豊田市 持続化給付金。 持続化給付金について

持続化給付金入金

豊田市 持続化給付金

新型コロナウイルス感染症により、中小企業の経営がさらに深刻化しています。 収入が急激に減少した場合、真っ先に表面化する問題の1つが、「当面の家賃をどう工面するのか」ということ。 この状況に対応するため、国会では野党が共同で法案を提出するなどの動きを見せていましたが、このほど自公両党が「家賃支援給付金」の創設を決定し、5月27日の閣議決定を目指す第2次補正予算案に盛り込まれる見通しとなりました。 概要を説明します。 申請はそれ以降ということになりますが、早ければ6月中に給付が始まるものとみられます。 逆に言えば、支給は少なくともそれ以降になります。 現在のところ、申請にどのような書類が必要なのかなどについては不明です。 ただ、この問題を検討してきた「与党賃料支援プロジェクトチーム」が5月8日に公表した「テナントの事業継続のための家賃補助スキームについて」には、「給付にあたっては従前の賃貸借契約書(家賃額、契約期間)を確認の上、家賃への使用を確保しつつ、複数月分をまとめて支給するなど、実務面で簡易な方法とする。 」という記載があります。 さきほど説明したような売上減少が給付の条件となっていますので、速やかに申請を行うためには、それを証明できる帳簿類なども準備しておくべきでしょう。 関連記事:• 「減収世帯」への家賃補助も、幅が広がった 一方、「コロナ禍」で収入が減少した世帯も、家賃で苦しんでいます。 このため、国は経済的に困窮した人に対して家賃を補助する「住居確保給付金」の支給要件を緩和しました。 この制度は、もともと離職したり廃業したりして住む場所を失った、またはその恐れがある人に対して家賃補助を行うことにより、安定した住居を確保し、自立をサポートする目的で設けられました。 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大によって、大幅な減収を余儀なくされる人が増加したため、そうした世帯も対象に含めることになったのです。 具体的には、「離職・廃業後2年以内の者」とされていた支給対象に、「給与等を得る機会が当該個人の責に帰すべき理由・当該個人の都合によらないで減少し、離職や廃業と同程度の状況にある者」という条件が加わりました。 支給の内容は、次の通りです。 関連記事: 収入、資産には要件がある 一方、支給要件は、次の通りです。 ただし100万円を超えない額 例えば、東京23区の目安は、単身世帯で50万4000円、2人世帯で78万円、3人世帯で100万円。 「新型コロナ」の感染が拡大する下では、それは困難だという判断からです。 支給額や要件については、東京特別区を例に説明しましたが、家賃には地域差があるため、これらは自治体によって異なります。 問い合わせ、申請などは、お住まいの市町村の「自立相談支援機関」が窓口になります。

