琉球 オーシャンズ。 元NPB選手が多数所属で話題。琉球ブルーオーシャンズが描く未来|プロ野球|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

沖縄新球団「琉球ブルーオーシャンズ」が選手お披露目! 清水監督「NPBへ参入していく」

琉球 オーシャンズ

スポーツ選手のマネジメント業務などを手掛ける 株式会社BASEは、沖縄県庁で記者会見を行い沖縄初のプロ野球球団 「BASE沖縄野球球団」の設立を発表しました! チーム名は 「琉球ブルーオーシャンズ」で、チームの編成などを担当する エグゼクティブ・ディレクターに元楽天監督の 田尾安志さん、 球団社長には元横浜の 小林太志さんの就任も決まっています。 琉球ブルーオーシャンズは、特定の独立リーグなどには属さず、 日本野球機構 NPB への参加を目指す予定とのことです。 実際にNPB入り成るかはわかりませんが、これは ビッグニュースですね! 昨年も ZOZOTOWNNの 前澤友作さんがプロ野球に参入する意思を示して、話題になりました。 結局、断念されましたが、球団数を増やそうという動き事態は、日本の野球界にとっていいことだと思いますね。 株式会社BASE 株式会社BASEは 「プロアスリートの人生を豊かにする」ことを理念としてスポーツ選手のマネジメント業などを手掛けている会社です。 本社は 東京都千代田区。 球団社長でもある 小林太志 さん 元・横浜DeNA が取締役を務めています。 株式会社BASE 今後のスケジュール 2019年 7月…球団運営法人設立 10月…チームスタッフ正式決定 11月…トライアウト 12月…入団選手正式決定 2020年 1月…チーム始動 疑問あれこれ 今回の発表を受け、いろいろ疑問が浮かんだので、私なりに調べてみました。 本拠地は? 本拠地を 沖縄県宜野湾市と 浦添市、 準本拠地を 宮古島市とすると発表。 宮古島市に準本拠地を置くとなるとさらに移動が大変ですね。 選手数は? 選手数は 約25~30人を予定しており、 11月にトライアウトを実施されます。 独立リーグに属さないなら、どこと試合するの? 四国アイルランドリーグ、BCリーグ、社会人のチーム、日本プロ野球の2軍や、韓国、台湾プロ野球の球団などと交流戦という形で試合を行うことにしています。 プロのチームはともかく、資金に乏しい独立リーグや社会人のチームが沖縄まで来てくれるのでしょうか? それとも、遠征としてこちらから向かうのでしょうか? どちらにしてもお金がかかりそうですね。 運営費は? 収益は 入場料や スポンサー収入を想定とのこと。 当面の遠征費や選手の給料だけならどうにかなるかもしれませんが、 約30億円必要と言われる NPBへの参入資金はどうするのでしょうかね? まとめ 金銭面以外にも、沖縄という地理的に移動大変だったり、台風が多かったりなどの問題もあります。 それでも、 「琉球ブルーオーシャンズ」の設立は、日本の野球界に大きな影響を与えそうです。 今後の動向に注目していきたいですね。

次の

琉球ブルーオーシャンズ所属選手一覧(出身NPB球団別・県別)

