見せてあげたかったな」と話す。 「一緒に見よう」という光に一度はうなずいた沙織だったが「ダメでしょ。 今日でさよならなんだし」と思い直し、光は「約束もできんとは。 実に切ないことよ…」とつぶやくのだった。 すると、沙織は「寄りたいところがある」と、かつて光がハワイにジャンプした横断歩道へ光を導く。 そこへ事前に打ち合わせ済みであったフィリップが運転する車が迫ると、沙織をかばうように光が車の前に倒れ込み、姿を消した…。 それから半年後、沙織は光のいない日常を過ごしていた。 仕事の帰り道、沙織は浴衣の人々を見て「あそうか、今日花火大会か…」と思い出す。 沙織が花火を見上げていると、横から聞き覚えのある声が。 隣にいたのはなんと光。 沙織が「なんでいんの!?大切な場所っていったじゃん」ととがめると、光は「気がついたらここにいたのだ。 いつのまにか沙織殿と見る景色が私の最も大切なものになっていたのだな」と笑うのだった。 また、最終回で描かれなかった桐山演じる中将のその後が気になった視聴者も多いようで「中将さんの事も気になる」「続編や中将殿のスピンオフ待ってます」「中ちゃんのスピンオフお願いします」とも。 桐山本人も、公式インスタグラムのストーリー機能にて、ツイッターのトレンド入りの感謝を伝えるとともに「監督スピンオフやりましょう」と呼びかけていた。

次の