次の

持続化給付金申請サポート会場

豊田市 持続化給付金

概要 経済産業省は、「持続化給付金」に関して、御自身で電子申請を行うことが困難な方のために、5月12日(火曜日)より「申請サポート会場」を開設しております。 「申請サポート会場」では、電子申請の手続きをサポートさせていただきます。 必要書類のコピー(できれば現物)を御持参の上、お越しください。 なお、「申請サポート会場」は新型コロナウイルス感染防止の観点から完全事前予約制とします。 事前予約無しに御来場いただいてもサポートが受けられませんので御注意ください。 【令和2年5月18日更新】申請サポート会場一覧を更新し、音声ガイダンス(自動)による電話予約を開始いたしました。 【令和2年5月27日更新】申請サポート会場一覧を更新いたしました。 【令和2年6月8日更新】申請サポート会場一覧を更新いたしました。 【令和2年6月17日更新】申請サポート会場一覧を更新いたしました。 1.設置場所 今後開設する会場については、下記のスケジュールで予約開始とさせていただきます。 6月21日(日)までにオープンする会場 : 6月8日(月)に予約開始 6月22日(月)~ 6月28日(日)にオープンする会場 : 6月15日(月)に予約開始 6月29日(月)~7月5日(日)にオープンする会場 : 6月22日(月)に予約開始 7月6日(月)~7月12日(日)にオープンする会場 : 6月29日(月)に予約開始 7月13日(月)~7月19日(日)にオープンする会場 : 7月6日(月)に予約開始 7月20日(月)~7月26日(日)にオープンする会場 : 7月13日(月)に予約開始 7月27日(月)にオープンする会場 : 7月20日(月)に予約開始• 2.事前予約の方法 「申請サポート会場」は新型コロナウイルス感染防止のため、完全事前予約制としております。 予約をお取りいただいた上で、会場までお越しください。 事前に御予約のない方については、御来場を固くお断りさせていただきます。 予約方法は、【1】Web予約、【2】電話予約(自動)、【3】電話予約(オペレーター対応)の3パターンがございます。 【1】 Web予約 「持続化給付金」の事務局ホームページより御予約ください。 【2】電話予約(自動) 申請サポート会場 受付専用ダイヤル」までお電話ください。 音声ガイダンスに沿ってボタン操作することで申請会場を予約できます。 【会場番号】については、上記の「1.設置場所」をご確認ください。 申請サポート会場 受付専用ダイヤル 電話番号:0120-835-130 受付時間:24時間予約可能 【3】 電話予約(オペレーター対応) 「申請サポート会場 電話予約窓口(オペレーター対応)」にて、申請サポート会場の予約を受け付けます。 御不便をおかけしますが、御理解くださいますようお願い申し上げます。 申請サポート会場 電話予約窓口(オペレーター対応) 電話番号:0570-077-866 受付時間:平日、土日祝日ともに、9時~18時 3.申請サポート会場に御持参いただく書類 御持参いただいた資料をもとに、電子申請の手続きをサポートします。 会場にお越しいただく際には、以下の資料を御用意ください。 また、申請要領を確認の上、申請の特例を用いられる場合は、証拠書類等もあわせて御持参ください。 申請をお考えの方は、以下の連絡先までお問い合わせください。 なお、既に申請をお済みの方については、本窓口にて御相談をお受けすることができませんので、御了承くださいますようお願いいたします。 「持続化給付金」申請サポート会場 については下記にお問い合わせください 申請サポート会場 受付専用ダイヤル 電話番号:0120-835-130 受付時間:24時間予約可能 申請サポート会場 電話予約窓口(オペレーター対応) 電話番号:0570-077-866 受付時間:平日、土日祝日ともに、9時~18時.

次の

【新型コロナ関連】持続化給付金の受付開始(6月9日更新)/知立市

豊田市 持続化給付金

これらの受給をしたところで、新型コロナウイルス感染症の影響が大きいところでは、経済全体の「需要(消費)が急激に喪失」している状態ですので、早急に「支出」を見直す必要があります。 私も決してお勧めしたくはありません。 しかし「固定費の大部分を人件費が占める」という事業も少なくないのは事実です。 ここに切り込まなくては、会社(事業)そのものが喪失してしまうこともあると思います。 そうならないように、以下の提案をさせていただいております。 「新型コロナウイルス感染症」の影響がいつになったら終息するのか(もしくはしないのか)、断定できる人は、世界中に誰一人としていないでしょう。 ただ一つ言えるのは、仮に3年以上先に「新型コロナウイルス感染症」が終息したとしても、「経済」が大恐慌に陥っている可能性は十分にあるということです。 そうなった場合、(私自身を含む)経営者はどう行動するべきでしょうか? 「もらって、資金繰り改善して、あとは需要が回復するまでおとなしく待つ」 という考えの方もいらっしゃると思いますが、「需要が回復しなかった場合」はどうしますか?万が一、1年経っても需要が回復しなかった場合、どうしますか? 若しくは、産業構造の転換が起こり、テレワークが中心になり、オフィス街での就業人口が2割以上下がる場合も考えられます。 つまり、 「もう過去のようにはならない」ことは十分に想定しておく必要があります。 このようなことを想定した場合、これまでの事業をあらゆる観点から見直す必要があります。 例えば、ありきたりな事例ではありますが、「来店する人が激減した」というオフィス街で飲食店を構える事業者の場合、「巣籠もり」需要をとらえて、デリバリー事業に注力するとします。 その場合、デリバリー事業に新たにチャレンジするにも、「受発注を行うホームページを持っていない」事業者も少なくないでしょう。 このような場合、新たに開設するホームページ等の制作コストに使えるのが、 「(通称)持続化補助金」です。 2019年比で同月売上が50%以上下がっていれば、として最大200万円がもらえます(個人事業主の場合は最大100万円)。 この給付金は、資金使途が限定されていませんが、この「持続化給付金」を原資として、事業転換に要する経費に支出し、(通称) 持続化補助金 のメリットも併せて享受することが、まさに「持続化」に資する活用法と言えるのではないでしょうか。

次の