琉球 オーシャンズ

スポーツ選手のマネジメント業務などを手掛ける 株式会社BASEは、沖縄県庁で記者会見を行い沖縄初のプロ野球球団 「BASE沖縄野球球団」の設立を発表しました! チーム名は 「琉球ブルーオーシャンズ」で、チームの編成などを担当する エグゼクティブ・ディレクターに元楽天監督の 田尾安志さん、 球団社長には元横浜の 小林太志さんの就任も決まっています。 琉球ブルーオーシャンズは、特定の独立リーグなどには属さず、 日本野球機構 NPB への参加を目指す予定とのことです。 実際にNPB入り成るかはわかりませんが、これは ビッグニュースですね! 昨年も ZOZOTOWNNの 前澤友作さんがプロ野球に参入する意思を示して、話題になりました。 結局、断念されましたが、球団数を増やそうという動き事態は、日本の野球界にとっていいことだと思いますね。 株式会社BASE 株式会社BASEは 「プロアスリートの人生を豊かにする」ことを理念としてスポーツ選手のマネジメント業などを手掛けている会社です。 本社は 東京都千代田区。 球団社長でもある 小林太志 さん 元・横浜DeNA が取締役を務めています。 株式会社BASE 今後のスケジュール 2019年 7月…球団運営法人設立 10月…チームスタッフ正式決定 11月…トライアウト 12月…入団選手正式決定 2020年 1月…チーム始動 疑問あれこれ 今回の発表を受け、いろいろ疑問が浮かんだので、私なりに調べてみました。 本拠地は? 本拠地を 沖縄県宜野湾市と 浦添市、 準本拠地を 宮古島市とすると発表。 宮古島市に準本拠地を置くとなるとさらに移動が大変ですね。 選手数は? 選手数は 約25~30人を予定しており、 11月にトライアウトを実施されます。 独立リーグに属さないなら、どこと試合するの? 四国アイルランドリーグ、BCリーグ、社会人のチーム、日本プロ野球の2軍や、韓国、台湾プロ野球の球団などと交流戦という形で試合を行うことにしています。 プロのチームはともかく、資金に乏しい独立リーグや社会人のチームが沖縄まで来てくれるのでしょうか? それとも、遠征としてこちらから向かうのでしょうか? どちらにしてもお金がかかりそうですね。 運営費は? 収益は 入場料や スポンサー収入を想定とのこと。 当面の遠征費や選手の給料だけならどうにかなるかもしれませんが、 約30億円必要と言われる NPBへの参入資金はどうするのでしょうかね? まとめ 金銭面以外にも、沖縄という地理的に移動大変だったり、台風が多かったりなどの問題もあります。 それでも、 「琉球ブルーオーシャンズ」の設立は、日本の野球界に大きな影響を与えそうです。 今後の動向に注目していきたいですね。

次の

琉球ブルーオーシャンズ

琉球 オーシャンズ

日本ハムは獲得の意思はないときっぱり否定• 理由は「リスペクトがあるから」 日本ハムははっきりと獲得について否定しました。 北海道移転後、チームの成功に多大な貢献を果たした新庄剛志選手だからこそ、最大限の敬意を払った結果のようです。 つまり、現役時代を高く評価しているからこそ、現在は契約するだけの状態ではないという評価のようですね。 一方、阪神入団の可能性はあるのでしょうか? 新庄剛志選手の現役復帰について、阪神OBからは否定的な意見が相次ぎました。 また、新庄剛志選手自身もSNSで発言しています。 「阪神タイガースさんには迷惑はかけません」 これは、「阪神でプレーする気はありません」とも受け取れますよね。 また、阪神はここ数年チームの若返りに取り組んでいます。 そのため、若手の枠を削る可能性は低いでしょう。 日本ハムと阪神は、可能性がほとんどないことが分かりました。 そうなると、 独立リーグなどが視野に入ってきますね。 中でも注目したいのは、 沖縄初のプロ野球チーム「琉球ブルーオーシャンズ」です。 この 琉球ブルーオーシャンズは、2019年7月18日に誕生したばかりの新球団になります。 2019年11月には、第1回トライアウトが行われ、多数の元プロ野球選手(NPB)の入団が決まりました。 監督は元ロッテの清水直行さん、コーチには引退したばかりの元ヤクルト・寺原隼人さん、そしてGMは元楽天監督の田尾安志さんと、かなりの本気度を感じさせます。 琉球ブルーオーシャンズは、阪神を戦力外になり、独立リーグでプレーしていた西岡剛選手にも関心を示していると報道がありました。 「客寄せパンダにはなりたくない」と語る新庄剛志選手ですが、 琉球ブルーオーシャンズは、中でも可能性の高い球団の一つではないかと考えられます。

次の